【抗認知症薬】飲む前に知っておくべき注意点 「前頭側頭型認知症(ピック病)」では禁忌

【抗認知症薬】飲む前に知っておくべき注意点 「前頭側頭型認知症(ピック病)」では禁忌

皆さんは、認知症になったら、まずやるべきは投薬治療だと思っていませんか?実は、それは非常に危険な考えです。抗認知症薬とは、基本的には興奮剤です。ですから、いずれの薬も効き過ぎると、興奮作用や攻撃性が高まるといった危険性を持っています。【解説】長尾和宏(長尾クリニック院長)


本来は禁忌の薬を与える無知な医師も存在する

皆さんは、認知症になったら、まずやるべきは投薬治療だと思っていませんか?
実は、それは非常に危険な考えです。

日本では、認知症の患者さんが急増しています。
もちろん、その大きな理由は高齢化です。

しかし、実際には、多剤投与や抗認知症薬の副作用といった、薬害の影響も大きく関与していると、私は考えています。
現在、保険適用になっている抗認知症薬は、「ドネペジル塩酸塩(商品名=アリセプト。通称ドネペジル)」「ガランタミン臭化水素酸塩(商品名=レミニール)」「リバスチグミン(商品名=リバスタッチパッチ、イクセロンパッチ)」「メマンチン塩酸塩(商品名=メマリー)」の4種類です。

抗認知症薬とは、基本的には興奮剤です。
ですから、いずれの薬も効き過ぎると、興奮作用や攻撃性が高まるといった危険性を持っています。

ただし、これらの薬そのものが悪いわけではありません。
医師が、患者さん一人ひとりの状態をきちんと見極め、その人に合った薬を、その人の適量で処方すれば、非常によい結果が得られることもあります。

問題は、医師による適切な処方がなされていない点なのです。
薬の処方が適切でないと、どんなことが起こるでしょうか。

例えば、十数年前からあり、最もよく使われているドネペジルは、「アルツハイマー型認知症」と「レビー小体型認知症」に適応があります。
レビー小体型認知症は、薬剤過敏が特徴なので、薬の量は最小限にとどめ、まずは様子を見るべきです。

しかし、それを知らずに大量のドネペジルを投与すると、歩行障害や幻覚などの症状が現れます。
さらに、実際は、認知症をすべて一くくりにして、「認知症=ドネペジル」と、短絡的に薬を出す医師も少なくありません。

「前頭側頭型認知症(ピック病)」には本来、抗認知症薬は禁忌です。
この病気の人に抗認知症薬を投与すると、酒が飲めない人に酒を飲ませるようなものなので、興奮して大暴れします。

このような症状は、抗認知症薬をやめれば劇的に改善します。
しかし、なかには「薬が効いていない」と判断し、さらに薬を増やす医師がいます。

すると、ますます攻撃性が高まり、向精神薬まで与えられるという悪循環がくり返されてしまうのです。

薬は治療の主役ではない医師選びが重要!

こうした薬偏重の医療が行われている背景には、十数年続いてきた「抗認知症薬の増量規定」が影響しています。
これは、病気の症状や年齢などを考慮せず、段階的に薬の量を増やし、最大量で維持しなければならないという、処方の際の規則です。

守らなければ、医師には保険上のペナルティが課せられていました。
この規則を疑問視する現場の医療・介護関係者、市民が立ち上がり、2015年に「抗認知症薬の適量処方を実現する会」が結成され、私が代表理事に就任しました。

こうして、国やマスコミに提言した結果、2016年6月に増量規定は、事実上撤廃されました。
それでも、撤廃の通達が出たことを知らず、増量規定に従って薬を増やす医師は、残念ながらいまだに多く存在します。

その結果、薬害に苦しむ認知症の人が、どんどん増えているのです。
認知症治療に占める薬剤の割合は、50%という医師もいれば、70%という医師もいます。

しかし私は、5%以下と考えています。
現に欧米諸国では、抗認知症薬は使用されない傾向にあります。

薬害を回避したいなら、患者さんやその家族も、「認知症になったらまず薬物治療」という考えは、改めてください。
そもそも、抗認知症薬は、認知症を治すのではなく、進行を抑える対症療法に過ぎません。

しかも、その効果が期待できるのは、薬の量がその人の状態に合っている場合のみです。
脳に作用する薬の効果は、個人差が非常に大きいため、合わなければ、かえって不調になるケースも多々あります。

また、認知症の症状は刻々と変わっていくので、そのときどきに応じたさじ加減が必要になります。
そう考えると、医師選びは重要です。患者さんや家族のいうことにじっくり耳を傾けず、薬の使用や増量ばかりを勧めるような医師は、やめたほうがいいでしょう。

「この医師は合わない」と思った場合は、別の医師にかえるのも一考です。
選ぶなら、日進月歩で変化する認知症のことをよく勉強していて、その人に合わせて薬の量を調節できる医師であることは、いうまでもありません。

そして、認知症は生活障害を伴うので、生活において何に困っているのかを診察のたびに聞き、解決策を真摯に考えてくれる医師が、よい医師といえるでしょう。
さらに、薬物療法よりも非薬物療法に力を入れていて、薬以外にもさまざまな助言をくれる医師が理想です。

上から目線ではなく、パートナーとして寄り添ってくれる姿勢が感じられれば、なおよいでしょう。
また、看護師、ケアマネージャー、ヘルパー、薬剤師も、多くの情報を持っているものです。

医師だけでなく、このような人たちから助言を得ることも有用です。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


脳が活性化する親指の体操で明るく前向きになれる!意欲がわいてくる!

脳が活性化する親指の体操で明るく前向きになれる!意欲がわいてくる!

親指刺激を行っているうちに、手の動きと脳の働きが同時によくなり、薬の管理がうまくできるようになったというお年寄りもいます。認知症に関する効果だけでなく、肩こりや冷えが軽減した、姿勢がよくなったという人も多いのです。【解説】長谷川嘉哉(認知症専門医)


50歳を超えたら食事に変化を!サルコペニアや骨粗鬆症を防ぐには「ちょっと太ってるくらいがいい」

50歳を超えたら食事に変化を!サルコペニアや骨粗鬆症を防ぐには「ちょっと太ってるくらいがいい」

「体のためには粗食が一番」「肉や卵はメタボのもと」「中高年になったら少食を」最近は、こういったことが「健康の常識」とされているようです。しかし、これらの考え方は、若くて、過食や肥満がある人には当てはまりますが、日本の多くの高齢者には当てはまりません。【解説】新開省二(東京都健康長寿医療センター研究所副所長)


【認知症を予防する食事】脳を活性化させる組み合わせは青魚と豆乳マヨネーズ 脳の専門家お勧めはカルパッチョ

【認知症を予防する食事】脳を活性化させる組み合わせは青魚と豆乳マヨネーズ 脳の専門家お勧めはカルパッチョ

脳の老化や認知症の予防は、薬や医師だけに頼るのではなく食事、適度な運動や睡眠など、生活習慣を見直して改善することも必要です。豆乳、オリーブオイル、穀物酢、塩麹、わずかな砂糖で手作りする「豆乳マヨネーズ」は、脳の老化や認知症を予防する意味でも、とても優れた調味料だと思います。【解説】今野裕之(ブレインケアクリニック院長)


秋元才加 腹筋の秘密【筋トレ&食事法】体型維持と腰痛改善に(女医・松宮詩依 対談)

秋元才加 腹筋の秘密【筋トレ&食事法】体型維持と腰痛改善に(女医・松宮詩依 対談)

筋肉があるとよい姿勢になるし、肩こり、腰痛、ひざ痛などのケアにもなります。(秋元)糖尿病や認知症を防ぐホルモンが筋肉から出ているという最新研究もあります。(松宮)【対談】秋元才加(女優・タレント)・松宮詩依(天現寺ソラリアクリニック院長)


【高齢ドライバーの事故】免許返納ではなく高齢者の事故の特徴と防ぐ対策を考える

【高齢ドライバーの事故】免許返納ではなく高齢者の事故の特徴と防ぐ対策を考える

危険予知能力、身体能力の低下、交通事情の変化などが要因で、高齢になるほど事故を起こしやすくなります。こういった現状や背景から、「ある一定の年齢になったら、一律に免許証を返納してもらう」といった動きも一部であります。しかし、私はこれには賛成できません。【解説】蓮花一己(帝塚山大学学長・心理学部教授)


最新の投稿


【野球肘】肩が痛い ひじが痛い 症状を改善・予防するストレッチの方法

【野球肘】肩が痛い ひじが痛い 症状を改善・予防するストレッチの方法

体の柔軟性を保つには、ストレッチを行うことが重要です。練習や試合のあった日はもちろん、休養日にも必ずストレッチを行い、柔軟性を保ちましょう。前項のチェックで硬さがあった場合はもちろん、硬さがなくてもストレッチは必ず行ってください。【解説】山本智章(新潟リハビリテーション病院院長)


注目のシンバイオティクス!発酵あんこは腸内環境を改善する効果がある

注目のシンバイオティクス!発酵あんこは腸内環境を改善する効果がある

発酵あんこの魅力は、それが「シンバオイティクス」であることです。シンバイオティクスとは、腸の善玉菌を増やすなど、人体によい影響を与える有用菌と、そうした菌のエサになる、食物繊維やオリゴ糖などをいっしょに取ることです。【解説】関由佳(内科医・味噌ソムリエ・メディカルフード研究家)


【腰痛の原因】食べすぎやストレスによる肝臓疲労 対策は「足首回し」

【腰痛の原因】食べすぎやストレスによる肝臓疲労 対策は「足首回し」

腰痛や肩こりは、体のゆがみによって起こります。その原因を探ると、なんと約8割の人は、肝臓に疲労がたまっていることが、私の長い施術経験からわかりました。肝臓の疲労のしかたによって、体は右肩上がりになったり、左肩上がりになったりします。それが、痛みの原因になるのです。【解説】田川直樹(快風身体均整院院長)


女性のための簡単筋トレダイエット【バストアップ・二の腕やせ】のコツ

女性のための簡単筋トレダイエット【バストアップ・二の腕やせ】のコツ

「手合わせ筋トレ」は、手のひらを合わせて全力で押し合うだけの、シンプルな筋トレです。動きは簡単ですが、筋肉を意識しながらゆっくり行えば、大きなトレーニング効果が得られます。最初はあまり変化を感じないでしょう。しかしそこを過ぎると、体は目に見えて変わっていきます。【解説】岡田隆(バズーカ岡田・日本体育大学准教授)


昆布酵母のおかげで減塩でも美味しい!薄味で胃腸に優しい手料理に家族が大満足

昆布酵母のおかげで減塩でも美味しい!薄味で胃腸に優しい手料理に家族が大満足

私は食べ歩きが好きで、おいしい物やお店を、インターネットで探すことがよくあります。ウエダ家さんの酵母パンを見つけたのも、インターネットでした。「油も砂糖も使わない天然酵母パン」に興味がわき、すぐにウエダ家さんのパン作り講座に通い始めました。もう10年になります。【体験談】多羅裕子(62歳・主婦)