MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営
頭がボーッとする・頭痛・頭重感に即効「頭ほぐし」のやり方

頭がボーッとする・頭痛・頭重感に即効「頭ほぐし」のやり方

蝶形骨がかたくこわばると、頭部全体への血液とリンパの流れが悪くなり、さまざまな影響が出てきます。認知症や物忘れ、耳鳴り、めまい、視力低下などは、蝶形骨のこわばりが原因の一つと考えられます。脳を活性化する簡単な方法があります。それは、蝶形骨を緩める「頭ほぐし」です。【解説】平野薫(ひらの整形外科クリニック院長)

頭部への血液とリンパの流れをよくして活性化!

脳への血液とリンパの流れをよくして、脳を活性化する簡単な方法があります。
蝶形骨を緩める「頭ほぐし」です。

蝶形骨は、目と鼻の奥に位置する、チョウのような形をした骨です。
この骨は、前頭骨・側頭骨・頭頂骨・後頭骨・顎骨など、頭部の多くの骨と連結する、頭蓋骨のリーダー的存在です。

この蝶形骨がかたくこわばると、頭部全体への血液とリンパの流れが悪くなり、さまざまな影響が出てきます。
認知症や物忘れ、耳鳴り、めまい、視力低下などは、蝶形骨のこわばりが原因の一つと考えられます。
逆にいえば、蝶形骨を緩めることで、これらの症状改善が期待できるのです。

蝶形骨が、頭部のあらゆるところに影響を与える要の骨だということは、以前からわかっていました。
しかし、蝶形骨は顔の奥にあるので、外から触れられません。
そのため、「蝶形骨の緩め方」は、医学関係者や治療家にとって、長年のテーマでした。

ごく最近、蝶形骨を緩める方法を発見したのが、健康プロデューサーの杉本錬堂氏です。
錬堂氏は、数々のひらめきと経験から独自のメソッドを考案し、「天城流湯治法」として広めています。

私は2016年に天城流湯治法に出合い、クリニックでの治療に取り入れて、絶大な効果を上げています。
今回は、錬堂氏が発見した蝶形骨を緩める方法を、皆さんにご紹介しましょう。

頭ほぐしのやり方

まぶたと口角が上がって見た目が若返る人続出

蝶形骨を緩めるポイントは、髪の生え際付近にあります。
おでこの膨らみを、真ん中から外側に指でなぞっていき、膨らみが終わるところ(おおよそ目尻の辺り)から、まっすぐ上に行って、髪の生え際とぶつかった辺りです。
加齢で生え際が変わった場合は、以前の生え際の辺りを目安にしましょう。

そこに、手の親指の先を当て、グリグリと刺激します。
指を左右に動かして、骨から周りの組織をはがすような気持ちで行いましょう。
刺激するのは、5~10秒程度でOKです。

頭ほぐしを行うと、その場で視界が明るくなったり、眠気が覚めたりといった変化が感じられます。
「頭のもやが晴れた」という声も聞かれます。

まぶたが上がって目が大きくなったり、口角が上がったりして、見た目が若返る人も少なくありません。
これは、蝶形骨が緩んで頭部全体がリラックスし、血液とリンパの流れがよくなった証拠です。
まぶたや口角が上がるのは、筋肉の緊張が取れ、本来の状態に戻るからです。

頭がボーッとするときや、頭痛・頭重感があるときに行うと、即効性があります。

先日、交通事故後の頭痛に悩む患者さんが見えました。頭ほぐしを教えたところ、頭痛が改善したと報告がありました。

脳内の血流がよくなるので、認知症の予防にもお勧めです。
すでに認知症を発症しているかたには、ご家族がやってあげるのもよいと思います。

また、蝶形骨のすぐ上には、脳下垂体があります。
脳下垂体は、ホルモンの働きを調整し、生命維持をつかさどる重要な器官です。
蝶形骨を緩めると、脳下垂体の働きが整い、全身のホルモンバランスもよくなります。

更年期障害などの不定愁訴の軽減にも役立つでしょう。

頭ほぐしは、1日何回やってもかまいません。
頭をスッキリさせたいとき、不快症状を和らげたいとき、そして認知症予防にも大いに活用してください。

認知症は、記憶をつかさどる脳の海馬の神経細胞が減っていく病気とされています。
しかし、認知症が急増したこの50年を考えると、生活習慣が関与していることは否定できません。

特に大きいのは、食事です。
添加物、農薬、遺伝子組み換え食品など、自然界にはない「毒」が口から入り、脳に沈着しているのではないでしょうか。

また、脳の血流量を減らす降圧剤や、脳に直接作用する精神薬(睡眠導入剤を含む)の乱用も影響しているでしょう。
認知症を予防するには、そのような毒を体に入れないように心がけることも大切です。

さらに、よくかんで食べることも重要です。
よくかむことは、脳への血流を促進します。上あごの骨は、脳への血流のスイッチともいえます。
咀嚼することでポンプ作用が働き、血液やリンパ液が脳に送られるのです。
逆に、咀嚼不足は脳への血流を悪くします。

「胃ろうにすると認知症になりやすい」というのは、食べ物をかまないことで、脳への血流量が減るからです。
あごの骨は蝶形骨とつながっているので、咀嚼は蝶形骨を緩めることにも役立ちます。

頭ほぐしと、よくかむことを習慣にして、脳機能のアップに役立てましょう。

解説者のプロフィール

平野薫
1987年、九州大学医学部卒業、同整形外科教室、新日鐵八幡記念病院整形外科主任医長・リハビリテーション科部長などを経て、2010年より現職。

この記事のエディター

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連記事
抹茶に含まれるカテキンなどのポリフェノールは、抗酸化力の強い物質であることがわかっています。さらに、レモンの皮に含まれる「ノビレチン」というポリフェノールには、認知症の原因の1つとされている、アミロイドβという物質の脳への沈着を減らす働きがあるという研究結果が出ているのです。【解説】丁宗鐵(医学博士・日本薬科大学学長)
更新: 2018-10-21 07:00:00
片鼻呼吸法とは、文字どおり、片側の鼻だけで呼吸する方法で、ヨガなどでもよく行われています。片鼻呼吸法を毎日行うことで、記憶力を向上させ、ボケを防いで、さらにさまざまな健康効果を得ることを期待できるのです。【解説】高田明和(浜松医科大学名誉教授)
更新: 2018-10-19 18:52:01
ほとんどの人は、両足10本の指のうちに何本か、意識があまり通じていない指があるはずです。足には多くの筋肉があり、5本の指それぞれで、使う筋肉も異なります。指1本1本を動かしたり刺激したりすれば、それだけで、脳に多彩な刺激が行き渡り、脳が喜びます。【解説】加藤俊徳(加藤プラチナクリニック院長・「脳の学校」代表)
更新: 2018-10-17 18:00:00
ビタミンB1を摂取しないと、いくらほかの食品を摂取しても脳の活動源にはなりません。不足状態が続くと思考力や記憶力が低下し、精神的にも不安定になるでしょう。いつまでも若々しい脳でいるためには、「大豆」を積極的に食べることをお勧めします。【解説】加藤淳(北海道立総合研究機構道南農業試験場 場長・農学博士)
更新: 2018-10-10 12:00:00
鼻の奥でにおいがキャッチされると、その情報が脳の大脳皮質に伝わります。その際、においの情報は、記憶をつかさどる海馬を通ります。このように、嗅覚が刺激されることで、古い記憶が呼び起こされるのです。この一連の過程は、脳を活性化することにつながります。【解説】塩田清二(星薬科大学教授・医学博士)
更新: 2018-10-04 12:00:00
最新記事
私は、60歳の今も左右の視力は1・0を保っています。これまでメガネの世話になったこともありません。老眼知らずの状態をキープしている秘密は、私が毎日行っているトレーニング「目のスクワット」にあるのです。毛様体筋をほぐす効果があります。【解説】本部千博(ほんべ眼科院長)
更新: 2019-07-03 14:37:40
歩くとひざが痛くなる、腰が重くなる、どっと疲れが出る。私なら、まず「浮き指」を疑います。詳しく調査した結果、現代日本人男性の6割、女性の7割が浮き指であることがわかったのです。浮き指とは、文字どおり「足の指が浮いている」状態を指します。【解説】阿久根英昭(桜美林大学健康福祉学群教授)
更新: 2019-06-18 18:00:00
鍼灸師の私がおすすめして、皆さんにご好評をいただいている「温熱ツボ刺激」のやり方をご紹介しましょう。この温熱ツボ刺激は、男女を問わず効果があるものです。ですから、女性だけでなく、薄毛や白髪で悩む男性のかたにもぜひ試してほしいのです。【解説】横内稚乃(稚乃針灸整骨院院長)
更新: 2019-06-17 18:00:00
玉ねぎが体によいのはよく知られたことですが、なかでも、血糖値を降下させる作用が注目されています。しかし、玉ねぎを毎日食べたくても、あのツンとする刺激臭が嫌で、玉ねぎ料理は苦手という人も多いでしょう。そこでお勧めなのが、玉ねぎドレッシングです。【解説】里見英子(里見英子クリニック院長)
更新: 2019-06-16 18:00:00
慢性腰痛は、さまざまな原因によって生じます。なかでも最大の原因と考えられるのが、普段の姿勢の悪さです。加齢や運動不足、パソコンやスマホなどの習慣によって、私たちの姿勢はひどく悪いものになっています。これが、腰に負担をかけているのです。【解説】岩間良充(鍼灸整骨院ホスピスト院長)
更新: 2019-06-15 18:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt