【体験談】ホルモンバランスを整える方法 乱れは "耳たぶ" に出る 更年期障害も改善

【体験談】ホルモンバランスを整える方法 乱れは "耳たぶ" に出る 更年期障害も改善

若い頃は虚弱体質で、いつも疲れていました。ヨガの薄久美子先生に出会ったのは、46歳のときです。薄先生の教室をインターネットで見つけて、参加したのがきっかけでした。教わったヨガの中でも、特に私が気に入ったのが「耳ひっぱり」です。最初にやったときから、これはいいと思いました。【体験談】石田久美子(主婦・53歳)


今のほうが若い頃よりも元気

 一般的に、50代は更年期で、体調をくずしがちな年代といわれています。ですが私は、元気いっぱいに過ごしています。

 でも実は、若い頃は虚弱体質で、いつも疲れていました。
 特につらかったのは、生理です。20代の頃からひどい生理不順で、月に1回あるべき生理が、年に5~6回しかないのです。
 しかも、多量に出血したり、だらだらと長期間続いたり。ホルモンバランスが悪いためか、体はだるく、当時はしょっちゅう横になって休んでいました。

 体調が悪いのが常だったので、私は健康に関する情報への興味が強くなりました。

 ヨガの薄久美子先生に出会ったのは、46歳のときです。薄先生の教室をインターネットで見つけて、参加したのがきっかけでした。

 教わったヨガの中でも、特に私が気に入ったのが「耳ひっぱり」です。最初にやったときから、これはいいと思いました。

 呼吸に合わせて耳をグーッとひっぱるのですが、頭がゆるんでいくのがわかります。
 緊張からリラックスモードへとスイッチが切り替わるような感覚で、とても心地いいと思ったのです。

 また、耳の周囲だけでなく、手もポカポカしてきます。冷え症にもよさそうと感じました。

集中力を高める効果からリラックスまで自由自在

 以来、私はひんぱんに耳たぶを触るようになりました。耳たぶを触った感触が硬いときは、頭が緊張しているサインです。そんなときは、すぐに耳をひっぱります。

 こうして耳ひっぱりが習慣になってくると、耳ひっぱりの効果の違いなどがわかってくるようになりました。
 例えば、「今から頑張ろう」という場面で耳ひっぱりを行うと、頭の中がスッキリさえて、集中することができます。

 反対に、頭がさえすぎて眠れないときに耳ひっぱりを行うと、いつの間にか眠っています。
 また、人前で話す直前など緊張しているときに行うと、気持ちを落ち着かせてくれます。
 このように、状況に応じて必要な効果が得られるのです。

毎日行うことで体調の変化を感じとれる

 こうして日々、耳ひっぱりを行ったおかげか、老眼の進行がゆるやかな気がします。私は視力がいいので、老眼が早く来るのではと、覚悟していました。実際、周囲の目がいい人は、40代から老眼になっていました。

 しかし、私は50歳になった頃に、小さい字が少し見えづらくなった程度。いまだに読書は老眼鏡いらずです。
 そして、それ以上に驚いたのが、51歳から生理が規則正しく来るようになったことです。50歳前後は、一般的には生理が不規則になり閉経する年代だと思うと、これはすごいことだと思います。

 また、女性ホルモンのバランスも整ったのでしょう。おかげさまで更年期障害らしい症状は出ていません。これなら、更年期も恐れず過ごせます。

 耳ひっぱりを毎日行うと、一部だけ硬かったり、なかなかほぐれなかったりなど、耳たぶの状態がその日によって違うことがわかります。

 それによって、自分の体がどれだけ疲れているかを把握できるので、お風呂にゆっくり入ったり、早めに寝るなど、自然に体をケアすることができます。その積み重ねで私は健康になれたのではないでしょうか。

 ありがたいことに私は見た目も若いそうで、「40代?」と言われます。これも日ごろからケアしているからこそ。

 これからも耳ひっぱりを、体調管理に役立てたいと思います。

ホルモンバランスが整った(ハーモニースペースdeヨガ主宰 薄久美子)

 石田さんは耳ひっぱりをはじめとするヨガを完全に生活の一部にされ、ご自身の心身を熟知されています。年々、若々しく元気になられているのは耳の状態を触って確かめ、セルフケアのヒントとしていることが功を奏しているのでしょう。耳ひっぱりを続けると、自律神経のバランスが整います。するとホルモンバランスも整うので、更年期を迎えてもはつらつと快適でいられるのだろうと思います。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


老化が加速!タンパク質不足が増加中 「豆乳マヨネーズ」で美味しく補給を

老化が加速!タンパク質不足が増加中 「豆乳マヨネーズ」で美味しく補給を

糖質・脂質・たんぱく質の三大栄養素のうち、現代人に不足しているのが、たんぱく質です。とりわけ40代以降の人たちに、たんぱく質不足が目立ちます。たんぱく質の不足は、健康にも大きな影響を及ぼします。【解説】溝口徹(新宿溝口クリニック院長)


【中性脂肪値を下げる】加熱トマトの成分“13オキソODA”の効果

【中性脂肪値を下げる】加熱トマトの成分“13オキソODA”の効果

「トマトは体にいい」そういうイメージを持っている人は多いでしょう。しかし、どんな健康効果があるのかといえば、意外に漠然としているのではないでしょうか。そこで、トマトの健康効果を検証した一つの研究をご紹介しましょう。【解説】寺内公一(東京医科歯科大学大学院・医歯学総合研究科・女性健康医学講座教授)


【男性更年期障害】うつ病との違いは? EDを改善する“筋トレ”と前立腺肥大の治療

【男性更年期障害】うつ病との違いは? EDを改善する“筋トレ”と前立腺肥大の治療

男性にも「更年期障害」があるのをご存じでしょうか。男性の更年期障害は、加齢に伴うテストステロン(男性ホルモンの一つ)の分泌量の低下が主な原因となり、50~60代以降の中高年男性に現れる心と体の不調をいいます。【解説】持田蔵(西南泌尿器科クリニック院長)


【更年期障害】骨粗鬆症を防ぐ30代から始める“豆乳”の摂り方

【更年期障害】骨粗鬆症を防ぐ30代から始める“豆乳”の摂り方

年を取れば誰でも白髪や抜け毛、シワ、シミなどの老化の兆しが現れるものです。美意識の高い女性には、鏡を見るのが憂鬱になったと嘆くかたもいるでしょう。「豆乳マヨネーズ」は、そんな人にお勧めの、美しさを取り戻す調味料です。【解説】藤森徹也(オルソクリニック銀座院長)


【リコピンの効果を高める】肌・血管の老化を強力に防いでくれる「トマトスープ」がアンチエイジングに最適

【リコピンの効果を高める】肌・血管の老化を強力に防いでくれる「トマトスープ」がアンチエイジングに最適

私の実家はトマト農家で、幼少の頃から新鮮なトマトをたくさん食べて育ちました。さらに大学院へ進学後、トマトの成分と遺伝子の研究をするようになった私は、トマトの健康効果についての論文に触れ、世界中の知見を得る機会に恵まれました。そこで、トマトの力に改めて驚かされました。【解説】石井賢二(トマト研究家)


最新の投稿


脊柱管狭窄症の足のしびれと痛みが解消した!81歳現役シェフの11円スリッパ体験談

脊柱管狭窄症の足のしびれと痛みが解消した!81歳現役シェフの11円スリッパ体験談

最初は半信半疑でしたが、藤井先生に勧められたとおり、常に中敷きを入れて、靴をはくようにしました。そうして1ヵ月ほどたったころでしょうか、自分でも「あれほどつらかったのは、一体なんだったのだろう? 」と感じるくらい、その後はひざの痛みに悩まされることはなくなりました。【体験談】藤田正義(オーナーシェフ・81歳)


食欲がない原因は「位置」!胃を上げる体操で飲みこみやすさがアップする理由

食欲がない原因は「位置」!胃を上げる体操で飲みこみやすさがアップする理由

子どものころ、立てひざでご飯を食べて叱られた。そんな思い出はありませんか。「立てひざで食事」は、一般常識ではマナー違反とされています。しかし実は、誤嚥の予防にとてもいい姿勢なのです。お勧めなのが、食事の前に胃の位置を上げておくこと。それを簡単に行える体操が「右足首の内回し」です。【解説】浜田貫太郎(浜田整体院長)


【野球肘】肩が痛い ひじが痛い 症状を改善・予防するストレッチの方法

【野球肘】肩が痛い ひじが痛い 症状を改善・予防するストレッチの方法

体の柔軟性を保つには、ストレッチを行うことが重要です。練習や試合のあった日はもちろん、休養日にも必ずストレッチを行い、柔軟性を保ちましょう。前項のチェックで硬さがあった場合はもちろん、硬さがなくてもストレッチは必ず行ってください。【解説】山本智章(新潟リハビリテーション病院院長)


注目のシンバイオティクス!発酵あんこは腸内環境を改善する効果がある

注目のシンバイオティクス!発酵あんこは腸内環境を改善する効果がある

発酵あんこの魅力は、それが「シンバオイティクス」であることです。シンバイオティクスとは、腸の善玉菌を増やすなど、人体によい影響を与える有用菌と、そうした菌のエサになる、食物繊維やオリゴ糖などをいっしょに取ることです。【解説】関由佳(内科医・味噌ソムリエ・メディカルフード研究家)


【腰痛の原因】食べすぎやストレスによる肝臓疲労 対策は「足首回し」

【腰痛の原因】食べすぎやストレスによる肝臓疲労 対策は「足首回し」

腰痛や肩こりは、体のゆがみによって起こります。その原因を探ると、なんと約8割の人は、肝臓に疲労がたまっていることが、私の長い施術経験からわかりました。肝臓の疲労のしかたによって、体は右肩上がりになったり、左肩上がりになったりします。それが、痛みの原因になるのです。【解説】田川直樹(快風身体均整院院長)