医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営

口臭改善に「はちみつ」を利用!舌苔を溶かして除去する効果

口臭改善に「はちみつ」を利用!舌苔を溶かして除去する効果

舌苔のケアとして、私がお勧めしているのが、ハチミツをなめることです。これだけで、適度に舌苔を除去することができます。ハチミツには、たんぱく質を溶かす性質があり、余分な舌苔を溶かしてくれます。また、殺菌・抗菌作用にも優れているので、口臭予防にも役立ちます。【解説者】平地治美(和光治療院・漢方薬局代表)


舌のコケが厚くなると高血圧や肥満の引き金に

舌苔とは

舌は、ツボや経絡(生命エネルギーの通り道)がたくさん存在する非常に重要な部位です。
そして、漢方には、「舌診」という診断方法があります。

文字どおり、舌を診ることで、目には見えない内臓の状態はもちろん、その人が本来持っている体質、心の状態や性格までもがわかるのです。
舌は、本体部分の「舌身」と、その上を覆っている「舌苔」に分けられます。

舌診では、舌身と舌苔をそれぞれ観察し、舌の色、舌の形や状態、舌裏の静脈などを確かめます。
私も患者さんに舌診を行っています。

舌は、体調の変化が如実に現れるので、漢方を処方する際には欠かせない診断法なのです。
舌診で最も重要視されるのが、舌苔です。

舌をコケのように覆っていることから舌苔と呼ばれますが、その正体は、もちろんコケではありません。
実は、食べカスや細菌、古くなった粘膜など、いわゆる舌についた垢なのです。

通常、薄いピンク色の舌の上に、うっすらと白い舌苔がついているのが、健康な状態です。
しかし、食べ過ぎたり、お酒を飲み過ぎたりすると、舌苔が厚く、腫れぼったくなります。

こうした舌苔は、胃腸が疲れていることを教えてくれるわけです。
また、舌苔が厚い状態が続くと、味覚が鈍くなり、濃い味つけでないと満足できなくなります。

高血圧や糖尿病、肥満などの生活習慣病の引き金にもなりかねません。
さらに、舌苔は、細菌のすみかとなるため、口臭の原因にもなります。

高齢者の場合は、舌苔の細菌が肺に入ることで、誤嚥性肺炎を引き起こす危険もあるのです。
ですから、歯を磨くことと同様に、毎日自分の舌を観察し、舌苔のケアをすることが、とても重要です。

舌ブラシの使い方に注意

舌苔をケアする方法は、いろいろあります。
薬局などで売られている、舌ブラシを利用するのもいいでしょう。

その際は、力を入れず、なでるように取りましょう。
ゴシゴシと強い力で取ると、舌の表面が傷つき、口臭が強くなったり、味覚異常につながったりする危険もあります。

また、舌苔を取り過ぎてしまうと、生体反応が過敏に働き、「もっとたくさん作らなくては!」と、より多くの舌苔が生成されてしまいます。

朝食前になめれば夜間の老廃物も掃除できる!

そこで、私がお勧めしているのが、ハチミツをなめることです。
これだけで、適度に舌苔を除去することができます。

用意するのは、市販のハチミツ(非加熱で純度100%の物)だけです。
口を水でゆすいでから、ティースプーン1杯のハチミツを舌に垂らし、なじませます。

そのままなめてもかまいませんが、気になるかたはその後、口をゆすぎましょう。
ハチミツには、たんぱく質を溶かす性質があり、余分な舌苔を溶かしてくれます。

また、殺菌・抗菌作用にも優れているので、口臭予防にも役立ちます。
ハチミツをなめるのは、できれば朝食の前がよいでしょう。

私たちの体は、眠っている夜間に、排毒機能が働き、体に不要な老廃物が、舌苔として浮き出てきます。
だからこそ、朝いちばんにハチミツをなめて、夜間に浮き出た舌苔を掃除する習慣をつけましょう。

「はちみつ」のなめ方

就寝前になめてぜんそく発作が改善した

また、ハチミツは、ビタミンやミネラルが豊富で、さまざまな薬効が期待できる優れた食材です。
民間療法では、口内炎やのどの痛みの改善、滋養強壮などに使われているのは、皆さんもご存じでしょう。

漢方でも、滋養強壮を目的によく利用されています。
中国最古の薬物書『神農本草経』には、「上品(生命を養う目的の薬)」と区分されています。

滋養強壮のほかに、老化を予防する、精神を安定させるなどの薬効があると記されています。
ハチミツは、ダイエットをしたいかたや、肌が乾燥しやすいかた、コロコロとしたかたい便で便秘がちなかたにもお勧めです。

私の患者さんのなかにも、ハチミツを補助的に利用するようになって、食欲や間食が抑えられて、10kg以上の減量に成功したかたがいます。
また、ぜんそくに悩んでいた患者さんに、就寝前にハチミツをなめるよう指導したところ、夜間のぜんそくの発作が出にくくなったと喜んでいます。

まずは、毎日の舌苔のケアとして、ハチミツを利用してください。

解説者のプロフィール

平地治美
和光治療院・漢方薬局代表。
鍼灸師・薬剤師。
千葉大学大学院医学研究院非常勤講師。
明治薬科大学卒業後、漢方薬局勤務を経て、鍼灸を学んだのち、約20年間、漢方臨床に携わる。「鍼灸と漢方薬は、併用することで相乗効果が生まれる」をモットーに、日々治療・漢方相談にあたっている。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


「呼吸」で簡単に内臓マッサージ!体内のゴミ「エントロピー」を排出する効果

「呼吸」で簡単に内臓マッサージ!体内のゴミ「エントロピー」を排出する効果

皆さんは、1日のうちに私たちが何回呼吸しているかご存じでしょうか。1日、およそ2万回になります。ふだんは無意識に行っているこの2万回の呼吸のうち、例えば、100回をちょっと意識して行うだけで、体が変わってきます。【解説】帯津良一(帯津三敬病院名誉院長)


降圧剤の副作用による重度便秘が「酢キャベツ」で解消!血圧も下がった

降圧剤の副作用による重度便秘が「酢キャベツ」で解消!血圧も下がった

我が家では、かれこれ1年以上、酢キャベツを食べています。きっかけは、3年前から通っている村上祥子先生の料理教室でした。実際に口にすると、意外なほど食べやすく、「へぇ、こんなにおいしいんだ」と驚いたのを覚えています。半年前からは、降圧剤の服用をやめることができました。【体験談】竹下俊子(79歳・主婦)


糖尿病予防に【干しぶどう酢】が効果!健康寿命を延ばす「レスベラトロール」とは

糖尿病予防に【干しぶどう酢】が効果!健康寿命を延ばす「レスベラトロール」とは

干しブドウには、血圧の上昇を抑えるカリウム、ダイエットや便秘改善作用などを持つ食物繊維なども豊富です。その干しブドウを酢に漬けると、軟らかくなって食べやすくなるうえ、酢の健康効果である高血圧を防ぎ、血管の機能を高めて動脈硬化を防ぐ働きも加わります。【解説】板倉弘重(品川イーストワンメディカルクリニック理事長・医師)


【体験談】半年間「酢キャベツ」を食べ続けたらひどい冷え症が改善!

【体験談】半年間「酢キャベツ」を食べ続けたらひどい冷え症が改善!

私は、村上祥子先生の料理教室に通い始めてから、日常的にさまざまな常備菜や保存食を作るようになりました。先生から教えてもらう料理は、どれも手軽に作れておいしいのが魅力。なかでも半年前から食卓に出している酢キャベツは、家族にとても好評です。【体験談】村田佳代子(仮名・62歳・主婦)


腹痛を伴うガス腹・便秘は「腸もみ」で解消!【腸内ガス研究の名医解説】

腹痛を伴うガス腹・便秘は「腸もみ」で解消!【腸内ガス研究の名医解説】

高齢になるにつれ、腸の動きは衰えます。腹痛や便秘だけにとどまらず、腸の機能の低下は免疫力も落とし、それが体全体への悪影響となって現れます。末永く健康を維持するためにも、腸もみをうまく活用するといいでしょう。【解説】瓜田純久(東邦大学医療センター大森病院副院長総合診療科教授)


最新の投稿


寒くなる前に夏太りをリセット!ポッコリお腹解消「シソ酢ドリンク」の作り方

寒くなる前に夏太りをリセット!ポッコリお腹解消「シソ酢ドリンク」の作り方

薄着になる季節に気になるのが、ポッコリおなか。そこで登場するのが「シソ酢」です。黒酢にシソを漬けて、冷蔵庫で1時間。あっという間に出来上がります。スキッと爽やかな後味で、水分補給としても最適なシソ酢は、糖質の吸収を抑え、やせると評判。ぜひ、お試しください。【構成】『安心』編集部


【シソと黒酢の効果】夏太り対策にピッタリ!シソ酢ドリンクで代謝アップ!

【シソと黒酢の効果】夏太り対策にピッタリ!シソ酢ドリンクで代謝アップ!

中国・三国時代の故事に、シソについての話があります。カニを食べて食中毒を起こして死にかけた若者に、華侘という名医が紫色の葉を煎じて飲ませたところ、たちどころに快癒。これが紫蘇の名前の由来となったといいます。生薬としても珍重され、気管支炎、セキ・痰、不眠の治療などに広く用いられてきました。【解説】丁宗鐵(百済診療所院長)


【耳の裏がくさい】わきや汗の嫌な臭いに効果「ミョウバン水」の活用法

【耳の裏がくさい】わきや汗の嫌な臭いに効果「ミョウバン水」の活用法

においを気に病んで消極的になると、もっとにおいが強くなってしまいます。本来、体臭は一つの個性。完全に体臭を消そうとする必要はありません。今の自分に合った、正しいにおい対策を心がけてください。体臭を抑えるために、多くの人にお勧めしているのが「ミョウバン水」です。【解説】五味常明(五味クリニック院長)


【レモン酢が効果】生活改善だけでは下がらなかった血糖値が正常化!7kgやせた

【レモン酢が効果】生活改善だけでは下がらなかった血糖値が正常化!7kgやせた

がんばって生活を改善しても、3ヵ月後の検査では、思うように糖尿病の数値が改善されておらず、がっかりしてしまいました。おいしくレモン酢を飲み続けていたところ、少しずつ血糖値が下がっていきました。そして、1年が経過し受けた健康診断では、あらゆる数値が改善していたのです。【体験談】松本仁美(仮名・販売アルバイト・65歳)


こうじの発酵パワーで美肌になれる!痩せる!「こうじ薬膳レシピ」

こうじの発酵パワーで美肌になれる!痩せる!「こうじ薬膳レシピ」

こうじは、酵素の力で腸内環境を改善するほか、ビタミンB群が疲労回復、肌や髪の若返りの効果を発揮。肥満の解消、血圧や血糖値を下げる効果など、驚くべき発酵パワーを持つこうじを使った料理をお試しいただければ、その効能を実感できます!【料理・栄養計算】検見﨑聡美(管理栄養士・料理研究家)