医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営

【薄毛・円形脱毛症が改善】老け見えの原因はタンパク質不足!私は「卵」で57歳で黒髪ロングを維持!

【薄毛・円形脱毛症が改善】老け見えの原因はタンパク質不足!私は「卵」で57歳で黒髪ロングを維持!

経験上、不足している栄養素の第1位は、たんぱく質。カロリー(エネルギー)は十分でも、体に不可欠な栄養素が不足している、現代型栄養失調のかたが多く見られます。そこで、たんぱく源として私がお勧めしているのが卵。【解説】佐藤智春(メディカルコーディネーター・血液栄養診断士)


解説者のプロフィール

佐藤智春
NPO法人分子整合栄養医学協会認定・血液栄養診断士。メディカルコーディネーター、バイタルアナリスト。著書に『卵を食べれば全部よくなる』(マガジンハウス)、『男は食事で出世させなさい』(ポプラ社)などがある。

たんぱく質不足から円形脱毛症を発症!

私はメディカルコーディネーター・血液栄養診断士として、22年間活動しています。
相談者の60項目以上にわたる血液データから、不足していると思われる栄養素を食生活に加える提案をして、健康状態を引き上げるアドバイスをするのです。

経験上、不足している栄養素の第1位は、たんぱく質。
カロリー(エネルギー)は十分でも、体に不可欠な栄養素が不足している、現代型栄養失調のかたが多く見られます。

そうなると、まず、生命活動にかかわりのない部位から変化が現れます。
髪が抜けたり、肌がたるんだり、若々しさが消えていくのです。

毛髪の悩みを抱えるかたには特に、たんぱく質が髪の材料になることを話すと、その重要性を納得してもらえます。
そこで、たんぱく源として私がお勧めしているのが卵。

蛋白質の「蛋」は、もともと「卵」を表す漢字ですから、たんぱく質を多く含む代表的な食材といえます。
卵は、ほぼすべての栄養素が含まれる完全栄養食です。

含まれるアミノ酸は、バランス的にも質的にも優れています。
私は、卵を1日3個食べています。

皆さんにもそう勧めていますが、驚かされるのは、いまだに「コレステロール値が高くなるから卵は1日1個まで」と信じている人の多いことです。
卵を多く食べてもコレステロール値に影響がないことは明らかになっていますし、それは私自身や相談者の、22年間の血液データからもわかります。

私が卵を強く推すのには、もう一つ理由があります。
若いころに体調をくずし、卵に救われた経験があるのです。

ときはバブル時代。当時の私は、芸能マネージャーとして寝る間もなく働いていました。
27歳でスタイリストとして独立しましたが、過酷な勤務の末、健康を害してしまったのです。

これ以上仕事を続けられないと決断したのが33歳のとき。
強いストレスからか、固型の食べ物を受け付けなくなり、スープのみの食事が日常化していました。

その結果、極度の栄養失調に陥ったのです。
身長163cmで体重は39kg、ウエストは50cmと、ガリガリの体形でした。

腕はまるで棒のよう。筋肉が減ったせいで、お尻から太ももの皮膚が、老人のようにたるんでいました。
顔はもちろん、全身の肌からハリが失われ、シワやシミも相当ありました。

髪は抜けやすくなり、気づかぬうちに頭頂部が円形脱毛症になっていたのは、かなりショックでした。
生理も3年ほど、止まったまま。加えて、更年期障害のような関節痛も発症していました。

以前の体重まで回復し肌のハリも戻った!

これほどひどい状態でしたが、薬中心の病院での治療には疑問がありました。
そこで、整体院や鍼灸院に通ったところ、整体師の先生から、「毎日、卵を10個食べるといいよ。コレステロールは高くならないよ」と、アドバイスを受けたのです。

そこから、1日10個の卵生活が始まりました。
かき玉スープや茶碗蒸し、卵焼き、目玉焼き、そしておやつとしてのゆで卵。

さまざまな工夫を凝らして実践するうちに、徐々に体重が増加し、1年ほどで以前の45㎏まで回復しました。
それに伴い、円形脱毛症も改善。肌にハリが戻り、筋肉量も増えました。

体調も、少しずつ上向きになっていきました。
健康状態が戻りつつあるときに出合ったのが、分子整合栄養学です。

体調不良や発病の原因に栄養不足が関係していることや、人には自然治癒力があることを血液データで裏付ける、健康の本質を学びました。
私は肉や魚を積極的に食べるようになった今も、1日卵3個を欠かさず、たんぱく質を十分にとっています。

そうした栄養療法を、長年続けているおかげか、現在57歳ですが、しばしば実年齢より若く見られます。
驚かれるのは、腰まで届くボリューム豊かなロングヘア。

これまで毛染めをしたことはないのに、黒髪をフサフサの状態で維持できているのは、ありがたい限りです。
カゼにも無縁でパワフルな毎日を送ることができ、生活の質の重要性を感じています。

友人の脳科学者の女性は、52歳のときに、私のアドバイスで卵を1日3個以上食べる生活を始めました。
当初の目的は、更年期の骨粗鬆症予防でしたが、気がつけば、部分カツラを使うほどだった薄毛が、すっかり解消。

3年ほどしてから受けた検査で、脂肪肝が完治していたと大変喜んでくれました。
皆さんも毎日の食事に、卵を3個プラスしてみてください。

きっと3ヵ月ほどで、髪や肌の変化を実感することでしょう。

十分な量のたんぱく質が肌や髪の状態を改善(空海記念統合医療クリニック院長 星野惠津夫)

卵には、脳の働きを維持するために欠かせないコリンやレシチンが豊富に含まれています。
佐藤さんは、低栄養のため、体力とともに脳の働きも低下し、神経性食欲不振症に陥っていたのでしょう。

卵を大量に食べ、不足していた栄養を補うことができたため、体調が回復しました。
たんぱく質は、生物の体を構成するのに中心的な役割を担います。

必要十分な量が補充されれば、体の末端である肌や髪の状態も、改善されます。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【筋トレ中の食事】食べて筋肉をつける!たんぱく質たっぷりレシピ

【筋トレ中の食事】食べて筋肉をつける!たんぱく質たっぷりレシピ

年を取れば取るほど骨や筋肉の土台となるたんぱく質や脂肪は「多め」に取るのが正解です。でも調理するのが面倒、かむ力が弱くなった、食欲がない、そういった声もよく聞かれます。①簡単で、②食べやすく、③食欲をそそる味で、④作りおきができる、便利なレシピをご紹介します。【レシピ考案・料理・スタイリング】あまこようこ(料理研究家)


【女性の抜け毛】原因は首のコリ!ツボ刺激で髪を増やす方法

【女性の抜け毛】原因は首のコリ!ツボ刺激で髪を増やす方法

私は、「骨格は筋肉に支えられている」という考えに立ち、人さし指1本で体のコリをほぐす「一指法整体」を行っています。主に人さし指をツボやこっている部分に軽く押し当て、ぐるぐると動かします。ぐるぐると動かすので、「ぐるぐる整体」とも呼んでいます。【解説】荒木純夫(ぐるぐる整体池袋院長)


食欲がない原因は「胃の位置」胃を上げる体操で飲みこみやすさがアップする理由

食欲がない原因は「胃の位置」胃を上げる体操で飲みこみやすさがアップする理由

子どものころ、立てひざでご飯を食べて叱られた。そんな思い出はありませんか。「立てひざで食事」は、一般常識ではマナー違反とされています。しかし実は、誤嚥の予防にとてもいい姿勢なのです。お勧めなのが、食事の前に胃の位置を上げておくこと。それを簡単に行える体操が「右足首の内回し」です。【解説】浜田貫太郎(浜田整体院長)


自分の血を用いる毛髪再生治療「PRP療法」その効果と治療の流れ

自分の血を用いる毛髪再生治療「PRP療法」その効果と治療の流れ

脱毛や薄毛には、さまざまな原因がありますが、自分の血液から抽出した成分を用いることで、脱毛症の種類や性別を問わずに効果が得られる可能性があるという「毛髪再生治療」が注目を集めています。従来の治療で改善の見られなかった女性の脱毛症にも有効なケースが多いのです。【解説】瀧川恵美(新東京病院 形成外科・美容外科部長)


20kgやせて脂肪肝を改善した医師のダイエット法 「ご飯の代わりに卵2個」

20kgやせて脂肪肝を改善した医師のダイエット法 「ご飯の代わりに卵2個」

10年ほど前には、自分が肝臓の専門医でありながら、太りすぎで脂肪肝になってしまいました。前後して、不整脈発作にも襲われるようになり、痛風になって足の痛みにも悩まされました。肥満と脂肪肝にお悩みのかたは、ご飯を卵に替えるだけで、やせて肝機能値がよくなるこの食事法をお試しください。【解説】川西輝明(肝臓クリニック札幌院長)


最新の投稿


【ふくらはぎを温める効果とやり方】寝つきがよくなり低体温も改善してきた!

【ふくらはぎを温める効果とやり方】寝つきがよくなり低体温も改善してきた!

横になっても寝入るまでに1〜2時間かかるのがあたりまえ。3時間以上眠れないこともありました。さらに夜の間に2〜3回はトイレに起きていました。サポーターでふくらはぎを温めるようにしたら30分も経たないうちに眠れるのです。そして朝まで目覚めることなく熟睡できるようになりました。【体験談】山田亜希子(仮名・無職・79歳)


【美容効果】キュウリパックの正しいやり方は?食べるならいつが最適?

【美容効果】キュウリパックの正しいやり方は?食べるならいつが最適?

美肌に関しては、キュウリの皮に含まれるビタミンEとβ-カロテンの働きも見逃せません。体内では有害な活性酸素ができ、老化を進めます。ビタミンEの中でも、最も抗酸化力が高いのがα-トコフェロールという種類ですが、キュウリに含まれるのは、すべてこの種類なのです。【解説】佐藤美(シロノクリニック横浜院院長)


風邪・インフルエンザに効果「プロポリス」とは? 有効成分は抽出法で違う?

風邪・インフルエンザに効果「プロポリス」とは? 有効成分は抽出法で違う?

プロポリスは、ハチの巣への細菌の侵入を防ぎ、その増殖を防いでくれる物質です。いわば、家を守る防御壁なのです。私たちがこのプロポリスを摂取する際には、それがどのようにして抽出されたのかが、一つの重要なポイントとなります。プロポリスの抽出法によって含有される有効成分が異なるからです。【解説】門田重利(富山大学名誉教授)


自律神経が整うと睡眠の質がよくなった!頭皮セラピーのリラックス効果

自律神経が整うと睡眠の質がよくなった!頭皮セラピーのリラックス効果

私の場合、いろいろなプログラムを受けた後、交感神経の数値は下がっても、副交感神経にはほとんど変化がありません。施術直後でこの状態なのですから、普段はもっと緊張しているのだと思います。施術を受けた後、あくびが何度も出たのは、交感神経の緊張が取れ、リラックスした証拠だと思います。【体験談】西野博子(仮名・主婦・53歳)


起床時の「キーン」という耳鳴りが「昆布水」で改善し、高かった血圧も落ち着いた!

起床時の「キーン」という耳鳴りが「昆布水」で改善し、高かった血圧も落ち着いた!

病院での検査の結果、メニエール病と診断され、難聴になっていることもわかりました。めまいは、処方してもらった薬を飲んだら、なんとか治まりました。耳鳴りはその後も続きました。いちばん気になるのは、朝起きたときです。いつも耳の中で、キーンという音がしていました。【体験談】岩佐優(料理店経営・66歳)