MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営
【3種の酢で実験】血圧を下げるには「穀物酢」が最適!加熱で降圧作用アップ

【3種の酢で実験】血圧を下げるには「穀物酢」が最適!加熱で降圧作用アップ

「酢は体にいい」というイメージを持つ人は多いと思います。よく聞くのは、「血圧を下げる」「内臓脂肪を減らす」などの健康効果ではないでしょうか。実際、2001年には、食酢に含まれる酢酸に、血圧の上昇を抑制する作用があることが報告されています。【解説】森永八江(山口大学教育学部講師)

解説者のプロフィール

森永八江
青森県立保健大学助教を経て現職。教育学部家政教育コースで、栄養について教鞭を執る。研究テーマは「ヒトと健康」「ヒトと栄養のかかわり」「食品の機能性成分」。管理栄養士。健康科学博士。

血圧は8時間後も低いまま!

「酢は体にいい」というイメージを持つ人は多いと思います。
よく聞くのは、「血圧を下げる」「内臓脂肪を減らす」などの健康効果ではないでしょうか。

実際、2001年には、食酢に含まれる酢酸に、血圧の上昇を抑制する作用があることが報告されています。

そのメカニズムは、アンジオテンシンⅡという生理活性物質の働きを抑えるというものです。
アンジオテンシンⅡは血管を収縮させるため、過剰になると血圧が上がり、動脈硬化を招くことがわかっています。
酢酸には、アンジオテンシンⅡの働きを抑制し、血圧の上昇を防ぐ作用があるのです。

こうした作用を持つのは、酢の成分のなかで、酢酸だけなのでしょうか。
私たちはそれを調べるため、今から約10年前、3種の食酢を使って実験を行いました。

穀物酢・リンゴ酢・純米酢から酢酸を除去して粉末にし、それぞれのACE阻害活性(アンジオテンシンⅡの産生を阻害する力)を測定したのです。

すると、穀物酢>純米酢>リンゴ酢の順で、いずれも酢酸より強いACE阻害活性があることがわかりました。
つまり、これら3種の酢には、酢酸以外にも、アンジオテンシンⅡの働きを阻害する物質が、相当量含まれているのです。

さらに、最もACE阻害活性の強かった穀物酢で、動物実験も行いました。
高血圧を自然に発症するラットを、①水だけを飲む群、②降圧剤を飲む群、③酢酸を除去した穀物酢の粉末を飲む群、の三つに分け、2時間ごとに血圧を測定しました。

その結果、水を飲んだ群は血圧が高いままでしたが、降圧剤を飲んだ群と、穀物酢を飲んだ群は、2時間後および4時間後に血圧が有意に低下しました。

そして、6時間後、8時間後でも、穀物酢を飲んだラットの血圧は低いままでした。
穀物酢は、血圧降下作用が持続するということです。

穀物酢を与えたときのラットの血圧の変化

酢の刺激が苦手なら加熱して酸味を和らげる

加えて私たちは、酢を加熱することによって起こる変化についても調べました。

結果は、穀物酢と純米酢では、加熱することでACE阻害活性が若干高まりました。
一方、リンゴ酢では、加熱するとACE阻害活性は低下しました。

以上の実験結果からいえるのは、まず、酢には、酢酸以外にも血圧の上昇を抑える成分が含まれているということです。
成分の特定には至っていませんが、グルタミンとプロリンが多く含まれるペプチドであると予想されます。

そして、3種の酢のなかで、血圧の上昇を抑制する作用が最も強いのは、穀物酢だということです。
実験で使った穀物酢の原材料は、小麦・酒かす・米・コーン・アルコールでした。

もちろん、冒頭でご説明したように、酢に含まれる酢酸にも降圧作用があります。
酢酸は揮発性なので、加熱すると飛んでしまいます。
酢酸の健康効果を100%享受したければ、加熱せずに摂取するのが理想です。

とはいえ、家庭で調理する場合、酢酸がすべて飛んでしまうことはないでしょう。
また、前述したように、加熱しても酢酸以外の降圧成分は残り、若干ですが、活性が高まります。

けっきょく、酢で血圧降下作用を得たければ、毎日とりやすい方法で摂取するのがいちばんです。
酢のツンとした刺激が苦手な人は、煮物や炒め物に加えて加熱し、酸味を和らげるといいでしょう。
それでも健康効果は得られるのでご安心ください。

なお、血圧が高い人は、塩分を控えるよう指導されている人も多いでしょう。
酢を使うと、味の物足りなさを補うことができ、自然と減塩できます。

そうした意味からも、日々の食生活に酢を上手に取り入れていただけたらと思います。

この記事のエディター

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連記事
血圧が高くなることを気にしておられるかたもいらっしゃるでしょう。しかし、年齢とともに血圧が上がるのは、生命を維持するために必要な自然現象なのです。高齢者の場合、血圧が高いおかげで元気なのだといってもいいでしょう。【解説】松本光正(関東医療クリニック院長)
更新: 2019-05-03 18:00:00
乳酸タマネギを食べ始めると、1週間後くらいから、それまで不安定だったお通じが、2日に1回のペースでつくようになったのです。また、私は30代で糖尿病になりました。現在も通院して血糖値のチェックを受けています。乳酸タマネギを食べ始めてから、血糖値も正常値で安定しているので、うれしい限りです。【体験談】林恵(主婦・51歳)
更新: 2019-02-27 18:00:00
定期通院で血圧が130mmHgに下がっていたのです。降圧剤でも正常値にならなかったので、このときは「うそでしょ!? 」と声が出るほど本当に驚きました。2ヵ月後も正常値だったため4錠だった降圧剤を2錠に減らせました。念願だった減薬に着手できてどれだけうれしかったかわかりません。【体験談】山田平次(仮名・会社員・69歳)
更新: 2019-02-20 18:00:00
バナナ酢を飲み始めて暫くすると、以前は60kg弱だった体重が、今は56kg前後に。夫の血圧も安定しています。以前は、降圧剤を飲んだ状態で最大血圧は130mmHg台でしたが、最近は、日によっては120mmHg台まで下がるそうです。【体験談】久保田亮子(仮名・パートタイマー・69歳)
更新: 2018-11-12 07:00:00
効果を確かめようと、行う前と後で血圧を計りました。すると、行う前は168mmHgあった最大血圧が、アキレス腱トントン体操を両足合わせて200回した後では138mmHgまで下がったのです。内心、効果を信じていなかったので、この急降下ぶりに思わず目を見はりました。【体験談】鈴木秀一(会社役員・56歳)
更新: 2018-10-31 07:00:00
最新記事
私は、60歳の今も左右の視力は1・0を保っています。これまでメガネの世話になったこともありません。老眼知らずの状態をキープしている秘密は、私が毎日行っているトレーニング「目のスクワット」にあるのです。毛様体筋をほぐす効果があります。【解説】本部千博(ほんべ眼科院長)
更新: 2019-07-03 14:37:40
体重100kgの人なら3kg、80kgの人なら2.5kg程度の減量で、条件付きですが糖尿病の改善は可能です。体重が3%減少すると、ヘモグロビンA1cが3%程度下がることがわかったからです。例えば、ヘモグロビンA1cが9%の人なら、だいたい6%程度まで下がります。【解説】吉田俊秀(島原病院 肥満・糖尿病センター長)
更新: 2019-06-06 18:00:00
これまで、入院患者さん向けの、いわゆる「リハビリ体操」はありましたが、外来の患者さんが希望するような体操はありませんでした。そこで私たちは、血圧を上げる要因である、末梢の「血管抵抗」を減らす筋トレを考案することにしました。【解説】金子操(自治医科大学附属病院リハビリテーションセンター室長・理学療法士)
更新: 2019-06-05 18:00:00
1日の疲れを取るには、就寝時間や睡眠時間ではなく、「眠りに就いて4時間以内に、深睡眠を取ること」がたいせつなのです。しかし現代人の多くは、深夜にテレビやスマホを見たり、ストレスで体の緊張が取れなかったりして、本来の睡眠リズムが狂い、深睡眠を取りづらくなっています。【解説】白濱龍太郎(睡眠専門医)
更新: 2019-06-04 18:00:00
納豆を毎日食べるようになったとき、最初に実感できるのは、便通の改善でしょう。それもそのはず。納豆には、腸内環境を整えるための働きや成分がそろっているからです。腸内において納豆菌は、活性酸素を分解する酵素と、善玉菌のえさとなる栄養分を作りだし、善玉菌の増加を強力にサポートします。【解説】河埜玲子(済生会松阪総合病院医師・料理家) 
更新: 2019-06-03 18:00:00