【糖尿病が改善】1食を「玄米」にするだけ 疲れた膵臓も元気になると実験で判明

【糖尿病が改善】1食を「玄米」にするだけ 疲れた膵臓も元気になると実験で判明

琉球大学医学部附属病院では、病棟や外来の糖尿病・肥満症診療で玄米食を勧め、優れた成績を上げています。玄米を食べることで、脂っこい肉料理よりも、野菜や豆、海藻などを好むようになり、摂取エネルギーが自然に減ったことが挙げられます。血糖値が高い人は、玄米を食べてください。【解説】益崎裕章(琉球大学大学院医学研究科教授)


食事制限やメニュー指定をせずに血糖値が下げる

琉球大学医学部附属病院では、病棟や外来の糖尿病・肥満症診療で玄米食を勧め、優れた成績を上げています。
玄米食で糖尿病が改善した一例を、紹介しましょう。

下のグラフをご覧ください。
40歳の男性Aさんは、食後血糖値がときどき140mg/dLを超えることがあり、糖尿病の薬を服用していました。
食後の短時間に血糖値が急上昇する「血糖値スパイク」は、血管を傷つけて動脈硬化を引き起こし、脳梗塞や心筋梗塞の原因にもなるといわれます。

そこで私は、「3食のうち朝食だけ、主食を白米から玄米にしてください」と指導しました。
すると、食後血糖値はみるみる降下し、すっかり基準値内で収まるようになったのです。

その後も数値の安定が続いたため、糖尿病の薬を中止しました。
今は、食事だけで血糖値をコントロールしています。

皆さんのなかにも、健康診断で高血糖を指摘され、栄養指導を受けたかたは多いでしょう。
おそらく、摂取エネルギーを抑えて、栄養のバランスを考えるように、といわれたのではないでしょうか。
しかし、先ほどのAさんは、「朝食の白米を玄米に替える」だけで、血糖値が改善し、薬をやめることができました。
私は、食事制限やメニュー指定などはしていません。

なぜAさんは、白米を玄米に替えただけで、糖尿病が改善したのでしょうか。

依存性が高い脂っこい物を好まなくなる

まず、玄米を食べることで、脂っこい肉料理よりも、野菜や豆、海藻などを好むようになり、摂取エネルギーが自然に減ったことが挙げられます。

人類は、飢餓と闘ってきた歴史が長いため、本能的に高エネルギーの動物性脂肪を好む傾向にあります。
そして、高脂肪食を食べ続けることで、「食べずにはいられない」という状態に陥る人が増えています。

高脂肪食への欲求は、タバコや酒、麻薬などに対する依存性を上回ることがわかっています。
「ダメだと思っても、脂っこい物を食べてしまう」のは中毒(依存症)なので、意志の力で阻止するのは困難です。

私たちの研究室は、玄米のぬか部分に含まれるγ‐オリザノールという成分が、脳の視床下部に働きかけ、動物性脂肪に対する嗜好性と依存性を緩和することを突き止めました。
視床下部は、意志とは無関係に内臓や血管、ホルモン分泌などを調整する自律神経の中枢で、「本能をつかさどる部位」とされます。

つまり玄米を食べると、本能的に脂っこい物を好まなくなるのです。

この研究は、世界的権威のあるヨーロッパの糖尿病学会誌『Diabetologia』2017年8月号に掲載されました。

また、玄米に含まれるγ‐オリザノールは、膵臓のβ細胞を保護する作用によっても、高血糖を改善します。
膵臓のβ細胞は、血糖値を下げるインスリンを分泌していて、この細胞が減ると、糖尿病になります。

私たちの研究グループは、二つの実験を行いました。

一つめの実験では、マウスに「高脂肪食のみ」を与えた場合と、「高脂肪食+γ‐オリザノール」を与えた場合を比較しました。
その結果、前者では膵臓のβ細胞が破壊されましたが、後者ではβ細胞の減少を食い止めることができました。

二つめの実験では、β細胞を破壊したマウスにγ‐オリザノールを投与し、経過を観察しました。
すると、β細胞の回復が見られたのです。

糖尿病は、一度発症すると治りにくいといわれますが、玄米が膵臓の機能回復の一助になるとわかりました。
さらに、腸内環境の改善という点からも、玄米が糖尿病に与える影響は少なくありません。

玄米には、食物繊維が豊富に含まれています。
食物繊維は腸内の善玉菌のえさとなるので、善玉菌が増えて悪玉菌が減ります。

善玉菌が増えると、腸内では発酵現象が起こり、体にいい物質がたくさん作られます。
その代表が短鎖脂肪酸です。

短鎖脂肪酸は、大腸細胞のエネルギーになるほか、一部が血流に乗って全身を巡り、さまざまな効果を発揮します。
その作用は、血糖値の改善をはじめ、食欲抑制、抗炎症、抗アレルギー、発ガン防止など、多岐にわたります。
玄米をとると、短鎖脂肪酸の血中濃度が格段に上がることがわかっています。

主食が白米やパンで、脂身の多い肉や揚げ物を好み、体重が多めで、血糖値が高い人は、玄米を食べてください。
3食のうち1食でけっこうです。この方法でストレスなく食生活を改善して減量し、糖尿病が改善した人はたくさんいます。

ぜひお試しください。

益崎裕章
1989年、京都大学医学部卒業。96年、同大学院医学研究科博士課程修了。医学博士。2000年から3年間、ハーバード大学医学部に留学。09年より現職。日本糖尿病学会研修指導医・専門医。日本肥満学会理事。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【糖尿病専門医】 「ミルク酢ごはん」は血糖値が上がりにくい

【糖尿病専門医】 「ミルク酢ごはん」は血糖値が上がりにくい

私は、「なるべく多くの患者さんが幸せになれる治療法」をモットーに、日々、診療にあたっています。患者さんにガマンを強いる「食事制限」ではなく、おいしく食べながら体の状態をコントロールする「食事調整」であるべきだと、私は考えています【解説】原島伸一(京都大学大学院医学研究科 糖尿病・内分泌・栄養内科学講師)


【肥満症】減量手術の適応条件は?保険適応は?

【肥満症】減量手術の適応条件は?保険適応は?

肥満に対する治療で、「減量手術」が行われることがあります。減量手術は、単にやせたいからという理由で受けるようなものではなく、合併症のある高度肥満、かつ通常の治療では効果のない人が対象となり、日本でも2014年に術式の一つが保険適用になりました。【解説】大城崇司(東邦大学医療センター佐倉病院消化器外科講師)


秋元才加 腹筋の秘密【筋トレ&食事法】体型維持と腰痛改善に(女医・松宮詩依 対談)

秋元才加 腹筋の秘密【筋トレ&食事法】体型維持と腰痛改善に(女医・松宮詩依 対談)

筋肉があるとよい姿勢になるし、肩こり、腰痛、ひざ痛などのケアにもなります。(秋元)糖尿病や認知症を防ぐホルモンが筋肉から出ているという最新研究もあります。(松宮)【対談】秋元才加(女優・タレント)・松宮詩依(天現寺ソラリアクリニック院長)


ミネラルスープで2型糖尿病・メタボを予防!漢字で「鎂」と表す栄養素は何?

ミネラルスープで2型糖尿病・メタボを予防!漢字で「鎂」と表す栄養素は何?

毎日しっかりとっていると、糖尿病(2型)の発症リスクが最大47%、メタボリック症候群の発症リスクが31%減ると最近の研究で判明した、漢字で「鎂」と表す栄養素はなんでしょう。答えは「マグネシウム」。必ず食事から摂取しなくてはならない必須・主要ミネラルの一つです。【解説】横田邦信(東京慈恵会医科大学客員教授)


【アレルギーを予防・改善】腸内環境を整えて免疫がアップ!医師もイチオシ「昆布酵母」の健康効果

【アレルギーを予防・改善】腸内環境を整えて免疫がアップ!医師もイチオシ「昆布酵母」の健康効果

コンブを水に漬けて密閉し、冷蔵庫に約10日間保存して作る「コンブ酵母」が話題になっています。水に漬けただけの「コンブ水」と異なり、酸素を遮断するため発酵が起こり、もともとコンブに付着していた乳酸菌や酵母など、増殖に酸素を必要としない微生物が増加します。【解説】本間真二郎(七合診療所所長)


最新の投稿


女性のための簡単筋トレダイエット【バストアップ・二の腕やせ】のコツ

女性のための簡単筋トレダイエット【バストアップ・二の腕やせ】のコツ

「手合わせ筋トレ」は、手のひらを合わせて全力で押し合うだけの、シンプルな筋トレです。動きは簡単ですが、筋肉を意識しながらゆっくり行えば、大きなトレーニング効果が得られます。最初はあまり変化を感じないでしょう。しかしそこを過ぎると、体は目に見えて変わっていきます。【解説】岡田隆(バズーカ岡田・日本体育大学准教授)


昆布酵母のおかげで減塩でも美味しい!薄味で胃腸に優しい手料理に家族が大満足

昆布酵母のおかげで減塩でも美味しい!薄味で胃腸に優しい手料理に家族が大満足

私は食べ歩きが好きで、おいしい物やお店を、インターネットで探すことがよくあります。ウエダ家さんの酵母パンを見つけたのも、インターネットでした。「油も砂糖も使わない天然酵母パン」に興味がわき、すぐにウエダ家さんのパン作り講座に通い始めました。もう10年になります。【体験談】多羅裕子(62歳・主婦)


脳が活性化する親指の体操で明るく前向きになれる!意欲がわいてくる!

脳が活性化する親指の体操で明るく前向きになれる!意欲がわいてくる!

親指刺激を行っているうちに、手の動きと脳の働きが同時によくなり、薬の管理がうまくできるようになったというお年寄りもいます。認知症に関する効果だけでなく、肩こりや冷えが軽減した、姿勢がよくなったという人も多いのです。【解説】長谷川嘉哉(認知症専門医)


巻き爪を予防する「正しい爪の切り方」深爪やバイアスカットが陥入爪も招く

巻き爪を予防する「正しい爪の切り方」深爪やバイアスカットが陥入爪も招く

フットケア外来を開設して驚いたのは、ほとんどの患者さんが正しい爪の切り方を知らないことでした。巻き爪や陥入爪(巻いた爪が皮膚に食い込む状態)といった爪のトラブルを防ぐには、スクエアカットといって、爪を̻四角に切ります。絶対してはいけないのが深爪とバイアスカットです。【解説】高山かおる(済生会川口総合病院皮膚科主任部長)


老廃物をグイグイ流して血流を改善「足の指刺激」のやり方

老廃物をグイグイ流して血流を改善「足の指刺激」のやり方

私は若い頃から拳法で鍛え、道場で拳法家の育成にも努めています。30代前半までは、仕事に、拳法にと精力的な日々を送っていましたが、30代後半になると、とたんに肩こりや座骨神経痛など、さまざまな痛みが生じるようになりました。【解説】原田秀康(国際足健法協会会長)