【認知症の介護】「物を盗られた」という妄想話は聞き流そう!肩をもみ触れ合うのも有効

【認知症の介護】「物を盗られた」という妄想話は聞き流そう!肩をもみ触れ合うのも有効

認知症になると、妄想が増えて介護する家族の大きな負担となることも。特によく起こるのが「物盗られ妄想」です。認知症が進行すると記憶力と判断力が低下します。「ここに物があったはず」という過去の記憶と「実際にここにはない」という今の状況とを、記憶によってつなぐことができないのです。【解説】長谷川洋(長谷川診療所院長)


否定したりいい返したりするのは逆効果!

認知症になると、妄想にとらわれることが増えて、それが、介護する家族にとって大きな負担となることがあります。
なかでも、特によく起こるのが、「物盗られ妄想」です。

認知症が進行すると、記憶力と判断力が低下します。
「ここに物があったはず」という過去の記憶と、「実際にここにはない」という今の状況とを、記憶によってつなぐことができないのです。

それを埋め合わせるために、認知症の患者さんは、直ちに「盗られた」という被害妄想に飛びついてしまうのです。
そこには、毎日の暮らしへの不安や孤独などの心理も影響しているでしょう。

さらに問題なのは、「盗んだ容疑」が、たいてい家族やヘルパーさんなど、介護している当事者に向けられることです。
懸命に介護している家族にとっては、全く覚えのない疑いをかけられるため、暴言や暴力と同じくらいのショックを受けてしまうのです。

しかも、この物盗られ妄想は、認知症のごく初期の段階から生じます。
家族は、認知症の妄想についての予備知識が少ない段階なので、よけいに動揺します。

そして、混乱してパニックになったり、必死で疑いを晴らそうと妄想を否定したり、強くいい返したりします。
しかし、このように妄想を強く否定すればするほど、患者さんの興奮をあおることになります。

そもそも、患者さんに妄想なのだと納得させること自体、極めて難しいのです。
認知症では、脳の海馬という部分が萎縮するため、記憶が保持できなくなります(下の図を参照)。

一方、感情は、海馬のそばにある扁桃体という部分がかかわっていますが、認知症になっても、この扁桃体の働きは阻害されません。
妄想のことで口論になり、家族からきつくなじられたとしましょう。

そのとき感じた嫌な感情は消えることなく、患者さんに残るのです。
つまり、こうした軋轢から生じた、嫌な感情ばかり残って患者さんのプライドはいよいよ傷つき、孤立感を深めることになります。

患者さんが孤立感を深める状態は、認知症を改善するうえでは好ましくありません。

患者さんのプライドを傷つけないことが最重要

では、患者さんの妄想をどう扱えばいいのでしょうか。
「物を盗られた」という発言は、「物がなくて困っている」ということを表しているに過ぎません。

ですから、「信頼している人に助けてほしい」と訴えていると考えればいいのです。
物を盗った盗らないには、こだわらず、訴えに対する同情の気持ちを示して、「ないのは困るね。じゃあ、いっしょに探しましょう」と、話を持っていくといいでしょう。

こうすれば、患者さんが気分を害することはありません。
とにかく、「物がなくなって困っていると理解してくれた」のなら、それでいいのです。

例えば、患者さんが、すでにご主人は亡くなっているのに「お父さん、今日は帰りが遅いわねえ」といい出したとします。
もし、ご家族が丁寧に説明して納得させても、記憶が保持できない場合、30分もすると「お父さん、今日は帰りが遅いわね」といい出すものです。

その場合、もう一度丁寧に説明できればいいのですが、「さっき説明したばかりでしょ!」などといってしまいがちです。
すると、患者さんは「怒られた」と感じて、プライドが傷つけられます。

そこで、「お父さん、遅くまで仕事をがんばってるんだろうね。早く帰ってくるといいね」というように返事をして、安心してもらうのは、悪い対応ではありません。
患者さんが妄想めいたことをいったら、真っ向から否定するかわりに、優しく肩をもみながら話を聞いてあげてください。

面と向かって話をすると、つい詰問口調になりがちですが、肩をもみながらだと顔を合わせないので、そのようになりにくいものです。
また、妄想も聞き流しやすくなります。

同時に、肩をもむことでスキンシップも図れるので、患者さんの孤立感、孤独感の解消にも役立つでしょう。
「妄想に話を合わせよ」とか、「妄想を聞き流せ」というと、嫌がるご家族もいるのですが、介護の場合、あまり「がんばり過ぎないこと」が大事なポイントです。

認知症は、終わりが見えない病気です。
だからこそ、介護する側のご家族も、がんばり過ぎてはいけません。

例えば、たまにはデイサービスに患者さんを預けてみてはいかがでしょうか。
その間、ゆっくりと昼寝をする、映画を見に行く、おいしいランチを食べるなど、息抜きの時間を持つといいでしょう。

もしも、盗られたと主張していた物が見つかったら、「見つかってよかったね」といっしょに喜んであげてください。
認知症の患者さんを介護するには、そのくらい気持ちにゆとりを持って対応することが、非常に大切なのです。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連するキーワード


認知症 介護

関連する投稿


脳が活性化する親指の体操で明るく前向きになれる!意欲がわいてくる!

脳が活性化する親指の体操で明るく前向きになれる!意欲がわいてくる!

親指刺激を行っているうちに、手の動きと脳の働きが同時によくなり、薬の管理がうまくできるようになったというお年寄りもいます。認知症に関する効果だけでなく、肩こりや冷えが軽減した、姿勢がよくなったという人も多いのです。【解説】長谷川嘉哉(認知症専門医)


50歳を超えたら食事に変化を!サルコペニアや骨粗鬆症を防ぐには「ちょっと太ってるくらいがいい」

50歳を超えたら食事に変化を!サルコペニアや骨粗鬆症を防ぐには「ちょっと太ってるくらいがいい」

「体のためには粗食が一番」「肉や卵はメタボのもと」「中高年になったら少食を」最近は、こういったことが「健康の常識」とされているようです。しかし、これらの考え方は、若くて、過食や肥満がある人には当てはまりますが、日本の多くの高齢者には当てはまりません。【解説】新開省二(東京都健康長寿医療センター研究所副所長)


秋元才加 腹筋の秘密【筋トレ&食事法】体型維持と腰痛改善に(女医・松宮詩依 対談)

秋元才加 腹筋の秘密【筋トレ&食事法】体型維持と腰痛改善に(女医・松宮詩依 対談)

筋肉があるとよい姿勢になるし、肩こり、腰痛、ひざ痛などのケアにもなります。(秋元)糖尿病や認知症を防ぐホルモンが筋肉から出ているという最新研究もあります。(松宮)【対談】秋元才加(女優・タレント)・松宮詩依(天現寺ソラリアクリニック院長)


【高齢ドライバーの事故】免許返納ではなく高齢者の事故の特徴と防ぐ対策を考える

【高齢ドライバーの事故】免許返納ではなく高齢者の事故の特徴と防ぐ対策を考える

危険予知能力、身体能力の低下、交通事情の変化などが要因で、高齢になるほど事故を起こしやすくなります。こういった現状や背景から、「ある一定の年齢になったら、一律に免許証を返納してもらう」といった動きも一部であります。しかし、私はこれには賛成できません。【解説】蓮花一己(帝塚山大学学長・心理学部教授)


【軽度認知障害と運転】高齢ドライバーの事故を防ぐ対策は“定期的な講習”と“運転支援装置の併用”

【軽度認知障害と運転】高齢ドライバーの事故を防ぐ対策は“定期的な講習”と“運転支援装置の併用”

私は長年、全国各地で高齢ドライバーの実態や事故についてのさまざまな調査・研究を行ってきました。その結果、高齢ドライバーの運転行動の劣化には「認知能力の低下」がかかわっているとわかってきました。【解説】蓮花一己(帝塚山大学学長・心理学部教授)


最新の投稿


生ガキにあたった時に「梅肉エキス」をなめたら痛みが治まった!

生ガキにあたった時に「梅肉エキス」をなめたら痛みが治まった!

友人とフランス料理店に行き、生ガキを食べました。すると、なぜか私だけがカキにあたってしまったのです。胃がねじれるように痛く、脂汗が浮き出てきます。痛みで体がよじれたりのけぞったり。じっとしていることができないほどでした。わらにもすがる思いで、私は梅肉エキスを手に取りました。【体験談】江崎紀子(仮名・主婦・72歳)


ぐるぐるめまいと吐き気が取れる「クチナシの実」の黒焼きの作り方

ぐるぐるめまいと吐き気が取れる「クチナシの実」の黒焼きの作り方

クチナシの実は、キントンや炊き込みごはんなどに色を着ける天然の着色料として利用されるほか、生薬(漢方薬の原材料)としても昔から使われており、髙血圧や肝機能の改善、鎮痛・鎮静作用などの働きがあることが確認されています。【解説】平田眞知子(薬草コンサルタント)


【大根の健康効果】有効成分の酵素・ファイトケミカルはスムージーで取ると良い!

【大根の健康効果】有効成分の酵素・ファイトケミカルはスムージーで取ると良い!

私は、若々しく健康な体を維持するために、食事で酵素をたっぷり取ることを提唱しています。そのために役立つ食材はいろいろありますが、癖のない風味が、多くの人に好まれている大根も、実は、酵素の補給源として、とても優秀な野菜です。【解説】鶴見隆史(医療法人社団森愛会鶴見クリニック理事長)


脊柱管狭窄症の足のしびれと痛みが解消 81歳現役シェフの「11円スリッパ」体験談

脊柱管狭窄症の足のしびれと痛みが解消 81歳現役シェフの「11円スリッパ」体験談

最初は半信半疑でしたが、藤井先生に勧められたとおり、常に中敷きを入れて、靴をはくようにしました。そうして1ヵ月ほどたったころでしょうか、自分でも「あれほどつらかったのは、一体なんだったのだろう? 」と感じるくらい、その後はひざの痛みに悩まされることはなくなりました。【体験談】藤田正義(オーナーシェフ・81歳)


食欲がない原因は「胃の位置」胃を上げる体操で飲みこみやすさがアップする理由

食欲がない原因は「胃の位置」胃を上げる体操で飲みこみやすさがアップする理由

子どものころ、立てひざでご飯を食べて叱られた。そんな思い出はありませんか。「立てひざで食事」は、一般常識ではマナー違反とされています。しかし実は、誤嚥の予防にとてもいい姿勢なのです。お勧めなのが、食事の前に胃の位置を上げておくこと。それを簡単に行える体操が「右足首の内回し」です。【解説】浜田貫太郎(浜田整体院長)