退職後の検査・降圧剤はどこまで必要?「高血圧」との付き合い方を医師が指南

退職後の検査・降圧剤はどこまで必要?「高血圧」との付き合い方を医師が指南

人間の三大欲は、食欲・性欲・睡眠欲といわれています。それに加え、昨今は「健康長寿欲」に多くの人がとらわれています。2016年の調査で「欲しい物」の1位が「健康」で、「幸せ」を大きく上回ったのです。「幸せよりも健康が欲しい」という結果に私は衝撃を受けました。【解説】名郷直樹(武蔵国分寺公園クリニック院長)


名郷直樹
1961年、愛知県生まれ。自治医科大学卒業。山間部の診療所に勤務後、僻地医療専門医の育成に携わる。2011年、武蔵国分寺公園クリニックを開院。『65歳からは検診・薬をやめるに限る!』(さくら舎)など著書多数。

「幸せ」よりも「健康」が欲しい?

『壮快』読者の皆さんにいちばん伝えたいのは、「健康雑誌は読むな」ということです。
これにはちゃんと理由があります。

人間の三大欲は、食欲・性欲・睡眠欲といわれています。それに加え、昨今は「いつまでも元気で長生きしたい」という「健康長寿欲」に、多くの人がとらわれています。
「健康長寿を願うのは当然」と思うかもしれません。

でも、次の調査結果をどう思いますか。
2016年に、博報堂生活総合研究所が60~74歳を対象に実施した意識調査で、「欲しい物」の1位が「健康」で、「幸せ」を大きく上回ったのです。

「幸せよりも健康が欲しい」という結果に、私は衝撃を受けました。
平均寿命が延び、高齢化が進んだ日本では、「健康」や「長生き」を必死で追い求めるあまり、かえって不幸になっている人が増えている気がします。

80歳の人が、「健康のため」に、好物のお菓子やお酒を我慢することに、どんな意味があるのでしょうか。
85歳の人が「健康のため」に毎年健康診断を受け、血圧の数値を気に病み、山のような薬を飲むことに、違和感を覚えませんか。

私は、そんな光景を何度も見るうちに、「何かおかしい。健康よりも大事な物があるのでは」と考えるようになりました。

もちろん、働き盛りの年齢で、子供がまだ小さかったり、自分の親が生きていたりするうちでしたら、健康は大切です。
現に私も、親が生きていますし、クリニックの院長という責任のある立場にあるので、健康を保つよう留意しています。

しかし、子供が自立し、親を見送って、あとは自分のことだけ考えればいい、という年齢や立場になったら、もう「健康」に執着しなくてもいいのではないでしょうか。
病気やケガを治療するな、ということではありません。

「症状がないのに、まだ見ぬ病気を恐れて、検査結果や数値に一喜一憂するのをやめませんか」ということです。

高齢者の薬の効果は実は曖昧なもの

例えば、血圧です。
働いているときは、健康診断を毎年受け、血圧が高ければ食事制限をし、医師にいわれるがままに薬を飲んできたことでしょう。

病気になったら困りますし、まだまだ死ねないからです。
確かに若いうちは、高血圧の人とそうでない人とでは、脳卒中による死亡リスクに大きな差があります。

つまり、「血圧を上げないことが、脳卒中を防ぐ」といえますし、健康診断を受ける意味もあります。
しかし、高齢になると、血圧と脳卒中による死亡リスクの相関は、曖昧になってきます。

例えば、最大血圧が120mmHgの80代が脳卒中になるリスクは、最大血圧が160mmHgの80代よりも多少低いに過ぎません。
今は定年を延長する会社も増え、65歳で退職する人が多くなりました。

65歳で会社を辞めた時点で、子供が独立し、親も見送った人は、血圧を気にしたり、症状がないのに検査を受けたり薬を飲んだりする必要はあるでしょうか。
検査や薬にかかるお金と時間は、自分や家族の楽しみに使ったほうがいいと思いませんか。

しかも、薬には必ず副作用があります。飲まないにこしたことはありません。
そもそも、降圧剤を飲む目的は血圧を下げるためではありません。脳卒中や心疾患などの合併症を予防するためです。

血圧は、脳卒中や心疾患を予防する目安に過ぎません。
一般的には、降圧剤で最大血圧を160mmHgから150mmHgに下げると、脳卒中が約半分に減るとされています。

ただし、高齢者に対する薬の効果を実際の数字で見ると、効果が不明瞭になってきます。
70代で高血圧の人が降圧剤を飲むと、脳卒中の発症率は5年間で10%から6%に下がったという研究データがあります。

しかし、降圧剤を飲まずに10%発症ということは、90%は脳卒中にならないということです。
そして、薬を飲み続けても4%しかリスクは下がりません。

また、2008年に、80歳以上の高血圧(最大血圧が平均173mmHg)の人を、降圧剤を飲むグループと飲まないグループとに分け、脳卒中の予防効果を調べた結果が発表されました。
すると、脳卒中の発症は、飲んだグループが年率1.24%だったのに対し、飲まないグループは年率1.77%でした。

このように、薬の効果は曖昧になってくるのです。
自分にとって血圧を測ることに意味があるのか、今一度考えてみてください。

血圧を気にしなくなったら、人生が楽になるのではないでしょうか。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連するキーワード


脳卒中 高血圧 血圧

関連する投稿


痩せる効果アップ!【酢キャベツダイエット】ムラカミ式は砂糖でクエン酸回路を活性化!

痩せる効果アップ!【酢キャベツダイエット】ムラカミ式は砂糖でクエン酸回路を活性化!

ムラカミ式酢キャベツは、砂糖を使用します。これには、もちろん味を調える意味合いも大いにありますが、それだけではありません。「クエン酸回路」と呼ばれる、私たちのエネルギー代謝システムを活性化する狙いがあるのです。【解説】村上祥子(福岡女子大学客員教授・料理研究家)


50歳を超えたら食事に変化を!サルコペニアや骨粗鬆症を防ぐには「ちょっと太ってるくらいがいい」

50歳を超えたら食事に変化を!サルコペニアや骨粗鬆症を防ぐには「ちょっと太ってるくらいがいい」

「体のためには粗食が一番」「肉や卵はメタボのもと」「中高年になったら少食を」最近は、こういったことが「健康の常識」とされているようです。しかし、これらの考え方は、若くて、過食や肥満がある人には当てはまりますが、日本の多くの高齢者には当てはまりません。【解説】新開省二(東京都健康長寿医療センター研究所副所長)


【肥満症】減量手術の適応条件は?保険適応は?

【肥満症】減量手術の適応条件は?保険適応は?

肥満に対する治療で、「減量手術」が行われることがあります。減量手術は、単にやせたいからという理由で受けるようなものではなく、合併症のある高度肥満、かつ通常の治療では効果のない人が対象となり、日本でも2014年に術式の一つが保険適用になりました。【解説】大城崇司(東邦大学医療センター佐倉病院消化器外科講師)


腕振りのダイエット効果 太極拳の準備運動“スワイショウ”

腕振りのダイエット効果 太極拳の準備運動“スワイショウ”

「太極拳のような、体にいい運動をやってみたい」と思いながら、「難しそう」「時間がない」などの理由で、あきらめている人は多いのではないでしょうか。そんな人にぜひお勧めしたいのが、誰でも簡単にできて、健康効果の高い腕ふり運動「スワイショウ」です。【解説】楊進(日本健康太極拳協会理事長)


くも膜下出血の原因「脳動脈瘤」 治療法は2種類の手術 カテーテルのデメリットは?

くも膜下出血の原因「脳動脈瘤」 治療法は2種類の手術 カテーテルのデメリットは?

脳卒中の一種の「くも膜下出血」は致死率が高く、発症すると、3〜4人に1人が命を落としてしまうほどの恐ろしい病気です。一命を取り留めても、約半数の人に手足のマヒなど重大な後遺症が残ってしまいます。この病気を引き起こす原因となるのが脳動脈瘤です。【解説】根本繁(東京医科歯科大学大学院医歯学総合研究科血管内治療学分野教授)


最新の投稿


女性のための簡単筋トレダイエット【バストアップ・二の腕やせ】のコツ

女性のための簡単筋トレダイエット【バストアップ・二の腕やせ】のコツ

「手合わせ筋トレ」は、手のひらを合わせて全力で押し合うだけの、シンプルな筋トレです。動きは簡単ですが、筋肉を意識しながらゆっくり行えば、大きなトレーニング効果が得られます。最初はあまり変化を感じないでしょう。しかしそこを過ぎると、体は目に見えて変わっていきます。【解説】岡田隆(バズーカ岡田・日本体育大学准教授)


昆布酵母のおかげで減塩でも美味しい!薄味で胃腸に優しい手料理に家族が大満足

昆布酵母のおかげで減塩でも美味しい!薄味で胃腸に優しい手料理に家族が大満足

私は食べ歩きが好きで、おいしい物やお店を、インターネットで探すことがよくあります。ウエダ家さんの酵母パンを見つけたのも、インターネットでした。「油も砂糖も使わない天然酵母パン」に興味がわき、すぐにウエダ家さんのパン作り講座に通い始めました。もう10年になります。【体験談】多羅裕子(62歳・主婦)


脳が活性化する親指の体操で明るく前向きになれる!意欲がわいてくる!

脳が活性化する親指の体操で明るく前向きになれる!意欲がわいてくる!

親指刺激を行っているうちに、手の動きと脳の働きが同時によくなり、薬の管理がうまくできるようになったというお年寄りもいます。認知症に関する効果だけでなく、肩こりや冷えが軽減した、姿勢がよくなったという人も多いのです。【解説】長谷川嘉哉(認知症専門医)


巻き爪を予防する「正しい爪の切り方」深爪やバイアスカットが陥入爪も招く

巻き爪を予防する「正しい爪の切り方」深爪やバイアスカットが陥入爪も招く

フットケア外来を開設して驚いたのは、ほとんどの患者さんが正しい爪の切り方を知らないことでした。巻き爪や陥入爪(巻いた爪が皮膚に食い込む状態)といった爪のトラブルを防ぐには、スクエアカットといって、爪を̻四角に切ります。絶対してはいけないのが深爪とバイアスカットです。【解説】高山かおる(済生会川口総合病院皮膚科主任部長)


老廃物をグイグイ流して血流を改善「足の指刺激」のやり方

老廃物をグイグイ流して血流を改善「足の指刺激」のやり方

私は若い頃から拳法で鍛え、道場で拳法家の育成にも努めています。30代前半までは、仕事に、拳法にと精力的な日々を送っていましたが、30代後半になると、とたんに肩こりや座骨神経痛など、さまざまな痛みが生じるようになりました。【解説】原田秀康(国際足健法協会会長)