【アンチエイジング】 貧血やダイエットにも効果的!「ゴマ酢」を有名女医も大絶賛!

【アンチエイジング】 貧血やダイエットにも効果的!「ゴマ酢」を有名女医も大絶賛!

私には、美と健康のために、毎日欠かさず食べている食品がいくつかあります。その一つがゴマで、毎朝必ず炒りゴマをすって、納豆にかけて食べています。 なぜならゴマには、良質の脂質やたんぱく質、各種ビタミンやミネラル、食物繊維といった栄養素が、ギュッと詰まっているからです。【解説】里見英子(里見英子クリニック院長)


ゴマは老化防止成分の宝庫

 私には、美と健康のために、毎日欠かさず食べている食品がいくつかあります。

 その一つがゴマで、毎朝必ず、炒りゴマをすって、納豆にかけて食べています。
 なぜならゴマには、良質の脂質やたんぱく質、各種ビタミンやミネラル、食物繊維といった栄養素が、ギュッと詰まっているからです。

 ゴマの成分の約50%を占める脂質は、リノール酸とオレイン酸で構成されており、血中の悪玉コレステロール(LDL)の上昇を抑えたり、大腸で便のすべりをよくしたりする作用があります。

 食物繊維にも、腸を刺激して排便を促す働きや、コレステロールの排出を促す働きがあります。

 なかでも特筆すべきは、ゴマ特有の成分「セサミン」でしょう。セサミンは、ゴマリグナンという抗酸化成分の中に含まれる成分の一つです。健康食品としても、おなじみですね。

 私たちの体内では、常に活性酸素が発生しています。それによって細胞が酸化され、老化が進んでいきます。
 活性酸素が増えると、肝臓の働きが低下して、肌のハリがなくなったり、動脈硬化の原因となる悪玉コレステロールが増えたり、生活習慣病にかかりやすくなったりします。

 この活性酵素を撃退し、アンチエイジング(若返り)に効果があると注目されているのが、セサミンに代表される、ゴマリグナンです。
 ゴマリグナンには、脂質の酸化を防ぐ働きがあります。ゴマ油がほかの油より酸化しにくいのは、このためです。
 ゴマリグナンは、女性ホルモンのエストロゲンと同じ働きをする成分でもあり、ホルモンバランスを整え、更年期障害を改善する効果があると考えられています。

 このほか、脂肪燃焼効果、食欲抑制効果、エネルギー代謝の促進など、ダイエットにも有効な成分をたくさん含んでいることもわかっています。

調味料代わりに使うのもお勧め

 このように、ゴマには多彩な健康効果があります。

 これを、トウガラシと共に酢に漬けた「ゴマ酢」にすると、ゴマの健康効果に、酢の持つ血液サラサラ効果や、血糖値上昇抑制効果、トウガラシの発汗作用による脂肪燃焼効果などもプラスされるので、より高い効果が望めるでしょう。

 また、ゴマ酢では黒ゴマを使用しますが、黒ゴマの皮には、ポリフェノールの一種であるアントシアニンが含まれているので、より高い白髪の予防効果や抗酸化作用が期待できます。

 さらに黒ゴマは、白ゴマと比べて脂質が少なく、鉄分やカルシウムの含有量が高いこともポイントです。
 鉄分が不足すると、鉄欠乏性貧血を引き起こし、白髪や抜け毛が増えることがあります。特に、女性は鉄分が不足しがちなので、意識的に摂取したいものですね。

 なお、ゴマ酢をとるときに気をつけていただきたいことが、三つあります。

①空腹時に酢を飲むと、胃を痛める恐れがあるので、食事中や食後にとりましょう。

②特にご年輩のかたは、酢とゴマを一緒に飲むと、むせたり誤嚥を起こしたりする恐れがあるので、十分注意してください。

③残った黒ゴマやトウガラシは捨てずに、すりつぶして料理にかけるなどして食べましょう。

 また、ゴマ酢は、漬けたゴマとともに、調味料代わりに使ってもいいでしょう。サラダや温野菜にドレッシングとしてかけると、ゴマも一緒に食べやすくなります。ポン酢代わりに使っても、いろいろな料理に合うと思います。ゴマ酢に酸味と辛味があるので、そのぶん、減塩が可能です。

 ただし、ゴマは粒のままだと吸収されにくいので、よく嚙んで食べるようにしましょう。
 アイデアしだいで、いろいろ楽しめそうですね。ぜひみなさんも工夫してみてください。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


女性のための簡単筋トレダイエット【バストアップ・二の腕やせ】のコツ

女性のための簡単筋トレダイエット【バストアップ・二の腕やせ】のコツ

「手合わせ筋トレ」は、手のひらを合わせて全力で押し合うだけの、シンプルな筋トレです。動きは簡単ですが、筋肉を意識しながらゆっくり行えば、大きなトレーニング効果が得られます。最初はあまり変化を感じないでしょう。しかしそこを過ぎると、体は目に見えて変わっていきます。【解説】岡田隆(バズーカ岡田・日本体育大学准教授)


漢方薬剤師に聞く「干しぶどう」の効果効能「夜は酒・昼は酢」で使い分ける

漢方薬剤師に聞く「干しぶどう」の効果効能「夜は酒・昼は酢」で使い分ける

私は以前から、目の症状を訴えるかたがたに「干しブドウ酒」を勧めてきました。実際に、干しブドウ酒を試したかたがたからは、「目が疲れにくくなった」「目の痛みが取れた」「見えやすくなった」「かすみ目が改善した」など、さまざまな声をいただいています。【解説】井上正文(木暮医院漢方相談室薬剤師)


脚やせ運動「股関節回し」でむくみスッキリ!腸腰筋を鍛える10のメリット

脚やせ運動「股関節回し」でむくみスッキリ!腸腰筋を鍛える10のメリット

股関節は、上半身と下半身をつなぐ関節ですから、ここが硬いと体全体がゆがみます。その結果、ネコ背や腰痛、肩こり、頭痛、関節の痛みなどが生じてくるのです。股関節の可動域を広げるためには、股関節周辺の筋肉を柔軟にすることがたいせつです。【解説】谷口光利(日本ボディーケア学院学院長)


【バターコーヒーの効果 】ギーの必要量はアーユルヴェーダのタイプ別に違う!

【バターコーヒーの効果 】ギーの必要量はアーユルヴェーダのタイプ別に違う!

ギーは、食塩不使用バターを加熱して水分を飛ばし、乳たんぱくと乳糖を取り除いて作られた純粋な乳脂肪です。料理に用いるのはもちろん、傷や皮膚炎の治療として肌にぬったり、点眼、点鼻薬に用いたりするなど、昔からさまざまな用途で活用されてきました。【解説】西川眞知子(アーユルヴェーダ・ライフコンサルタント)


【ケトン体ダイエット】医師お勧めの方法は「バターコーヒー」インスタントでもOK

【ケトン体ダイエット】医師お勧めの方法は「バターコーヒー」インスタントでもOK

テレビ番組で、私が勧めるダイエット法が紹介されました。番組では「8:16時間ダイエット」という呼び名で、双子のお笑い芸人「ザ・たっち」の弟、かずやさんが挑戦しました。8: 16時間ダイエットを成功させるための力強い味方として最適なのが、バターコーヒーです。【解説】片山成二(かたやま脳外科内科クリニック院長)


最新の投稿


生ガキにあたった時に「梅肉エキス」をなめたら痛みが治まった!

生ガキにあたった時に「梅肉エキス」をなめたら痛みが治まった!

友人とフランス料理店に行き、生ガキを食べました。すると、なぜか私だけがカキにあたってしまったのです。胃がねじれるように痛く、脂汗が浮き出てきます。痛みで体がよじれたりのけぞったり。じっとしていることができないほどでした。わらにもすがる思いで、私は梅肉エキスを手に取りました。【体験談】江崎紀子(仮名・主婦・72歳)


ぐるぐるめまいと吐き気が取れる「クチナシの実」の黒焼きの作り方

ぐるぐるめまいと吐き気が取れる「クチナシの実」の黒焼きの作り方

クチナシの実は、キントンや炊き込みごはんなどに色を着ける天然の着色料として利用されるほか、生薬(漢方薬の原材料)としても昔から使われており、髙血圧や肝機能の改善、鎮痛・鎮静作用などの働きがあることが確認されています。【解説】平田眞知子(薬草コンサルタント)


【大根の健康効果】有効成分の酵素・ファイトケミカルはスムージーで取ると良い!

【大根の健康効果】有効成分の酵素・ファイトケミカルはスムージーで取ると良い!

私は、若々しく健康な体を維持するために、食事で酵素をたっぷり取ることを提唱しています。そのために役立つ食材はいろいろありますが、癖のない風味が、多くの人に好まれている大根も、実は、酵素の補給源として、とても優秀な野菜です。【解説】鶴見隆史(医療法人社団森愛会鶴見クリニック理事長)


脊柱管狭窄症の足のしびれと痛みが解消 81歳現役シェフの「11円スリッパ」体験談

脊柱管狭窄症の足のしびれと痛みが解消 81歳現役シェフの「11円スリッパ」体験談

最初は半信半疑でしたが、藤井先生に勧められたとおり、常に中敷きを入れて、靴をはくようにしました。そうして1ヵ月ほどたったころでしょうか、自分でも「あれほどつらかったのは、一体なんだったのだろう? 」と感じるくらい、その後はひざの痛みに悩まされることはなくなりました。【体験談】藤田正義(オーナーシェフ・81歳)


食欲がない原因は「胃の位置」胃を上げる体操で飲みこみやすさがアップする理由

食欲がない原因は「胃の位置」胃を上げる体操で飲みこみやすさがアップする理由

子どものころ、立てひざでご飯を食べて叱られた。そんな思い出はありませんか。「立てひざで食事」は、一般常識ではマナー違反とされています。しかし実は、誤嚥の予防にとてもいい姿勢なのです。お勧めなのが、食事の前に胃の位置を上げておくこと。それを簡単に行える体操が「右足首の内回し」です。【解説】浜田貫太郎(浜田整体院長)