【耳鳴り・難聴を改善】ブーンという低音ならこのツボ刺激が有効!「耳こすり」のやり方

【耳鳴り・難聴を改善】ブーンという低音ならこのツボ刺激が有効!「耳こすり」のやり方

「ジー」「ブーン」といったボイラー音のような低い音の場合は東洋医学でいう「腎」の弱りが考えられます。「ピー」「キーン」という高音の耳鳴りなら肝臓の機能の低下、「ザァー」「サァー」といった風のような音は胃腸の機能低下が関わっていると考えられます。【解説】藤井清史(呑気堂Fujii鍼灸治療院・Tomo整骨院総院長)


藤井清史
 1968年北海道生まれ。鍼灸師。18歳のときに大病にかかり、19歳のときに「余命いくばくもなし」と宣告を受ける。鍼灸および玄米食養に出合い、九死に一生を得る。以後、「自分のような人の手助けをしたい」という一心から鍼灸の道を歩み始める。「病の原因は心にある」をモットーに、開業当初よりさまざまな治療法を導入し、日本全国から難病を抱えた患者が来院するようになる。著書『耳鳴・難聴・めまいは治ります!』(白順社)が好評発売中。

耳鳴りの音によって原因が異なる

 あなたの耳鳴りは、どんな音でしょうか?
「ジー」とか「ブーン」といったボイラー音のような低い音の場合は、東洋医学でいうところの「腎」の弱りが考えられます。腎とは、腎臓だけでなく、副腎や血液やリンパ(体内の老廃物や毒素、余分な水分を運び出す体液)の循環も含みます。
また、「ピー」「キーン」という高音の耳鳴りなら、肝臓の機能の低下が、そして「ザァー」「サァー」といった風のような音は、胃腸の機能低下がかかわっていることが多いようです。

私は、鍼灸をはじめ、さまざまな東洋医学を治療に導入しています。患者さんは、西洋医学では治りにくい病気や症状の人がほとんどで、全国からお越しになっています。

 なかでも、耳鳴り・難聴の症例は500例以上に上り、高い治療効果を上げてきました。
 東洋医学では、耳鳴りや難聴は、内臓の機能低下が影響していると考えます。すぐにわかる症状としては、血流が悪く、体が冷えており、人によってはむくみや高血圧があります。

 また、寝不足や体を酷使すること、そして老化も、内臓、特に腎にダメージを与えます。
 ただ、こうした冷えや疲労からくる耳鳴りや難聴であれば、生活習慣を見直して、循環をよくすることで、比較的、改善しやすいものです。

 また、加齢による難聴も「年だから」とあきらめる必要はなく、意外と簡単に治ることが多いものです。

耳は腎の出先器官。こすれば腎もよくなる

 そこで今回は、内臓の中でも特に「腎」の弱りからくる耳鳴りに著効のセルフケア、「耳こすり」をご紹介しましょう。
 やり方は、人さし指と中指を耳の後ろに、薬指と小指を耳の前に当て、耳を挟んだ状態で上下にさするだけです(基本的なやり方は別記事参照)。

 力を入れる必要はありません。上下にこすって往復して1回とカウントし、100回さすりましょう。これを朝晩1日2回行います。

 コツは手のひらをピタリと肌に当てることです。すると、耳の前後にあるツボを刺激することができます(図参照)。

 これらのツボは、耳鳴りや難聴に有効なだけでなく、リンパや血液の流れも改善します。また、あごの下までこすることで、耳周辺だけでなく、顔や首の血流までよくなります。

 耳鳴りや難聴が現れているのが片方であっても、耳こすりは両方行ってください。
 一方が聞こえにくいと、それを補おうとして、もう片方の耳にも大きな負担がかかっているからです。
 東洋医学では、「耳は腎の出先器官」といわれているほど、耳と腎は関係性の深い場所です。つまり、耳の循環をよくすることは、腎臓を元気にすることにもつながります。
 もちろん、肝臓や胃腸の弱りが原因の耳鳴りにも、耳こすりで耳周辺のツボを刺激し、血流をよくすることは有効です。

突発性難聴が3日で治ったケースも

 では、耳こすりの症例をご紹介しましょう。

 80歳の男性Aさんは、腎臓がんの手術をした3日後から、突発性難聴を発症しました。退院後、当院に来られたのですが、当初、回復には相当、時間がかかるだろうと思っていました。 ところが、治療と並行して耳こすりを行ってもらったところ、3日後には回復し、元どおり聞こえるようになったのです。

 以後、5年後に天寿を全うされるまで、耳に不自由することなく過ごされました。
 そのほか、耳鳴りは、気温が下がる朝方にひどくなることが多いのですが、「朝、耳こすりを行うと耳鳴りの音が小さくなる」という声も多数いただいています。

 実は、この耳こすりは、私が祖父から教えてもらった方法です。祖父は60歳のときから毎日耳こすりを行い、94歳で天寿を全うするまで耳が遠くなることは一切ありませんでした。
 60代や70代の若いうちから耳こすりを毎日行えば、耳が遠くなるのを予防する効果もあると私は考えており、私自身、毎日実践しています。

 そのほか、首や肩のこりがある人も、ぜひ実践してください。耳鳴りや難聴の原因は、内臓の弱りだけでなく、首周りの筋肉が硬くなることで、耳周りの神経が圧迫されることも一因だと思われるからです。
 耳の症状を改善し、「腎」を活性化する耳こすりを、ぜひお試しください。

→耳こすりのやり方はコチラ
→【体験談①】「耳こすり」で不眠を解消した!
→【体験談②】突発性難聴の耳鳴りと音割れの症状が「耳こすり」で改善!

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【足裏マッサージの効果】もんで血流をよくすると体の不調は解消できる! 難しく考えないのがポイント

【足裏マッサージの効果】もんで血流をよくすると体の不調は解消できる! 難しく考えないのがポイント

立ったり、歩いたり、走ったり……人が生きている間、ずっと体重を支えている「足」は「第2の心臓」と呼ばれるほど脳や体、心に関与している部位です。足を正しく、しっかりケアすることが健康寿命を伸ばすうえで何よりもたいせつなことなのです。【解説】行本昌弘(官足法友の会会長)


【足裏のもみ方】認知症や突発性難聴が改善した!コツは足指まで「すきまなく、深く」

【足裏のもみ方】認知症や突発性難聴が改善した!コツは足指まで「すきまなく、深く」

足をもむ官足法は自分でできます。実践すれば必ず健康になります。「足をもめば健康になる。よくなるまでやり抜く」という自信と強い気持ちを持ち、ぜひ足もみを健康づくりにお役立てください。ここでは、脳・目・耳に効く足のもみ方をご紹介しましょう。【解説】行本昌弘(官足法友の会会長)


出そうで出ない頑固な便秘で太ももが太くなる?大腸洗浄のプロ考案「腸もみ」のやり方

出そうで出ない頑固な便秘で太ももが太くなる?大腸洗浄のプロ考案「腸もみ」のやり方

私の元へ駆け込む人は、すでに自己流では改善できないほどひどい便秘になっている場合がほとんど。特に40代以上になると、加齢や運動不足で腸を支える筋力が衰えて、腸が下がってしまうことがよく起こります。そうなると、余計に自力での排便が困難になってしまうのです。【解説】齊藤早苗(看護師・コロンハイドロセラピスト)


【イライラ解消】イライラが止まらない症状に効果「耳ひっぱり」で自律神経を整える

【イライラ解消】イライラが止まらない症状に効果「耳ひっぱり」で自律神経を整える

耳には全身に関係するツボが集まっていますので、耳ひっぱりは生命維持に重要な領域すべてを活性化し、心身を癒してくれる素晴らしいセルフケア方法です。ぜひ日々活用していただきたいと思います。【解説】土肥雪彦(あかね会土谷総合病院顧問・広島大学名誉教授)


【視力回復体操】背伸びをして背骨のゆがみを矯正すると視力低下を予防できる

【視力回復体操】背伸びをして背骨のゆがみを矯正すると視力低下を予防できる

姿勢をよくして、神経や血液の流れを促すことが、目を根本からよくすることにつながるのです。根本から目の改善を促すために、背伸ばし体操を活用されるとよいでしょう。【解説】本部千博(ほんべ眼科院長)


最新の投稿


【足裏マッサージの効果】もんで血流をよくすると体の不調は解消できる! 難しく考えないのがポイント

【足裏マッサージの効果】もんで血流をよくすると体の不調は解消できる! 難しく考えないのがポイント

立ったり、歩いたり、走ったり……人が生きている間、ずっと体重を支えている「足」は「第2の心臓」と呼ばれるほど脳や体、心に関与している部位です。足を正しく、しっかりケアすることが健康寿命を伸ばすうえで何よりもたいせつなことなのです。【解説】行本昌弘(官足法友の会会長)


【足裏のもみ方】認知症や突発性難聴が改善した!コツは足指まで「すきまなく、深く」

【足裏のもみ方】認知症や突発性難聴が改善した!コツは足指まで「すきまなく、深く」

足をもむ官足法は自分でできます。実践すれば必ず健康になります。「足をもめば健康になる。よくなるまでやり抜く」という自信と強い気持ちを持ち、ぜひ足もみを健康づくりにお役立てください。ここでは、脳・目・耳に効く足のもみ方をご紹介しましょう。【解説】行本昌弘(官足法友の会会長)


【男性不妊の原因と治療法】妊活中の男性 禁欲しても精子は増えず タイミングと回数がカギ

【男性不妊の原因と治療法】妊活中の男性 禁欲しても精子は増えず タイミングと回数がカギ

何回も射精をくり返すと精子の数が減る、という心配は無用です。禁欲期間が長すぎると、精子の運動率が低下するうえ、精子のDNA損傷率も高くなることがわかっています。【解説】今井健(GAIA鍼灸整骨院院長・柔道整復師・鍼灸師) 【監修】吉田壮一(よしだレディースクリニック院長)


眼科医推奨「視界スッキリ薬膳」目の不調を改善する食品とは

眼科医推奨「視界スッキリ薬膳」目の不調を改善する食品とは

目にまつわる多くの症状の根本原因は、血液の質と血流の低下です。心臓から送り出された質のいいきれいな血液が全身をスムーズに巡り、毛細血管にきちんと行き届けば、目の症状は改善に向かいます。【解説】小栗章弘(おぐり眼科名古屋院・長浜院理事長)


血流アップで視界スッキリ“目にいい食事” 眼科医推奨薬膳レシピ(1)

血流アップで視界スッキリ“目にいい食事” 眼科医推奨薬膳レシピ(1)

老眼、近視、緑内障や白内障、黄斑変性にドライアイ……眼科の諸症状は、目薬などの局所的なケアで治る、と思っていませんか?それでは、根本的な改善は望めません。【解説】小栗章弘(おぐり眼科名古屋院・長浜院理事長)【料理】MICHIKO(食養生士・料理研究家)