MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営
【アーユルヴェーダ専門医】 便秘解消には「蜂蜜レモンジュース」がお勧め!

【アーユルヴェーダ専門医】 便秘解消には「蜂蜜レモンジュース」がお勧め!

ハチミツは、糖の代謝を高める働きがあり、大量にとらないかぎり、血糖値は上がりにくいのです。さらに、毒素を浄化する働きによって、胃腸のケアにも役立ちます。便秘や下痢などの排泄異常の改善、ダイエットや美肌効果も期待できるでしょう。【解説者】蓮村誠(マハリシ南青山プライムクリニック院長)

消化が不要で即吸収され脳の栄養になる!

私は、世界最古の伝統医学である、インドのアーユルヴェーダの専門医です。
このアーユルヴェーダでは、心身の健康を保つために「食」を重要視します。

その観点から、非常に重宝されているのが「ハチミツ」です。
ハチミツには、たくさんの生命エネルギー(オージャス)が含まれます。

また、純粋性(サットヴァ)の質が高く、体の中にある毒素(アーマ)を浄化する働きもあります。
簡単にいえば、ハチミツを日常的に口にすると、体はいきいきとし、性格も穏やかになるのです。

さらに、疲労回復効果も期待できます。
ハチミツは、90%以上が単糖類で構成されているため、胃腸で消化する必要はありません。

摂取すると、即座に血液中に吸収され、速やかに疲れが取れるのです。
血液中に吸収された糖質は、そのまま脳の栄養になります。

脳の神経の発達も促すので、子供には積極的にハチミツを摂取させましょう。
ただし、乳児ボツリヌス症という感染症の予防のため、1歳未満の乳児には与えないでください。

もちろん、大人にもハチミツはお勧めです。
脳に十分な栄養が届くようになれば、記憶力の向上につながりますし、認知症の予防にも役立ちます。

ハチミツには、水の性質(カパ)もあるため、カパが乱れることで引き起こされる、糖尿病や高血圧、心疾患、気管支炎などにも有効でしょう。
糖尿病の場合、ハチミツは厳禁というイメージがありますが、それは誤りです。

日本でも古くから、糖尿病の人にハチミツを食べさせる民間療法がありました。
ハチミツは、糖の代謝を高める働きがあり、大量にとらないかぎり、血糖値は上がりにくいのです。

さらに、毒素を浄化する働きによって、胃腸のケアにも役立ちます。
便秘や下痢などの排泄異常の改善、ダイエットや美肌効果も期待できるでしょう。

食べ過ぎは禁物!40度以上に加熱しない!

このように、いいことずくめのハチミツですが、いくつか注意点があります。
まず、ハチミツの選び方です。

無農薬・非加熱で、できれば国産の物を利用してください。
よく、スーパーなどで数百円のハチミツが売られていますが、それは避けましょう。

そうした安価なハチミツには、水アメが大量に混ざっており、純粋なハチミツとはいえません。
純粋なハチミツは、200~300mlで数千円します。

躊躇してしまう金額ですが、その健康効果は段違いです。
薬だと割り切って購入しましょう。

最近では、インターネットなどでも簡単に入手可能です。
初めて純粋なハチミツを口にされるかたは、そのおいしさに驚くことでしょう。

私は職業柄、さまざまな産地の物を口にしますが、純粋なハチミツは、ほんとうに美味です。
また、基本的に賞味期限がないので、保存食としても優秀です。

次に、ハチミツのとり方です。
いちばんのお勧めは、そのままなめることです。

最大限の効果を求めるかたは、空腹時になめるよう心がけましょう。
ただし、優れた食品といえども、糖質が多いので、食べ過ぎは禁物です。

1日の摂取量は、ティースプーン3杯程度を目安にしてください。
また、アーユルヴェーダでは、ハチミツを別の食品と組み合わせることはほとんどありません。

特に、穀物といっしょに食べることは、前述した水の性質を乱すことになります。
そのなかで、例外的にハチミツと別の食品を組み合わせた活用法もあります。

ここでは、簡単に作れる「ハチミツレモンジュース」を紹介しましょう。
作り方は、40度未満のぬるま湯または水(100ml)にハチミツ(ティースプーン1杯)を溶かし、レモン汁(数滴)を加えれば完成。

これを、食間に1日2回飲みます。
レモン汁を加えることで浄化作用が強化され、より胃腸の働きがよくなります。

特に、肥満や便秘、肌トラブルに悩んでいるかたに、お勧めのとり方です。
ちなみに、ハチミツは、40度以上に加熱すると純粋性が失われ、逆に毒素となってしまいますので、ご注意ください。

私は、クリニックの患者さんにも、純粋なハチミツを摂取することを勧めています。
「精神的に安定してきた」「胃の調子がよくなった」「便秘が解消した」など、大好評です。

また、「甘い物が欲しくなくなった」「間食がやめられた」など、ダイエット効果につながった例も少なくありません。
皆さんも、日々の健康・美容のために、ハチミツを上手に利用してください。

蓮村 誠
マハリシ南青山プライムクリニック院長。医学博士。オランダマハリシ・ヴェーダ大学、マハリシ・アーユルヴェーダ認定医。東京慈恵会医科大学卒業。診療のかたわら、インドの伝統医学「アーユルヴェーダ」医療の普及に努めるべく、全国での講演活動や執筆活動にあたっている。『白湯 毒出し健康法』(PHP研究所)など、著書多数。
●マハリシ南青山プライムクリニック
http://www.hoyurishikai.com/index.html

この記事のエディター

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連記事
納豆を毎日食べるようになったとき、最初に実感できるのは、便通の改善でしょう。それもそのはず。納豆には、腸内環境を整えるための働きや成分がそろっているからです。腸内において納豆菌は、活性酸素を分解する酵素と、善玉菌のえさとなる栄養分を作りだし、善玉菌の増加を強力にサポートします。【解説】河埜玲子(済生会松阪総合病院医師・料理家) 
日本の発酵食品(しょうゆ、みそ、日本酒など)を作る上で、こうじはなくてはならないものです。こうじは、蒸した米や麦、大豆などに、こうじ菌という微生物を繁殖させたものでこうじ菌が作った栄養成分がぎっしり詰まっています。こうじについては多少の知識がありますので、少しお話しさせてください。【解説】浅利妙峰(糀屋本店女将) 
「いつもおなかが張って苦しい」「下腹がポッコリ出ている」という人は、「大腸下垂」の可能性が非常に高いと言えます。便秘やガス腹を引き起こす大腸下垂の予防・改善には、腹筋、骨盤底筋を鍛えましょう。私がお勧めするのは、雑巾がけやおしりの上げ下げなどです。【解説】金子実里(金子病院副院長) 
人間本来の解毒作用による毒素の排出は、75%が便からで、20%弱が尿からといわれています。残りが汗、毛髪、爪からの排出です。ですから、健康を考える上で「便をスムーズに出す」ことは非常に重要だといえるのです。【解説】堀田忠弘(堀田医院院長)
食べ始めて4日ほどたった頃、劇的な変化がありました。1日おきだったお通じがなんと1日2回になったのです。朝食をとると、すぐトイレに行き、日中にもう1回お通じがあります。便秘解消のおかげか、吹き出物がなくなり、肌がきれいになりました。また、寝起きに起こっていた鼻づまりもなくなりました。【体験談】藤田久美子(主婦・60歳)
最新記事
まずチェック項目で自分の足の指がどんな状態かチェックしてみましょう。はだしになって、自分の足の指をよーく見てください。足の指をチェックして気になる項目があっても、あきらめることはありません。「きくち体操」でこれから足の指を育てていけばよいのです。【解説】菊池和子(「きくち体操」創始者】
私は、60歳の今も左右の視力は1・0を保っています。これまでメガネの世話になったこともありません。老眼知らずの状態をキープしている秘密は、私が毎日行っているトレーニング「目のスクワット」にあるのです。毛様体筋をほぐす効果があります。【解説】本部千博(ほんべ眼科院長)
体重100kgの人なら3kg、80kgの人なら2.5kg程度の減量で、条件付きですが糖尿病の改善は可能です。体重が3%減少すると、ヘモグロビンA1cが3%程度下がることがわかったからです。例えば、ヘモグロビンA1cが9%の人なら、だいたい6%程度まで下がります。【解説】吉田俊秀(島原病院 肥満・糖尿病センター長)
これまで、入院患者さん向けの、いわゆる「リハビリ体操」はありましたが、外来の患者さんが希望するような体操はありませんでした。そこで私たちは、血圧を上げる要因である、末梢の「血管抵抗」を減らす筋トレを考案することにしました。【解説】金子操(自治医科大学附属病院リハビリテーションセンター室長・理学療法士)
1日の疲れを取るには、就寝時間や睡眠時間ではなく、「眠りに就いて4時間以内に、深睡眠を取ること」がたいせつなのです。しかし現代人の多くは、深夜にテレビやスマホを見たり、ストレスで体の緊張が取れなかったりして、本来の睡眠リズムが狂い、深睡眠を取りづらくなっています。【解説】白濱龍太郎(睡眠専門医)