MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営
【ゴマ酢の健康効果】2度の大病を乗り越え元気なのは「ゴマ酢」のおかげ

【ゴマ酢の健康効果】2度の大病を乗り越え元気なのは「ゴマ酢」のおかげ

私は、子どもの頃から病弱でした。25歳のとき、気胸が見つかり右肺の一部を切除しました。45歳のときは、肝硬変の一歩手前までC型肝炎が進行していることがわかったのです。そんな私が、あれから40年もたつというのに、死ぬどころかますます元気で生きています。【体験談】榊原秀夫(無職・86歳)

「長くは生きられない」と言われていた

 私は、子どもの頃から病弱でした。生まれたとき、「この子は長く育たない」と言われたくらいです。
 実際に、高等小学校を卒業するまで、病院と縁が切れない生活を送っていました。

 大人になってからは、大病を2回しました。1回目は25歳のとき。初めて就職した会社の健診で、肺の病気(気胸)が見つかりました。いろんな治療を受けましたが、よくならず、最終的には手術で右肺の一部を切除しました。
 会社を辞め、数年間の療養生活が続きましたが、輸血や薬、栄養補給などで、徐々に健康を取り戻していきました。

 そのときの大量輸血が、後にC型肝炎を発症する原因になりました。45歳のとき、仕事場で突然倒れ、肝硬変の一歩手前までC型肝炎が進行していることがわかったのです。
 半年間の闘病後、医師から、「10年持つかどうか」と言われた言葉が、今でも脳裏に焼きついています。
 そんな私が、あれから40年もたつというのに、死ぬどころかますます元気で生きています。周りの人たちも、「肺も人並みにないのに、なぜこんなに長生きしてるのか……」と、首をかしげるばかりです。何より、私自身が驚いています。

 思い当たることといえばただ一つ、「ゴマ酢」を35年以上、飲み続けてきたことです。
 私がゴマ酢のことを知ったのは、C型肝炎で倒れて数年たった頃でした。

 C型肝炎は、長い経過の中で、肝臓がんに移行する恐れがあるそうです。元来虚弱だった私は、不安でたまらず、少しでも体によいものはないか、必死で探しました。
 そんなある日、図書館で1冊の健康雑誌が目に止まりました。そこに、モンゴルの民間療法だというゴマ酢(正式には「トウゴ酢」)が紹介されていたのです。

 作り方は、生の黒ゴマとトウガラシを酢に漬けるだけです。それだけの簡単な食品なのに、疲労回復や老化防止、動脈硬化や脳出血などの予防効果があるそうです。
 当時、私の家の近所では、まだ黒ゴマを作っている農家がありました。ですから、ゴマならいくらでも手に入りますし、酢もトウガラシも高いものではありません。

 それで、「これだけの効果があるならやってみよう」と、私は文字どおり、わらにもすがる気持ちでゴマ酢を飲み始めました。
 それから35年以上、今に至るまで、ゴマ酢を飲み続けています。

血液検査はほぼ正常!自分でも元気なのを実感

 私は3度の食事の後、小さじ1杯のゴマ酢を、そのまま飲んでいます。酢ですから、味はすっぱく、トウガラシの辛味が少しピリピリします。ゴマの味はあまりしませんが、エキスは酢に溶け出しています。

 こうしてゴマ酢を毎日欠かさず飲みましたが、飲んだからといって、すぐに効果が現れるわけではありません。
 しかし、飲み続けるうちにじわじわと、体調の変化を実感するようになりました。

●カゼをひかない
 まず、カゼをひかなくなりました。「カゼかな」と思って病院に行っても、1~2日薬を飲むと治ってしまいます。インフルエンザも、ほとんどかかったことがありません。
 最後にカゼやインフルエンザにかかったのがいつか、思い出せないくらいです。

●胃腸が丈夫になり、イボ痔が改善
 もともと虚弱体質で食が細く、胃腸の働きがよくなかったのですが、ゴマ酢のおかげで胃腸が丈夫になり、なんでもおいしく食べられるようになりました。
 さらに、排便の状態がよくなり、下痢や便秘をしなくなりました。そのためか、イボ痔も改善して、痔で困ることがなくなりました。

●冷えが改善
 ゴマ酢を飲むと、血流がよくなるのか、全身の冷えがだいぶ改善しました。おなかや手足が冷えて、夜眠れないというようなこともなくなりました。

●血圧が正常化
 私は病弱だったので、ずっと血液が足りず、血の巡りも悪いと思っていました。ですから、血圧も低いと思い込んでいましたが、あるとき病院で測ったら、最大血圧が150mmHg以上もあったのです。
 その高かった血圧が、いつの間にか下がってきて、今は、最大血圧が130mmHg前後、最小血圧が70mmHg前後と、この年にしては上々の状態です(正常値は最大血圧140mmHg未満、最小血圧90mmHg未満)。

●C型肝炎が改善
 C型肝炎も改善して、まったく問題なしです。半年に1度受けている検査でも異常がなく、直近の血液検査では、肝機能の数値は全部正常域でした。悪かった頃は、数値がひとけた違いました。
 血液検査で注意されたのは、一つだけ、空腹時血糖値が118mg/dlと少し高めだったこと(正常値は110mg/dl未満)。後は、すべて正常です。

 2年前、鼠径ヘルニアになって手術を受けたときは、医師から「体力があるね」とほめられました。昔から知っている医師も、「あんなに弱かったのに、すごく体調がよさそうだね」と声をかけてくれます。
 何よりも、自分が元気なことは自分でわかります。私は、今でも自分で車を運転してどこにでも行きますし、先日は屋根に上って雨もりの修理もしたくらいです。

飲んでいる人はみんな元気で長寿

榊原さん手作りのゴマ酢

 私は、自分の体験も踏まえて、周りの人たちにもゴマ酢を飲んでもらおうと、兄弟や親戚、同級生などにゴマ酢の作り方を教えてきました。

 その中には、試した人もいれば、試さなかった人もいます。また、続けた人もいれば、途中でやめてしまった人もいます。それをいちいち確かめたわけではありませんが、今でも続けている人は、私と同じように元気です。

 月に1回、同級生たちと集まってコーヒーを飲む会があり、私はその会にずっと参加しています。最初は大勢参加していましたが、今は5人になってしまいました。その中の4人が今でもゴマ酢を飲んでおり、そのうちの3人は、私同様元気です。

 しかし、飲まなかった人、途中でやめてしまった人は、頑健だった人でも早くに亡くなったり、体調をくずして家から出られないような生活を送ったりしています。
 また、私と同じ肺の病気で入院し、同じ病院で手術を受けた人たちも、私を除いてみんな亡くなりました。

 一方、病弱に生まれ、「いつ死んでもおかしくない」と言われた私が、今もこうして元気に生きています。
 何がよかったのかはわかりませんが、私がこだわって続けてきたのはゴマ酢だけですから、ゴマ酢がよかったのだと思わざるを得ません。

飲み続けてあと10年はがんばりたい!

飲むときは瓶の口に茶こしを入れ、
漬け酢だけを簡単にすくえるよう工夫している

 長くゴマ酢を続けてきた間には、生の黒ゴマが手に入りにくいときもありました。そんなとき、ゴマを仕入れてくれた近所の商店のMさんも、ゴマ酢を続けている一人です。

 Mさんは、ご主人が大病を患ったのをきっかけに、ご夫婦で飲み始めました。当時、ご主人が倒れて「店を閉めよう」と思っていたそうですが、今はご主人がお元気になり、店を続けておられます。
 Mさん自身は、毎年冬になると手のしもやけに悩まされていたそうですが、ゴマ酢を飲むようになって、「しもやけができなくなった」と喜んでいます。
 Mさんはこれまで、50人くらいのかたにゴマ酢を紹介してくれました。その中には糖尿病が改善している人もいて、今も続けておられるそうです。

 こんなに体によいものなのに、残念なのは、ゴマ酢を長く続ける人が少ないことです。
 ゴマ酢は、ある程度飲み続けないと、目に見えた効果が感じられないかもしれません。しかし、後で振り返って、「続けてよかった!」と思える日が、きっと来ます。

 学校の教師をしていた私の兄は、在職中にはゴマ酢を飲んでいて、「とても体調がよい」と喜んでいました。ところが退職後、体調がよくなったので、飲むのをやめてしまいました。
 80歳近くなって肺がんが見つかり、その最後のとき、「ゴマ酢を続けていたら、もう少し生きさせてもらえたかもしれない」と、私に言っていました。

 みんながみんな、私のように効果を感じるかどうかはわかりません。しかし、ゴマ酢は、安くて簡単にできる健康法です。ぜひ長い目で見て、続けてほしいと思います。
 私も、これを飲んで、あと10年はがんばるつもりです。

胃腸の働きを高め肝臓を元気づける(木暮医院漢方相談室薬剤師・井上正文)

 ゴマ酢には、血流をよくしたり、胃腸の働きを高めたりする作用があります。榊原さんのように、冷え症で胃腸の弱い虚弱体質のかたにはとてもよい食品で、体が温まって胃腸の働きがよくなれば、栄養の吸収が高まり、虚弱体質も改善します。

 C型肝炎の悪化が抑えられたのは、黒ゴマと酢に肝機能を高める作用があるからです。黒ゴマには、漢方でいう陰陽のバランスのうちの陰を養う作用があり、肝臓の細胞に力をつけます。酢の酸味にも、肝の気の流れをよくする作用があります。それらが肝臓を元気にし、ウイルスを抑えたと考えられます。
 これだけの効果は、榊原さんが35年もゴマ酢を続けてこられたからでしょう。まさに「継続は力なり」です。

この記事のエディター

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連記事
これまで、疲労が起きるのは、「エネルギーがなくなるから」「疲労物質が筋肉にたまるから」と考えられてきました。しかし、最新の研究によって、疲労が起きるほんとうの理由は、「自律神経の中枢である、脳がサビつくから」ということが、わかっています。【解説】梶本修身(東京疲労・睡眠クリニック院長)
更新: 2019-05-23 18:00:00
症状の原因ははっきりとはわかりませんが人工透析を行う人には老若男女問わずよく現れるものです。これに薬で対応しようとすると体にもっと大きな負担がかかってしまいますし、副作用も心配です。少しでも患者さんの体に負担をかけずに症状をやわらげるのに「手のひら押し」が有効だと思っています。【解説】佐藤孝彦(浦安駅前クリニック院長)
更新: 2019-04-05 10:20:35
東洋医学には五行思想というものがあり、人の体に起きるあらゆることは五臓につながっていると考えられています。涙がすぐに出るのは、「憂い、悲しむ」感情からです。 これは、五臓の中の「肺」の弱りから発する感情です。肺が弱い体質、もしくは肺が弱っているのかもしれません。【解説】田中勝(田中鍼灸指圧治療院院長)
更新: 2019-04-05 10:21:05
手のひら押しのよいところは、いつでもどこでも自分でできて、効果がその場でわかることです。悪いところは手のひらに表れており、そこを押せば、その刺激が手から末梢神経を通り、脊椎を介して、対応する器官や臓器に届きます。それが、全身の回復につながります。【解説】足利仁(手のひらデトックス協会代表理事)
更新: 2019-01-29 18:00:00
2018年3月、腰椎椎間板ヘルニアの症状を注射により軽減する、日本発で世界初の薬剤がついに承認されました。5月には保険適用となり、8月から学会指導医のいる病院で治療を受けられるようになったのです。その薬が「コンドリアーゼ」です。【解説】松山幸弘(浜松医科大学整形外科学教授)【取材】山本太郎(医療ジャーナリスト)
更新: 2019-05-08 13:48:43
最新記事
私は、60歳の今も左右の視力は1・0を保っています。これまでメガネの世話になったこともありません。老眼知らずの状態をキープしている秘密は、私が毎日行っているトレーニング「目のスクワット」にあるのです。毛様体筋をほぐす効果があります。【解説】本部千博(ほんべ眼科院長)
更新: 2019-07-03 14:37:40
体重100kgの人なら3kg、80kgの人なら2.5kg程度の減量で、条件付きですが糖尿病の改善は可能です。体重が3%減少すると、ヘモグロビンA1cが3%程度下がることがわかったからです。例えば、ヘモグロビンA1cが9%の人なら、だいたい6%程度まで下がります。【解説】吉田俊秀(島原病院 肥満・糖尿病センター長)
更新: 2019-06-06 18:00:00
これまで、入院患者さん向けの、いわゆる「リハビリ体操」はありましたが、外来の患者さんが希望するような体操はありませんでした。そこで私たちは、血圧を上げる要因である、末梢の「血管抵抗」を減らす筋トレを考案することにしました。【解説】金子操(自治医科大学附属病院リハビリテーションセンター室長・理学療法士)
更新: 2019-06-05 18:00:00
1日の疲れを取るには、就寝時間や睡眠時間ではなく、「眠りに就いて4時間以内に、深睡眠を取ること」がたいせつなのです。しかし現代人の多くは、深夜にテレビやスマホを見たり、ストレスで体の緊張が取れなかったりして、本来の睡眠リズムが狂い、深睡眠を取りづらくなっています。【解説】白濱龍太郎(睡眠専門医)
更新: 2019-06-04 18:00:00
納豆を毎日食べるようになったとき、最初に実感できるのは、便通の改善でしょう。それもそのはず。納豆には、腸内環境を整えるための働きや成分がそろっているからです。腸内において納豆菌は、活性酸素を分解する酵素と、善玉菌のえさとなる栄養分を作りだし、善玉菌の増加を強力にサポートします。【解説】河埜玲子(済生会松阪総合病院医師・料理家) 
更新: 2019-06-03 18:00:00