【低血糖症が急増中】血糖値スパイクの危険 原因は糖質の過剰摂取 うつ病と似た症状

【低血糖症が急増中】血糖値スパイクの危険 原因は糖質の過剰摂取 うつ病と似た症状

低血糖症は3タイプに分けることができます。一つが「反応性低血糖症」です。血糖値が急上昇し、その後、急下降する血糖値スパイクは、このタイプです。二つめのタイプが「無反応性低血糖症」です。三つめが「乱高下型低血糖症」です。これら3タイプの低血糖症の原因は、いずれも糖質の過剰摂取です。【解説】溝口徹(新宿溝口クリニック院長)


通常検査で見つからない隠れ低血糖が不調を招く

皆さんは、「低血糖症」をご存じでしょうか。
低血糖症とは、単に「血糖値が低い状態」を指すわけではありません。

血糖値を正しくコントロールできない「血糖調節障害」の一種だと考えたほうがいいでしょう。
一般的に、健康な人の血糖値は食後、緩やかに上昇したあと、緩やかに下降し、約3時間で空腹時の数値に戻ります。

ところが低血糖症の人は、食後の血糖値が非常に高い数値まで急上昇してから急下降したり、食事をしても反応がなく血糖値の上昇が見られなかったり、空腹時に突然、血糖値が上昇したりするなど、多様な異常反応が起こります。

血糖値の調節は、私たちの健康維持の根幹を担っています。
適正に働かないと、さまざまな不調を招きかねません。

例えば、急激な眠気や慢性的な疲労感といったものから、不安感や不眠などのうつ症状、めまいや動悸、手足のしびれやふるえなどです。
もしあなたが、「いくら休んでもだるさが抜けない」「いつも疲れ切っている」「何をしても気分がふさぐ」といった症状に何ヵ月も悩まされ、そこから自力で立ち直れない場合、それは低血糖症によるものかもしれません。

いくらダイエットをしても全くやせないかたは、肥満の原因として疑ってもいいでしょう。
低血糖症の症状は、しばしばうつ病と誤診されます。

当然、抗うつ剤を投与してもよくなりません。
効きめがないとなると、医師からはさらに多量の薬を投じられ、薬の害によって症状がどんどん悪化していくケースもあります。

そのうえ厄介なことに、低血糖症は一般的な血糖値検査ではなかなか見つかりません。
空腹時血糖値を測っても、ヘモグロビンA1cを測っても、低血糖症の数値は正常な場合が多いからです。

つまり、通常の検査では低血糖症は隠れています。
知らず知らずのうちに低血糖症になり、その症状に苦しんでいる「隠れ低血糖」の人が非常にたくさんいるのではないかと、私は危惧しています。

低血糖症かどうか調べるためには、「5時間糖負荷検査」を行う必要があります。
これは、長時間病院に拘束されて何度も採血されるので、患者さんにとっては負担の大きい検査です。

しかし、この検査を受けて初めて、自分が低血糖症かどうか確認できるのです。

〝血糖値スパイク〟も低血糖症の症状の一つ

低血糖症は、大きく3タイプに分けることができます。
一つめが「反応性低血糖症」です。

このタイプは食事をとったあと、急激に血糖値が上昇し、ピークを過ぎると急激に下降します。
その最高値も最低値も基準値を大幅に超えます。

健康な人は、食後血糖値が140mg/dLを大きく超えることはありませんが、低血糖症の人は200mg/dLよりも高くなる場合があります。
しかもその後、血糖値が突然大きく下がるのです。

血糖値の乱高下の結果、不安感や恐怖心、イライラなどの精神症状や、動悸や手足のしびれ、頭痛などの身体症状が現れます。
血糖値が急に下がったときには、集中力の低下や無気力、強い眠気などにも悩まされます。

このタイプは、年齢を問わず多く見られますが、特に太りぎみの人に多い傾向があります。
また、やせ型でも甘い物を頻繁に食べる人にはよく見られます。

最近、NHKの番組で血糖値が乱高下する症状を「血糖値スパイク」と説明し、反響を呼びました。
血糖値スパイクは、まさにこの反応性低血糖症を指すといえるでしょう。

二つめのタイプが「無反応性低血糖症」です。
本来、糖質を摂取すれば、その量に応じて血糖値の上昇が起こります。

ところが、このタイプの人は、食事をしても血糖値がほとんど上がりません。
疲労感と抑うつ感が強く、一日中ボーッとしたり、うつうつと気持ちがふさぎ込んだりしがちです。

夜もよく眠れなくなるため、朝起きられずに学校や会社に行けなくなるケースが多々あります。
10〜20代前半の若者に圧倒的に多いタイプです。

三つめが「乱高下型低血糖症」です。
これは、血糖値が急激に上がったり下がったりをくり返すタイプです。

血糖値と同様に感情の起伏が激しく、機嫌がいいと思ったら、突然怒りだしたり泣きだしたりします。
この場合、体の諸機能をコントロールしている自律神経のうち、常に交感神経が優位になります。

すると、体は緊張した状態が続き、休まりません。
気持ちに余裕がなくなり、疲労感も抜けにくくなります。

これら低血糖症の原因は、3タイプのいずれも糖質の過剰摂取です。
ですから、低血糖の状態から脱却するためには、日々の食事を根本から見直して、血糖値の描くカーブをできるだけ緩やかにする必要があります。

→【肉ファースト食】低血糖の原因は糖質依存!眠気・だるさを撃退する食事法

溝口 徹
神奈川県出身。1990年、福島県立医科大学卒業。横浜市立大学医学部附属病院、国立循環器病センター勤務を経て、神奈川県藤沢市に溝口クリニック(現・辻堂クリニック)を開設。痛みを専門に扱うペインクリニックを中心に、広く内科系疾患の診療にも従事。2003年、日本初の栄養療法専門クリニック・新宿溝口クリニックを開設。現院長。

【血糖値スパイクを防ぐ運動】食後の"つま先立ち"で血糖値の急上昇対策
亀川寛大医師【糖質制限の外食メニュー】低血糖症の血糖値スパイクを抑える方法

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【ブーム間違いなし】ダイエット効果抜群「レモンコーヒー」で“長寿ホルモン”が増え認知症も予防できる

【ブーム間違いなし】ダイエット効果抜群「レモンコーヒー」で“長寿ホルモン”が増え認知症も予防できる

イタリアやロシアなどのヨーロッパ諸国で愛飲されている「レモンコーヒー」に、なんとも多様な健康効果があると判明!日本でも近々、ブームとなること間違いなし?医師、大学教授、管理栄養士が、その魅力を語ります。“魅惑の味”を、ぜひお試しください。【解説】安中千絵(医療管理栄養士)


【血糖値スパイクを予防】血管の名医が勧める食後高血糖対策は「大豆」と「立ち食い」

【血糖値スパイクを予防】血管の名医が勧める食後高血糖対策は「大豆」と「立ち食い」

「血糖値」「ヘモグロビンAlc」「糖尿病」……。これらの言葉を見て、「私はだいじょうぶ」と思ったあなた。安心するのはまだ早いかもしれません。健康診断で血糖値に問題がなくても、食後に血糖値が急上昇しているかたは多いからです。【解説】池谷敏郎(池谷医院院長・医学博士)


【食後高血糖とは】症状はイライラ・手足の冷え 見分け方は食後の「眠気」

【食後高血糖とは】症状はイライラ・手足の冷え 見分け方は食後の「眠気」

ここ数年、「糖質制限」や「糖質オフ」といった、糖質を減らす健康法が注目されています。私の専門の1つは、栄養面から生活習慣病や慢性病に働きかける、栄養療法です。栄養療法から見ても、食事から取る糖質を適切に減らすことは、健康であり続けるために重要です。【解説】斎藤糧三(医師)


【食後高血糖の対策】糖質は1食あたり40gが必要!「チョイ減らし」6大健康効果

【食後高血糖の対策】糖質は1食あたり40gが必要!「チョイ減らし」6大健康効果

健康な人であれば、糖質の摂取量を1日120g、1食あたり40gにすれば、食後の高血糖を防ぎながら、体に負担をかけることなく、必要な糖質を補うことができます。まずはご飯を3分の1だけ減らす「糖質チョイ減らし」から始めるとよいでしょう。【解説】斎藤糧三(医師)


【血糖値スパイク予防レシピ】糖質制限に必要な栄養素はバッチリ 手間なし作り置きおかず

【血糖値スパイク予防レシピ】糖質制限に必要な栄養素はバッチリ 手間なし作り置きおかず

適量の糖質を食べながら、たんぱく質と食物繊維を取れば、血糖値スパイクを防止でき、健康効果が高まります。そこで、手間なくできて冷蔵庫にストックしておける、たんぱく質と食物繊維の作り置きレシピを紹介します。作り置きレシピをうまく活用して、心も体も元気に毎日を送りましょう。【監修】斎藤糧三(医師)


最新の投稿


【体験談】全身の蕁麻疹が改善した!デトックス作用がある“足指の間”を押したらきれいに消えた

【体験談】全身の蕁麻疹が改善した!デトックス作用がある“足指の間”を押したらきれいに消えた

私の体に異変が起きたのは、昨年7月のことです。半袖から見えている腕の毛穴という毛穴に、じんましんが出ていたのです。松森先生は「足の第2指と第3指の骨の間を押すといい」と教えてくださいました。1回にかかる時間は数分程度です。仕事の合間に、3〜4回はやったと思います。【体験談】佐藤友子(仮名・会社員・47歳)


歯周病の原因【ドライマウス】は唾液が十分でもなるってホント?昆布出汁を使った対策とは

歯周病の原因【ドライマウス】は唾液が十分でもなるってホント?昆布出汁を使った対策とは

「朝起きるといつも口が苦い」「舌がヒリヒリして痛い」「口の中がベタベタする」「物が飲み込みづらい」「味がわからない」このような症状がある人は、「ドライマウス」という病気かもしれません。ドライマウスとは、唾液の分泌量が減って、口の中が乾燥する病気です。【解説】笹野高嗣(東北大学大学院歯学研究科教授)


【ブーム間違いなし】ダイエット効果抜群「レモンコーヒー」で“長寿ホルモン”が増え認知症も予防できる

【ブーム間違いなし】ダイエット効果抜群「レモンコーヒー」で“長寿ホルモン”が増え認知症も予防できる

イタリアやロシアなどのヨーロッパ諸国で愛飲されている「レモンコーヒー」に、なんとも多様な健康効果があると判明!日本でも近々、ブームとなること間違いなし?医師、大学教授、管理栄養士が、その魅力を語ります。“魅惑の味”を、ぜひお試しください。【解説】安中千絵(医療管理栄養士)


【きくち体操とは】糖尿病が改善した!脳梗塞後のリハビリにも効果 脳と体をつなげる足指の体操

【きくち体操とは】糖尿病が改善した!脳梗塞後のリハビリにも効果 脳と体をつなげる足指の体操

「きくち体操」は鍛える体操ではありません。自分の体に意識を向け、体の変化を感じ取り、体を育てる体操です。体の感覚や変化を感じ取り、体を意識して丁寧に動かせば、体と脳がしっかりつながり、動ける体が育っていくのです。【解説】菊池和子(「きくち体操」創始者)


【きくち体操の効果】腰痛 肩こりが改善!足の指を動かす簡単運動で全身の血流がアップ!

【きくち体操の効果】腰痛 肩こりが改善!足の指を動かす簡単運動で全身の血流がアップ!

まずチェック項目で自分の足の指がどんな状態かチェックしてみましょう。はだしになって、自分の足の指をよーく見てください。足の指をチェックして気になる項目があっても、あきらめることはありません。「きくち体操」でこれから足の指を育てていけばよいのです。【解説】菊池和子(「きくち体操」創始者】