医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営

【突発性難聴】まったく聞こえなかった私の右耳の聴力は「耳こすり」で復活した!

【突発性難聴】まったく聞こえなかった私の右耳の聴力は「耳こすり」で復活した!

2年前、右耳が詰まっている感じがして耳鼻科に行ったところ突発性難聴と診断されステロイド剤の点滴治療を受けることになりました。病院での9日間の点滴治療が終わっても、聴力はまだ戻りませんでした。耳こすりしかできることはないので、ひたすら続けたのです。【体験談】津田久美子(主婦・46歳)


目覚まし時計のうるさい音も聞こえない

 2年前のゴールデンウイーク後、右耳が詰まっている感じがしました。プールで水が耳に入ったときと似た不快感で、中耳炎かなと思った私は、近くの耳鼻科を受診したのです。

 そこで、ショックな事実が判明しました。右耳が聞こえていなかったのです。

 すぐ総合病院の耳鼻科に行くように言われ、その足で向かいました。すると突発性難聴と診断され、ステロイド剤の点滴治療を受けることになりました。
 その2日後、耳が詰まっている感じは取れました。しかし、そのことによって、右耳が聞こえていないと、はっきり自覚できるようになりました。

 右方向からの音が聞こえず、電話が鳴っていても気づきません。左耳を下にして寝てしまうと、すぐ近くで目覚まし時計が鳴っても、聞きとれません。
「このままだったらどうしよう」。不安はつのるばかりでした。私はインターネットで病気のことを調べるうちに、藤井清史先生の治療院を見つけました。

 施術を受けたのは、発症から1週間後です。そのとき、セルフケアとして勧められたのが、「耳こすり」でした。
 当時、私は最低限の家事だけして安静に過ごしていました。そこで休んでいる間、耳こすりを行うことにしました。

 病院での9日間の点滴治療が終わっても、聴力はまだ戻りませんでした。もう耳こすりしかできることはないので、ひたすら続けたのです。

 すると、発症から2週間が過ぎた頃です。ラジオの電波がつながるときのように、とぎれとぎれに音が聞こえ始めました。
 最初に聞こえた瞬間のことは忘れもしません。工事現場の前を通り過ぎたときでした。ガガッという音が一瞬聞こえました。

 その後、何も聞こえなくなったかと思うと再びガガガッ。騒音のはずの工事音が、そのときばかりは大喜びでした。
「治るかもしれない。」希望を感じた私は、耳こすりをさらに熱心に行いました。すると聞こえる時間は徐々に増えていき、1ヵ月半後には、完全に戻ったのです。

 最初はこれでよくなるのかな、と半信半疑でしたが、耳こすりを信じて、根気よく続けて大正解でした。

血流がよくなり自律神経が整った(呑気堂Fujii鍼灸治療院Tomo整骨院総院長・藤井清史)

 津田さんは明らかに腎機能の低下から耳の症状が起こっているタイプだったので、冷えや寝不足にも注意しながら、耳こすりをやっていただきました。

 突発性難聴は、早く対処すればするほど早く改善します。津田さんは発症1週間で来院され、耳こすりにも真面目に取り組まれたのがよかったのでしょう。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連するキーワード


突発性難聴

関連する投稿


「キー」と鳴り続ける耳鳴りが3日で治まった!1円と10円の効果

「キー」と鳴り続ける耳鳴りが3日で治まった!1円と10円の効果

今年の3月の末に、突然、ひどい耳鳴りが再発しました。尖った「シャー」「キー」という大きな高音が、左耳で鳴り続けるようになったのです。10円硬貨と1円硬貨を、11円スリッパと同じ場所にはり始めてから3日後、「耳鳴りの音が静かになった」と驚いたのを今でもはっきりと覚えています。【体験談】菊田ひびき(仮名・会社員・33歳)


【足裏のもみ方とコツ】足指まで「すきまなく、深く」痛いほど効果

【足裏のもみ方とコツ】足指まで「すきまなく、深く」痛いほど効果

足をもむ官足法は自分でできます。実践すれば必ず健康になります。「足をもめば健康になる。よくなるまでやり抜く」という自信と強い気持ちを持ち、ぜひ足もみを健康づくりにお役立てください。ここでは、脳・目・耳に効く足のもみ方をご紹介しましょう。【解説】行本昌弘(官足法友の会会長)


【耳鳴りを改善する】ツボ「合谷」の押し方 低音・高音のもみ方は?

【耳鳴りを改善する】ツボ「合谷」の押し方 低音・高音のもみ方は?

高齢の患者さんのなかには、耳鳴りや難聴をはじめとする耳の不調を訴えるかたが少なくありません。そんな耳鳴り・難聴に悩まされている人にセルフケアとしてお勧めしたいのが、手の甲にあるツボ・合谷への指圧です。【解説】松浦聡(コンチェルトはりきゅう院院長)


【耳鳴り・難聴を改善】ブーンという低音ならこのツボ刺激が有効!「耳こすり」のやり方

【耳鳴り・難聴を改善】ブーンという低音ならこのツボ刺激が有効!「耳こすり」のやり方

「ジー」「ブーン」といったボイラー音のような低い音の場合は東洋医学でいう「腎」の弱りが考えられます。「ピー」「キーン」という高音の耳鳴りなら肝臓の機能の低下、「ザァー」「サァー」といった風のような音は胃腸の機能低下が関わっていると考えられます。【解説】藤井清史(呑気堂Fujii鍼灸治療院・Tomo整骨院総院長)


【突発性難聴とは】ステロイドに代わる新しい治療法 クラシック音楽で症状が改善

【突発性難聴とは】ステロイドに代わる新しい治療法 クラシック音楽で症状が改善

これまで一般的に、突発性難聴を発症した際には、なるべく安静に過ごすことが推奨されてきました。しかし、検証の結果、難聴を発症したほうの耳を積極的に使ったほうが、脳が刺激されて、症状の改善につながることが判明したのです。【解説者】岡本秀彦(自然科学研究機構生理学研究所准教授)


最新の投稿


【耳の裏がくさい】わきや汗の嫌な臭いに効果「ミョウバン水」の活用法

【耳の裏がくさい】わきや汗の嫌な臭いに効果「ミョウバン水」の活用法

においを気に病んで消極的になると、もっとにおいが強くなってしまいます。本来、体臭は一つの個性。完全に体臭を消そうとする必要はありません。今の自分に合った、正しいにおい対策を心がけてください。体臭を抑えるために、多くの人にお勧めしているのが「ミョウバン水」です。【解説】五味常明(五味クリニック院長)


【レモン酢が効果】生活改善だけでは下がらなかった血糖値が正常化!7kgやせた

【レモン酢が効果】生活改善だけでは下がらなかった血糖値が正常化!7kgやせた

がんばって生活を改善しても、3ヵ月後の検査では、思うように糖尿病の数値が改善されておらず、がっかりしてしまいました。おいしくレモン酢を飲み続けていたところ、少しずつ血糖値が下がっていきました。そして、1年が経過し受けた健康診断では、あらゆる数値が改善していたのです。【体験談】松本仁美(仮名・販売アルバイト・65歳)


こうじの発酵パワーで美肌になれる!痩せる!「こうじ薬膳レシピ」

こうじの発酵パワーで美肌になれる!痩せる!「こうじ薬膳レシピ」

こうじは、酵素の力で腸内環境を改善するほか、ビタミンB群が疲労回復、肌や髪の若返りの効果を発揮。肥満の解消、血圧や血糖値を下げる効果など、驚くべき発酵パワーを持つこうじを使った料理をお試しいただければ、その効能を実感できます!【料理・栄養計算】検見﨑聡美(管理栄養士・料理研究家)


ラジオを聞けば【認知症予防】になる!聞く力を鍛える「ながらラジオ」のススメ

ラジオを聞けば【認知症予防】になる!聞く力を鍛える「ながらラジオ」のススメ

脳は機能別に、聴覚、運動、伝達、感情、思考、視覚、理解、記憶の八つに大別できます。それを私は「脳番地」と呼んでいます。ラジオは注意を向けて聞こうとするだけで聴覚系脳番地が鍛えられます。それが楽しく聞けていれば理解系や記憶系の脳番地もいっしょに鍛えることができます。【解説】加藤俊徳(加藤プラチナクリニック院長)


むくみ・だるさに即効!エステのゴッドハンドのふくらはぎマッサージのやり方

むくみ・だるさに即効!エステのゴッドハンドのふくらはぎマッサージのやり方

まずは、リンパ管とリンパ節の「お掃除」から始めるのがポイントです。ふくらはぎをゆっくり押すことで、血液やリンパ液が一度止まり、ゆっくり離すことで、ドッと勢いよく流れ出します。その流れに乗せて、一気に老廃物を流し、リンパ管の詰まりを取るのが目的です。【解説】岩谷恭子(カスタリア代表・エステティシャン)