MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営
【専門医が実践】糖尿病を改善したいなら歯科も受診!「口腔ケア」の重要性

【専門医が実践】糖尿病を改善したいなら歯科も受診!「口腔ケア」の重要性

近年の研究で、糖尿病に歯周病が関係していることがわかってきました。しかしながら、医師も歯科医師も、そのことに対する意識が高いとはいえません。当然、患者さんは正しい情報を得られず、「歯周病も糖尿病もなかなか治らない」という状況に置かれているのです。【解説】西田亙(にしだわたる糖尿病内科院長)

血圧と血糖値が正常化!不整脈も消えた!

近年の研究で、糖尿病に歯周病が関係していることがわかってきました。
しかしながら、医師も歯科医師も、そのことに対する意識が高いとはいえません。

当然、患者さんは正しい情報を得られず、「歯周病も糖尿病もなかなか治らない」という状況に置かれているのです。
まず、下の写真を見てください。

上は8年前、2009年の私です。
身長176cmで体重が92kg。血圧も血糖値も高めで、りっぱな糖尿病予備群。

不整脈(脈の乱れ)もあり、まさに「医者の不養生」でした。
顔写真の隣りにあるのが、当時の私の歯です。

細菌の塊である歯垢と、歯垢が固まった歯石がびっしり付着し、歯茎は腫れています。
リンゴをかじると、リンゴが血で染まるほどの歯周病でした。

ちょうどそのころ、愛媛大学と歯科医師会が共同で、ある調査を行いました。
県内の歯科医院20軒で、歯周病患者の血糖値を調べたところ、血糖値が200mg/dL以上の人が3割近くに上ったのです。

この結果から、糖尿病と歯周病の関係に着目した私は、長年放置していた自分自身の歯周病を治療し、日常的な口腔ケアの指導を受けました。
それ以来、きちんと歯磨きをして、歯科医院で定期的に歯をチェックしてもらうようになりました。

すると、まず、体重が落ちていきました。
たった1年で自然に18kgも減量し、74kgになったのです。

高かった血圧と血糖値も下がり、基準値内で収まっています。
糖尿病予備群から、無事抜け出すことができました。

不整脈も消えました。歯周病を治療し、口腔内の清潔を心がけたことで、私はなぜ健康体になれたのでしょうか。

体内の炎症が治まってインスリンの働きが回復

口の中には、1000億から1兆もの細菌が存在するといわれます。
そのうちの悪玉細菌が毒素を生み出し、歯茎を腫らし、血やウミを出し、歯の周りの骨を溶かす原因となります。

これが歯周病です。
炎症を起こした歯茎の組織からは、悪玉ホルモン(炎症性サイトカイン)が分泌されます。

歯茎から出血すると、悪玉細菌や細菌が産生した毒素、さらに悪玉ホルモンが、血流に乗って全身に拡散されるのです。
悪玉ホルモンは、インスリン(血糖値を下げるホルモン)の働きを弱めます。

体は、より多くのインスリンを作ろうとしますが、この状態が続くとインスリンを作る膵臓が疲弊し、糖尿病を発症します。
もう一つ、歯周病による炎症で味覚障害が起こることも、糖尿病を悪化させます。

味がわからないため、濃い味の物を食べ続けたり、いくら食べても満足できなかったりするのです。
歯周病を治療し、歯垢や歯石を除去することで、口腔内の炎症が治まり、味覚は回復します。

薄味の料理を味わえるようになれば、腹八分で満足でき、血糖値のコントロールが可能になるのです。
もちろん、早急に治療が必要な糖尿病は薬が必要ですが、その場合も歯周病対策を並行して行います。

糖尿病の治療は、歯科との連携が不可欠なのです。
ですから私は、患者さんの歯や歯茎に汚れを見つけたら、すぐに歯科を受診するように伝えます。

歯周病があると、私の処方する薬や治療の効果が、思うように出ないからです。
糖尿病と歯周病が密接に関係することを示す、患者さんの例をご紹介しましょう。

Aさん(42歳・男性)は、ヘモグロビンA1cが10%台になり入院。
問診時に「歯茎からの出血で毎朝、枕が赤く染まる」とわかり、大学病院内の歯科を受診してもらったところ、重度の歯周病でした。

入院当初は、インスリン注射と食事制限を行っていたにもかかわらず、血糖値は200~300mg/dLと高い値で推移していました。
ところが、歯周病を治療すると血糖値が急速に改善し、インスリンの投与量はあれよあれよという間に減少。

退院2日前にはインスリンが不要となり、飲み薬1種類だけになりました。
10%台で推移していたヘモグロビンA1cは、退院後1ヵ月で7.4%まで降下。

体内の炎症状態を示す血清CRPの値は、入院時の0.35mg/dLから、0.16mg/dLに下がっていました(基準値は0.3mg/dL以下)。
歯周病の治療によって炎症が治まって悪玉ホルモンが減り、インスリンの働きが回復したと考えられます。

Aさんは退院後、外来診療に見えたとき、こういいました。
「先生、以前はやたらと脂っこい物や味の濃い物ばかり食べていたのに、歯周病を治したら、野菜や豆のおいしさがわかるようになったよ。すると自然に体重が減ってきたし、なんだか体を動かしたくなって、最近フットサルを始めたんだ」

血糖値が降下した背景に、食事療法と運動療法があることは間違いありませんが、そのきっかけとなったのは歯周病の治療でした。
炎症を解消することで高血糖が改善するとともに、味覚が正常化して、自然と正しい食生活へ導かれるのです。

糖尿病を改善したければ、内科だけでなく、ぜひ歯科も受診して口腔内をきれいにしてください。
歯と歯茎の健康こそが、病気治療の基本です。

この記事のエディター

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連記事
こうして手のひらを押していたところ、なんと今年3月の人間ドックではヘモグロビンA1cが6.3%と正常値にまで低下したのです。これで安心したのですが、私の母にはもっと凄い効果が表れました。インスリン注射を1日1回に減らせました。注射は体に大きな負担があるらしく、これには母も大喜びでした【体験談】小池幸子(会社員・56歳)
更新: 2019-03-19 18:00:00
主人の血糖値ですが、酢タマネギを食べ始めてわずか2ヵ月ほどで100mg/dlまで下がりました。服薬を続けても下がらなかったのに、酢タマネギを食べ始めてすぐに改善したことには驚きました。血圧も下がり、以前は降圧剤を飲んで最大血圧が200mmHgだったのが、今は130mmHg程度です。【体験談】伊林好子(主婦・76歳)
更新: 2019-02-22 18:00:00
マグネシウムは体内では合成できないため、必ず食品から摂取しなければいけない「必須ミネラル」の1つです。現代の日本人の食生活は、カロリーは満たされていても、マグネシウムが足りない『新型栄養失調』状態にあるのです。その結果、糖尿病や脂質異常症、肥満をきたしやすくなるのです。【解説】横田邦信(東京慈恵会医科大学客員教授)
更新: 2018-12-31 18:00:00
認知症というと高齢者の病気、と考える人も多いでしょう。近年、認知症は「脳の糖尿病」で生活習慣の改善で予防できることがわかりました。認知症は20~30代の頃の生活習慣、特に食習慣の結果でもあります。ですから早めに対処することが認知症予防には欠かせません。【解説】熊谷賴佳(脳神経外科専門医・認知症サポート医・京浜病院院長)
更新: 2018-11-12 18:00:00
ゴーヤに含まれる苦み成分の一つであるチャランチンには、インスリンと似た働きがあります。また、同じく苦み成分であるモモルデシンにも、血糖降下作用があることがわかっています。さらに、ゴーヤには糖代謝を活性化するビタミンB1や、糖の吸収を遅らせる食物繊維も豊富に含まれています。【解説】下津浦康裕(下津浦内科医院院長)
更新: 2018-10-20 12:00:00
最新記事
日本の発酵食品(しょうゆ、みそ、日本酒など)を作る上で、こうじはなくてはならないものです。こうじは、蒸した米や麦、大豆などに、こうじ菌という微生物を繁殖させたものでこうじ菌が作った栄養成分がぎっしり詰まっています。こうじについては多少の知識がありますので、少しお話しさせてください。【解説】浅利妙峰(糀屋本店女将) 
更新: 2019-05-25 18:00:00
「腰が痛い!」幅広い年齢層に蔓延する腰痛。しかし、病院に駆け込んで、骨や神経に異常が見つからない場合は「非特異的腰痛症」と診断されます。非特異的、つまり、原因不明の腰痛という意味。なんとも不思議な病名です。「腰が痛い」という異常があるから病院に来ているのに……。【解説】戸田佳孝(戸田リウマチ科クリニック院長)
更新: 2019-05-24 18:00:00
これまで、疲労が起きるのは、「エネルギーがなくなるから」「疲労物質が筋肉にたまるから」と考えられてきました。しかし、最新の研究によって、疲労が起きるほんとうの理由は、「自律神経の中枢である、脳がサビつくから」ということが、わかっています。【解説】梶本修身(東京疲労・睡眠クリニック院長)
更新: 2019-05-23 18:00:00
私は、これまで40年以上、タマネギをはじめとする、ネギ属の機能性成分を研究してきました。そこでタマネギには、確かに血液をサラサラにする働きがあるということが明らかになったのです。【解説】西村弘行(北翔大学・北翔大学短期大学部学長/東海大学名誉教授)
更新: 2019-05-22 18:00:00
見たいものにピントを合わせる「目の調節力」は25歳を過ぎる頃からどんどん低下し、30代後半から近くが見えづらくなる老眼になってきます。目の疲れや調節力の低下を改善するためにお勧めなのが、目の周囲を温める「温熱療法」です。私は、温熱療法の効果を多くの実験で確認しています。【解説】高橋洋子(みたにアイクリニック院長)
更新: 2019-05-21 18:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt