MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営
【体験談】ホルモンバランスを整える方法 乱れは

【体験談】ホルモンバランスを整える方法 乱れは "耳たぶ" に出る

若い頃は虚弱体質で、いつも疲れていました。ヨガの薄久美子先生に出会ったのは、46歳のときです。薄先生の教室をインターネットで見つけて、参加したのがきっかけでした。教わったヨガの中でも、特に私が気に入ったのが「耳ひっぱり」です。最初にやったときから、これはいいと思いました。【体験談】石田久美子(主婦・53歳)

今のほうが若い頃よりも元気

 一般的に、50代は更年期で、体調をくずしがちな年代といわれています。ですが私は、元気いっぱいに過ごしています。

 でも実は、若い頃は虚弱体質で、いつも疲れていました。
 特につらかったのは、生理です。20代の頃からひどい生理不順で、月に1回あるべき生理が、年に5~6回しかないのです。
 しかも、多量に出血したり、だらだらと長期間続いたり。ホルモンバランスが悪いためか、体はだるく、当時はしょっちゅう横になって休んでいました。

 体調が悪いのが常だったので、私は健康に関する情報への興味が強くなりました。

 ヨガの薄久美子先生に出会ったのは、46歳のときです。薄先生の教室をインターネットで見つけて、参加したのがきっかけでした。

 教わったヨガの中でも、特に私が気に入ったのが「耳ひっぱり」です。最初にやったときから、これはいいと思いました。

 呼吸に合わせて耳をグーッとひっぱるのですが、頭がゆるんでいくのがわかります。
 緊張からリラックスモードへとスイッチが切り替わるような感覚で、とても心地いいと思ったのです。

 また、耳の周囲だけでなく、手もポカポカしてきます。冷え症にもよさそうと感じました。

集中力を高める効果からリラックスまで自由自在

 以来、私はひんぱんに耳たぶを触るようになりました。耳たぶを触った感触が硬いときは、頭が緊張しているサインです。そんなときは、すぐに耳をひっぱります。

 こうして耳ひっぱりが習慣になってくると、耳ひっぱりの効果の違いなどがわかってくるようになりました。
 例えば、「今から頑張ろう」という場面で耳ひっぱりを行うと、頭の中がスッキリさえて、集中することができます。

 反対に、頭がさえすぎて眠れないときに耳ひっぱりを行うと、いつの間にか眠っています。
 また、人前で話す直前など緊張しているときに行うと、気持ちを落ち着かせてくれます。
 このように、状況に応じて必要な効果が得られるのです。

毎日行うことで体調の変化を感じとれる

 こうして日々、耳ひっぱりを行ったおかげか、老眼の進行がゆるやかな気がします。私は視力がいいので、老眼が早く来るのではと、覚悟していました。実際、周囲の目がいい人は、40代から老眼になっていました。

 しかし、私は50歳になった頃に、小さい字が少し見えづらくなった程度。いまだに読書は老眼鏡いらずです。
 そして、それ以上に驚いたのが、51歳から生理が規則正しく来るようになったことです。50歳前後は、一般的には生理が不規則になり閉経する年代だと思うと、これはすごいことだと思います。

 また、女性ホルモンのバランスも整ったのでしょう。おかげさまで更年期障害らしい症状は出ていません。これなら、更年期も恐れず過ごせます。

 耳ひっぱりを毎日行うと、一部だけ硬かったり、なかなかほぐれなかったりなど、耳たぶの状態がその日によって違うことがわかります。

 それによって、自分の体がどれだけ疲れているかを把握できるので、お風呂にゆっくり入ったり、早めに寝るなど、自然に体をケアすることができます。その積み重ねで私は健康になれたのではないでしょうか。

 ありがたいことに私は見た目も若いそうで、「40代?」と言われます。これも日ごろからケアしているからこそ。

 これからも耳ひっぱりを、体調管理に役立てたいと思います。

ホルモンバランスが整った(ハーモニースペースdeヨガ主宰 薄久美子)

 石田さんは耳ひっぱりをはじめとするヨガを完全に生活の一部にされ、ご自身の心身を熟知されています。年々、若々しく元気になられているのは耳の状態を触って確かめ、セルフケアのヒントとしていることが功を奏しているのでしょう。耳ひっぱりを続けると、自律神経のバランスが整います。するとホルモンバランスも整うので、更年期を迎えてもはつらつと快適でいられるのだろうと思います。

この記事のエディター

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連記事
家でも、パソコンゲームをするときは「あご上げ」をすることを山本先生と約束しました。こうして「あご上げ」をやり続けたのです。すると、中学1年生のときの視力検査で、「メガネを持ってきてください」と言われた息子が、中学2年生以降は「見えていますね」と言われるようになりました。【体験談】里田敏代(仮名・主婦・47歳)
更新: 2019-03-31 18:00:00
効果を感じたのは半月後です。前はパソコン画面にくっつくくらい顔を近づけていましたがそれもなくなり、細かい字が見やすくなりました。最近では「目がくっきりして印象がよくなった」と知人からも言われました。鏡で確認すると、確かにまぶたが持ち上がり黒目がよく見えるようになっていました。【解説】麻生悟(仮名・会社員・52歳)
更新: 2019-03-30 18:00:00
眼球は表にむき出しになった器官です。その裏側の見えない部分は首の後ろの筋肉とつながっています。目のピントを合わせるには、毛様体筋だけでなく、それにつながる首の筋肉が十分動く必要があるのです。さらに首の筋肉は肩や背中に、背中の筋肉も股関節や足の筋肉など、下半身とも連動しているのです。【解説】山本卓弥(視力回復研究所代表)
更新: 2019-04-05 10:17:14
目の疲れや見えにくさ、かすみ目など、目の症状を感じているかたは多いのではないでしょうか。そんなかたにお勧めしたいのが、手首にある「養老」というツボです。養老は、目の疲れ、痛み、ショボつき、かすみ目、ドライアイ、近視や老眼と、幅広い症状に効果があります。【解説】深町公美子(A-ha治療室代表)
更新: 2018-10-30 18:00:00
近年、患者数が増加している加齢黄斑変性は、年を取ると誰にでも起こる可能性のある目の疾患です。進行すると失明率が高く一般的な目の老化とは深刻度が大きく異なります。障子のマス目がゆがんで見える、ぼやけて見える、欠けて見えるといった症状が一つでもある場合に発症が疑われます。【解説】清澤源弘(清澤眼科医院院長)
更新: 2018-09-09 18:00:00
最新記事
見たいものにピントを合わせる「目の調節力」は25歳を過ぎる頃からどんどん低下し、30代後半から近くが見えづらくなる老眼になってきます。目の疲れや調節力の低下を改善するためにお勧めなのが、目の周囲を温める「温熱療法」です。私は、温熱療法の効果を多くの実験で確認しています。【解説】高橋洋子(みたにアイクリニック院長)
更新: 2019-05-21 18:00:00
これまで、入院患者さん向けの、いわゆる「リハビリ体操」はありましたが、外来の患者さんが希望するような体操はありませんでした。そこで私たちは、血圧を上げる要因である、末梢の「血管抵抗」を減らす筋トレを考案することにしました。【解説】金子操(自治医科大学附属病院リハビリテーションセンター室長・理学療法士)
更新: 2019-05-21 17:53:18
「脊柱管狭窄症」「椎間板ヘルニア」などの改善のために行われる従来の脊椎手術は体への負担が大きく、後遺症が生じることもあります。そうした中、後遺症をほとんど残さない、新たな手術法が注目されています。【解説】白石健(東京歯科大学市川総合病院整形外科教授)【取材】山本太郎(医療ジャーナリスト)
更新: 2019-05-20 18:00:00
頭痛、肩こり、腰痛、生理痛、耳鳴り、めまい、うつ、眼瞼けいれん、味覚障害、高血圧、逆流性食道炎──。一見、脈絡なく感じられるこれらの症状は、実は「食いしばり」が元凶となって起こっているという共通点があります。患者さんたちに、私は「10秒、口を開けるくせをつけてください」とアドバイスをしています。【解説】吉野敏明(誠敬会クリニック銀座院長)
更新: 2019-05-19 18:00:00
慢性的なひざ痛の原因はさまざまですが、なかなか完治しにくい上、少し無理をすると痛みがぶり返すので、かなり厄介です。今回ご紹介する「ひざと足の裏の温冷・温温湿布」は、慢性的なひざ痛に対して、自宅で簡単に痛みを解消することができる方法です。【解説】岡田明三(神宮前鍼療所院長)
更新: 2019-05-18 18:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt