【猫の癒やし効果】動画でリラックス 血圧が安定 喉ゴロゴロ音にも回復効果あり

【猫の癒やし効果】動画でリラックス 血圧が安定 喉ゴロゴロ音にも回復効果あり

猫のゴロゴロ音の正体は、実はよくわかっていません。気管とのどの筋肉が、共鳴することで発生していると考えられています。猫のゴロゴロ音には、リラックスさせる心理的効果のほかにも、骨折の治癒力を高める効果があるようです。【解説】小川家資(帝京科学大学生命環境学部教授)


小川家資
1956年、東京生まれ。東海大学大学院修士課程修了。カナダ・ウィンザー大学大学院博士課程修了。1987年、米国ミシガン州マツダ自動車製造会社生産技術課を経て、1991年、西東京科学大学(現帝京科学大学)理工学部専任講師として着任。2008年より同大学生命環境学部教授。現在に至る。専門は人間工学、生理心理学、生体計測工学。ヒトが動物と接することで、どのような癒しが得られるかについて、さまざまなアプローチで研究を深めている。先生に抱かれているのは、大学にある猫カフェのバロンちゃん。

猫好きでなくても癒されるとわかった

私の専門は人間工学で、ヒトと猫の関係も研究テーマの一つです。
今回は、猫と暮らすことで、私たちが得られるであろう健康効果についてお話ししましょう。

猫は、なでられたりして機嫌がいいとき、のどをゴロゴロと鳴らします。
猫好きのかたにとっては、この音を聴いているだけで気持ちがよくなってくることでしょう。
実は、このゴロゴロ音には、さまざまな健康効果があるとわかっています。

私が以前行った実験を一つご紹介しましょう。
猫好きの主婦3人、猫が好きでない主婦3人に集まってもらいました。
そして、猫のゴロゴロ音を聴いてもらい、そのときの脳波と心拍数などを測定しました。

すると、猫好きのかたは全員、脳波がリラックス状態を示すα 波の出現が多くなりました。
また、心拍数を測定したデータからも、リラックスしていることがわかったのです。

一方、猫が好きでない人にとっては、猫のゴロゴロは単なる雑音でしかないはずです。
ただ、興味深いことに、猫が好きでない3人のうち2人は、ゴロゴロ音を聴いているうちに、リラックス状態になっていることが判明しました。

つまり、猫のゴロゴロ音は、好き嫌いに関係なく、私たちの心と体に直接働きかけ、よい影響をもたらすということです。

猫のゴロゴロ音の正体は、実はよくわかっていません。
気管とのどの筋肉が、共鳴することで発生していると考えられています。
要するに、これは振動なのです。

1999年、ニューヨーク州立大学生物医学工学部のクリントン・ルービン博士は、「猫は、のどのゴロゴロ音で骨折を治したり、骨を強化したりしている」という説を発表しました。
ゴロゴロという音を出しながら、つまり、筋肉と骨とを震わせることで、体を温め、骨密度を上げて骨折を早く治すのではないかというのです。

猫のゴロゴロ音には、リラックスさせる心理的効果のほかにも、骨折の治癒力を高める効果があるようです。

血圧を安定させる効果が期待できる

猫の癒し効果は、音ばかりではありません。
ただ、その愛らしい姿を見ているだけでも、精神的なメリットが得られることがわかっています。

猫の動画を16人の女性に見てもらって、リラックスの度合いがどう変化するか調べたことがあります。
それによると、動画を見ただけで、16人中13人がリラックスしたという結果が出ました。

さらに、実際に猫に触れ、なでることができれば、より高いリラックス効果が得られるでしょう。
このように、猫によって精神がリラックスするとき、同時に体で起こっている生理的な変化も見逃せません。

精神的にリラックスした状態にあれば、肉体的にも安定して本来の機能がきちんと発揮されることは間違いありません。

例えば、心理的な影響を受けやすいのが血圧です。
病院に行き、医師の前では緊張して血圧が上がってしまう「白衣高血圧」という現象があります。
このように、血圧は、心理的動揺をしばしば反映し、上下動をくり返します。

そこで、日ごろから猫と触れ合って、できるだけリラックスした状態が長く続けば、血圧を安定させることが期待できるでしょう。

さらに、私は、職場に猫がいると、どのような効果があるかについて実験を行ったことがあります。
9名の女性に実験に参加してもらったところ、9名のうち6名は、猫が職場環境をよくしていると答えました。

気分がよくなって、仕事の効率も上がったというのです。
特に、創造的な仕事には、猫のいる環境が向いているという意見もありました。

このように、猫という存在は、さまざまな有益な効果をもたらします。
緊張を緩和してリラックスさせ、気持ちを落ち着かせて血圧や体調を整える。

しかも、仕事の生産性まで上げるのですから、すばらしい効果ばかりです。
今、猫と暮らしておられるかたは、その効果をあらためて実感していただければ幸いです。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連するキーワード


リラックス 骨折

関連する投稿


血圧が下がり、子宮筋腫が改善した「中指ねじり」のやり方

血圧が下がり、子宮筋腫が改善した「中指ねじり」のやり方

基本的なやり方として中指のもみ方を紹介します。体の軸になる中指だけでもしっかりもむと、体調面、心理面がガラリと変わると思います。時間のある人は、中指と同様にすべての指をもむとさらに効果的です。行うときは、全身のヨガと同様に呼吸がたいせつです。【解説】宮本よしか(龍村式指ヨガマスターインストラクター・看護師)


【更年期障害】ほてり、多汗、腰痛が改善した!寝床で足をモゾモゾする「操体法」とは

【更年期障害】ほてり、多汗、腰痛が改善した!寝床で足をモゾモゾする「操体法」とは

患者さんの中には操体法を実践して、更年期障害によるほてりや多汗、ひざ痛、腰痛、五十肩、また加齢性の難聴まで軽快した人もいます。脳梗塞の後遺症がある人は、通常のリハビリは痛くてできないと操体を実践し、可動域が上がりました。【解説】永島知子(ながしまクリニック院長)


【認知症の予防】オキシトシンの分泌を高めるアニマルセラピーの効果 “猫”を思い描くだけでもよい

【認知症の予防】オキシトシンの分泌を高めるアニマルセラピーの効果 “猫”を思い描くだけでもよい

猫との交流を通じて、皆さんご自身にオキシトシンがよく分泌されるようになれば、それは、周囲にいる人たちへも波及していくはずです。人に優しくなれれば人間関係がスムーズになり、その輪にいる人たちすべてが、オキシトシンに満たされるでしょう。【解説】高橋徳(統合医療クリニック徳院長・ウィスコンシン医科大学教授)


【セラピーキャットとは】認知症や精神疾患の患者さんに変化!「猫」は五感を刺激し心を癒す存在

【セラピーキャットとは】認知症や精神疾患の患者さんに変化!「猫」は五感を刺激し心を癒す存在

私たちにとって、猫は五感を心地よく刺激する存在です。見れば愛らしく、触ってなでれば快く、鳴けば美しい旋律となって、えもいわれぬ刺激となります。それは、病気のあるなしに関係なく、すばらしい経験だといえるでしょう。【解説】小田切敬子(NPO法人アニマルセラピー協会理事長・生物科学博士)


【医師解説】骨粗鬆症の予防対策は「牛乳」に頼らないこと 効果的なカルシウム摂取法とは?

【医師解説】骨粗鬆症の予防対策は「牛乳」に頼らないこと 効果的なカルシウム摂取法とは?

骨粗鬆症の予防対策としてカルシウムをとるために牛乳を飲むことは妥当ではないと判断します。牛乳を飲みたい人は、嗜好品としてたまにとる程度にしたほうが賢明でしょう。カルシウムの吸収率を高めて骨を丈夫に保つには、食事のほかに運動と、日光を浴びることも必要です。【解説】岡本裕(e-クリニック医師)


最新の投稿


【腸内環境を改善】宿便と有害物質を排出して腸を大掃除する「解毒スープ」とは

【腸内環境を改善】宿便と有害物質を排出して腸を大掃除する「解毒スープ」とは

解毒スープを飲んで2時間もすると、体がポカポカしたり、尿意を催したりといった、なんらかの変化を実感できるでしょう。便秘がひどい人の場合は、便通への効果に時間がかかることもありますが、根気よく続けてください。【解説】堀田忠弘(堀田医院院長)


【腸の大掃除】便秘体質から出せる体質に 排便力を高める「解毒スープ」の作り方・飲み方

【腸の大掃除】便秘体質から出せる体質に 排便力を高める「解毒スープ」の作り方・飲み方

解毒スープを作るのに必要な材料は、ゴボウ・ショウガ・タマネギの皮・マイタケ・パセリ、そして天然塩です。材料はすべて身近なものですが、入手できないときは、どれかが欠けても構いません。まずはぜひ実践してみてください。【解説】堀田忠弘(堀田医院院長)


【便秘にも下痢にも効果】解毒スープ症例 2日で11回も出た!薬に頼らず出た!

【便秘にも下痢にも効果】解毒スープ症例 2日で11回も出た!薬に頼らず出た!

解毒スープを飲むと、腸内環境は劇的によくなります。その結果、出なかった人は出るようになり、出過ぎていた人はほどよい回数になります。カチカチ、コロコロの便も、逆にユルユルの下痢便も、ちょうどよい硬さの快便になります。さらに、便だけでなく、その他の体の不調も改善していきます。【解説】堀田忠弘(堀田医院院長)


金閣寺住職に聞いた【悩みが消える掃除術】「悩みがあるならまずぞうきんを持て」

金閣寺住職に聞いた【悩みが消える掃除術】「悩みがあるならまずぞうきんを持て」

どうやったら、物事に動じない強い自分になれますか。そういう質問に対して、私はいつもこのようにお答えします。ぞうきんを持つというのは、掃除をして、身の回りを清浄な状態に整えること。それによっておのずと道が見えてきますから、悩みの解決にもつながるのです。【解説】有馬賴底(臨済宗相国寺派管長 相国寺・金閣寺・銀閣寺住職)


【心も綺麗になる掃除術】汚れもわだかまりも一掃!自分のための「拭き掃除」のススメ

【心も綺麗になる掃除術】汚れもわだかまりも一掃!自分のための「拭き掃除」のススメ

これからどんなに優れた掃除ロボットが出てきてもふくことができない場所、それが「心」だと僕は思っています。なんとなく部屋の空気が「重い」と感じるとき。これは空間に残された感情と、自分の中にある感情とが密接につながっているからだと僕は考えています。【解説】船越耕太(空間診断士)