【玄米食】で要介護度が改善した患者が続出!自らも痛風を克服した医師が指南「米ぬかの食べ方」

【玄米食】で要介護度が改善した患者が続出!自らも痛風を克服した医師が指南「米ぬかの食べ方」

体は食べた物からできているので食事の内容は重要です。玄米には、多くの栄養素と有効成分が含まれていて、高血圧・動脈硬化・脂質異常症・糖尿病などの生活習慣病や、便秘、ガン、認知症、花粉症・アトピー・ぜんそくなどのアレルギー症状に対し、強力な予防・改善効果を発揮します。【解説】島村善行(島村トータル・ケア・クリニック院長)


妻の花粉症も私の大腸ポリープも再発せず!

私のクリニックでは、食事療法を治療の柱に据え、料理教室や講座を開催し、患者さんに栄養指導を行っています。
体は食べた物からできています。食事の内容は、非常に重要です。

私たちの栄養指導の基本は、玄米菜食です。
玄米には、多くの栄養素と有効成分が含まれています(下の図解参照)。

それらは、高血圧・動脈硬化・脂質異常症・糖尿病などの生活習慣病や、便秘、ガン、認知症、花粉症・アトピー・ぜんそくなどのアレルギー症状に対し、強力な予防・改善効果を発揮します。

また、免疫機能を活性化して細菌・ウイルスなどからの感染を予防。
老化も防止し、肌のシミ・シワを防ぎます。

私が玄米菜食に着目したきっかけは、妻の花粉症でした。

妻は、40代で花粉症を発症。
鼻水や目のかゆみに悩まされ、セキが止まらず呼吸困難になることもありました。

毎年、花粉の季節になると外出を控え、毎日の食材も、宅配業者に頼っていたほど。
そんなひどい状態が、13年間も続いていました。

しかし、玄米菜食という食事法を知り、妻が試したところ、たった10日ほどで、症状が明らかに治まったのです。
感激した私も早速、実践。1日のうち、2食を玄米菜食に切り替えました。

それが今から17年前、53歳のときです。
妻の花粉症は、それから発症していません。

当時の私は肥満ぎみで、身長168cmに対し、体重が74kgもありました。
若いころ、毎日のように大量の肉を食べていたせいか、尿酸値が高く痛風を患い、何度も発作に見舞われました。

45歳のときには、大腸ポリープを2回摘出しました。
これほど疲弊した体でしたが、玄米菜食を始めたところ、自然にやせ始め、3ヵ月で7kgも体重が落ちました。

痛風は起こらなくなり、大腸ポリープも再発していません。
以後も少しずつ体重が減り、70歳を迎えた今、64kgをキープしています。

クリニックでの診察、付属の介護老人保健施設への訪問をこなしながら、農園を運営。
同窓会では、友人から、「なんでそんなに元気なのか」と尋ねられるほどです。

認知症や誤嚥性肺炎、肝機能障害にも有用!

クリニックの入院患者さんや、施設の入居者のかたにも、治療の一環として玄米食を提供しています。
おかずのほうは、肉や魚を出す日もありますが、主食は必ず玄米です。

個々の状態に合わせてやわらかく炊くなど工夫をしているので、皆さん、よく召し上がります。
高齢のかたも、食事を残されるケースはわずかです。

年を重ねるにつれ食が細くなり、筋力も衰えるため、高齢者の便秘問題は深刻です。
しかし、私のところでは、玄米のおかげで改善する人が増えています。

また、歯科医師に協力してもらい、皆さんの口腔ケアを行っていますが、一般的な高齢者に比べて、口臭や体臭が少ないと驚かれます。
腸がいい状態に保たれているためでしょう。

ほかにも、高血圧や糖尿病、肝臓病、認知症、誤嚥性肺炎、アトピー、ぜんそくなど、玄米で改善が見られた疾病は、枚挙にいとまがありません。

特筆すべきは、介護保険における要介護度が改善する人が、続出していることです。
一般に要介護度は、悪化することはあっても、改善はまれです。

しかし、今年でいえば、要介護度が1ランク改善した人が7名、2ランク改善した人が6名も現れました。
そのなかには、97歳と93歳のかたもいらっしゃいます。

寝たきりや車イスの状態から立ち上がり、歩くことが可能になった人も3名います。

米ぬかを食べるに当たってはいくつか注意点があります。
腐敗防止や殺菌のため、必ず煎って火を通してください。

また、玄米は農薬の影響を受けやすいため、無農薬や減農薬の米を選んでください。
私のクリニックでも、安全な米を契約農家から仕入れています。

米穀店から米ぬかを分けてもらう場合は、食用にする旨を伝え、できるだけ農薬の少ない玄米のぬかを購入しましょう。

1日の摂取目安量についても考えました。
玄米1合は、約160g、ご飯にすると茶碗2杯分。

そこから取れる米ぬかは、約16gです。
玄米を食べつけない人には、1合分は多いかもしれません。

また、米ぬかを一度に多量にとると、おなかが緩くなることがあるので、10g程度=大さじ2杯強が適当でしょう。

玄米のフィチン酸には、鉄の吸収を阻害する作用があり、これを問題視する人もいます。
しかし私は、玄米の優れた排毒作用は、それを差し引いても余りあると考えています。

例えば、肝機能障害のある人は、肝臓に鉄分がたまりやすいのですが、玄米食が非常に有用です。
玄米のイノシトールが肝機能を改善すると同時に、フィチン酸が過剰な鉄の排出を助けてくれます。

食物は「一物全体」つまり、まるごといただくことで、その機能が最も高まるといいます。
そうした意味でも、米ぬかを食べることはお勧めです。

島村 善行
島村トータル・ケア・クリニック院長

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【高血圧】脳梗塞は熱中症と間違えやすい! 原則「喉が渇いたら水を飲む。汗をかいたら塩も取る」

【高血圧】脳梗塞は熱中症と間違えやすい! 原則「喉が渇いたら水を飲む。汗をかいたら塩も取る」

心臓病や脳卒中は、心臓や脳が悪化したために起こるのではありません。血液がドロドロになり、動脈硬化が進行した末に起こります。つまり、血管の状態が悪化した結果として、これらの病気は起こるのです。そして、これらの血管病の最大の原因は高血圧です。【解説】高沢謙二(東京医科大学病院健診予防医学センター長、東京医科大学教授)


【子どものアレルギー】善玉菌を増やす「発酵キャベツ」で腸内環境を整えるのがお勧め 自閉症改善にも

【子どものアレルギー】善玉菌を増やす「発酵キャベツ」で腸内環境を整えるのがお勧め 自閉症改善にも

キャベツは、食物繊維がとても豊富で、ふだんの食生活で不足しがちな食物繊維を補うことができる食材です。これを発酵させることで、乳酸菌たっぷりになり、その乳酸菌が腸の中で善玉菌を増やしてくれるため、便秘をはじめとする腸の不調を改善してくれるのです。【解説】藤田紘一郎(東京医科歯科大学名誉教授・医学博士)


【肩こり・腰痛】原因不明の体調不良が改善!病院の調査で確認「指ヨガ」の効果

【肩こり・腰痛】原因不明の体調不良が改善!病院の調査で確認「指ヨガ」の効果

看護師として約10年、病院に勤務し、多くの患者さんと接する中で、私は西洋医学だけでできることには限界があるのではないかと感じていました。【解説】宮本よしか(龍村式指ヨガマスターインストラクター・看護師)


【高血圧】「味噌汁」は控えなくてよい!“みそ”には減塩効果があると臨床試験で証明

【高血圧】「味噌汁」は控えなくてよい!“みそ”には減塩効果があると臨床試験で証明

「あなたは血圧が高いので、塩分の多いみそ汁を控えてください」。そう、医師に注意されたことはありませんか?しかし「みそ汁を飲むと血圧が上がる」という常識は大間違いだったのです。臨床試験の結果から、1日2杯程度のみそ汁を飲んでも、血圧には影響しないと明確に証明されました。【解説】上原誉志夫(共立女子大学教授・医学博士)


原因不明の視力低下が改善した!指のツボを“洗濯ばさみ”で刺激する健康法

原因不明の視力低下が改善した!指のツボを“洗濯ばさみ”で刺激する健康法

「指を洗濯バサミで挟む」と血と気の巡りがよくなり糖尿病・視力低下・痛みに著効!手と指には6本の経絡が走っており、その流れに沿って全身の臓器に対応するツボが多く存在しています。つまり手や指を刺激するだけで全身のあらゆる部位の痛みや不調を改善できるというわけです。【解説】松岡佳余子(アジアンハンドセラピー協会理事・鍼灸師)


最新の投稿


【沖ヨガの効果】“足”への刺激は自分で「治る力」を高める 「足裏たたき」を医師が推奨

【沖ヨガの効果】“足”への刺激は自分で「治る力」を高める 「足裏たたき」を医師が推奨

人間は、よほどのことがない限り、自分で自分の体を治す力を持っています。足の刺激法などのほうが、薬よりはるかに上であって、まず試すべきものです。足を刺激することによって、その人が本来持っている、治る力を活性化させることができるからです。【解説】樋田和彦(ヒダ耳鼻咽喉科院長)


【沖ヨガの特徴とは】心身をケアするヨガ "足裏たたき" で心も体もリラックス

【沖ヨガの特徴とは】心身をケアするヨガ "足裏たたき" で心も体もリラックス

足裏たたきを続けていると、胃腸や肝臓や膵臓の不調、肺をはじめとした呼吸器の不調、心臓の不調、血管の問題、腎臓や泌尿器の不調、腰痛や首の痛み・こりなどが、次々によくなっていきます。同時に、肌もきれいになり、姿勢もよくなって若々しく生まれ変われるのです。【解説】佐藤松義(イタリア政府公認 沖道密教ヨガ総合自由大学教授)


不調の5大原因を取り除く【沖ヨガ】「足裏たたき」の効果 腰痛が改善、ストレスが解消した

不調の5大原因を取り除く【沖ヨガ】「足裏たたき」の効果 腰痛が改善、ストレスが解消した

病気になる前に、その原因を遠ざける。もし病気になったとしても、自然の回復を促す。それが足裏たたきのすぐれた効能です。やり方を身につければ、あなたにとって、必ず一生の宝になります。【解説】佐藤松義(イタリア政府公認 沖道密教ヨガ総合自由大学教授)


【沖ヨガ】詰まりが取れて全身に血が巡る「足裏たたき」のやり方

【沖ヨガ】詰まりが取れて全身に血が巡る「足裏たたき」のやり方

刺激して痛みを感じる部位があれば、そこは体の巡りが悪く詰まっている証拠です。重点的にたたいたり、もんだりしてください。詰まりが取れて全身の血の巡りが一気によくなり、目も頭もスカッとします。【解説】佐藤松義(イタリア政府公認 沖道密教ヨガ総合自由大学教授)


【胃腸の健康】ピロリ菌を撃退し善玉菌を増やす効果 “乳酸菌”が豊富な「水キムチ」

【胃腸の健康】ピロリ菌を撃退し善玉菌を増やす効果 “乳酸菌”が豊富な「水キムチ」

生野菜は、胃の粘膜を荒らすため、胃が疲れているときにサラダを食べるのはよくありません。しかし、同じ野菜でも、発酵させた水キムチなら、胃に優しく作用するので安心です。【解説】丁宗鐵(日本薬科大学学長)