【疲労回復効果】胃腸の調子を整えて食欲増進「ゴマ酢」は疲れた現代人の救世主

【疲労回復効果】胃腸の調子を整えて食欲増進「ゴマ酢」は疲れた現代人の救世主

ゴマ酢は、黒ゴマとトウガラシを酢に漬けたもので、モンゴルにルーツを持つ民間療法です。ゴマ酢をとると、食欲が出て、胃腸の働きがよくなります。これは、トウガラシによって胃腸の血流がよくなり、消化・吸収が促されるからです。加えて酢は、水分のとりすぎで薄まった胃酸の働きを整えます。【解説】井上正文(木暮医院漢方相談室薬剤師)


ゴマ酢はモンゴルにルーツを持つ民間療法

健康の要である胃腸の働きをよくする

「ゴマ酢」は、黒ゴマとトウガラシを酢に漬けたもので、モンゴルにルーツを持つ民間療法です。
この組み合わせを聞いたとき、私は「なるほど!」と、感心しました。

ゴマは油(脂肪酸)の多い食品、酢は酸味でさっぱりさせる食品、トウガラシは辛くて刺激の強い食品です。
また、五味のうち、三味をそろえています。
五味とは酸、苦、甘、辛、鹹(塩辛い味)の五つの味のことで、ゴマは甘、酢は酸、トウガラシは辛に当たります。

このように、性質も味も異なる三つの食品の組み合わせは、幅広い効能をもたらします。
その中で、私が真っ先に思ったのは、「これこそ、現代人が必要としている食品だ」ということでした。

今の日本人は、自由になんでもたくさん食べているのに、疲れています。というのも、冷たい飲食物をとることが多く、胃腸が冷えているからです。
胃腸が冷えると、いくら栄養のある物をとっても、うまく消化・吸収されません。そのため疲れやすく、太っているのに元気がないのです。

しかしゴマ酢をとると、食欲が出て、胃腸の働きがよくなります。これは、トウガラシによって胃腸の血流がよくなり、消化・吸収が促されるからです。
加えて酢は、水分のとりすぎで薄まった胃酸の働きを整えます。また、ゴマは、トウガラシや酢の刺激から胃壁を守る働きがあります。

 食べることは、呼吸の次に大事です。食べた物の栄養が十分に吸収されれば、全身の細胞に栄養が行き渡り、細胞が活性化して、元気になります。
それこそが健康を維持する基本だと、私は思っています。

2型糖尿病の予防にもお勧め

 黒ゴマも酢もトウガラシも、古くから健康によい食品として使われてきました。
 ゴマは、五臓(東洋医学でいう内臓の分類。心・肺・肝・脾・腎に分けられる)のうちの腎を助けて生命エネルギーを高める作用、酢は血液をサラサラにし、代謝を整えて疲れを取る作用、トウガラシには血流を促進して代謝を高める作用などがあります。

 こうした働きが組み合わさることにより、次のような効果も期待できます。

①疲労回復
 ゴマ酢の材料である酢とトウガラシには、どちらも血流改善効果があり、体内の疲労物質を速やかに流してくれます。加えて、ゴマにも毒(老廃物)を散らす作用があるので、より疲労回復効果がアップします。

②老化防止
 スムーズに疲労が回復すれば、疲れがたまらず元気でいられて、老化も予防できます。特に、植物の種であるゴマは、腎を補って生命力を強化するので、腎虚(腎の働きの衰え)による老化を防ぐだけでなく、若返り効果も期待できます。

③高血圧や動脈硬化の予防・改善
 ストレスなどで血管が硬くなると、血圧が上がりやすくなります。酢は肝に働いてストレスを発散させて、ストレス性の高血圧を防ぎます。また、血液をサラサラにするので、高血圧、動脈硬化の予防や改善に有効です。
 ゴマは、動脈壁に栄養を与えている微小血管の血流をよくして、動脈を柔らかくします。

④免疫力の強化
 免疫は、自分ではないものを見つけて排除するシステムです。その排除すべきところに免疫細胞を届けるには、血流が大事です。
 トウガラシには、血流を促進する作用があります。また酢は、免疫の働きをじゃまする不要な油の代謝を高め、ゴマは生命エネルギーを高めることによって、免疫を強化します。

⑤耳鳴りやめまいの予防・改善
 漢方では、ゴマは腎、酢は肝を補う食品です。腎は耳、骨、髪や泌尿器、肝は目や精神状態をつかさどるので、耳鳴り、難聴、めまい、骨粗鬆症(カルシウムの不足によって骨がもろくなる病気)、夜間頻尿、白髪、白内障(目のレンズに相当する水晶体が濁る病気)、老眼などの予防・改善にも有効です。
 また、ストレスによる過食にブレーキをかけますから、過食によって起こる2型糖尿病の予防にもいいでしょう。

⑥こむら返りや貧血の予防・改善
 ゴマ酢には、血流をよくする作用があるので、筋肉の酸素不足で起こるこむら返り、血液不足による貧血なども防げます。

 ゴマ酢は、漬け酢を食後にそのまま飲むのが基本ですが、酢やトウガラシの刺激が気になる人は、40℃程度のお湯で薄めて飲んでもいいでしょう。お湯で薄めれば、刺激が和らぎ、胃腸を冷やしません。

 胃の弱い人は、少なめの量から試してみて、様子を見てください。ただし、逆流性食道炎のある人は、無理して飲まないほうがいいでしょう。

 残ったゴマとトウガラシも、捨てずにぜひ食べてください。トウガラシは細かく刻み、ゴマと一緒にラーメンやスープ、みそ汁などに入れると、おいしく食べられます。

ゴマ酢の作り方

「現代人にぴったり」と井上先生

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


ミネラルスープで2型糖尿病・メタボを予防!漢字で「鎂」と表す栄養素は何?

ミネラルスープで2型糖尿病・メタボを予防!漢字で「鎂」と表す栄養素は何?

毎日しっかりとっていると、糖尿病(2型)の発症リスクが最大47%、メタボリック症候群の発症リスクが31%減ると最近の研究で判明した、漢字で「鎂」と表す栄養素はなんでしょう。答えは「マグネシウム」。必ず食事から摂取しなくてはならない必須・主要ミネラルの一つです。【解説】横田邦信(東京慈恵会医科大学客員教授)


【体験談】足の親指刺激で足の冷えが和らいだ!こむら返りもなくなった

【体験談】足の親指刺激で足の冷えが和らいだ!こむら返りもなくなった

私は、7年前に脳梗塞で倒れ、その後1年半ほど歩くことができませんでした。足の親指刺激を日課に加えてからは、しびれるような足の冷えが徐々に和らぎ、靴下をはかなくても眠れるようになりました。最近では、ふらつかずにしっかり歩けるようになっています。【体験談】杉井小夜子(無職・84歳)


入眠時のこむら返り・悪夢や金縛りの原因と対策法【眠りトラブルQ&A】

入眠時のこむら返り・悪夢や金縛りの原因と対策法【眠りトラブルQ&A】

入眠時の痛みを伴うこむら返り、悪夢や金縛り、歯ぎしりで目が覚めてしまうなど、睡眠にまつわる悩みは多岐にわたります。これらの眠りトラブルの原因、そして、質の高い「眠り」のために心がけたい生活習慣や対策法をご紹介します。【解説】遠藤拓郎(慶應義塾大学医学部特任教授・スリープクリニック調布院長)


【アンチエイジング】 貧血やダイエットに効果的!「ゴマ酢」を有名女医も大絶賛!

【アンチエイジング】 貧血やダイエットに効果的!「ゴマ酢」を有名女医も大絶賛!

私には、美と健康のために、毎日欠かさず食べている食品がいくつかあります。その一つがゴマで、毎朝必ず炒りゴマをすって、納豆にかけて食べています。 なぜならゴマには、良質の脂質やたんぱく質、各種ビタミンやミネラル、食物繊維といった栄養素が、ギュッと詰まっているからです。【解説】里見英子(里見英子クリニック院長)


【ゴマ酢の健康効果】2度の大病を乗り越え元気なのは「ゴマ酢」のおかげ

【ゴマ酢の健康効果】2度の大病を乗り越え元気なのは「ゴマ酢」のおかげ

私は、子どもの頃から病弱でした。25歳のとき、気胸が見つかり右肺の一部を切除しました。45歳のときは、肝硬変の一歩手前までC型肝炎が進行していることがわかったのです。そんな私が、あれから40年もたつというのに、死ぬどころかますます元気で生きています。【体験談】榊原秀夫(無職・86歳)


最新の投稿


【ふくらはぎを温める効果とやり方】寝つきがよくなり低体温も改善してきた!

【ふくらはぎを温める効果とやり方】寝つきがよくなり低体温も改善してきた!

横になっても寝入るまでに1〜2時間かかるのがあたりまえ。3時間以上眠れないこともありました。さらに夜の間に2〜3回はトイレに起きていました。サポーターでふくらはぎを温めるようにしたら30分も経たないうちに眠れるのです。そして朝まで目覚めることなく熟睡できるようになりました。【体験談】山田亜希子(仮名・無職・79歳)


【美容効果】キュウリパックの正しいやり方は?食べるならいつが最適?

【美容効果】キュウリパックの正しいやり方は?食べるならいつが最適?

美肌に関しては、キュウリの皮に含まれるビタミンEとβ-カロテンの働きも見逃せません。体内では有害な活性酸素ができ、老化を進めます。ビタミンEの中でも、最も抗酸化力が高いのがα-トコフェロールという種類ですが、キュウリに含まれるのは、すべてこの種類なのです。【解説】佐藤美(シロノクリニック横浜院院長)


風邪・インフルエンザに効果「プロポリス」とは? 有効成分は抽出法で違う?

風邪・インフルエンザに効果「プロポリス」とは? 有効成分は抽出法で違う?

プロポリスは、ハチの巣への細菌の侵入を防ぎ、その増殖を防いでくれる物質です。いわば、家を守る防御壁なのです。私たちがこのプロポリスを摂取する際には、それがどのようにして抽出されたのかが、一つの重要なポイントとなります。プロポリスの抽出法によって含有される有効成分が異なるからです。【解説】門田重利(富山大学名誉教授)


自律神経が整うと睡眠の質がよくなった!頭皮セラピーのリラックス効果

自律神経が整うと睡眠の質がよくなった!頭皮セラピーのリラックス効果

私の場合、いろいろなプログラムを受けた後、交感神経の数値は下がっても、副交感神経にはほとんど変化がありません。施術直後でこの状態なのですから、普段はもっと緊張しているのだと思います。施術を受けた後、あくびが何度も出たのは、交感神経の緊張が取れ、リラックスした証拠だと思います。【体験談】西野博子(仮名・主婦・53歳)


起床時の「キーン」という耳鳴りが「昆布水」で改善し、高かった血圧も落ち着いた!

起床時の「キーン」という耳鳴りが「昆布水」で改善し、高かった血圧も落ち着いた!

病院での検査の結果、メニエール病と診断され、難聴になっていることもわかりました。めまいは、処方してもらった薬を飲んだら、なんとか治まりました。耳鳴りはその後も続きました。いちばん気になるのは、朝起きたときです。いつも耳の中で、キーンという音がしていました。【体験談】岩佐優(料理店経営・66歳)