【卵の健康効果】下痢・過敏性腸症候群が改善!1日3個の「卵」で腸を強化できた!

【卵の健康効果】下痢・過敏性腸症候群が改善!1日3個の「卵」で腸を強化できた!

私の勧める食養生は、高たんぱく・低糖質が基本です。ちゃんと食べているつもりでも、実は栄養が十分ではないことがあるのです。特に「たんぱく質不足」に陥っている場合が非常に多いのです。では、不足すると、どういったことが起こるのでしょうか。【解説】野村哲也(はり・きゅう丙辰堂治療院院長・養鶏家)


たんぱく質不足の患者さんが非常に多い!

東洋医学では古くから、食と健康の関係が重視されてきました。
私の治療院でも、鍼灸治療に加え、食養生を患者さんに指導しています。

私の勧める食養生は、高たんぱく・低糖質が基本です。
来院する患者さんの食事内容を詳しく伺うと、ご本人はちゃんと食べているつもりでも、実は栄養が十分ではありません。

特に、たんぱく質不足に陥っている場合が非常に多いのです。
不足すると、どういったことが起こるのでしょうか。

たんぱく質は、血や筋肉をつくる材料です。
筋力の低下は体のさまざまな部位に影響を及ぼします。

例えば、脊柱起立筋という背骨を支える筋肉群が衰えると、姿勢が前かがみになります。
気づかないうちに胸や胃が圧迫され、呼吸が浅くなったり、胃腸の働きが鈍ったりします。

その姿勢のまま顔を上げて生活すると、首と肩に負担がかかり、コリや痛みが生じます。
これは、ほんの一例に過ぎません。たんぱく質は体をつくる原料ですから、不足すると、多くの不調の原因となります。

たんぱく質をしっかりとることで、それまで原因不明とされた不定愁訴や、なかなか治らなかった症状が軽快するケースが多く見られるのです そこで、高たんぱく食の核としてお勧めしたい食品が、卵です。

卵は、ヒヨコとして成長するまで必要になる栄養が含まれた、ほぼ完全栄養食です。
ひと昔前までは、コレステロールの過剰摂取を避けるため、卵は1日1個まで、といわれていました。

困ったことに、今でも、これを常識として信じている人がおおぜいいます。
私は、この誤ったイメージを打ち消すために、患者さんには「1日10個食べても大丈夫」と説明しています。

しかし、無理して食べる必要はありません。おいしく食べられる範囲で、多めにとれば十分です。
たんぱく質をとるならダイズなどの植物性食品のほうがいい、という見方もあります。

けれども私は、かつて厳格な菜食主義を貫いていた経験から、人体における動物性食品の役割や重要性を実感しています。
ヒトは本来、肉食傾向の動物です。

体の構造に適した栄養を摂取するため、動物性食品は欠かせないのです。

慢性疲労や頭痛、ぜんそくにも効果あり

実際に、卵を多くとるようにして、健康効果のあった患者さんの例をご紹介しましょう。

20代の男性は、過敏性腸症候群を訴えて来院しました。
10代のころから腸が弱く、ストレスや疲れから、すぐに下痢をしていました。

慢性的なたんぱく質不足から、腸粘膜が弱っているようでした。
鍼灸治療と並行し、食養生を指導。

卵は、1日3個から始めて徐々に増やしたところ、「肉よりも卵中心で」というご本人の希望もあり、3ヵ月後には1日に10個食べるようになりました。
このころから下痢をすることがなくなり、過敏性腸症候群を克服できました。
 

70代の女性は冷え症に加え、ひざや腰の痛みがありました。
動物性食品をほとんどとっていないそうで、体力は低下し、爪はボロボロ。

そこで、市販のプロテインの摂取に加え、1日に卵を3個食べるよう助言したところ、1年後には爪が正常になり、冷え症が改善。
腰痛は解消し、ひざ痛も軽減しました。


リウマチが治ったケースもあります。
40代の女性は、産後に関節リウマチを発症しました。

専門医のもと、抗ガン剤にも使われる強い薬で治療していましたが、副作用が怖くなり、私の治療院を訪れました。
リウマチのような自己免疫疾患は、たんぱく質不足が原因ともいわれます。

鍼灸で症状を緩和しながら、プロテインと肉食に加え、1日5個の卵をとるようにしました。
すると半年ほどで、痛みや腫れが大幅に軽減。

現在では、薬なしで日常生活ができるまでになりました。
卵を3個以上とるようにして改善した症状はほかにも、虚弱体質、貧血、慢性疲労、ネコ背、肩こり、頭痛、生理痛など多岐にわたります。


不妊症の治療をしていた女性が子宝に恵まれた例も、少なくありません。

なにより、私自身が効果を実感しています。
私も若いころから過敏性腸症候群で、週に2~3回は、おなかを下していました。
ひどい冷え症で、アトピー性皮膚炎やぜんそくも患っていました。

しかし、卵を活用し、高たんぱく・低糖質の食事を実践し始めて、3年ほどかけて体質が改善されました。
今は、いずれの症状もなく、体が丈夫になったと感じています。

私は近年、自家用に養鶏をしていて、生みたての卵を、毎日5~6個食べています。
卵料理はバリエーションが豊富なので毎日食べても飽きません。

朝食を、スクランブルエッグにすることが多いですね。
皆さんもぜひ、食生活に卵をプラスして、健康度を高めてください。

野村哲也
はり・きゅう丙辰堂治療院院長・養鶏家

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


脚やせ運動「股関節回し」でむくみスッキリ!腸腰筋を鍛える10のメリット

脚やせ運動「股関節回し」でむくみスッキリ!腸腰筋を鍛える10のメリット

股関節は、上半身と下半身をつなぐ関節ですから、ここが硬いと体全体がゆがみます。その結果、ネコ背や腰痛、肩こり、頭痛、関節の痛みなどが生じてくるのです。股関節の可動域を広げるためには、股関節周辺の筋肉を柔軟にすることがたいせつです。【解説】谷口光利(日本ボディーケア学院学院長)


鎮痛剤が効かない痛みの原因は神経の誤作動!耳さすりで正常な状態に戻すとよい

鎮痛剤が効かない痛みの原因は神経の誤作動!耳さすりで正常な状態に戻すとよい

私のクリニックには1日に100人以上の患者さんがいらっしゃいます。患者さんの中には、「消炎鎮痛剤を飲んでも痛みが引かない」「手術を受けたのに痛みがずっと続いている」と訴える人が少なくありません。骨や筋肉の器質的な異常や炎症ではなく、神経が誤作動を起こしている場合が多いのです。【解説】小田博(おだ整形外科クリニック院長)


アレルギー症状の改善には「副腎疲労を招く砂糖をやめる」ステビア・ラカンカは少量なら可

アレルギー症状の改善には「副腎疲労を招く砂糖をやめる」ステビア・ラカンカは少量なら可

砂糖の取りすぎで副腎疲労を起こすと、アドレナリンが不足して、気分が沈み込み、うつ症状になることもあります。食欲不振や便秘、下痢などの消化器の異常やパニック発作などの原因にもなります。朝起きるのがつらい、寝ても疲れが取れない、という状態が続くのは、副腎疲労の典型的な症状です。【解説】溝口 徹(新宿溝口クリニック院長)


股関節と腰の痛みを取る対策を紹介!運動療法「エゴスキュー体操」で歪みをとろう

股関節と腰の痛みを取る対策を紹介!運動療法「エゴスキュー体操」で歪みをとろう

痛みや病気を治すために生まれた運動療法「エゴスキュー体操」を知っていますか。病院やクリニックでの運動療法として、エゴスキュー体操を取り入れている医師も少なくありません。内科医や痛みの専門医が、股関節痛、腰痛、脊柱管狭窄症などの患者さんに勧めているのです。【解説】水野加津人(エゴスキュージャパン代表)


肌トラブルなしのノーファンデ!美人姉妹が勧めるハチミツの美容効果がスゴイ!

肌トラブルなしのノーファンデ!美人姉妹が勧めるハチミツの美容効果がスゴイ!

ハチミツと一口にいっても、種類はいろいろで、味も香りもすべて違います。それを試すのは本当に楽しいですし、試しているうちに、どれが自分に合うハチミツかわかってきます。とにかく、ハチミツをもっと身近に感じて、生活に取り入れてほしいと思っています。【解説】東出佳子・直子(はちみつ美容研究家)


最新の投稿


巻き爪を予防する「正しい爪の切り方」深爪やバイアスカットが陥入爪も招く

巻き爪を予防する「正しい爪の切り方」深爪やバイアスカットが陥入爪も招く

フットケア外来を開設して驚いたのは、ほとんどの患者さんが正しい爪の切り方を知らないことでした。巻き爪や陥入爪(巻いた爪が皮膚に食い込む状態)といった爪のトラブルを防ぐには、スクエアカットといって、爪を̻四角に切ります。絶対してはいけないのが深爪とバイアスカットです。【解説】高山かおる(済生会川口総合病院皮膚科主任部長)


老廃物をグイグイ流して血流を改善「足の指刺激」のやり方

老廃物をグイグイ流して血流を改善「足の指刺激」のやり方

私は若い頃から拳法で鍛え、道場で拳法家の育成にも努めています。30代前半までは、仕事に、拳法にと精力的な日々を送っていましたが、30代後半になると、とたんに肩こりや座骨神経痛など、さまざまな痛みが生じるようになりました。【解説】原田秀康(国際足健法協会会長)


漢方薬剤師に聞く「干しぶどう」の効果効能「夜は酒・昼は酢」で使い分ける

漢方薬剤師に聞く「干しぶどう」の効果効能「夜は酒・昼は酢」で使い分ける

私は以前から、目の症状を訴えるかたがたに「干しブドウ酒」を勧めてきました。実際に、干しブドウ酒を試したかたがたからは、「目が疲れにくくなった」「目の痛みが取れた」「見えやすくなった」「かすみ目が改善した」など、さまざまな声をいただいています。【解説】井上正文(木暮医院漢方相談室薬剤師)


【息子の婚活】服装を親が選んではダメ!第一印象アップの秘訣を“モテ”のカリスマが指南

【息子の婚活】服装を親が選んではダメ!第一印象アップの秘訣を“モテ”のカリスマが指南

最近の”婚活”の主役は40代ですが、親御さんのセミナー参加が多くなったのも特徴です。特に、「どうすれば息子は結婚できるのでしょうか」という、お母さまからの切実な相談が増えています。【解説】白鳥マキ(Change Me結婚相談所代表・モテるメール評論家)


緑内障を予防する食べ物は「キャベツ」ハーバード大の研究で判明!

緑内障を予防する食べ物は「キャベツ」ハーバード大の研究で判明!

緑内障という病気について、「何をどうしようが防ぐことはできない病気」と考えているなら、それは完全な誤解です。緑内障は、日ごろの工夫によって、十分に予防できる病気といえます。【解説】小栗章弘(おぐり眼科名古屋院・長浜院理事長)