【体験談】腰の痛みは「ストレートネック」が原因 片頭痛、椎間板ヘルニアが改善

【体験談】腰の痛みは「ストレートネック」が原因 片頭痛、椎間板ヘルニアが改善

妊娠中に足腰の症状に悩み、産後2ヵ月で整形外科に行くと、椎間板ヘルニアと診断されました。症状を根本から改善したいと思い、田中宏先生の整骨院に行きました。そこでストレートネックになっていると言われたのです。【体験談】島田紗江(仮名・会社員・46歳)


頭の中がスッキリして起きられた

「腰が絶えず痛む」
「足がつる。しびれる」

 2人目の子どもを妊娠中だった21歳のとき、私はこうした足腰の症状に悩まされていました。その前年に生まれた上の子を抱っこしながらの生活だったこともあり、足腰に負担がかかっていたようです。
 産後2ヵ月して、ようやく環境も落ち着いたので整形外科に行くと、椎間板ヘルニア(背骨を構成する椎骨と椎骨の間にある椎間板が飛び出した状態)と診断されました。

 授乳中だったため、鎮痛薬は飲まず、腰を牽引(引っ張ること)したり、温めたりという治療を受けましたが、効果は感じられませんでした。近所の整骨院に行っても、施術を受けた直後はいいのですが、すぐ痛みがぶり返すというくり返しです。
 さらに3人目の子どもを出産した26歳の頃には、腰痛に加え、首の痛みと重い肩こり、片頭痛まで起こるようになりました。以降、十数年は日常生活に困らない程度のケアをしながら、だましだまし生活をしていました。

 5年ほど前、これらの症状を根本から改善したいと思い、インターネットで整骨院を探していたところ、田中宏先生の整骨院を発見。患者さんの体験談が詳しく紹介されていたので、治療を受けてみることにしました。

 田中先生には、首の曲線が失われている、ストレートネックになっていると言われました。施術を受けると、これまで受けたどの治療よりも首、肩のこり、腰痛がらくになりました。

 とはいえ、整骨院に行けるのは月2回くらいです。疲れると、どうしても腰痛が再発してしまいます。
 そんなとき、先生が、腰痛の再発を防ぐ方法として、バスタオルで作る「首置き枕」を教えてくれたのです。首置き枕は、首の下に置いてあおむけの状態で寝ます。
 それまで、腰痛を和らげるために、横向きで寝ていましたが、まずは一回、首置き枕を首の下に置いて、あおむけで寝てみました。

 すると、一晩で、全身が筋肉痛になってしまったのです。おそらく、正しい姿勢で寝るのに慣れていなかったのでしょう。

 一方で、これまでと違う反応がありました。今までは、朝起きたときいつも頭がボーっとしていました。それが、霧が晴れたように、頭の中がスッキリして起きられたのです。
「先生の言うとおり、この寝方が体にいいのだ」と実感でき、続けてみることにしました。

 筋肉痛は3日間続いた後、徐々になくなりました。それとともに、長年悩まされた椎間板ヘルニアによる腰痛が、ほとんどなくなってきたのです。さらに、首の痛みや肩こり、片頭痛も出なくなりました。

→「首置き枕」の作り方はコチラ

バスタオルは毎晩巻き直す

 体が快調になってきたので、4年ほど前からウオーキングを始めました。だんだん物足りなくなってジョギングを開始。

 さらに、目標がほしくなって、3年前から5kmのロードレースに出たのを皮切りに、しだいに距離を伸ばして、フルマラソンを走るようになりました。ここ2年、出場した大会はすべて完走しています。

 椎間板ヘルニアによる腰痛で悩んできた私が、まさかフルマラソンを走れるようになるとは夢にも思っていませんでした。

 首置き枕を使ってわかったコツは、バスタオルを「毎晩巻き直す」ことです。前日のままで使うと、どうしてもゆるんでしまいます。毎晩キュッと巻き直して、一定の高さで首に当てたほうが効果的だと感じます。

 腰痛に悩んでいる人には、簡単で効果的な首置き枕をぜひお勧めします。

筋肉痛になるのは悪いことではない(天竺整骨院院長 田中宏)

 島田さんは当初、ストレートネックのため骨格にゆがみがありました。しかし、首置き枕の使用で骨格が整い、ヘルニアによる腰痛を克服しました。枕を巻き直すのは、寝るとき、常に同じ硬さと高さをキープできるのでお勧めです。

 筋肉痛は、これまでと違う姿勢をとったことによる体の反応なので、悪いものではありません。質のいい睡眠がとれたからスッキリ目覚められたのです。

→「首置き枕」の解説はコチラ

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【腰痛の原因】食べすぎやストレスによる肝臓疲労 対策は「足首回し」

【腰痛の原因】食べすぎやストレスによる肝臓疲労 対策は「足首回し」

腰痛や肩こりは、体のゆがみによって起こります。その原因を探ると、なんと約8割の人は、肝臓に疲労がたまっていることが、私の長い施術経験からわかりました。肝臓の疲労のしかたによって、体は右肩上がりになったり、左肩上がりになったりします。それが、痛みの原因になるのです。【解説】田川直樹(快風身体均整院院長)


脚やせ運動「股関節回し」でむくみスッキリ!腸腰筋を鍛える10のメリット

脚やせ運動「股関節回し」でむくみスッキリ!腸腰筋を鍛える10のメリット

股関節は、上半身と下半身をつなぐ関節ですから、ここが硬いと体全体がゆがみます。その結果、ネコ背や腰痛、肩こり、頭痛、関節の痛みなどが生じてくるのです。股関節の可動域を広げるためには、股関節周辺の筋肉を柔軟にすることがたいせつです。【解説】谷口光利(日本ボディーケア学院学院長)


鎮痛剤が効かない痛みの原因は神経の誤作動!耳さすりで正常な状態に戻すとよい

鎮痛剤が効かない痛みの原因は神経の誤作動!耳さすりで正常な状態に戻すとよい

私のクリニックには1日に100人以上の患者さんがいらっしゃいます。患者さんの中には、「消炎鎮痛剤を飲んでも痛みが引かない」「手術を受けたのに痛みがずっと続いている」と訴える人が少なくありません。骨や筋肉の器質的な異常や炎症ではなく、神経が誤作動を起こしている場合が多いのです。【解説】小田博(おだ整形外科クリニック院長)


股関節と腰の痛みを取る対策を紹介!運動療法「エゴスキュー体操」で歪みをとろう

股関節と腰の痛みを取る対策を紹介!運動療法「エゴスキュー体操」で歪みをとろう

痛みや病気を治すために生まれた運動療法「エゴスキュー体操」を知っていますか。病院やクリニックでの運動療法として、エゴスキュー体操を取り入れている医師も少なくありません。内科医や痛みの専門医が、股関節痛、腰痛、脊柱管狭窄症などの患者さんに勧めているのです。【解説】水野加津人(エゴスキュージャパン代表)


【風邪・喉の痛み】“梅仙人”が実践する健康法 「梅干しの黒焼き」

【風邪・喉の痛み】“梅仙人”が実践する健康法 「梅干しの黒焼き」

明治生まれの祖母は、のどが痛いときやカゼのひき始めには、梅干しを焼き網で焼いて、熱いお茶を注いで飲むと治ると話していたことも思い出しました。そこで私は、かつて祖母から伝え聞いた記憶を頼りに、梅干しの黒焼きを自分で作ってみようと考えたのです。【体験談】永井恒雄(梅生産者・77歳)


最新の投稿


脊柱管狭窄症の足のしびれと痛みが解消した!81歳現役シェフの11円スリッパ体験談

脊柱管狭窄症の足のしびれと痛みが解消した!81歳現役シェフの11円スリッパ体験談

最初は半信半疑でしたが、藤井先生に勧められたとおり、常に中敷きを入れて、靴をはくようにしました。そうして1ヵ月ほどたったころでしょうか、自分でも「あれほどつらかったのは、一体なんだったのだろう? 」と感じるくらい、その後はひざの痛みに悩まされることはなくなりました。【体験談】藤田正義(オーナーシェフ・81歳)


食欲がない原因は「位置」!胃を上げる体操で飲みこみやすさがアップする理由

食欲がない原因は「位置」!胃を上げる体操で飲みこみやすさがアップする理由

子どものころ、立てひざでご飯を食べて叱られた。そんな思い出はありませんか。「立てひざで食事」は、一般常識ではマナー違反とされています。しかし実は、誤嚥の予防にとてもいい姿勢なのです。お勧めなのが、食事の前に胃の位置を上げておくこと。それを簡単に行える体操が「右足首の内回し」です。【解説】浜田貫太郎(浜田整体院長)


【野球肘】肩が痛い ひじが痛い 症状を改善・予防するストレッチの方法

【野球肘】肩が痛い ひじが痛い 症状を改善・予防するストレッチの方法

体の柔軟性を保つには、ストレッチを行うことが重要です。練習や試合のあった日はもちろん、休養日にも必ずストレッチを行い、柔軟性を保ちましょう。前項のチェックで硬さがあった場合はもちろん、硬さがなくてもストレッチは必ず行ってください。【解説】山本智章(新潟リハビリテーション病院院長)


注目のシンバイオティクス!発酵あんこは腸内環境を改善する効果がある

注目のシンバイオティクス!発酵あんこは腸内環境を改善する効果がある

発酵あんこの魅力は、それが「シンバオイティクス」であることです。シンバイオティクスとは、腸の善玉菌を増やすなど、人体によい影響を与える有用菌と、そうした菌のエサになる、食物繊維やオリゴ糖などをいっしょに取ることです。【解説】関由佳(内科医・味噌ソムリエ・メディカルフード研究家)


【腰痛の原因】食べすぎやストレスによる肝臓疲労 対策は「足首回し」

【腰痛の原因】食べすぎやストレスによる肝臓疲労 対策は「足首回し」

腰痛や肩こりは、体のゆがみによって起こります。その原因を探ると、なんと約8割の人は、肝臓に疲労がたまっていることが、私の長い施術経験からわかりました。肝臓の疲労のしかたによって、体は右肩上がりになったり、左肩上がりになったりします。それが、痛みの原因になるのです。【解説】田川直樹(快風身体均整院院長)