【更年期の薄毛】抜け毛を予防・改善する「頭皮マッサージ」60代で黒々フサフサの女医が考案

【更年期の薄毛】抜け毛を予防・改善する「頭皮マッサージ」60代で黒々フサフサの女医が考案

女性の場合、45~55歳の更年期に入ると、閉経へと向かって女性ホルモンが減ってきます。美しい髪を作るのは女性ホルモンの働きですから、閉経で女性ホルモンが減ると薄毛になったり白髪が増えたりします。内科医としての知識を生かして実践してきた手軽にできるセルフケアのお話しをします。【解説】里見英子(里見英子クリニック院長)


加齢によりかたくなる頭皮を刺激し血行を促進

私は今年、64歳になります。
患者さんから、「どうやったらそんなふうに若々しくいられるの?」とよく聞かれます。

年齢の割に、髪も黒くてたっぷりしていると自負しています。
私の髪が実年齢よりも若いのは、内科医としての知識を生かして、手軽にできるセルフケアを続けてきたからです。
 
今回は、私のヘアケアの秘訣をお話ししましょう。
 
ただ、40代の半ばには、こんなことがありました。
あるテレビ番組に出演したときのこと。
後ほど、録画した物を見てみると、番組の終わりで、視聴者に向かってお辞儀した私の頭頂部が、薄く見えたのです! 
 
女性の場合、45~55歳の更年期に入ると、閉経へと向かって女性ホルモンが減ってきます。
美しい髪を作るのは女性ホルモンの働きですから、閉経で女性ホルモンが減ると、薄毛になったり白髪が増えたりします。
まさに、それが当時の私に起こっていたのでしょう。

これではいけないと、セルフケアを始めました。

その方針は、
❶頭皮の血行をよくする
❷体の内側から髪を豊かにするという二つです。

まず、私が行ったのが「頭皮マッサージ」です。

髪の毛の根元にある毛乳頭という部分には、毛母細胞があります。
この毛母細胞が細胞分裂することで髪を作り出すのです。

しかし、加齢によって頭皮がかたくなると、血行が滞って毛乳頭へ栄養が届かず、健康な髪が育ちません。
そこで、頭皮マッサージにより、効果的に刺激して血行を促進するのです。

その結果、毛乳頭の血行がよくなり、毛母細胞の働きを活性化させることができます。
これにより、抜け毛や薄毛の予防が期待できます。

では、頭皮マッサージのやり方をご紹介します。

両手の指を髪の中ほどに差し入れ、頭皮を上へ引き上げるイメージでほぐします。
少しずつ指先をずらし、まず後頭部全体を刺激してください。
 
その際、耳の後ろのくぼみにある完骨も刺激しましょう。
ここは、頭部の血行をよくして、抜け毛を防ぐツボです。
 
次に、両手の指先を立てて、頭頂部全体を持ち上げるようにほぐします。
少しずつ指先をずらし、額の辺りまでまんべんなく刺激します。
 
その際、頭頂部にある百会のツボを刺激しましょう。
百会は、抜け毛を防ぐだけでなく、ストレスや不眠も解消する万能のツボです。
 
全体で6分ほどかけて、この頭皮マッサージを行いましょう。
週3回を目安に行ってください。
 
ところで、シャンプーをする際の重要なポイントは、「十分すぎるほどによく洗い流す」ことです。
すすぎが足りないと、髪にも頭皮にもよくありません。
ご自身で「すすげたな」と思った時点から、さらに30秒はしっかり洗い流すようにしましょう。
 
ご紹介した頭皮マッサージを、シャンプーを洗い流すときに行うのもお勧めです。
しっかりすすげると同時に、頭皮の血行をよくすることもできるので、一石二鳥です。

内臓を健やかにする海藻や黒い食材を摂取

豊かな髪を保つうえで、食事も重要なポイントです。
 
私は内科医ですから、「内臓の状態は髪と密接に関連している」と考えています。
内臓全般の働きがよくなれば、髪も健やかになります。
 
そこでお勧めしたいのが、腸内フローラを改善するのに役立つ、メカブやワカメなど食物繊維の多い食品です。
さらに、黒ゴマや黒豆、ノリやヒジキなど「黒い食材」もお勧めです。

こうした食材の黒い色は、アントシアニンという色素成分によるもの。
抗酸化力が高く、血管の老化を防ぐなど、幅広い効果があります。
 
そして、黒い食材のなかでも、特に私が愛用しているのがノリです。
食事の際に食べてもいいのですが、私は、食間の空き時間にノリを5~6枚食べるようにしています。

サプリメントをとるようなつもりで、ノリをパリパリと口にするのです。
こうすれば、食事の内容と関係なく、毎日摂取し続けることができます。
 
このような食生活に加え、頭皮マッサージを続けた結果、薄毛の進行はピタリと止まり、髪の状態は徐々に改善しました。
女性ホルモンが減少し始める更年期の始まりからセルフケアをはじめ、それ以来ずっと継続してきたことが、今のいい状態をもたらしたのです。
 
これから更年期に入ろうとしている女性の皆さんには、今回紹介したセルフケアをぜひお勧めしたいと思います。

里見 英子(里見英子クリニック院長)

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【皮膚科医推奨】抜け毛対策のシャンプー法 原因は免疫力低下で若い人に薄毛が急増中

【皮膚科医推奨】抜け毛対策のシャンプー法 原因は免疫力低下で若い人に薄毛が急増中

近年、中高年や高齢者だけでなく、子どもや若い世代にも抜け毛や薄毛に悩む人が増えてきました。大きな原因は、免疫力(病気に抵抗する力)の低下です。そこで私が抜け毛や薄毛対策に患者さんに勧めているのが「きな粉シャンプー」です。【解説】永峯由紀子(永峯クリニック銀座院長)


【更年期障害】骨粗鬆症を防ぐ30代から始める“豆乳”の摂り方

【更年期障害】骨粗鬆症を防ぐ30代から始める“豆乳”の摂り方

年を取れば誰でも白髪や抜け毛、シワ、シミなどの老化の兆しが現れるものです。美意識の高い女性には、鏡を見るのが憂鬱になったと嘆くかたもいるでしょう。「豆乳マヨネーズ」は、そんな人にお勧めの、美しさを取り戻す調味料です。【解説】藤森徹也(オルソクリニック銀座院長)


【脱毛・薄毛の最新治療】自分の血液を使用するPRP療法とは 女性の脱毛症にも効果が期待

【脱毛・薄毛の最新治療】自分の血液を使用するPRP療法とは 女性の脱毛症にも効果が期待

脱毛や薄毛には、さまざまな原因があります。そうした中、自分の血液から抽出した成分を用いることで、脱毛症の種類や性別を問わずに効果が得られる可能性があるという「毛髪再生治療」が注目を集めています。【解説】瀧川恵美(新東京病院 形成外科・美容外科部長)


【乳首がかゆい】保湿で改善 乳腺炎 乳がんの可能性も

【乳首がかゆい】保湿で改善 乳腺炎 乳がんの可能性も

乳首の痒みを訴える女性は多いです。まずは皮膚科を受診するとよいでしょう。乳首がむず痒いといった軽度のかゆみは、ほとんどの女性が経験していますが、なんらかの乳房の病気が原因のこともあります。乳腺炎やパージェット病(乳ガンの一種)、乳輪の周囲にカビが広がる等のケースがそれです。【解説】平田雅子(私のクリニック目白院長)


【酢トマトの作り方】柳澤英子さん "やせおか" 流ダイエット 52歳で26kgやせた

【酢トマトの作り方】柳澤英子さん "やせおか" 流ダイエット 52歳で26kgやせた

食欲を我慢したり、カロリー計算をしたりするめんどうなダイエットは続かないことは、身に染みてわかっていました。そして、生み出したのが、カロリーではなく、血糖値を上げる糖質量を抑えることを意識し、代謝をよくする酵素と食物繊維を積極的にとる「やせる食べ方」だったのです。【解説】柳澤英子(料理研究家・編集者)


最新の投稿


女性のための簡単筋トレダイエット【バストアップ・二の腕やせ】のコツ

女性のための簡単筋トレダイエット【バストアップ・二の腕やせ】のコツ

「手合わせ筋トレ」は、手のひらを合わせて全力で押し合うだけの、シンプルな筋トレです。動きは簡単ですが、筋肉を意識しながらゆっくり行えば、大きなトレーニング効果が得られます。最初はあまり変化を感じないでしょう。しかしそこを過ぎると、体は目に見えて変わっていきます。【解説】岡田隆(バズーカ岡田・日本体育大学准教授)


昆布酵母のおかげで減塩でも美味しい!薄味で胃腸に優しい手料理に家族が大満足

昆布酵母のおかげで減塩でも美味しい!薄味で胃腸に優しい手料理に家族が大満足

私は食べ歩きが好きで、おいしい物やお店を、インターネットで探すことがよくあります。ウエダ家さんの酵母パンを見つけたのも、インターネットでした。「油も砂糖も使わない天然酵母パン」に興味がわき、すぐにウエダ家さんのパン作り講座に通い始めました。もう10年になります。【体験談】多羅裕子(62歳・主婦)


脳が活性化する親指の体操で明るく前向きになれる!意欲がわいてくる!

脳が活性化する親指の体操で明るく前向きになれる!意欲がわいてくる!

親指刺激を行っているうちに、手の動きと脳の働きが同時によくなり、薬の管理がうまくできるようになったというお年寄りもいます。認知症に関する効果だけでなく、肩こりや冷えが軽減した、姿勢がよくなったという人も多いのです。【解説】長谷川嘉哉(認知症専門医)


巻き爪を予防する「正しい爪の切り方」深爪やバイアスカットが陥入爪も招く

巻き爪を予防する「正しい爪の切り方」深爪やバイアスカットが陥入爪も招く

フットケア外来を開設して驚いたのは、ほとんどの患者さんが正しい爪の切り方を知らないことでした。巻き爪や陥入爪(巻いた爪が皮膚に食い込む状態)といった爪のトラブルを防ぐには、スクエアカットといって、爪を̻四角に切ります。絶対してはいけないのが深爪とバイアスカットです。【解説】高山かおる(済生会川口総合病院皮膚科主任部長)


老廃物をグイグイ流して血流を改善「足の指刺激」のやり方

老廃物をグイグイ流して血流を改善「足の指刺激」のやり方

私は若い頃から拳法で鍛え、道場で拳法家の育成にも努めています。30代前半までは、仕事に、拳法にと精力的な日々を送っていましたが、30代後半になると、とたんに肩こりや座骨神経痛など、さまざまな痛みが生じるようになりました。【解説】原田秀康(国際足健法協会会長)