MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営
【更年期の薄毛】「頭皮マッサージ」60代で黒々フサフサの女医が考案

【更年期の薄毛】「頭皮マッサージ」60代で黒々フサフサの女医が考案

女性の場合、45~55歳の更年期に入ると、閉経へと向かって女性ホルモンが減ってきます。美しい髪を作るのは女性ホルモンの働きですから、閉経で女性ホルモンが減ると薄毛になったり白髪が増えたりします。内科医としての知識を生かして実践してきた手軽にできるセルフケアのお話しをします。【解説】里見英子(里見英子クリニック院長)

加齢によりかたくなる頭皮を刺激し血行を促進

私は今年、64歳になります。
患者さんから、「どうやったらそんなふうに若々しくいられるの?」とよく聞かれます。

年齢の割に、髪も黒くてたっぷりしていると自負しています。
私の髪が実年齢よりも若いのは、内科医としての知識を生かして、手軽にできるセルフケアを続けてきたからです。
 
今回は、私のヘアケアの秘訣をお話ししましょう。
 
ただ、40代の半ばには、こんなことがありました。
あるテレビ番組に出演したときのこと。
後ほど、録画した物を見てみると、番組の終わりで、視聴者に向かってお辞儀した私の頭頂部が、薄く見えたのです! 
 
女性の場合、45~55歳の更年期に入ると、閉経へと向かって女性ホルモンが減ってきます。
美しい髪を作るのは女性ホルモンの働きですから、閉経で女性ホルモンが減ると、薄毛になったり白髪が増えたりします。
まさに、それが当時の私に起こっていたのでしょう。

これではいけないと、セルフケアを始めました。

その方針は、
❶頭皮の血行をよくする
❷体の内側から髪を豊かにするという二つです。

まず、私が行ったのが「頭皮マッサージ」です。

髪の毛の根元にある毛乳頭という部分には、毛母細胞があります。
この毛母細胞が細胞分裂することで髪を作り出すのです。

しかし、加齢によって頭皮がかたくなると、血行が滞って毛乳頭へ栄養が届かず、健康な髪が育ちません。
そこで、頭皮マッサージにより、効果的に刺激して血行を促進するのです。

その結果、毛乳頭の血行がよくなり、毛母細胞の働きを活性化させることができます。
これにより、抜け毛や薄毛の予防が期待できます。

では、頭皮マッサージのやり方をご紹介します。

両手の指を髪の中ほどに差し入れ、頭皮を上へ引き上げるイメージでほぐします。
少しずつ指先をずらし、まず後頭部全体を刺激してください。
 
その際、耳の後ろのくぼみにある完骨も刺激しましょう。
ここは、頭部の血行をよくして、抜け毛を防ぐツボです。
 
次に、両手の指先を立てて、頭頂部全体を持ち上げるようにほぐします。
少しずつ指先をずらし、額の辺りまでまんべんなく刺激します。
 
その際、頭頂部にある百会のツボを刺激しましょう。
百会は、抜け毛を防ぐだけでなく、ストレスや不眠も解消する万能のツボです。
 
全体で6分ほどかけて、この頭皮マッサージを行いましょう。
週3回を目安に行ってください。
 
ところで、シャンプーをする際の重要なポイントは、「十分すぎるほどによく洗い流す」ことです。
すすぎが足りないと、髪にも頭皮にもよくありません。
ご自身で「すすげたな」と思った時点から、さらに30秒はしっかり洗い流すようにしましょう。
 
ご紹介した頭皮マッサージを、シャンプーを洗い流すときに行うのもお勧めです。
しっかりすすげると同時に、頭皮の血行をよくすることもできるので、一石二鳥です。

頭皮マッサージのやり方

内臓を健やかにする海藻や黒い食材を摂取

豊かな髪を保つうえで、食事も重要なポイントです。
 
私は内科医ですから、「内臓の状態は髪と密接に関連している」と考えています。
内臓全般の働きがよくなれば、髪も健やかになります。
 
そこでお勧めしたいのが、腸内フローラを改善するのに役立つ、メカブやワカメなど食物繊維の多い食品です。
さらに、黒ゴマや黒豆、ノリやヒジキなど「黒い食材」もお勧めです。

こうした食材の黒い色は、アントシアニンという色素成分によるもの。
抗酸化力が高く、血管の老化を防ぐなど、幅広い効果があります。
 
そして、黒い食材のなかでも、特に私が愛用しているのがノリです。
食事の際に食べてもいいのですが、私は、食間の空き時間にノリを5~6枚食べるようにしています。

サプリメントをとるようなつもりで、ノリをパリパリと口にするのです。
こうすれば、食事の内容と関係なく、毎日摂取し続けることができます。
 
このような食生活に加え、頭皮マッサージを続けた結果、薄毛の進行はピタリと止まり、髪の状態は徐々に改善しました。
女性ホルモンが減少し始める更年期の始まりからセルフケアをはじめ、それ以来ずっと継続してきたことが、今のいい状態をもたらしたのです。
 
これから更年期に入ろうとしている女性の皆さんには、今回紹介したセルフケアをぜひお勧めしたいと思います。

解説者のプロフィール

里見 英子(里見英子クリニック院長)
●里見英子クリニック
http://www.satomi-eiko.com/

この記事のエディター

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連記事
OHBA式シャンプーは、刺激も少なく髪の栄養がしっかりと届くため、抜け毛は少なくなるはずです。続けていると、薄くてペラペラだった頭皮が厚みを増し、髪もしっかりしてきます。ぜひ、ご自身の頭皮を慈しみながら、触れてみてください。【解説】大場隆吉(スカルプケアサロンOHBA代表 スカルププロデューサー)
更新: 2019-05-08 18:00:00
頭頂部だけは、手を触れないと、いくら顔をしかめても、頭を振っても、動かないのがわかります。だからこそ、普段、あたりまえのように頭皮に直接触れているシャンプータイムを、頭皮全体に血流を巡らせ、老廃物を流してあげる時間にするのです。【解説】大場隆吉(スカルプケアサロンOHBA代表 スカルププロデューサー)
更新: 2019-05-09 10:04:07
当初、健康にいいくらいの軽い気持ちで食べていたのですが、まずは髪の毛の変化がありました。なんと、白髪が目立たなくなったのです。白髪隠しのトリートメントをしようと思っても白髪が見当たらないのです。髪のくし通りがなめらかで、まとまりがよく、鏡に映る髪の毛を見ても、前より光沢があります。【体験談】石田裕子(主婦・56歳)
更新: 2019-03-14 18:00:00
近年、中高年や高齢者だけでなく、子どもや若い世代にも抜け毛や薄毛に悩む人が増えてきました。大きな原因は、免疫力(病気に抵抗する力)の低下です。そこで私が抜け毛や薄毛対策に患者さんに勧めているのが「きな粉シャンプー」です。【解説】永峯由紀子(永峯クリニック銀座院長)
更新: 2018-08-13 12:32:36
脱毛や薄毛には、さまざまな原因がありますが、自分の血液から抽出した成分を用いることで、脱毛症の種類や性別を問わずに効果が得られる可能性があるという「毛髪再生治療」が注目を集めています。従来の治療で改善の見られなかった女性の脱毛症にも有効なケースが多いのです。【解説】瀧川恵美(新東京病院 形成外科・美容外科部長)
更新: 2018-09-11 16:41:56
最新記事
日本の発酵食品(しょうゆ、みそ、日本酒など)を作る上で、こうじはなくてはならないものです。こうじは、蒸した米や麦、大豆などに、こうじ菌という微生物を繁殖させたものでこうじ菌が作った栄養成分がぎっしり詰まっています。こうじについては多少の知識がありますので、少しお話しさせてください。【解説】浅利妙峰(糀屋本店女将) 
更新: 2019-05-25 18:00:00
「腰が痛い!」幅広い年齢層に蔓延する腰痛。しかし、病院に駆け込んで、骨や神経に異常が見つからない場合は「非特異的腰痛症」と診断されます。非特異的、つまり、原因不明の腰痛という意味。なんとも不思議な病名です。「腰が痛い」という異常があるから病院に来ているのに……。【解説】戸田佳孝(戸田リウマチ科クリニック院長)
更新: 2019-05-24 18:00:00
これまで、疲労が起きるのは、「エネルギーがなくなるから」「疲労物質が筋肉にたまるから」と考えられてきました。しかし、最新の研究によって、疲労が起きるほんとうの理由は、「自律神経の中枢である、脳がサビつくから」ということが、わかっています。【解説】梶本修身(東京疲労・睡眠クリニック院長)
更新: 2019-05-23 18:00:00
私は、これまで40年以上、タマネギをはじめとする、ネギ属の機能性成分を研究してきました。そこでタマネギには、確かに血液をサラサラにする働きがあるということが明らかになったのです。【解説】西村弘行(北翔大学・北翔大学短期大学部学長/東海大学名誉教授)
更新: 2019-05-22 18:00:00
見たいものにピントを合わせる「目の調節力」は25歳を過ぎる頃からどんどん低下し、30代後半から近くが見えづらくなる老眼になってきます。目の疲れや調節力の低下を改善するためにお勧めなのが、目の周囲を温める「温熱療法」です。私は、温熱療法の効果を多くの実験で確認しています。【解説】高橋洋子(みたにアイクリニック院長)
更新: 2019-05-21 18:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt