【動画あり】55歳 5人の子持ちでウエスト58cm!秘密は「膣を締める」エクササイズ

【動画あり】55歳 5人の子持ちでウエスト58cm!秘密は「膣を締める」エクササイズ

ペタンコのおなか、キュッと上がったお尻、しなやかにくびれたウエスト、スラリとした美脚。誰もがうらやむ体形のYUKAさんですが、35歳までは、がっしりとした肉付きのよい体だったそうです。それが「膣を締める」ことで理想の体形を実現したそうです。【レポート】『安心』編集部


きれいな体形だけじゃない! 生理痛や月経不順、尿もれまで治っている!

骨盤ネジ締めエクササイズとは、膣を引き締めることを基本動作とするボディメイクのこと。膣を締めることは、はしたないことでも、下品なことでもなく、むしろ品のある女性のたしなみです

 「骨盤ネジ締め」って何?

 と、まずは思いますよね。
 骨盤ネジ締めは、膣を引き締めることを基本動作とする、ボディメイクエクササイズのことです。

 息を吐きながら、ゆっくり膣を締めて(おしっこをがまんする要領です!)、ゆっくり元に戻す。ただひたすら、このくり返しです。
 こんなかすかな動作で、本当にやせるのか? と問いただしたくなるのもわかりますが、まずは2週間、やってみてください。必ず、体が変わってきます。

 やせるより早くわかるのが、子宮周りの変化でしょうか。
 先日、YUKA先生のレッスンに出席した人は、レッスン後、ずっと来ていなかった生理が来てビックリしていました。
 「もう更年期で、閉経かなと思っていた」と。

 そのほか、生理痛がなくなる、月経不順が解消するのはもちろん、膣をキュッとすぼめていることで、生理ナプキンを汚すことがほとんどなくなるため、トイレで排泄できるようになり、生理がすごくらくになるんです!
 それだけではありません。産後の尿もれに悩む女性は、実はすごく多いのですが、骨盤ネジ締めを行うと、早い人ではその日のうちから、遅くとも2週間もすると皆さん、尿もれが解消しているのです!

 こういった変化を感じているとき、ふと、鏡に映る自分の姿が変わっていることに気づきます。お尻と背中の境い目がくっきりわかる(これはうれしい!)。お尻と太ももの境い目もはっきりわかる(感激!)。

 胸から下は台形みたいなフォルムだったのが、細いとはいえないながらもくびれが形作られ、体が考案者のYUKAさんのようなフォルムに近づいていくんです!

 これが、骨盤ネジ締めエクササイズです。
 最新刊『膣を締めてギュンギュンやせる! 骨盤ネジ締めDVDブック』には、初心者でも簡単にできる、YUKAさんのメソッドが詰まっています。

 やり始めた人は皆さん、「一生続ける!」と言います。
 慣れれば、歩いていても、通勤中でも、いつでもどこでも膣はしめられます! ぜひお試しください。

少年のような小尻に!

くびれのあるウエストに!

YUKA(骨盤ネジ締めボディエクササイズ考案者)
1962年生まれ。ASIAFI(インドネシアエアロビクスインストラクター協会)所属。10歳のときに、担任の先生から「女の子なのに太っていてかわいそう」と言われ、以来、ダイエット人生が始まる。来る日も来る日も食べたいものをがまんし、食べることに罪悪感を感じながら青春を過ごす。20歳で結婚、22歳で出産後、4男1女の子宝に恵まれる。35歳のときに考案し開発を繰り返した「骨盤ネジ締めボディメイクエクササイズ」を40歳で確立。以後、さらなる改良を重ね、現在に至る。単にやせるだけでなく、しなやかなくびれ、ペタンコのおなか、キュッと上がった小尻、スラリとした美脚、美しい背中を実現する類まれなるメソッドとして、クチコミで人気が広がる。そのメソッドをまとめた最新刊
『膣を締めてギュンギュンやせる!骨盤ネジ締めDVDブック』が好評発売中。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【血圧が下がった】朝食をトマトにしたら10kgやせた!高かった血圧も正常化

【血圧が下がった】朝食をトマトにしたら10kgやせた!高かった血圧も正常化

朝食をトマト1個にして2カ月後、最大血圧が125mmHg程度と正常範囲内で落ち着くようになりました。降圧剤を飲んでいても下がらなかった血圧が、トマトを毎朝食べているだけでこんなにあっさりと下がるのかと、びっくりしました。【体験談】仁科敏子(仮名・無職・83歳)


【視力回復】朝3分の眼球運動で集中力・運動能力・成績がアップできる

【視力回復】朝3分の眼球運動で集中力・運動能力・成績がアップできる

目のトレーニングというと、どうしても「アスリートでもない私には関係ない」と受け取られがちです。勉強やスポーツが苦手な子ども、忙しいお母さん、働き盛りの社会人、目の衰えが気になる中高年など、一般のかたにこそ、ぜひやっていただきたいトレーニングなのです。【解説】飯田覚士(日本視覚能力トレーニング協会 代表理事)


【視力回復】プロボクサー村田諒太選手も実践!「眼球運動」のやり方

【視力回復】プロボクサー村田諒太選手も実践!「眼球運動」のやり方

顔は動かさずに、目だけを右、左、右、左……。朝3分の「眼球運動(目の体操)」をすると、日常生活のさまざまな場面でその効果を期待できます。プロボクサー村田諒太選手の目のトレーニングも指導する飯田覚士さんが提案! 人生を変える「朝の新習慣」です。【解説】飯田覚士(日本視覚能力トレーニング協会 代表理事)


【幸せを呼ぶ手相学】大学教授が考案!手相を吉相に変える「指くみ」のやり方

【幸せを呼ぶ手相学】大学教授が考案!手相を吉相に変える「指くみ」のやり方

「運命は変えられない」多くの人はこう誤解しているのではないかと思います。運命は変えられます。自分で切り開くものです。運勢とは、幸運を呼び込み、不運を克服するものです。【解説】加藤主税(椙山女学園大学名誉教授・手相学者)


【視力が回復】視力0.02が0.7まで回復!足の指の“間”を押してメガネも必要なくなった

【視力が回復】視力0.02が0.7まで回復!足の指の“間”を押してメガネも必要なくなった

24歳のとき眼科で検査をすると、視力検査表のいちばん大きい記号がはっきり見えず、視力は左右とも0.02と言われました。足の指のまた押しを続けて、1年くらいたったあるとき、自分の目の変化に気づきました。自宅にあった視力検査表で測ってみたら、両目とも0.7まで見えていました。【体験談】鈴木弓子(仮名・事務員・44歳)


最新の投稿


【ひざの裏が痛い】は老化のサイン?姿勢も考え方も若返る!ヨガ秘伝の「ひざ裏伸ばし」

【ひざの裏が痛い】は老化のサイン?姿勢も考え方も若返る!ヨガ秘伝の「ひざ裏伸ばし」

ヨガでは、心の問題が体に現れると考えます。特に、「心の老化」という現象が、体の中で顕著に出る場所があります。それは、ひざ裏、太ももの裏、ふくらはぎ、アキレス腱など、脚裏一帯。脚裏の筋肉やすじが硬い原因の多くは、心の老化にあるのです。【解説】佐藤松義(イタリア政府公認 沖道密教ヨガ総合自由大学教授)


【アンチエイジング】ヨガで心も体も若返る!「ひざ裏伸ばし」の正しいやり方

【アンチエイジング】ヨガで心も体も若返る!「ひざ裏伸ばし」の正しいやり方

準備運動を終えたら、1~3を順に行いましょう。いちばんたいせつなことは、少しずつ筋肉を伸ばしながら、痛みと向き合い、体にお詫びと感謝をすることです。やればやるだけ効果がありますが、まずは1日1セットを目標にしてください。【解説】佐藤松義(イタリア政府公認 沖道密教ヨガ総合自由大学教授)


【『島耕作』作者・弘兼憲史さん】若さの秘訣は毎朝の「ひざ裏伸ばし」

【『島耕作』作者・弘兼憲史さん】若さの秘訣は毎朝の「ひざ裏伸ばし」

忙しくても、運動が嫌いでも、毎朝のシャワー中のひざ裏伸ばしのように、無理なくできる方法はあると思います。皆さんもぜひ、自分に合った、無理なく続けられる健康法を探してください。【解説】弘兼憲史(漫画家)


【血糖値スパイクを予防】血管の名医が勧める食後高血糖対策は「大豆」と「立ち食い」

【血糖値スパイクを予防】血管の名医が勧める食後高血糖対策は「大豆」と「立ち食い」

「血糖値」「ヘモグロビンAlc」「糖尿病」……。これらの言葉を見て、「私はだいじょうぶ」と思ったあなた。安心するのはまだ早いかもしれません。健康診断で血糖値に問題がなくても、食後に血糖値が急上昇しているかたは多いからです。【解説】池谷敏郎(池谷医院院長・医学博士)


足の爪が小さいと「尿もれ」?ガサガサかかとは「肥満」?足でわかる病気のサイン

足の爪が小さいと「尿もれ」?ガサガサかかとは「肥満」?足でわかる病気のサイン

足は立つときや歩くときに、体の全体重を支えます。何年も何十年も支え続けるわけです。体の不調やゆがみなどによって、どこかをかばった立ち方や歩き方をすると、それが足に蓄積され、異常が現れます。【解説】高山かおる(埼玉県済生会川口総合病院皮膚科主任部長)