【蜂蜜の健康効果】疲労回復に優れ、血糖値が上がりにくい!純度100%のものを選ぶと良い

【蜂蜜の健康効果】疲労回復に優れ、血糖値が上がりにくい!純度100%のものを選ぶと良い

ハチミツは疲労回復効果も優れています。しかも、その効果には即効性があります。にもかかわらず、血糖値の上昇は緩やかです。ハチミツにはグルコースよりもフルクトースのほうが多いので、同じ量をとるなら、砂糖よりハチミツをとるほうが血糖値の急上昇は防げるというわけです。【解説者】竹内実(京都産業大学総合生命科学部教授・医学博士)


コレステロールを溶かし動脈硬化にも効果的!

ハチミツは古くから、人々の生活に根づいていました。
養蜂が始まったのは、今から約5000年前。

日本では『古事記』に、ミツバチの記述を見ることができます。
ハチミツは、日本では主に食用として利用されていますが、海外では、伝統的な薬として用いている地域もあります。

免疫学が専門の私は、ハチミツの薬としての効果に興味を持ち、約10年前から、ハチミツが免疫に与える影響について研究を行っています。
その結果、ハチミツには免疫力を高める効果のあることがわかってきました。

ここではまず、ハチミツの成分がもたらす健康効果について解説しましょう。
そもそもハチミツは、ミツバチによって産生される、糖度が80%以上の天然成分、と定義されています。

その成分の中心は、グルコースやフルクトースといった糖分です。
それ以外にも各種ビタミン、ミネラル、アミノ酸などが含まれています。

なかでも注目すべきは、ハチミツには、「コリン」という栄養素が多く含まれていることです。
コリンとは、体内にある水溶性の物質で、細胞膜の構成と修復に欠かせません。

このコリンが、健康維持において、さまざまな働きをすることが明らかになっています。
その一つが、血管拡張作用です。

コリンは、アセチルコリンという物質の材料になります。
アセチルコリンは、自律神経(意志とは無関係に働き体調を整える神経)の一つ、副交感神経を刺激し、血管を拡張させる作用を持っています。

ですから、血中にコリンが十分にあれば、高血圧の予防につながるわけです。
また、コリンには、血管壁にコレステロールが沈着するのを防いだり、コレステロールを溶かしたりする作用もあるため、動脈硬化対策にも効果的です。

さらに、コリンは中枢神経系に働き、記憶力を高める作用も確認されています。
認知症予防にも役立つでしょう。

砂糖よりも甘いのに血糖値は上がりにくい!

ハチミツは、疲労回復効果も優れています。
しかも、その効果には、即効性があります。

ミツバチは、花の蜜を吸い、食道の下にある袋状の器官(蜜胃)にためて集めます。
それを、巣の中で働く別のミツバチに口移しで渡します。

このとき、ミツバチの唾液の中に含まれるインベルターゼという酵素が、多糖類のショ糖である花の蜜を、単糖類のグルコースとフルクトースに分解します。
つまり、ハチミツは、単糖に分解された状態で私たちの体に入るので、非常に吸収されやすく、素早い疲労回復効果が得られるのです。

にもかかわらず、血糖値の上昇は緩やかです。
その理由は、ハチミツにはグルコースよりも、フルクトースのほうが多く含まれているからです。

血糖値とは、血液中のグルコースの濃度を数値化したものです。
例えば、砂糖は、グルコースとフルクトースが、ほぼ半々の割合で含まれています。

ハチミツには、グルコースよりもフルクトースのほうが多いので、同じ量をとるなら、砂糖よりハチミツをとるほうが、血糖値の急上昇は防げるというわけです。
さらに、フルクトースの多いハチミツは、砂糖に比べて、約1.5倍の甘さがあります。

少量でも十分な甘みを感じられるので、甘いお菓子がやめられないかたは、ハチミツにおきかえれば、肥満防止にも有効でしょう。
このようにハチミツは、過剰に摂取しなければ、生活習慣病の予防にとても効果的な甘味料なのです。

ただし、それは、純度100%のハチミツを摂取することが前提です。
水アメなどが混ざったハチミツは、純粋なハチミツではありませんので、ご注意ください。

例えば、今まで使っていた砂糖のかわりに、ハチミツを使うとよいでしょう。
ちなみに私は、コーヒーにハチミツを入れて毎日飲んでいます。

ハチミツは、あまりグツグツと加熱すると、成分が壊れてしまう恐れがあります。
成分を十分にとるなら、基本的には加熱せず、常温のまま摂取するのがお勧めです。

なお、ハチミツは抗菌作用が強く、時間が経っても菌が繁殖することはまずありません。
ところが、ハチミツの中でも生きられる、ボツリヌス菌という特殊な菌が、まれに潜んでいる場合があります。

消化管の環境が整っている大人は問題ありませんが、1歳未満の乳児に与えるのは、控えてください。

竹内実
京都産業大学総合生命科学部動物生命医科学科教授。医学博士・獣医学博士。山口大学農学部獣医学科卒業。専門は免疫学・応用健康科学。「京都産業大学ミツバチ産業科学研究センター」のセンター員として、ハチミツの免疫機能に関する効果の検証を研究。また、同大学が管理する養蜂場でハチミツの採取・生産も行い、その効能解析に努めている。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


脳が活性化する親指の体操で明るく前向きになれる!意欲がわいてくる!

脳が活性化する親指の体操で明るく前向きになれる!意欲がわいてくる!

親指刺激を行っているうちに、手の動きと脳の働きが同時によくなり、薬の管理がうまくできるようになったというお年寄りもいます。認知症に関する効果だけでなく、肩こりや冷えが軽減した、姿勢がよくなったという人も多いのです。【解説】長谷川嘉哉(認知症専門医)


肌トラブルなしのノーファンデ!美人姉妹が勧めるハチミツの美容効果がスゴイ!

肌トラブルなしのノーファンデ!美人姉妹が勧めるハチミツの美容効果がスゴイ!

ハチミツと一口にいっても、種類はいろいろで、味も香りもすべて違います。それを試すのは本当に楽しいですし、試しているうちに、どれが自分に合うハチミツかわかってきます。とにかく、ハチミツをもっと身近に感じて、生活に取り入れてほしいと思っています。【解説】東出佳子・直子(はちみつ美容研究家)


50歳を超えたら食事に変化を!サルコペニアや骨粗鬆症を防ぐには「ちょっと太ってるくらいがいい」

50歳を超えたら食事に変化を!サルコペニアや骨粗鬆症を防ぐには「ちょっと太ってるくらいがいい」

「体のためには粗食が一番」「肉や卵はメタボのもと」「中高年になったら少食を」最近は、こういったことが「健康の常識」とされているようです。しかし、これらの考え方は、若くて、過食や肥満がある人には当てはまりますが、日本の多くの高齢者には当てはまりません。【解説】新開省二(東京都健康長寿医療センター研究所副所長)


【肥満症】減量手術の適応条件は?保険適応は?

【肥満症】減量手術の適応条件は?保険適応は?

肥満に対する治療で、「減量手術」が行われることがあります。減量手術は、単にやせたいからという理由で受けるようなものではなく、合併症のある高度肥満、かつ通常の治療では効果のない人が対象となり、日本でも2014年に術式の一つが保険適用になりました。【解説】大城崇司(東邦大学医療センター佐倉病院消化器外科講師)


腕振りのダイエット効果 太極拳の準備運動“スワイショウ”

腕振りのダイエット効果 太極拳の準備運動“スワイショウ”

「太極拳のような、体にいい運動をやってみたい」と思いながら、「難しそう」「時間がない」などの理由で、あきらめている人は多いのではないでしょうか。そんな人にぜひお勧めしたいのが、誰でも簡単にできて、健康効果の高い腕ふり運動「スワイショウ」です。【解説】楊進(日本健康太極拳協会理事長)


最新の投稿


【野球肘】肩が痛い ひじが痛い 症状を改善・予防するストレッチの方法

【野球肘】肩が痛い ひじが痛い 症状を改善・予防するストレッチの方法

体の柔軟性を保つには、ストレッチを行うことが重要です。練習や試合のあった日はもちろん、休養日にも必ずストレッチを行い、柔軟性を保ちましょう。前項のチェックで硬さがあった場合はもちろん、硬さがなくてもストレッチは必ず行ってください。【解説】山本智章(新潟リハビリテーション病院院長)


注目のシンバイオティクス!発酵あんこは腸内環境を改善する効果がある

注目のシンバイオティクス!発酵あんこは腸内環境を改善する効果がある

発酵あんこの魅力は、それが「シンバオイティクス」であることです。シンバイオティクスとは、腸の善玉菌を増やすなど、人体によい影響を与える有用菌と、そうした菌のエサになる、食物繊維やオリゴ糖などをいっしょに取ることです。【解説】関由佳(内科医・味噌ソムリエ・メディカルフード研究家)


【腰痛の原因】食べすぎやストレスによる肝臓疲労 対策は「足首回し」

【腰痛の原因】食べすぎやストレスによる肝臓疲労 対策は「足首回し」

腰痛や肩こりは、体のゆがみによって起こります。その原因を探ると、なんと約8割の人は、肝臓に疲労がたまっていることが、私の長い施術経験からわかりました。肝臓の疲労のしかたによって、体は右肩上がりになったり、左肩上がりになったりします。それが、痛みの原因になるのです。【解説】田川直樹(快風身体均整院院長)


女性のための簡単筋トレダイエット【バストアップ・二の腕やせ】のコツ

女性のための簡単筋トレダイエット【バストアップ・二の腕やせ】のコツ

「手合わせ筋トレ」は、手のひらを合わせて全力で押し合うだけの、シンプルな筋トレです。動きは簡単ですが、筋肉を意識しながらゆっくり行えば、大きなトレーニング効果が得られます。最初はあまり変化を感じないでしょう。しかしそこを過ぎると、体は目に見えて変わっていきます。【解説】岡田隆(バズーカ岡田・日本体育大学准教授)


昆布酵母のおかげで減塩でも美味しい!薄味で胃腸に優しい手料理に家族が大満足

昆布酵母のおかげで減塩でも美味しい!薄味で胃腸に優しい手料理に家族が大満足

私は食べ歩きが好きで、おいしい物やお店を、インターネットで探すことがよくあります。ウエダ家さんの酵母パンを見つけたのも、インターネットでした。「油も砂糖も使わない天然酵母パン」に興味がわき、すぐにウエダ家さんのパン作り講座に通い始めました。もう10年になります。【体験談】多羅裕子(62歳・主婦)