MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営
【血糖値スパイクを防ぐ運動】食後の

【血糖値スパイクを防ぐ運動】食後の"つま先立ち"で血糖値の急上昇対策

近年、糖尿病研究の進展により患者さんにお勧めする運動療法の内容が変わりつつあります。その一つが「食後の運動法」です。お勧めは「つま先立ち」や「階段の上り下り」などの下半身強化の運動です。血糖値スパイクの予防にも有効です。【解説】泰江慎太郎(銀座泰江内科クリニック院長)

解説者のプロフィール

胃腸運動が緩やかになり糖の吸収速度が遅くなる

私は、糖尿病専門医として、日々、糖尿病の患者さんの治療に当たっています。
近年、糖尿病研究の進展により、患者さんにお勧めする運動療法の内容が変わりつつあります。

その一つが、食後の運動法です。
従来、糖尿病の患者さんは、食後1時間ほど経ってから運動するのがよいといわれてきました。

ところが、最近、食後5分以内に運動したほうがよいと判明したのです。
近年開発され、血糖値の計測に使われ始めた、新型の血糖測定器があります。

これは、二の腕につけたセンサーに計測器をかざすだけで、何度でも血糖値の計測ができる装置です。
この新しい計測器の登場により、血糖値の上下動が以前より正確に、克明に追跡できるようになりました。

その結果、食事を始めて15分経つと、早くも血糖値が上昇し始めることがわかりました。
つまり、これまでのように、食後1時間経ってから運動を始めたのでは、血糖値がかなり上昇してしまい、運動効果が得られないのです。

そして、運動を始めるのが食後すぐであればあるほど、血糖値の上昇が抑制されると判明しました。
この点からも、食後すぐの運動が、糖尿病の予防・改善に役立つといえるのです。

ちなみに、これまでは、食後すぐに運動をすると、おなかに集まるべき血液が筋肉で使われてしまうため、消化が悪くなるといわれてきました。
しかし、この点についても、考え直されています。

筋肉に血液が使われることで、血流が悪くなった胃腸の運動は、緩やかになります。
つまり、糖の吸収速度が遅くなり、血糖値上昇が抑制されると考えるようになったのです。

短い運動をこまめに行うほうが血糖値は下がる!

では、食後すぐの運動には、何をすればいいのでしょうか。
私が糖尿病の患者さんたちにお勧めしているのが、「つま先立ち」や「階段の上り下り」などの、下半身強化の運動です。

つま先立ちは、ふくらはぎの筋肉(下腿三頭筋)を、階段の上り下りは、太ももの筋肉(大腿四頭筋など)を主に使います。
これらは、非常に大きな筋肉です。

こうした大きな筋肉を使うことが、血糖値の降下に、大いに役立ちます。
また、上半身の重みを使って筋肉を刺激する点も、筋肉への糖の吸収が促されるので有効です。

特につま先立ちの動作は、下腿三頭筋を集中的に使います。
一つの筋肉に特化した運動を行うほうが、多数の筋肉に分散して行う運動よりも、高い効果がもたらされると考えられます。

つま先立ちは、食後5分以内に、30回を目安に行いましょう。
もしも余裕があるなら、続けてさらにもう1セット行うか、食後以外のときにも行うといいでしょう。

このように、長めの運動を1日1回行うよりも、短めの運動をこまめにくり返すほうがよいというのが、糖尿病における最先端の運動療法です。
例えば、ウォーキングなら、45分間歩くのを1日1回行うよりも、15分間歩くのを3回に分けて行ったほうが血糖値が下がる、というデータが報告されています。

また、朝食後に1回30分の運動を行う場合と、1回100秒の運動を1日18回(運動にかける総時間は同じ)くり返した場合では、1日18回のほうが、血糖値を下げることもわかっています。

ですから、つま先立ちも、1セット30回を目安に、なるべく多く行いましょう。
こうした運動療法は、続けることが肝心です。
無理なくできる範囲でかまわないので、毎日行ってください。

「血糖値スパイク」という言葉を耳にしたことがあるかもしれません。
血糖値スパイクとは、食後の短時間に血糖値が乱高下する症状です。
健康診断などでは、こうした血糖値の乱れは発見できないため、体の異変になかなか気づきません。

しかし、血糖値スパイクをくり返していると、しだいに血管を傷つけていきます。
放置すれば、動脈硬化が進行し、糖尿病になるリスクが高まるだけではなく、脳梗塞や心筋梗塞といった、さまざまな重大な疾患へとつながるのです。

この予防のためにも、今回ご紹介した、食後すぐのつま先立ち運動は、非常に有効です。
さらに血糖値だけではなく、中性脂肪値の低下も期待できるでしょう。

つま先立ちは、場所と時間を選ばず、手軽に行える運動です。
ぜひ皆さんも、毎日の習慣に取り入れてください。

食後すぐのつま先立ちが効く

この記事のエディター

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連記事
体重100kgの人なら3kg、80kgの人なら2.5kg程度の減量で、条件付きですが糖尿病の改善は可能です。体重が3%減少すると、ヘモグロビンA1cが3%程度下がることがわかったからです。例えば、ヘモグロビンA1cが9%の人なら、だいたい6%程度まで下がります。【解説】吉田俊秀(島原病院 肥満・糖尿病センター長)
こうして手のひらを押していたところ、なんと今年3月の人間ドックではヘモグロビンA1cが6.3%と正常値にまで低下したのです。これで安心したのですが、私の母にはもっと凄い効果が表れました。インスリン注射を1日1回に減らせました。注射は体に大きな負担があるらしく、これには母も大喜びでした【体験談】小池幸子(会社員・56歳)
主人の血糖値ですが、酢タマネギを食べ始めてわずか2ヵ月ほどで100mg/dlまで下がりました。服薬を続けても下がらなかったのに、酢タマネギを食べ始めてすぐに改善したことには驚きました。血圧も下がり、以前は降圧剤を飲んで最大血圧が200mmHgだったのが、今は130mmHg程度です。【体験談】伊林好子(主婦・76歳)
マグネシウムは体内では合成できないため、必ず食品から摂取しなければいけない「必須ミネラル」の1つです。現代の日本人の食生活は、カロリーは満たされていても、マグネシウムが足りない『新型栄養失調』状態にあるのです。その結果、糖尿病や脂質異常症、肥満をきたしやすくなるのです。【解説】横田邦信(東京慈恵会医科大学客員教授)
認知症というと高齢者の病気、と考える人も多いでしょう。近年、認知症は「脳の糖尿病」で生活習慣の改善で予防できることがわかりました。認知症は20~30代の頃の生活習慣、特に食習慣の結果でもあります。ですから早めに対処することが認知症予防には欠かせません。【解説】熊谷賴佳(脳神経外科専門医・認知症サポート医・京浜病院院長)
最新記事
まずチェック項目で自分の足の指がどんな状態かチェックしてみましょう。はだしになって、自分の足の指をよーく見てください。足の指をチェックして気になる項目があっても、あきらめることはありません。「きくち体操」でこれから足の指を育てていけばよいのです。【解説】菊池和子(「きくち体操」創始者】
私は、60歳の今も左右の視力は1・0を保っています。これまでメガネの世話になったこともありません。老眼知らずの状態をキープしている秘密は、私が毎日行っているトレーニング「目のスクワット」にあるのです。毛様体筋をほぐす効果があります。【解説】本部千博(ほんべ眼科院長)
体重100kgの人なら3kg、80kgの人なら2.5kg程度の減量で、条件付きですが糖尿病の改善は可能です。体重が3%減少すると、ヘモグロビンA1cが3%程度下がることがわかったからです。例えば、ヘモグロビンA1cが9%の人なら、だいたい6%程度まで下がります。【解説】吉田俊秀(島原病院 肥満・糖尿病センター長)
これまで、入院患者さん向けの、いわゆる「リハビリ体操」はありましたが、外来の患者さんが希望するような体操はありませんでした。そこで私たちは、血圧を上げる要因である、末梢の「血管抵抗」を減らす筋トレを考案することにしました。【解説】金子操(自治医科大学附属病院リハビリテーションセンター室長・理学療法士)
1日の疲れを取るには、就寝時間や睡眠時間ではなく、「眠りに就いて4時間以内に、深睡眠を取ること」がたいせつなのです。しかし現代人の多くは、深夜にテレビやスマホを見たり、ストレスで体の緊張が取れなかったりして、本来の睡眠リズムが狂い、深睡眠を取りづらくなっています。【解説】白濱龍太郎(睡眠専門医)