乱視・不眠・片頭痛が改善!脳の緊張を緩める「耳ひっぱり」のやり方

乱視・不眠・片頭痛が改善!脳の緊張を緩める「耳ひっぱり」のやり方

生徒さんたちに大好評なのが、今回、ご紹介する「耳ひっぱり」です。耳ひっぱりの正式な名称は「ファイヤー」といいます。これは行うと、体が「カーッ」と燃えるように熱くなることから名づけられました。この名前からして、すごく体にいい気がしませんか?【解説】薄久美子(ハーモニースペースdeヨガ主宰 ヨガインストラクター)


耳ひっぱりのやり方

「耳ひっぱり」の解説はこちら

解説者のプロフィール

薄久美子
ビジョンヨガインストラクター。ヨガ教室「♪ハーモニースペースdeヨガ♪」主宰。2005年7月に教室をスタートするとともに、独自のイベントを次々に企画。なかでも音楽とヨガのコラボレーション「ピアノdeヨガ」など、音楽講師の経験を生かした心と体の調和を取るヨガが支持されている。現在は東京・大阪を中心に雑誌、メディアなどでも活躍。企業や団体、学校などへの出張ヨガも行っている。著書に『いたきもヨガダイエット』(KKベストセラーズ)、『耳ひっぱりで体が変わる!』(実業之日本社)がある。
●♪ハーモニースペースdeヨガ♪
http://harmonyspace.jp/index.html

耳ひっぱりの体験談

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


 沖縄の長寿者に聞いた健康の秘訣はトマト! 取り入れると頭痛やめまいが改善した

沖縄の長寿者に聞いた健康の秘訣はトマト! 取り入れると頭痛やめまいが改善した

なんとかして、頭痛やめまいを解消できないものかと考えていました。そんな私が試したのが、「トマトジュース」です。沖縄は特に女性が長寿です。知り合いの94歳のおばあちゃんが、長寿の秘訣として勧めてくれたのがトマトでした。できるだけたくさんとるのが、健康長寿に役立つというのです。【体験談】城田玉枝(仮名・主婦・67歳)


ぐっすり快眠体質に! 睡眠専門医が勧める温冷交互の“足だけ”シャワーのやり方

ぐっすり快眠体質に! 睡眠専門医が勧める温冷交互の“足だけ”シャワーのやり方

温かいお湯をかけたあとに冷たい水をかけることで、血管が刺激を受けて拡張し、全身の血流がよくなります。入浴後の深部体温も下がりやすくなるのです。さらに、全身の諸機能をつかさどる自律神経のうち、副交感神経が優位な状態になります。体がリラックスするため、より眠りにつきやすくなるでしょう。【解説】坪田聡(雨晴クリニック副院長)


猫背矯正に始めた「足の指回し」 ひどい肩こりが解消し顔の輪郭までシャープに!

猫背矯正に始めた「足の指回し」 ひどい肩こりが解消し顔の輪郭までシャープに!

足の指回しを始めて半年が経ったころ、「そういえば最近、肩をもんでもらっていないな」と気づきました。あんなにつらかった肩こりが、まるでウソのように消えました。「やせた?」と聞かれることも多いのですが、姿勢がよくなり、余分なぜい肉が取れて体が引き締まったので、やせて見えるのでしょう。【体験談】岡本幸恵(仮名・主婦・45歳)


【目が疲れる・かすむ】目の症状の特効ツボ「養老」はココ!

【目が疲れる・かすむ】目の症状の特効ツボ「養老」はココ!

目の疲れや見えにくさ、かすみ目など、目の症状を感じているかたは多いのではないでしょうか。そんなかたにお勧めしたいのが、手首にある「養老」というツボです。養老は、目の疲れ、痛み、ショボつき、かすみ目、ドライアイ、近視や老眼と、幅広い症状に効果があります。【解説】深町公美子(A-ha治療室代表)


内臓下垂をマッサージで解消 おなかをタオルでほぐす「へそ按腹法」のやり方

内臓下垂をマッサージで解消 おなかをタオルでほぐす「へそ按腹法」のやり方

内臓が下垂すると、下がった内臓に引っ張られて姿勢が悪くなり下腹もポッコリ出ます。内臓の機能が著しく低下し万病のもとになります。私は、おなかにこそ、病気の根っこがあると考えています。誰でも、簡単に、効果的にセルフケアができるよう確立したのが、今回ご紹介する「おなかこすり」です。【解説】杉山平熙(すぎやま按腹鍼灸院院長)


最新の投稿


「キュウリ食べるだけダイエット」基本のやり方・効果を高める食べ方

「キュウリ食べるだけダイエット」基本のやり方・効果を高める食べ方

日本の食卓によく並ぶキュウリ。「世界一カロリーが低い野菜」としてギネスブックにも認定されています。そんな低カロリーの中にも、キュウリにはうれしい健康効果が多数秘められているのをご存じでしょうか。実は最近、キュウリには、ホスホリパーゼという脂肪分解酵素が含まれていることが発見されました。【解説】工藤孝文(工藤内科副院長)


【乾布摩擦の効果とやり方】免疫力アップでインフルエンザに負けない体に!

【乾布摩擦の効果とやり方】免疫力アップでインフルエンザに負けない体に!

インフルエンザの発症・重症化を防ぐのは、体に備わる免疫力です。全身に乾布摩擦をするのはめんどうですが、体幹部だけなら、着替えのついでに簡単に行えます。肌がほんのりと赤みを帯びるまで、優しくこすればじゅうぶんです。【解説】渡邉真弓(医学博士・鍼灸マッサージ師)


 誰が見てもわかるほど! 2週間で下腹‐8センチの私が試したダイエット方法

誰が見てもわかるほど! 2週間で下腹‐8センチの私が試したダイエット方法

下腹ぺたんこポーズを始め、5日目ぐらいから、後傾していた骨盤がまっすぐ起きてきた感覚がありました。それとともに、以前のように歩いていてもスカートがクルクルと回らなくなったのです。股関節の痛みもほとんど気にならなくなり、ヒップアップ効果もあったようです。【体験談】野中康子(仮名・自営業手伝い・54歳)


【寒天の使い方レシピ】少量でカロリーダウン! 痩せる激ウマ寒天料理10選

【寒天の使い方レシピ】少量でカロリーダウン! 痩せる激ウマ寒天料理10選

寒天を料理に使ったことはありますか? 少量を加えるだけで、手軽に食物繊維量をアップすることができ、しかもカロリーは大幅ダウン。腸内環境を良好に整え、便秘や肥満の解消、美肌づくり、高血圧や糖尿病といった生活習慣病の改善に、大いに役立ちます。【料理・栄養計算】村上祥子(福岡女子大学客員教授・管理栄養士)


【めまいと付き合うコツ】私は「内関」のツボ押しで対処できるようになった!

【めまいと付き合うコツ】私は「内関」のツボ押しで対処できるようになった!

私は、10年ほど前からめまいに悩まされていました。急に立ち上がったり、首を動かしたりして頭の位置が変わると、目の前が一瞬真っ暗になり、グワーッと奈落の底に落ちるような感覚になるのです。この10年続いためまいが、手首にあるツボ「内関」の指圧で、かなりらくになりました。【体験談】野田佳代子(会社員・43歳)