エアコンによる【冷え・だるさ】梅雨・夏に起こる不調を一掃する「らっきょう」の効果

エアコンによる【冷え・だるさ】梅雨・夏に起こる不調を一掃する「らっきょう」の効果

胸やおなかに張りや痛みがあったり、のどに詰まり感を感じたりするかたは、気滞の状態といっていいでしょう。らっきょうは、狭心症など、主に胸に圧迫感や刺すような痛みを感じる症状や、呼吸が困難になったときに薬として使用されますが、気滞の状態を改善するのにも有効でしょう。【解説】中山麻里(藤林クリニック院長)


のどの詰まり感やタン、セキに効く!

自然界には、薬としての効力を持った動物や植物、菌類、鉱物が存在し、これらを総称して生薬といいます。
そのうち、漢方医学に基づいて処方される薬を、漢方薬といいます。

らっきょうも生薬の一つであり、漢方薬として用いられる場合、薤白と呼ばれます。
薤白に「韮」という字が含まれているとおり、らっきょうはニラやネギ、ニンニクなどの仲間で、特有のにおいと辛みがあるのが特徴です。

この鼻をつくにおいと辛みは、「アリシン」という成分によるものです。
アリシンには、食欲増進や消化吸収を助ける働きや、血液をサラサラにして血行を促す働き、菌を殺して免疫力を高める働きがあるといわれています。

さて、漢方医学には、あらゆるものを五つに分類し、同じグループに属するものを関連づけて捉える「五行」という考え方があります。
そして、食材の味覚も五つに分類して考え、これを「五味」といいます。

この考えに則と、らっきょうは「苦」と「辛」に分類されます。
これをさらに各臓器に関連づけると、「苦」は心臓と小腸、「辛」は肺と大腸と深く関係しているのです。
さらに、「苦」と「辛」にはどちらも体を温める働きがあります。

そのため、らっきょうは漢方医学において、体の冷えが原因で生じる症状に対し使用されます。
体から冷えを取り除くためには、気の巡りをよくすることも必要です。

気とは、東洋医学でいう目に見えない生命エネルギーのことで、常に体内で流動していると考えられています。
しかし、この気の巡りが滞ることがあります。その状態を「気滞」といいます。

胸やおなかに張りや痛みがあったり、のどに詰まり感を感じたりするかたは、気滞の状態といっていいでしょう。
らっきょうは、狭心症など、主に胸に圧迫感や刺すような痛みを感じる症状や、呼吸が困難になったときに薬として使用されますが、気滞の状態を改善するのにも有効でしょう。

また、冷えによって水分代謝が悪くなると、のどにタンがたまり、セキが出やすくなりますが、そういった症状にも勧められます。
胃腸の不調にも効きますが、食べ過ぎには注意が必要です。

刺激やにおいが軽減し食べやすくなる!

毎年、暑くて湿度の高い梅雨の季節がやってきます。
梅雨の時期に体調が悪くなることが多いのは、体内に「湿」が入り、それがたまった状態になるためです。

冷房の中で長時間過ごしたり、冷たい物をとり過ぎたりしても、体が冷えて水分代謝が悪くなり、「湿」がたまります。
文字からイメージされるとおり、「湿」とはジメジメとした、体がだるくて重たくなった状態を指します。
それを予防・改善するには、夏でも体を温める食べ物をとって、体内の「湿」を発散させる必要があるのです。

私自身、夏に冷房の中でずっと仕事をしていると、体がだるくなることが多々あります。
そんなときは、カレーとらっきょうを食べるようにしています。
すると、タンが排出されて胸がスッキリとし、体のだるさも解消するのです。

ただし、カゼによるタンやセキで胸が苦しい場合、らっきょうのような食べ物は、少し注意が必要でしょう。
のどの痛みがあると、辛みが刺激となり、症状が一時的に重くなることがあるためです。

ちなみに、らっきょうを長時間蒸し焼きにした「黒らっきょう」は、とてもいいらっきょうの摂取方法だと思います。
加熱すると甘みが出てくるので、のどへの刺激が少なくなります。
そのうえ、においも軽減して食べやすくなるので、多くの量を摂取することができるでしょう。

さらに、漢方医学的にも評価できます。
先ほどの五味の考え方でいうと、「苦」と「辛」のほかに「甘」にも当てはまるからです。
「甘」は、臓器では脾と胃に関連していて、消化吸収を高め、滋養作用があります。
滋養強壮パワーの強い食べ物の代表といえばニンニクですが、ニンニクが苦手な人が、かわりにらっきょうを食べるのもオススメです。

冷房の中で過ごす機会が増える夏は、案外体が冷えやすいものです。
体を冷えから守る食材としても、大いに活用してください。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


飲みこみにくい【嚥下障害】の主な原因と対策 症状が進行した場合の治療法

飲みこみにくい【嚥下障害】の主な原因と対策 症状が進行した場合の治療法

食事をすると、よくむせてしまう。固形の物を嚙んで飲み込みにくくなった。食後に痰が出やすくなった……。そんな症状があったら、「嚥下障害」かもしれません。嚥下障害は脳卒中の後遺症として起こることが多いほか、老化に伴って起こってくることもあります。【解説】藤島一郎(浜松市リハビリテーション病院院長)


不定愁訴の原因は「お腹の冷え」 自律神経が整う“腸”のいたわり方

不定愁訴の原因は「お腹の冷え」 自律神経が整う“腸”のいたわり方

腸さすりは、朝起きたときや、夜寝る前の1日2回、リラックスして行ってください。あおむけで寝た姿勢で行うため、寝床で行う習慣とするといいでしょう。自分の腸をいたわるつもりで、日々の養生法としてぜひ取り入れてください。【解説】中山健三(中山整体療院院長)


【痰がからむ・声枯れ】カリスマボイストレーナー佐藤涼子さんのお勧めは「生姜紅茶」私はパニック障害を克服

【痰がからむ・声枯れ】カリスマボイストレーナー佐藤涼子さんのお勧めは「生姜紅茶」私はパニック障害を克服

ショウガ紅茶は、飲んだ直後から体を温めます。そのため、筋肉の緊張がほぐれ、声が出やすくなります。声が枯れたり、タンがからみやすくなるのは、声帯のむくみが主な原因です。ショウガ紅茶には、体にたまった水分や老廃物を、素早く排泄する働きがあるので、のどのむくみもすぐに解消します。【解説】佐藤涼子(ボイストレーナー)


坐骨神経痛に効果【ふくらはぎマッサージ】のやり方 コツは徹底的にもみほぐすこと

坐骨神経痛に効果【ふくらはぎマッサージ】のやり方 コツは徹底的にもみほぐすこと

ふくらはぎが硬くなると、足が冷えて気持ちもイライラします。ところが、もんで軟らかくすると、足が温もり、体も快適に過ごせるのです。毎日、ふくらはぎをつきたての餅のような軟らかさになるまで徹底的にもんだところ座骨神経痛が徐々に改善し、同時に、冷えもすっかり解消したのです。【解説】原田秀康(国際足健法協会会長)


【顎関節症】梅干しシワ・あごの黒ずみに注意 頭痛、肩こり、冷えが改善するマッサージ法

【顎関節症】梅干しシワ・あごの黒ずみに注意 頭痛、肩こり、冷えが改善するマッサージ法

頭痛や不眠、肩こり、手足の冷えなど、なかなか治らない不定愁訴。もしかしたらその原因は「歯のかみしめ」にあるのかもしれません。かみしめが続くと、あごを中心に体が不自然に緊張し、さまざまな不調が現れると考えられるからです。【解説】小倉左羅(銀座漢方 天クリニック院長)


最新の投稿


【野球肘】肩が痛い ひじが痛い 症状を改善・予防するストレッチの方法

【野球肘】肩が痛い ひじが痛い 症状を改善・予防するストレッチの方法

体の柔軟性を保つには、ストレッチを行うことが重要です。練習や試合のあった日はもちろん、休養日にも必ずストレッチを行い、柔軟性を保ちましょう。前項のチェックで硬さがあった場合はもちろん、硬さがなくてもストレッチは必ず行ってください。【解説】山本智章(新潟リハビリテーション病院院長)


注目のシンバイオティクス!発酵あんこは腸内環境を改善する効果がある

注目のシンバイオティクス!発酵あんこは腸内環境を改善する効果がある

発酵あんこの魅力は、それが「シンバオイティクス」であることです。シンバイオティクスとは、腸の善玉菌を増やすなど、人体によい影響を与える有用菌と、そうした菌のエサになる、食物繊維やオリゴ糖などをいっしょに取ることです。【解説】関由佳(内科医・味噌ソムリエ・メディカルフード研究家)


【腰痛の原因】食べすぎやストレスによる肝臓疲労 対策は「足首回し」

【腰痛の原因】食べすぎやストレスによる肝臓疲労 対策は「足首回し」

腰痛や肩こりは、体のゆがみによって起こります。その原因を探ると、なんと約8割の人は、肝臓に疲労がたまっていることが、私の長い施術経験からわかりました。肝臓の疲労のしかたによって、体は右肩上がりになったり、左肩上がりになったりします。それが、痛みの原因になるのです。【解説】田川直樹(快風身体均整院院長)


女性のための簡単筋トレダイエット【バストアップ・二の腕やせ】のコツ

女性のための簡単筋トレダイエット【バストアップ・二の腕やせ】のコツ

「手合わせ筋トレ」は、手のひらを合わせて全力で押し合うだけの、シンプルな筋トレです。動きは簡単ですが、筋肉を意識しながらゆっくり行えば、大きなトレーニング効果が得られます。最初はあまり変化を感じないでしょう。しかしそこを過ぎると、体は目に見えて変わっていきます。【解説】岡田隆(バズーカ岡田・日本体育大学准教授)


昆布酵母のおかげで減塩でも美味しい!薄味で胃腸に優しい手料理に家族が大満足

昆布酵母のおかげで減塩でも美味しい!薄味で胃腸に優しい手料理に家族が大満足

私は食べ歩きが好きで、おいしい物やお店を、インターネットで探すことがよくあります。ウエダ家さんの酵母パンを見つけたのも、インターネットでした。「油も砂糖も使わない天然酵母パン」に興味がわき、すぐにウエダ家さんのパン作り講座に通い始めました。もう10年になります。【体験談】多羅裕子(62歳・主婦)