医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営

【医師の明快解説】緑内障の予防法、原因と症状、最新治療や手術を紹介

【医師の明快解説】緑内障の予防法、原因と症状、最新治療や手術を紹介

緑内障は、眼圧が影響する急性緑内障と、眼圧の影響が少ない慢性緑内障に分けられます。眼圧が正常な「正常眼圧緑内障」も、これに含まれます。一般的に多いのは慢性緑内障で、特に正常眼圧緑内障は日本人の緑内障の約7割を占めます。【解説】富所敦男(東中野とみどころ眼科院長)


解説者のプロフィール

富所敦男
東中野とみどころ眼科院長。
1989年新潟大学医学部を卒業し、東京大学医学部眼科学教室入局。
東京大学医学部眼科講師を経て2011年から現職に。
日本緑内障学会評議員も務める。

●東中野とみどころ眼科
http://www.tomidokoroganka.net/

緑内障は必要以上に怖がることはない

 緑内障は怖い病気──。そう思っている人が、多いのではないでしょうか。おそらく、緑内障=失明、というイメージが強いからでしょう。

 確かに、日本人の中途失明の原因・第1位は緑内障です。しかし、早期に発見して、適切な治療を受ければ、緑内障と診断されても、ほとんどの人が失明を免れます。ですから、必要以上に怖がることはありません。

 緑内障をひと言で言うと、視神経が障害されて、視覚に異常をきたす病気です。
 視神経は、目と脳をつないでいる神経です。外から入った光は網膜の上に像を結び、電気信号に変わります。この電気信号が視神経を通って脳に伝わり、初めて物が見えるのです。
 視神経は100万本の神経線維の束です。これが障害されると徐々に視神経が減っていき、減った部分が見えづらくなってきます。
 その結果、視野の一部が欠けたり、視野が狭くなったり、視力が低下するなどの症状が出てきます。

 なぜ、視神経が障害されてしまうのか、その原因は不明です。しかし原因の一つとして考えられているのが、眼圧です。
 眼圧は、目の中(眼球)の圧力のことです。目の中では常に一定量の水(房水)が作られ、隅角という出口から流出しています。
 房水が作られる量と出て行く量が同じなら、眼圧は一定に保たれています。ところが、作られる量が増えているのに、出て行く量が減ると、眼圧が上がってしまいます。

 眼圧には、目を球形に保ったり、目の中の血流をスムーズにする働きがあります。したがって、一定以上は必要です(基準値は10〜21mmHg)が、これより高くなると、視神経が圧迫されて視野に障害が出てきます。
 しかし、眼圧が高くなくても起きる正常眼圧緑内障もあるので、眼圧以外にも原因があると考えられています。
 その原因として、「視神経が弱い」「血流が悪い」などが挙げられていますが、確かな証拠はありません。

 緑内障は、眼圧が影響する急性緑内障と、眼圧の影響が少ない慢性緑内障に分けられます。
・急性緑内障(閉塞隅角緑内障)
 房水の出口である隅角が閉塞し、急激に眼圧が上がってしまうものです。目の痛み、頭痛、吐き気などの急性緑内障発作を起こすことがあり、治療が遅れると失明することがあります。
・慢性緑内障(開放隅角緑内障)
 隅角は開いているのに、房水の流れが悪くなって眼圧が上昇するものです。眼圧の上昇は軽度で、進行もゆるやかで、徐々に視神経が障害されていきます。眼圧が正常な「正常眼圧緑内障」も、これに含まれます。

患者の7割は眼圧が正常な緑内障

 緑内障で一般的に多いのは、慢性緑内障で、特に、正常眼圧緑内障は日本人の緑内障の約7割を占めます。

 慢性緑内障は、症状がかなり進行しないとほとんど自覚症状がありません。したがって緑内障を早期に発見するには、定期的な検査が必要なのです。
 検査は、眼圧検査に加えて、眼底検査、視野検査を行います。最近は三次元画像解析装置(OCTなど)が導入され、視神経乳頭のわずかな陥凹や網膜の状態がわかるようになり、ごく初期の緑内障でも診断できるようになりました。

 治療は、慢性緑内障の場合、眼圧を下げる治療が中心です。たとえ眼圧が正常でも、眼圧を下げると、視神経が減りにくくなるからです。
 基本は、薬(点眼や内服)による治療です。それでも十分下がらなかったり、視野障害が進行するような場合は、レーザー治療で隅角の目詰まりを防ぐか、手術で房水の新しい出口を作って、房水の排出を改善して眼圧を下げます。

 急性緑内障は、急激な眼圧の上昇を防ぐことが大事です。そのために、レーザーで光彩を切って隅角を広げるレーザー光彩切開術を行います。
 また白内障の患者さんは、白内障の手術を受けると、急性緑内障を予防できます。手術で交換するレンズは水晶体より薄いため、隅角が開いて房水が流れやすくなるからです。一度手術をすると、一生、急性発作を予防できます。

 こうして治療を受けても、減った視神経は元に戻りません。治療を続けて、これ以上、視神経を減らさないようにすることが大事です。
 緑内障は、40歳以上の20人に1人がかかっているといわれるほど頻度の高い病気です。早期発見が大事なので、40歳を過ぎたら、一度は検査を受けてください。それで異常がなければ、あとは数年に一度の検査でも大丈夫です。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連するキーワード


老眼 視力 緑内障

関連する投稿


耳の穴もみで股関節痛が軽減!ズレが治って左右の足の長さが揃った

耳の穴もみで股関節痛が軽減!ズレが治って左右の足の長さが揃った

耳の穴をもんでもらったら、ぼんやりとした塊だった物が、文字として鮮明に見えたのです。ビックリしました。もっと驚いたのは、短かった左足が伸び、両足の長さがそろったことです。足の長さがそろうと、体への負担が違います。肩や首の疲れ、股関節痛、腰痛が軽くなってきました。【体験談】奥村眞理子(自営業・53歳)


視力がその場でアップする!「耳の穴」をもむと様々な不調が改善

視力がその場でアップする!「耳の穴」をもむと様々な不調が改善

「耳の穴もみ」を行うとその場で、視力の改善を実感する人も少なくありません。視力改善効果は一時的なもので、時間が経つと元に戻ってしまいます。しかし、毎日行うことで、上がった視力が定着することも期待できます。【解説】松岡佳余子(アジアンハンドセラピー協会理事・鍼灸師)


治療しても進行する【緑内障】眼圧以外の原因とその対策

治療しても進行する【緑内障】眼圧以外の原因とその対策

緑内障は、目と脳をつないでいる視神経が障害され、視野が少しずつ狭くなっていく病気です。日本では、中途失明の第1位はこの緑内障です。緑内障の主な原因は、高い眼圧(眼球内の圧力)であることがわかっています。【解説】中澤徹(東北大学大学院医学系研究科 神経・感覚器病態学講座 眼科学分野 教授)


【眼科医推奨】正常眼圧緑内障の予防に「腕ふり」が有効!無の心境で行うとよい

【眼科医推奨】正常眼圧緑内障の予防に「腕ふり」が有効!無の心境で行うとよい

腕ふりはどんな目の症状にも効きますが、とりわけお勧めしたいのは原因のわからない目の不調です。最近「神経眼科」というジャンルがありますが、自律神経が乱れていたり、精神的に疲れていたりすると、それが目に影響して、さまざまな症状が出てきます。【解説】本部千博(ほんべ眼科院長)


緑内障を改善する後頭部のツボを発見!「脳点こすり」のやり方

緑内障を改善する後頭部のツボを発見!「脳点こすり」のやり方

私の治療院では、後頭部にある目のツボ「脳点」を治療することで、緑内障の予防、改善に大きな効果を上げています。脳点は私が発見した新しいツボです。発見のきっかけは、患者さんの後頭部の「こり」と「横ジワ」でした。【解説】内田輝和(鍼メディカルうちだ院長)


最新の投稿


【レモン酢が効果】生活改善だけでは下がらなかった血糖値が正常化!7kgやせた

【レモン酢が効果】生活改善だけでは下がらなかった血糖値が正常化!7kgやせた

がんばって生活を改善しても、3ヵ月後の検査では、思うように糖尿病の数値が改善されておらず、がっかりしてしまいました。おいしくレモン酢を飲み続けていたところ、少しずつ血糖値が下がっていきました。そして、1年が経過し受けた健康診断では、あらゆる数値が改善していたのです。【体験談】松本仁美(仮名・販売アルバイト・65歳)


こうじの発酵パワーで美肌になれる!痩せる!「こうじ薬膳レシピ」

こうじの発酵パワーで美肌になれる!痩せる!「こうじ薬膳レシピ」

こうじは、酵素の力で腸内環境を改善するほか、ビタミンB群が疲労回復、肌や髪の若返りの効果を発揮。肥満の解消、血圧や血糖値を下げる効果など、驚くべき発酵パワーを持つこうじを使った料理をお試しいただければ、その効能を実感できます!【料理・栄養計算】検見﨑聡美(管理栄養士・料理研究家)


ラジオを聞けば【認知症予防】になる!聞く力を鍛える「ながらラジオ」のススメ

ラジオを聞けば【認知症予防】になる!聞く力を鍛える「ながらラジオ」のススメ

脳は機能別に、聴覚、運動、伝達、感情、思考、視覚、理解、記憶の八つに大別できます。それを私は「脳番地」と呼んでいます。ラジオは注意を向けて聞こうとするだけで聴覚系脳番地が鍛えられます。それが楽しく聞けていれば理解系や記憶系の脳番地もいっしょに鍛えることができます。【解説】加藤俊徳(加藤プラチナクリニック院長)


むくみ・だるさに即効!エステのゴッドハンドのふくらはぎマッサージのやり方

むくみ・だるさに即効!エステのゴッドハンドのふくらはぎマッサージのやり方

まずは、リンパ管とリンパ節の「お掃除」から始めるのがポイントです。ふくらはぎをゆっくり押すことで、血液やリンパ液が一度止まり、ゆっくり離すことで、ドッと勢いよく流れ出します。その流れに乗せて、一気に老廃物を流し、リンパ管の詰まりを取るのが目的です。【解説】岩谷恭子(カスタリア代表・エステティシャン)


ぜい肉を落とすなら筋肉は鍛えず「緩める」といい!「足の指回し」の効果

ぜい肉を落とすなら筋肉は鍛えず「緩める」といい!「足の指回し」の効果

足の指のこわばりをほぐし、足裏の三つのアーチを使って立てるようになれば、「がんばるところ」と「使わないところ」がなくなります。全身がほどよく緩み、すべての筋肉を正しく使えるようになって、スリムで美しい体形に自然と変わっていくのです。【解説】YUKARI(品格ボディアドバイザー・足の指まわし協会代表)