医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営

【肩こり・片頭痛に効果】ひどい乱視もピントが合う「耳ひっぱり」ポイントは呼吸法

【肩こり・片頭痛に効果】ひどい乱視もピントが合う「耳ひっぱり」ポイントは呼吸法

私が「耳ひっぱり」と出合ったきっかけは、突然に始まった睡眠障害です。後に主治医となる医師から「呼吸法がいいですよ」とアドバイスされ、呼吸法を取り入れるためにたどりついたのがヨガでした。ヨガを学び、今度はヨガのすばらしさを伝える側になりました。【解説】薄久美子(ハーモニースペースdeヨガ主宰 ヨガインストラクター)


薄久美子
ビジョンヨガインストラクター。ヨガ教室「♪ハーモニースペースdeヨガ♪」主宰。2005年7月に教室をスタートするとともに、独自のイベントを次々に企画。なかでも音楽とヨガのコラボレーション「ピアノdeヨガ」など、音楽講師の経験を生かした心と体の調和を取るヨガが支持されている。現在は東京・大阪を中心に雑誌、メディアなどでも活躍。企業や団体、学校などへの出張ヨガも行っている。著書に『いたきもヨガダイエット』(KKベストセラーズ)、『耳ひっぱりで体が変わる!』(実業之日本社)がある。

ストレスで不眠になり大量の薬を処方された

 私が「耳ひっぱり」と出合ったのは約15年前。きっかけは、突然に始まった睡眠障害です。
 今思えば、ため込んだストレスが原因で心身が緊張して、眠れなくなったのでしょう。でも、当時の私は普通の会社員。自分に何が起こっているのかわかりませんでした。

 病院に駆け込むと、大量の睡眠導入剤が処方されました。それらを飲むと、今度は筋弛緩の副作用で体に力が入らなくなったのです。

 これはまずいと、私は別の病院に行きました。すると、後に主治医となる医師から「呼吸法がいいですよ」とアドバイスされたのです。
 そこで呼吸法を取り入れるためにたどりついたのがヨガでした。すぐに習いに行き、初めて実践したその夜から、ぐっすりと眠れたのです。  

 感激した私は、ヨガを学び、今度はヨガのすばらしさを伝える側になりました。
 その中で、生徒さんたちに大好評なのが、今回、ご紹介する「耳ひっぱり」です。

 耳ひっぱりの正式な名称は「ファイヤー」といいます。これは行うと、体が「カーッ」と燃えるように熱くなることから名づけられました。
 この名前からして、すごく体にいい気がしませんか?温まりますし、本当に全身の不調を取り去ってくれるのです。

「耳ひっぱり」のやり方はこちら

ひどい乱視もやった直後に改善

 耳ひっぱりのやり方は、呼吸とともに耳をひっぱるだけ。いつでもどこでもできるので、私はしょっちゅう行います。

 私はひどい乱視で、スマートフォンなどで目を酷使すると、物が二重に見えてきます。そんなとき、耳ひっぱりを3分ほど実践すると、再び焦点が合うようになります。
 おかげで、メガネを使わずに済んでいます。そのほか、生理痛も改善し、お通じも快調。体が快適になると、いやなことがあっても落ち込む時間が激減するので、いつでもご機嫌な自分でいられるのです。

 このように、私自身が効果を確信しているので、教室でも耳ひっぱりは必ず行います。
「肩こりがなくなった」「片頭痛が起こらなくなった」「聞こえがよくなった」「よく見えるから老眼鏡を忘れてしまう」
 このような喜びの報告は、挙げればきりがありません。

 耳ひっぱりは、体調だけでなく、精神面の不調にも効果があります。かつて震災に遭い、家に被害を受けてしまったというかたが参加されました。
 ショックもあり、最初は心身ともに疲れておられましたが、耳ひっぱりをはじめとするヨガを実践された後、「家を片づける気力がわいてきました」「前向きな気持ちになりました」と言ってくれたのです。表情も以前よりスッキリ明るくなっていました。

集中力が高まり仕事や勉強もはかどる

「集中力が高まった」「勉強がはかどる」といった声もよく聞きます。

 では、耳ひっぱりはなぜこれほど心身を健康にするのでしょうか。まず挙げられるのが、脳の緊張をゆるめる効果です。
 わかりやすい例では、耳ひっぱりを行うと、あくびが止まらなくなることがよくあります。あくびは、ガチガチの脳がほぐれる過程で出るもの。眠気とは少し違い、あくびをするたび頭がスッキリしていきます。
 脳の緊張は、私たちが思う以上に心身に悪影響を及ぼしています。例えば、痛みは脳で感じるものですが、脳が緊張していると、痛みがより強く感じられるのです。

 逆に、脳がゆるむと痛みは軽く感じられるようになります。耳ひっぱりで腰痛やひざ痛などが改善したという声を聞くことがありますが、脳がリラックスしたからといえるでしょう。
 また、頭の緊張が取れると、血の巡りもよくなります。すると酸素と栄養、水分が豊富に行き渡るようになるので、脳の働きがよくなります。

 耳に近い目の血流もよくなるので、ドライアイや老眼なども改善に向かいます。全身の血行もよくなるので、体温が上がり、免疫力(病気に抵抗する力)も活性化します。

 そして、耳ひっぱりの効果を最大に得るために重要なのが、深い呼吸です。
 現代人は呼吸が浅い人が増えています。ですから、とにかくしっかり息を吐くことを意識してください。すると、自然に呼吸は深くなります。

 脳の緊張が強い人は、耳を少しひっぱっただけで強い痛みが走るでしょう。その場合は、痛気持ちいい強さで、少しずつ耳をほぐしていきましょう。

 耳ひっぱりは1日何回行っても大丈夫です。朝行えば、体が目覚めてやる気がみなぎるし、日中なら頭がスッキリします。夜行えば、ぐっすり眠るのに役立ちます。

 しかも、これだけの効果があって、いつでもどこでも無料でできるのです。ぜひ、日々の習慣になさってください。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【浅田真央・石川佳純】アスリートとして大切にしたい「睡眠の質」

【浅田真央・石川佳純】アスリートとして大切にしたい「睡眠の質」

寝具メーカーのエアウィーヴが新作発表会を開催し、浅田真央さん(フィギュアスケート)・石川佳純さん(卓球)がゲストとして登場。今月25日に28歳の誕生日を迎える浅田真央さんは和装、石川佳純さんは洋装で登場した。二人のアスリートが大切にしているのは食べること、そして「睡眠」なのだという。【取材】ケンカツ!編集部


「呼吸」で簡単に内臓マッサージ!体内のゴミ「エントロピー」を排出する効果

「呼吸」で簡単に内臓マッサージ!体内のゴミ「エントロピー」を排出する効果

皆さんは、1日のうちに私たちが何回呼吸しているかご存じでしょうか。1日、およそ2万回になります。ふだんは無意識に行っているこの2万回の呼吸のうち、例えば、100回をちょっと意識して行うだけで、体が変わってきます。【解説】帯津良一(帯津三敬病院名誉院長)


イライラ・肩こり 体の不調は頭皮に表れる!症状別「頭のもみほぐし方」

イライラ・肩こり 体の不調は頭皮に表れる!症状別「頭のもみほぐし方」

毎日頭のもみほぐしを行うことで、「今日は疲れてるな」と自分の状態に気づきやすくなります。頭のもみほぐしでは、呼吸が非常にたいせつです。ほぐしながら息を吸ったり、吐いたり、深呼吸したりして、ゆったりリラックスしながら行ってください。【解説】山本わか(田園調布長田整形外科頭皮セラピスト)


頭皮の状態はゆるゆる? カチカチ? ほぐして脳疲労を取る「頭皮セラピー」とは

頭皮の状態はゆるゆる? カチカチ? ほぐして脳疲労を取る「頭皮セラピー」とは

ストレスがたまったり、体調を崩したりすると、頭は体からのサインを受け取れなくなります。また、肉体周囲からの情報も受け取れなくなります。すると、頭皮がむくんでブヨブヨになったり、過緊張による血行不良でカチカチになったり、頭に状態が現れるようになるのです。【解説】長田夏哉(田園調布長田整形外科院長)


薬の副作用による頭痛と吐き気が止まった!私の「爪もみ」体調管理術

薬の副作用による頭痛と吐き気が止まった!私の「爪もみ」体調管理術

42歳のときに受けた人間ドックで、糖尿病と診断されました。薬の副作用による不調や病気が次から次へと出てきて、20年以上もの間、苦しんできました。薬をやめて、爪もみを熱心に行ったおかげでしょう。ひどいめまいや頭痛、吐き気はピタリと止まり、バセドウ病の症状もよくなりました。【体験談】中村徹子(仮名・主婦・68歳)


最新の投稿


認知症患者に不足!脳の栄養素「レシチン」を含む食事と摂り方

認知症患者に不足!脳の栄養素「レシチン」を含む食事と摂り方

認知症の患者さんに圧倒的に足りないのが、レシチンという物質です。これは、大豆や卵などに多く含まれています。レシチンは脳にも全身にもきわめて重要で、生きるための必須物質です。そのため、「生命の基礎物質」とも呼ばれています。【解説】野本裕子(ナチュラルクリニック代々木院長)


耳詰まり・耳閉感が解消「耳の穴もみ」で耳に空気がスーッと通る!

耳詰まり・耳閉感が解消「耳の穴もみ」で耳に空気がスーッと通る!

耳鼻科で受けたのは、鼻と耳に管を入れてシュッと空気を通す治療でした。行うと、一時的に耳はスッキリしますが、すぐに戻ってしまいます。耳の穴もみは、耳閉感の予防にもなっているようです。耳の穴もみをやるようになってからは、耳が詰まることがなくなりました。【体験談】上田貴弘(颯鍼灸院院長・46歳)


【舌の位置】舌先が前歯につく人は注意 「口呼吸」が招く負のスパイラルとは

【舌の位置】舌先が前歯につく人は注意 「口呼吸」が招く負のスパイラルとは

上咽頭の炎症が慢性化すると、自律神経のバランスがくずれ、血流障害が起こったり、血圧が上がったりします。口呼吸の人は、まず、口を閉じて食べ物をよくかむことを心がけましょう。口周りの筋肉やあごが鍛えられ、口呼吸のクセを直すトレーニングになります。【解説】堀田修(堀田修クリニック(HOC)院長)


ウマ酸っぱさが効く! 最強の常備菜「酢大豆」美味レシピ

ウマ酸っぱさが効く! 最強の常備菜「酢大豆」美味レシピ

健康管理に大活躍すること間違いなしの常備菜が「酢大豆」です。作り方が簡単なうえ、長期間、作りおきできるのでとても便利。そのまま食べてももちろんおいしいのですが、料理に応用すればワンランクアップした味わいになります。【料理・スタイリング】結城寿美江(料理研究家)【栄養計算】金子奈穂美(管理栄養士)


レモン酢を試したら、慢性腎炎によるだるさやむくみが解消した!

レモン酢を試したら、慢性腎炎によるだるさやむくみが解消した!

慢性腎炎には治療法がありません。塩分とたんぱく質を制限し、血圧を上げないように気をつけるだけです。腎機能が低下していると、ふだんから体がむくみやすく、とてもだるくなります。レモン酢を飲むようになって1週間くらいしてから、あまり体のだるさを感じなくなってきました。【体験談】星野久美子(仮名・主婦・71歳)