MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営
【薄毛・円形脱毛症が改善】老け見えの原因はタンパク質不足!私は「卵」で57歳で黒髪ロングを維持!

【薄毛・円形脱毛症が改善】老け見えの原因はタンパク質不足!私は「卵」で57歳で黒髪ロングを維持!

経験上、不足している栄養素の第1位は、たんぱく質。カロリー(エネルギー)は十分でも、体に不可欠な栄養素が不足している、現代型栄養失調のかたが多く見られます。そこで、たんぱく源として私がお勧めしているのが卵。【解説】佐藤智春(メディカルコーディネーター・血液栄養診断士)

解説者のプロフィール

佐藤智春
NPO法人分子整合栄養医学協会認定・血液栄養診断士。メディカルコーディネーター、バイタルアナリスト。著書に『卵を食べれば全部よくなる』(マガジンハウス)、『男は食事で出世させなさい』(ポプラ社)などがある。

たんぱく質不足から円形脱毛症を発症!

私はメディカルコーディネーター・血液栄養診断士として、22年間活動しています。
相談者の60項目以上にわたる血液データから、不足していると思われる栄養素を食生活に加える提案をして、健康状態を引き上げるアドバイスをするのです。

経験上、不足している栄養素の第1位は、たんぱく質。
カロリー(エネルギー)は十分でも、体に不可欠な栄養素が不足している、現代型栄養失調のかたが多く見られます。

そうなると、まず、生命活動にかかわりのない部位から変化が現れます。
髪が抜けたり、肌がたるんだり、若々しさが消えていくのです。

毛髪の悩みを抱えるかたには特に、たんぱく質が髪の材料になることを話すと、その重要性を納得してもらえます。
そこで、たんぱく源として私がお勧めしているのが卵。

蛋白質の「蛋」は、もともと「卵」を表す漢字ですから、たんぱく質を多く含む代表的な食材といえます。
卵は、ほぼすべての栄養素が含まれる完全栄養食です。

含まれるアミノ酸は、バランス的にも質的にも優れています。
私は、卵を1日3個食べています。

皆さんにもそう勧めていますが、驚かされるのは、いまだに「コレステロール値が高くなるから卵は1日1個まで」と信じている人の多いことです。
卵を多く食べてもコレステロール値に影響がないことは明らかになっていますし、それは私自身や相談者の、22年間の血液データからもわかります。

私が卵を強く推すのには、もう一つ理由があります。
若いころに体調をくずし、卵に救われた経験があるのです。

ときはバブル時代。当時の私は、芸能マネージャーとして寝る間もなく働いていました。
27歳でスタイリストとして独立しましたが、過酷な勤務の末、健康を害してしまったのです。

これ以上仕事を続けられないと決断したのが33歳のとき。
強いストレスからか、固型の食べ物を受け付けなくなり、スープのみの食事が日常化していました。

その結果、極度の栄養失調に陥ったのです。
身長163cmで体重は39kg、ウエストは50cmと、ガリガリの体形でした。

腕はまるで棒のよう。筋肉が減ったせいで、お尻から太ももの皮膚が、老人のようにたるんでいました。
顔はもちろん、全身の肌からハリが失われ、シワやシミも相当ありました。

髪は抜けやすくなり、気づかぬうちに頭頂部が円形脱毛症になっていたのは、かなりショックでした。
生理も3年ほど、止まったまま。加えて、更年期障害のような関節痛も発症していました。

以前の体重まで回復し肌のハリも戻った!

これほどひどい状態でしたが、薬中心の病院での治療には疑問がありました。
そこで、整体院や鍼灸院に通ったところ、整体師の先生から、「毎日、卵を10個食べるといいよ。コレステロールは高くならないよ」と、アドバイスを受けたのです。

そこから、1日10個の卵生活が始まりました。
かき玉スープや茶碗蒸し、卵焼き、目玉焼き、そしておやつとしてのゆで卵。

さまざまな工夫を凝らして実践するうちに、徐々に体重が増加し、1年ほどで以前の45㎏まで回復しました。
それに伴い、円形脱毛症も改善。肌にハリが戻り、筋肉量も増えました。

体調も、少しずつ上向きになっていきました。
健康状態が戻りつつあるときに出合ったのが、分子整合栄養学です。

体調不良や発病の原因に栄養不足が関係していることや、人には自然治癒力があることを血液データで裏付ける、健康の本質を学びました。
私は肉や魚を積極的に食べるようになった今も、1日卵3個を欠かさず、たんぱく質を十分にとっています。

そうした栄養療法を、長年続けているおかげか、現在57歳ですが、しばしば実年齢より若く見られます。
驚かれるのは、腰まで届くボリューム豊かなロングヘア。

これまで毛染めをしたことはないのに、黒髪をフサフサの状態で維持できているのは、ありがたい限りです。
カゼにも無縁でパワフルな毎日を送ることができ、生活の質の重要性を感じています。

友人の脳科学者の女性は、52歳のときに、私のアドバイスで卵を1日3個以上食べる生活を始めました。
当初の目的は、更年期の骨粗鬆症予防でしたが、気がつけば、部分カツラを使うほどだった薄毛が、すっかり解消。

3年ほどしてから受けた検査で、脂肪肝が完治していたと大変喜んでくれました。
皆さんも毎日の食事に、卵を3個プラスしてみてください。

きっと3ヵ月ほどで、髪や肌の変化を実感することでしょう。

十分な量のたんぱく質が肌や髪の状態を改善(空海記念統合医療クリニック院長 星野惠津夫)

卵には、脳の働きを維持するために欠かせないコリンやレシチンが豊富に含まれています。
佐藤さんは、低栄養のため、体力とともに脳の働きも低下し、神経性食欲不振症に陥っていたのでしょう。

卵を大量に食べ、不足していた栄養を補うことができたため、体調が回復しました。
たんぱく質は、生物の体を構成するのに中心的な役割を担います。

必要十分な量が補充されれば、体の末端である肌や髪の状態も、改善されます。

この記事のエディター

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連記事
皆さんは、「酢コンブ」を食べたことがあるでしょう。駄菓子、もしくは、おつまみの一つというイメージが強い酢コンブですが、手作りして、定期的に食べるようにすると、薄毛や抜け毛、白髪の解消に役立つのです。【レポート】菊池薫(医学ジャーナリスト)【監修】中山貞男(昭和大学保健医療学部・元客員教授)
更新: 2018-08-29 12:32:45
私はこれまで、「50代なのに30代に見える医師」として多くの著書を出してきましたが、ついに還暦を迎えました。しかし、老化するどころか、体調は非常に良好で、元気はつらつです。髪もフサフサで、60代には見られない自信があります。【解説】南雲吉則(ナグモクリニック総院長)
更新: 2018-09-14 14:43:30
黒ゴマを積極的にとることで、抜け毛や白髪が減り、黒髪が生えるという現象は、漢方の世界から見ると、実に理にかなっています。漢方では、黒ゴマに「若返り効果」や「活力増強効果」があるとされているからです。【解説】井上正文(木暮医院漢方相談室薬剤師)
更新: 2018-01-26 15:36:41
きな粉牛乳をご存知ですか。作り方は、牛乳コップ1杯(約180ml)にスプーン1〜3杯のきな粉を入れて良く混ぜるだけ、という簡単レシピ。きな粉ドリンクを毎日飲めば、便秘解消や骨粗鬆症の改善、ダイエットに効果を発揮するといわれています。男性にも女性にもお勧めです。【レポート】速水千秋(医学ジャーナリスト)
更新: 2018-09-25 11:27:35
「黒い食べ物が体にいい」といわれるのは、黒い色素に、ポリフェノールやアントシアニンなどの抗酸化成分が多く含まれているからです。ですので、せっかく食べるのなら、白ゴマよりも黒ゴマをお勧めします。もう一つ、髪のトラブルに悩むかたに特にお勧めしたい食品は、牛乳です。【解説】里見英子(里見英子クリニック院長)
更新: 2018-08-29 11:55:46
最新記事
日本の発酵食品(しょうゆ、みそ、日本酒など)を作る上で、こうじはなくてはならないものです。こうじは、蒸した米や麦、大豆などに、こうじ菌という微生物を繁殖させたものでこうじ菌が作った栄養成分がぎっしり詰まっています。こうじについては多少の知識がありますので、少しお話しさせてください。【解説】浅利妙峰(糀屋本店女将) 
更新: 2019-05-25 18:00:00
「腰が痛い!」幅広い年齢層に蔓延する腰痛。しかし、病院に駆け込んで、骨や神経に異常が見つからない場合は「非特異的腰痛症」と診断されます。非特異的、つまり、原因不明の腰痛という意味。なんとも不思議な病名です。「腰が痛い」という異常があるから病院に来ているのに……。【解説】戸田佳孝(戸田リウマチ科クリニック院長)
更新: 2019-05-24 18:00:00
これまで、疲労が起きるのは、「エネルギーがなくなるから」「疲労物質が筋肉にたまるから」と考えられてきました。しかし、最新の研究によって、疲労が起きるほんとうの理由は、「自律神経の中枢である、脳がサビつくから」ということが、わかっています。【解説】梶本修身(東京疲労・睡眠クリニック院長)
更新: 2019-05-23 18:00:00
私は、これまで40年以上、タマネギをはじめとする、ネギ属の機能性成分を研究してきました。そこでタマネギには、確かに血液をサラサラにする働きがあるということが明らかになったのです。【解説】西村弘行(北翔大学・北翔大学短期大学部学長/東海大学名誉教授)
更新: 2019-05-22 18:00:00
見たいものにピントを合わせる「目の調節力」は25歳を過ぎる頃からどんどん低下し、30代後半から近くが見えづらくなる老眼になってきます。目の疲れや調節力の低下を改善するためにお勧めなのが、目の周囲を温める「温熱療法」です。私は、温熱療法の効果を多くの実験で確認しています。【解説】高橋洋子(みたにアイクリニック院長)
更新: 2019-05-21 18:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt