MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営
【肩こり・片頭痛に効果】ひどい乱視もピントが合う「耳ひっぱり」ポイントは呼吸法

【肩こり・片頭痛に効果】ひどい乱視もピントが合う「耳ひっぱり」ポイントは呼吸法

私が「耳ひっぱり」と出合ったきっかけは、突然に始まった睡眠障害です。後に主治医となる医師から「呼吸法がいいですよ」とアドバイスされ、呼吸法を取り入れるためにたどりついたのがヨガでした。ヨガを学び、今度はヨガのすばらしさを伝える側になりました。【解説】薄久美子(ハーモニースペースdeヨガ主宰 ヨガインストラクター)

薄久美子
ビジョンヨガインストラクター。ヨガ教室「♪ハーモニースペースdeヨガ♪」主宰。2005年7月に教室をスタートするとともに、独自のイベントを次々に企画。なかでも音楽とヨガのコラボレーション「ピアノdeヨガ」など、音楽講師の経験を生かした心と体の調和を取るヨガが支持されている。現在は東京・大阪を中心に雑誌、メディアなどでも活躍。企業や団体、学校などへの出張ヨガも行っている。著書に『いたきもヨガダイエット』(KKベストセラーズ)、『耳ひっぱりで体が変わる!』(実業之日本社)がある。

ストレスで不眠になり大量の薬を処方された

 私が「耳ひっぱり」と出合ったのは約15年前。きっかけは、突然に始まった睡眠障害です。
 今思えば、ため込んだストレスが原因で心身が緊張して、眠れなくなったのでしょう。でも、当時の私は普通の会社員。自分に何が起こっているのかわかりませんでした。

 病院に駆け込むと、大量の睡眠導入剤が処方されました。それらを飲むと、今度は筋弛緩の副作用で体に力が入らなくなったのです。

 これはまずいと、私は別の病院に行きました。すると、後に主治医となる医師から「呼吸法がいいですよ」とアドバイスされたのです。
 そこで呼吸法を取り入れるためにたどりついたのがヨガでした。すぐに習いに行き、初めて実践したその夜から、ぐっすりと眠れたのです。  

 感激した私は、ヨガを学び、今度はヨガのすばらしさを伝える側になりました。
 その中で、生徒さんたちに大好評なのが、今回、ご紹介する「耳ひっぱり」です。

 耳ひっぱりの正式な名称は「ファイヤー」といいます。これは行うと、体が「カーッ」と燃えるように熱くなることから名づけられました。
 この名前からして、すごく体にいい気がしませんか?温まりますし、本当に全身の不調を取り去ってくれるのです。

ひどい乱視もやった直後に改善

 耳ひっぱりのやり方は、呼吸とともに耳をひっぱるだけ。いつでもどこでもできるので、私はしょっちゅう行います。

 私はひどい乱視で、スマートフォンなどで目を酷使すると、物が二重に見えてきます。そんなとき、耳ひっぱりを3分ほど実践すると、再び焦点が合うようになります。
 おかげで、メガネを使わずに済んでいます。そのほか、生理痛も改善し、お通じも快調。体が快適になると、いやなことがあっても落ち込む時間が激減するので、いつでもご機嫌な自分でいられるのです。

 このように、私自身が効果を確信しているので、教室でも耳ひっぱりは必ず行います。
「肩こりがなくなった」「片頭痛が起こらなくなった」「聞こえがよくなった」「よく見えるから老眼鏡を忘れてしまう」
 このような喜びの報告は、挙げればきりがありません。

 耳ひっぱりは、体調だけでなく、精神面の不調にも効果があります。かつて震災に遭い、家に被害を受けてしまったというかたが参加されました。
 ショックもあり、最初は心身ともに疲れておられましたが、耳ひっぱりをはじめとするヨガを実践された後、「家を片づける気力がわいてきました」「前向きな気持ちになりました」と言ってくれたのです。表情も以前よりスッキリ明るくなっていました。

集中力が高まり仕事や勉強もはかどる

「集中力が高まった」「勉強がはかどる」といった声もよく聞きます。

 では、耳ひっぱりはなぜこれほど心身を健康にするのでしょうか。まず挙げられるのが、脳の緊張をゆるめる効果です。
 わかりやすい例では、耳ひっぱりを行うと、あくびが止まらなくなることがよくあります。あくびは、ガチガチの脳がほぐれる過程で出るもの。眠気とは少し違い、あくびをするたび頭がスッキリしていきます。
 脳の緊張は、私たちが思う以上に心身に悪影響を及ぼしています。例えば、痛みは脳で感じるものですが、脳が緊張していると、痛みがより強く感じられるのです。

 逆に、脳がゆるむと痛みは軽く感じられるようになります。耳ひっぱりで腰痛やひざ痛などが改善したという声を聞くことがありますが、脳がリラックスしたからといえるでしょう。
 また、頭の緊張が取れると、血の巡りもよくなります。すると酸素と栄養、水分が豊富に行き渡るようになるので、脳の働きがよくなります。

 耳に近い目の血流もよくなるので、ドライアイや老眼なども改善に向かいます。全身の血行もよくなるので、体温が上がり、免疫力(病気に抵抗する力)も活性化します。

 そして、耳ひっぱりの効果を最大に得るために重要なのが、深い呼吸です。
 現代人は呼吸が浅い人が増えています。ですから、とにかくしっかり息を吐くことを意識してください。すると、自然に呼吸は深くなります。

 脳の緊張が強い人は、耳を少しひっぱっただけで強い痛みが走るでしょう。その場合は、痛気持ちいい強さで、少しずつ耳をほぐしていきましょう。

 耳ひっぱりは1日何回行っても大丈夫です。朝行えば、体が目覚めてやる気がみなぎるし、日中なら頭がスッキリします。夜行えば、ぐっすり眠るのに役立ちます。

 しかも、これだけの効果があって、いつでもどこでも無料でできるのです。ぜひ、日々の習慣になさってください。

この記事のエディター

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連記事
目の血流は、目の健康に深くかかわっています。白目の血流がよい状態に維持されていることは、ピントや明るさを調節する目の筋肉の機能も間接的に保たれていることを意味します。【解説】浅川賢(北里大学医療衛生学部視覚機能療法学専任講師)
更新: 2019-05-31 18:00:00
家でも、パソコンゲームをするときは「あご上げ」をすることを山本先生と約束しました。こうして「あご上げ」をやり続けたのです。すると、中学1年生のときの視力検査で、「メガネを持ってきてください」と言われた息子が、中学2年生以降は「見えていますね」と言われるようになりました。【体験談】里田敏代(仮名・主婦・47歳)
更新: 2019-03-31 18:00:00
効果を感じたのは半月後です。前はパソコン画面にくっつくくらい顔を近づけていましたがそれもなくなり、細かい字が見やすくなりました。最近では「目がくっきりして印象がよくなった」と知人からも言われました。鏡で確認すると、確かにまぶたが持ち上がり黒目がよく見えるようになっていました。【解説】麻生悟(仮名・会社員・52歳)
更新: 2019-03-30 18:00:00
眼球は表にむき出しになった器官です。その裏側の見えない部分は首の後ろの筋肉とつながっています。目のピントを合わせるには、毛様体筋だけでなく、それにつながる首の筋肉が十分動く必要があるのです。さらに首の筋肉は肩や背中に、背中の筋肉も股関節や足の筋肉など、下半身とも連動しているのです。【解説】山本卓弥(視力回復研究所代表)
更新: 2019-04-05 10:17:14
目の疲れや見えにくさ、かすみ目など、目の症状を感じているかたは多いのではないでしょうか。そんなかたにお勧めしたいのが、手首にある「養老」というツボです。養老は、目の疲れ、痛み、ショボつき、かすみ目、ドライアイ、近視や老眼と、幅広い症状に効果があります。【解説】深町公美子(A-ha治療室代表)
更新: 2018-10-30 18:00:00
最新記事
私は、60歳の今も左右の視力は1・0を保っています。これまでメガネの世話になったこともありません。老眼知らずの状態をキープしている秘密は、私が毎日行っているトレーニング「目のスクワット」にあるのです。毛様体筋をほぐす効果があります。【解説】本部千博(ほんべ眼科院長)
更新: 2019-07-03 14:37:40
体重100kgの人なら3kg、80kgの人なら2.5kg程度の減量で、条件付きですが糖尿病の改善は可能です。体重が3%減少すると、ヘモグロビンA1cが3%程度下がることがわかったからです。例えば、ヘモグロビンA1cが9%の人なら、だいたい6%程度まで下がります。【解説】吉田俊秀(島原病院 肥満・糖尿病センター長)
更新: 2019-06-06 18:00:00
これまで、入院患者さん向けの、いわゆる「リハビリ体操」はありましたが、外来の患者さんが希望するような体操はありませんでした。そこで私たちは、血圧を上げる要因である、末梢の「血管抵抗」を減らす筋トレを考案することにしました。【解説】金子操(自治医科大学附属病院リハビリテーションセンター室長・理学療法士)
更新: 2019-06-05 18:00:00
1日の疲れを取るには、就寝時間や睡眠時間ではなく、「眠りに就いて4時間以内に、深睡眠を取ること」がたいせつなのです。しかし現代人の多くは、深夜にテレビやスマホを見たり、ストレスで体の緊張が取れなかったりして、本来の睡眠リズムが狂い、深睡眠を取りづらくなっています。【解説】白濱龍太郎(睡眠専門医)
更新: 2019-06-04 18:00:00
納豆を毎日食べるようになったとき、最初に実感できるのは、便通の改善でしょう。それもそのはず。納豆には、腸内環境を整えるための働きや成分がそろっているからです。腸内において納豆菌は、活性酸素を分解する酵素と、善玉菌のえさとなる栄養分を作りだし、善玉菌の増加を強力にサポートします。【解説】河埜玲子(済生会松阪総合病院医師・料理家) 
更新: 2019-06-03 18:00:00