MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営
【森山良子さんの健康法】ハチミツ

【森山良子さんの健康法】ハチミツ "マヌカハニー" で喉の痛みや疲れを取る

19歳で歌手デビューし、気づいたら半世紀の月日が経ちました。私が、今もこうして皆様の前で歌えるのは、ハチミツの恩恵が大きいように思います。【体験者】森山良子(1948年生まれ。東京都出身。1967年、『この広い野原いっぱい』で歌手デビュー。)

森山良子
1948年生まれ。東京都出身。1967年、『この広い野原いっぱい』で歌手デビュー。その透明感のある声と歌唱力で、ミリオンセラー『禁じられた恋』をはじめ、『涙そうそう』、『さとうきび畑』など、数々のヒット曲を発表。名実ともに日本のトップシンガーとなる。2007年、「2006年度芸術選奨文部科学大臣賞」「第49回毎日芸術賞」受賞。2008年、「紫綬褒章」受章。デビューから51年を迎えた今年も、コンサートツアーを全国各地で開催中。詳細は公式HP参照。

ゆっくりゆっくり口の中で転がすように飲み込む

19歳で歌手デビューし、気づいたら半世紀の月日が経ちました。
私が、今もこうして皆様の前で歌えるのは、ハチミツの恩恵が大きいように思います。

歌い手は、のどが命です。
ですから、私にとって、のどを常によい状態に保つことはとても重要ですし、のどのケアには、人一倍気を遣ってきました。

万が一、のどを痛めてお仕事をキャンセルすることになったら、ファンやスタッフのかたがたにもご迷惑をかけてしまいます。
でも、長年歌い続けていると、声帯の筋肉がじわじわと消耗していきます。

年齢を重ね、発声法を変えるなど、工夫はしますが、「昔のようにはいかないな」と思うことも事実です。
そんな私の、のどや健康状態を心配してくださるかたから、ハチミツをいただく機会が増えました。

オーストラリアにいらっしゃる友達のお姉様が送ってくださったり、スタッフのかたが、クリスマスにプレゼントしてくださったり……なかには、自家製のハチミツを送ってくださるかたもいらっしゃいます。
こうしてハチミツをとるようになって、10年以上が経ちました。

今では、ハチミツは、私の生活に欠かせない存在となりました。
いつでも、どこでも使えるように、我が家の至るところにハチミツが置いてあります。

ハチミツを使うのは、もちろん、のどのためです。
スプーンでハチミツをひとさじすくい、口に含み、唾液と混ぜて口の中で転がしながら、ゆっくりゆっくりと飲み込みます。

ハチミツを口の中に十分行き渡らせ、声帯を潤します。
私は、これまでいろいろなハチミツを試し、それぞれにおいしさを感じてきました。

あのトロ~リとした、やわらかくて優しい甘みは、ほかのどんなものにもかえがたく、心もホッと落ち着きます。
また、ハチミツは、のどが痛いときだけではなく、紅茶に入れたりトーストに塗ったりして、食事にも取り入れています。

ハチミツをなめることはのどを守る重要な仕事

のどに少しチクチクするような刺激があり、それがまた「効いているぞ!」と思わせてくれます。
味も濃厚で、とてもおいしいです。

マヌカハニーが特に欠かせないのは、コンサートのときです。
前日は、入念にマヌカハニーを口に含み、のどを潤しておきます。

そして、コンサートのあとも、疲れたのどを早く回復させるために、マヌカハニーをさらにひとなめします。
私にとってハチミツをなめることは、のどを守るために欠かせない、仕事の一つなんです。

今、私の家には、オーストラリアから届いた大瓶のマヌカハニーと、スタッフから贈られた上質なマヌカハニーがあり、とても重宝しています。
ちなみに、のどのケアは、ほかにもいろいろと行っています。

特に冬場は、乾燥した空気がのどに直接入らないよう、のどに絹のスカーフを巻き、寝るときは必ず枕元に加湿器を置きます。
また、口の中が乾燥しないよう、湿らせたマスクをして寝るなど、細心の注意を払っています。

私は若いころ、「キレイな声ですね」といわれるのが、とても嫌でした。
「キレイな声の歌手」というイメージだけでは、つまらないと思っていたんです。

もっともっと、いろんな声を出せる歌手になりたい!と思っていました。
でも、年を重ねた今では、自分の持ち味であるこの声を維持することがどれだけ大切か、身に染みて感じています。

これからもハチミツを活用し、長年皆様に愛されたこの声をできるだけ維持できるよう、歌い続けたいと思います。

常温のままなめることはのどのケアに非常に有効(マハリシ南青山プライムクリニック院長 蓮村誠)

純度の高いハチミツは、インドの伝統医学では、非常に優れた食品とされています。
ハチミツは、生命エネルギーが豊富で、毒素を浄化する働きがあります。

適量を常食すれば、体はいきいきとし、心がリラックスした状態を保てるのです。
また、速やかな疲労回復効果も期待できます。

そして、ハチミツには、強力な抗菌作用があります。
森山さんのように、常温のままなめることは、のどのケアにも非常に有効です。

この記事のエディター

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連記事
マイタケスープを飲み始めて2~3ヵ月がたった頃、妻から「なんか生えてきているよ」と言われたのです。合わせ鏡で見ると、ハゲていた部分に、本当に産毛が生えているのが確認できました。今ではハゲが消えています。そして、今のところがんの再発もありません。【体験談】中村健三(75歳・無職)
マイタケはビタミン類やミネラル、食物繊維に富み、特に亜鉛、ナイアシン、ビタミンDを多く含んでいます。特筆すべきはMDフラクションという成分で、免疫機能を調整し腫瘍の増殖を抑制する作用が際だって強力であることがわかっているのです。【解説】柴田佳一(柴田接骨院院長)
プロポリスは、ハチの巣への細菌の侵入を防ぎ、その増殖を防いでくれる物質です。いわば、家を守る防御壁なのです。私たちがこのプロポリスを摂取する際には、それがどのようにして抽出されたのかが、一つの重要なポイントとなります。プロポリスの抽出法によって含有される有効成分が異なるからです。【解説】門田重利(富山大学名誉教授)
私は、バナナの研究を20年ほど続けています。調べてみると、バナナの有益な効果が次から次へと見つかったのです。食生活に上手にとり入れれば、ダイエットや血糖値の管理に役立つ食品なのです。「バナナ酢」は、バナナの健康効果に加えて、酢の健康効果も期待できるのです。【解説】水谷剛(東浦和内科・外科クリニック院長)
私にがんが見つかったのは、1999年でした。健康診断で異常が見つかり再検査を受けた結果、医師に前立腺がんと告げられたのです。自分でも生きる気力を絶やすまいと決心しました。健康食品や民間療法などよいと思ったものをすべて試したのです。納豆もその一つです。【体験談】中村孝士((有)日本凍結乾燥食品研究所所長・76歳)
最新記事
まずチェック項目で自分の足の指がどんな状態かチェックしてみましょう。はだしになって、自分の足の指をよーく見てください。足の指をチェックして気になる項目があっても、あきらめることはありません。「きくち体操」でこれから足の指を育てていけばよいのです。【解説】菊池和子(「きくち体操」創始者】
私は、60歳の今も左右の視力は1・0を保っています。これまでメガネの世話になったこともありません。老眼知らずの状態をキープしている秘密は、私が毎日行っているトレーニング「目のスクワット」にあるのです。毛様体筋をほぐす効果があります。【解説】本部千博(ほんべ眼科院長)
体重100kgの人なら3kg、80kgの人なら2.5kg程度の減量で、条件付きですが糖尿病の改善は可能です。体重が3%減少すると、ヘモグロビンA1cが3%程度下がることがわかったからです。例えば、ヘモグロビンA1cが9%の人なら、だいたい6%程度まで下がります。【解説】吉田俊秀(島原病院 肥満・糖尿病センター長)
これまで、入院患者さん向けの、いわゆる「リハビリ体操」はありましたが、外来の患者さんが希望するような体操はありませんでした。そこで私たちは、血圧を上げる要因である、末梢の「血管抵抗」を減らす筋トレを考案することにしました。【解説】金子操(自治医科大学附属病院リハビリテーションセンター室長・理学療法士)
1日の疲れを取るには、就寝時間や睡眠時間ではなく、「眠りに就いて4時間以内に、深睡眠を取ること」がたいせつなのです。しかし現代人の多くは、深夜にテレビやスマホを見たり、ストレスで体の緊張が取れなかったりして、本来の睡眠リズムが狂い、深睡眠を取りづらくなっています。【解説】白濱龍太郎(睡眠専門医)