頭がボーッとする・頭痛・頭重感に即効「頭ほぐし」のやり方

頭がボーッとする・頭痛・頭重感に即効「頭ほぐし」のやり方

蝶形骨がかたくこわばると、頭部全体への血液とリンパの流れが悪くなり、さまざまな影響が出てきます。認知症や物忘れ、耳鳴り、めまい、視力低下などは、蝶形骨のこわばりが原因の一つと考えられます。脳を活性化する簡単な方法があります。それは、蝶形骨を緩める「頭ほぐし」です。【解説】平野薫(ひらの整形外科クリニック院長)


頭部への血液とリンパの流れをよくして活性化!

脳への血液とリンパの流れをよくして、脳を活性化する簡単な方法があります。
蝶形骨を緩める「頭ほぐし」です。

蝶形骨は、目と鼻の奥に位置する、チョウのような形をした骨です。
この骨は、前頭骨・側頭骨・頭頂骨・後頭骨・顎骨など、頭部の多くの骨と連結する、頭蓋骨のリーダー的存在です。

この蝶形骨がかたくこわばると、頭部全体への血液とリンパの流れが悪くなり、さまざまな影響が出てきます。
認知症や物忘れ、耳鳴り、めまい、視力低下などは、蝶形骨のこわばりが原因の一つと考えられます。
逆にいえば、蝶形骨を緩めることで、これらの症状改善が期待できるのです。

蝶形骨が、頭部のあらゆるところに影響を与える要の骨だということは、以前からわかっていました。
しかし、蝶形骨は顔の奥にあるので、外から触れられません。
そのため、「蝶形骨の緩め方」は、医学関係者や治療家にとって、長年のテーマでした。

ごく最近、蝶形骨を緩める方法を発見したのが、健康プロデューサーの杉本錬堂氏です。
錬堂氏は、数々のひらめきと経験から独自のメソッドを考案し、「天城流湯治法」として広めています。

私は2016年に天城流湯治法に出合い、クリニックでの治療に取り入れて、絶大な効果を上げています。
今回は、錬堂氏が発見した蝶形骨を緩める方法を、皆さんにご紹介しましょう。

頭ほぐしのやり方

まぶたと口角が上がって見た目が若返る人続出

蝶形骨を緩めるポイントは、髪の生え際付近にあります。
おでこの膨らみを、真ん中から外側に指でなぞっていき、膨らみが終わるところ(おおよそ目尻の辺り)から、まっすぐ上に行って、髪の生え際とぶつかった辺りです。
加齢で生え際が変わった場合は、以前の生え際の辺りを目安にしましょう。

そこに、手の親指の先を当て、グリグリと刺激します。
指を左右に動かして、骨から周りの組織をはがすような気持ちで行いましょう。
刺激するのは、5~10秒程度でOKです。

頭ほぐしを行うと、その場で視界が明るくなったり、眠気が覚めたりといった変化が感じられます。
「頭のもやが晴れた」という声も聞かれます。

まぶたが上がって目が大きくなったり、口角が上がったりして、見た目が若返る人も少なくありません。
これは、蝶形骨が緩んで頭部全体がリラックスし、血液とリンパの流れがよくなった証拠です。
まぶたや口角が上がるのは、筋肉の緊張が取れ、本来の状態に戻るからです。

頭がボーッとするときや、頭痛・頭重感があるときに行うと、即効性があります。

先日、交通事故後の頭痛に悩む患者さんが見えました。頭ほぐしを教えたところ、頭痛が改善したと報告がありました。

脳内の血流がよくなるので、認知症の予防にもお勧めです。
すでに認知症を発症しているかたには、ご家族がやってあげるのもよいと思います。

また、蝶形骨のすぐ上には、脳下垂体があります。
脳下垂体は、ホルモンの働きを調整し、生命維持をつかさどる重要な器官です。
蝶形骨を緩めると、脳下垂体の働きが整い、全身のホルモンバランスもよくなります。

更年期障害などの不定愁訴の軽減にも役立つでしょう。

頭ほぐしは、1日何回やってもかまいません。
頭をスッキリさせたいとき、不快症状を和らげたいとき、そして認知症予防にも大いに活用してください。

認知症は、記憶をつかさどる脳の海馬の神経細胞が減っていく病気とされています。
しかし、認知症が急増したこの50年を考えると、生活習慣が関与していることは否定できません。

特に大きいのは、食事です。
添加物、農薬、遺伝子組み換え食品など、自然界にはない「毒」が口から入り、脳に沈着しているのではないでしょうか。

また、脳の血流量を減らす降圧剤や、脳に直接作用する精神薬(睡眠導入剤を含む)の乱用も影響しているでしょう。
認知症を予防するには、そのような毒を体に入れないように心がけることも大切です。

さらに、よくかんで食べることも重要です。
よくかむことは、脳への血流を促進します。上あごの骨は、脳への血流のスイッチともいえます。
咀嚼することでポンプ作用が働き、血液やリンパ液が脳に送られるのです。
逆に、咀嚼不足は脳への血流を悪くします。

「胃ろうにすると認知症になりやすい」というのは、食べ物をかまないことで、脳への血流量が減るからです。
あごの骨は蝶形骨とつながっているので、咀嚼は蝶形骨を緩めることにも役立ちます。

頭ほぐしと、よくかむことを習慣にして、脳機能のアップに役立てましょう。

解説者のプロフィール

平野薫
1987年、九州大学医学部卒業、同整形外科教室、新日鐵八幡記念病院整形外科主任医長・リハビリテーション科部長などを経て、2010年より現職。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


ラジオを聞けば【認知症予防】になる!聞く力を鍛える「ながらラジオ」のススメ

ラジオを聞けば【認知症予防】になる!聞く力を鍛える「ながらラジオ」のススメ

脳は機能別に、聴覚、運動、伝達、感情、思考、視覚、理解、記憶の八つに大別できます。それを私は「脳番地」と呼んでいます。ラジオは注意を向けて聞こうとするだけで聴覚系脳番地が鍛えられます。それが楽しく聞けていれば理解系や記憶系の脳番地もいっしょに鍛えることができます。【解説】加藤俊徳(加藤プラチナクリニック院長)


立っていられない重度めまいに「耳の穴もみ」が効果!気持ちも血圧も安定した

立っていられない重度めまいに「耳の穴もみ」が効果!気持ちも血圧も安定した

5~6年前から、ときどき軽いめまいが起こるようになりました。3月のある日、それまでにない強いめまいが起こりました。「これはちょっと違う」と血圧計を引っ張り出して測ってみたところ、最大血圧が165mmHg、最小血圧も105mmHgもあったのです。【体験談】佐川佳那子(仮名・主婦・62歳)


「呼吸」で簡単に内臓マッサージ!体内のゴミ「エントロピー」を排出する効果

「呼吸」で簡単に内臓マッサージ!体内のゴミ「エントロピー」を排出する効果

皆さんは、1日のうちに私たちが何回呼吸しているかご存じでしょうか。1日、およそ2万回になります。ふだんは無意識に行っているこの2万回の呼吸のうち、例えば、100回をちょっと意識して行うだけで、体が変わってきます。【解説】帯津良一(帯津三敬病院名誉院長)


イライラ・肩こり 体の不調は頭皮に表れる!症状別「頭のもみほぐし方」

イライラ・肩こり 体の不調は頭皮に表れる!症状別「頭のもみほぐし方」

毎日頭のもみほぐしを行うことで、「今日は疲れてるな」と自分の状態に気づきやすくなります。頭のもみほぐしでは、呼吸が非常にたいせつです。ほぐしながら息を吸ったり、吐いたり、深呼吸したりして、ゆったりリラックスしながら行ってください。【解説】山本わか(田園調布長田整形外科頭皮セラピスト)


耳の穴もみで股関節痛が軽減!ズレが治って左右の足の長さが揃った

耳の穴もみで股関節痛が軽減!ズレが治って左右の足の長さが揃った

耳の穴をもんでもらったら、ぼんやりとした塊だった物が、文字として鮮明に見えたのです。ビックリしました。もっと驚いたのは、短かった左足が伸び、両足の長さがそろったことです。足の長さがそろうと、体への負担が違います。肩や首の疲れ、股関節痛、腰痛が軽くなってきました。【体験談】奥村眞理子(自営業・53歳)


最新の投稿


寒くなる前に夏太りをリセット!ポッコリお腹解消「シソ酢ドリンク」の作り方

寒くなる前に夏太りをリセット!ポッコリお腹解消「シソ酢ドリンク」の作り方

薄着になる季節に気になるのが、ポッコリおなか。そこで登場するのが「シソ酢」です。黒酢にシソを漬けて、冷蔵庫で1時間。あっという間に出来上がります。スキッと爽やかな後味で、水分補給としても最適なシソ酢は、糖質の吸収を抑え、やせると評判。ぜひ、お試しください。【構成】『安心』編集部


【シソと黒酢の効果】夏太り対策にピッタリ!シソ酢ドリンクで代謝アップ!

【シソと黒酢の効果】夏太り対策にピッタリ!シソ酢ドリンクで代謝アップ!

中国・三国時代の故事に、シソについての話があります。カニを食べて食中毒を起こして死にかけた若者に、華侘という名医が紫色の葉を煎じて飲ませたところ、たちどころに快癒。これが紫蘇の名前の由来となったといいます。生薬としても珍重され、気管支炎、セキ・痰、不眠の治療などに広く用いられてきました。【解説】丁宗鐵(百済診療所院長)


【耳の裏がくさい】わきや汗の嫌な臭いに効果「ミョウバン水」の活用法

【耳の裏がくさい】わきや汗の嫌な臭いに効果「ミョウバン水」の活用法

においを気に病んで消極的になると、もっとにおいが強くなってしまいます。本来、体臭は一つの個性。完全に体臭を消そうとする必要はありません。今の自分に合った、正しいにおい対策を心がけてください。体臭を抑えるために、多くの人にお勧めしているのが「ミョウバン水」です。【解説】五味常明(五味クリニック院長)


【レモン酢が効果】生活改善だけでは下がらなかった血糖値が正常化!7kgやせた

【レモン酢が効果】生活改善だけでは下がらなかった血糖値が正常化!7kgやせた

がんばって生活を改善しても、3ヵ月後の検査では、思うように糖尿病の数値が改善されておらず、がっかりしてしまいました。おいしくレモン酢を飲み続けていたところ、少しずつ血糖値が下がっていきました。そして、1年が経過し受けた健康診断では、あらゆる数値が改善していたのです。【体験談】松本仁美(仮名・販売アルバイト・65歳)


こうじの発酵パワーで美肌になれる!痩せる!「こうじ薬膳レシピ」

こうじの発酵パワーで美肌になれる!痩せる!「こうじ薬膳レシピ」

こうじは、酵素の力で腸内環境を改善するほか、ビタミンB群が疲労回復、肌や髪の若返りの効果を発揮。肥満の解消、血圧や血糖値を下げる効果など、驚くべき発酵パワーを持つこうじを使った料理をお試しいただければ、その効能を実感できます!【料理・栄養計算】検見﨑聡美(管理栄養士・料理研究家)