MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営
【セラピーキャットとは】認知症や精神疾患の患者さんに変化!

【セラピーキャットとは】認知症や精神疾患の患者さんに変化!

私たちにとって、猫は五感を心地よく刺激する存在です。見れば愛らしく、触ってなでれば快く、鳴けば美しい旋律となって、えもいわれぬ刺激となります。それは、病気のあるなしに関係なく、すばらしい経験だといえるでしょう。【解説】小田切敬子(NPO法人アニマルセラピー協会理事長・生物科学博士)

猫と触れ合う時間は患者さんにとても大切

ヒメ(メス・10歳)は、私と犬のチャッピー(メス・享年16歳)が、セラピーキャットとして育てました。
セラピーキャットとは、病院や施設で、認知症をはじめさまざまな病気の患者さんたちと接し、心を癒す猫のことです。

ヒメは、私の自宅ではいたって普通の猫です。
人見知りでお客さんが来ると、たちまち2階に隠れてしまいます。

ところが、病院に連れて行くと、まるで「別猫」。
自分の仕事がわかっているらしく、私にいわれなくても、患者さんたちのひざに自ら乗っていきます。

そして、おとなしくなでられ、気持ちよさそうに目を細めます。
ヒメは、生後3ヵ月のときから仕事を始めました。

最初は、ケージの中から様子を見ているだけでした。
でも、セラピードッグの先輩であるチャッピーのふるまいを見ているうちに、「こうするものなんだな」ということを学んでいきました。

一般的に、猫は犬より知能で劣っているようにいわれますが、決してそんなことはありません。
猫たちは、びっくりするくらい周囲をよく見て、いろいろなことを理解しているのです。

ただ、わかっていても、猫は何もいわないだけ。
ヒメと触れ合う時間は、認知症の患者さんたちにとって、とても大切なのは間違いありません。

ヒメをなでているうちに、患者さんたちの様子が変わっていくのです。
いつも伏し目がちだったかたが、目を大きく開けてヒメの動きを追うようになったり、あまり声を出すことができなかったかたが、「ヒメちゃん」と呼びかけるようになったり……。

このように、ヒメを抱いたりなでたりすることは、間違いなく、患者さんの気持ちを和らげる効果があると思います。
もちろん、認知症がある程度進行したかたの場合、前にヒメと会ったことを忘れている場合もあります。

しかし、そういうかたでも、ヒメをひざに乗せると、抱き方を体が覚えていて、自然と上手に抱いてくださることがあるのです。

集会室に集まり、順番にひざに乗せる

車イスの患者さんが歩く意欲を持ち始めた

このように、動物と触れ合った経験は体が覚えています。
脳のどこかの部位に、刺激として保存されているのでしょう。

猫との触れ合いは、脳への貴重な刺激だと思います。
現在、私が携わっているセラピーキャットの活動は、最も頻繁な病院で2週間に1回です。

セラピーキャットと接していただくことで、認知症の進行を少しでも遅らせることにつながれば、と考えています。
もし、ご家族に認知症の傾向が見られていて、なおかつ猫と暮らしているのなら、ぜひ触れ合う機会を作ってみてください。

最初、猫は嫌がるかもしれないので、無理は禁物です。
でも、猫は、家族のことをよく見て理解しています。

気が向いたら、そのうち近づいてくれるでしょう。
私たちにとって、猫は五感を心地よく刺激する存在です。

見れば愛らしく、触ってなでれば快く、鳴けば美しい旋律となって、えもいわれぬ刺激となります。
それは、病気のあるなしに関係なく、すばらしい経験だといえるでしょう。

これまでのセラピーの経験では、認知症以外のケースでも効果を目の当たりにしてきました。
例えば、今まで口をきかなかった精神疾患の患者さんがヒメの名前を呼ぶようになったり、車イスの患者さんが歩く意欲を持ち始めたりしたこともありました。

ある精神科病棟に伺ったときのことです。
ヒメを抱いた統合失調症の60代の女性の患者さんが、涙をポロリとこぼしました。

「昔、息子が小さかったとき、どうしてもというから猫を飼ったのよ」といいます。
しばらくは涙を流して何かを思い出している様子でしたが、ヒメを抱き締めているうち、落ち着いて安らいだ表情になりました。

その後、退院されるまで、ヒメに会うと昔話をたくさんしてくれるようになったのです。
猫は、忘れかけていた記憶やしまい込んでいた気持ちを、そっと揺り起こしてくれます。

介護されるかたばかりではなく、ご家族の気持ちも、猫は必ずや癒してくれるでしょう。
体が疲れ切って、気持ちがすさんでいるときには、そっと猫が寄り添ってくれるはずです。

解説者のプロフィール

小田切敬子
1959年、大阪府出身。麻布大学獣医学研究科卒。筑波大学生命環境科学研究科修了。専門は動物の行動解析とアニマルセラピーの実践。1990年、NPO法人アニマルセラピー協会を設立。現在は、ヒメちゃん(メス・10歳)とともに、病院や高齢者施設を訪問。プライベートでは、認知症の母親との生活を送るなか、猫たちに癒されている。

この記事のエディター

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連記事
抹茶に含まれるカテキンなどのポリフェノールは、抗酸化力の強い物質であることがわかっています。さらに、レモンの皮に含まれる「ノビレチン」というポリフェノールには、認知症の原因の1つとされている、アミロイドβという物質の脳への沈着を減らす働きがあるという研究結果が出ているのです。【解説】丁宗鐵(医学博士・日本薬科大学学長)
更新: 2018-10-21 07:00:00
片鼻呼吸法とは、文字どおり、片側の鼻だけで呼吸する方法で、ヨガなどでもよく行われています。片鼻呼吸法を毎日行うことで、記憶力を向上させ、ボケを防いで、さらにさまざまな健康効果を得ることを期待できるのです。【解説】高田明和(浜松医科大学名誉教授)
更新: 2018-10-19 18:52:01
ほとんどの人は、両足10本の指のうちに何本か、意識があまり通じていない指があるはずです。足には多くの筋肉があり、5本の指それぞれで、使う筋肉も異なります。指1本1本を動かしたり刺激したりすれば、それだけで、脳に多彩な刺激が行き渡り、脳が喜びます。【解説】加藤俊徳(加藤プラチナクリニック院長・「脳の学校」代表)
更新: 2018-10-17 18:00:00
ビタミンB1を摂取しないと、いくらほかの食品を摂取しても脳の活動源にはなりません。不足状態が続くと思考力や記憶力が低下し、精神的にも不安定になるでしょう。いつまでも若々しい脳でいるためには、「大豆」を積極的に食べることをお勧めします。【解説】加藤淳(北海道立総合研究機構道南農業試験場 場長・農学博士)
更新: 2018-10-10 12:00:00
鼻の奥でにおいがキャッチされると、その情報が脳の大脳皮質に伝わります。その際、においの情報は、記憶をつかさどる海馬を通ります。このように、嗅覚が刺激されることで、古い記憶が呼び起こされるのです。この一連の過程は、脳を活性化することにつながります。【解説】塩田清二(星薬科大学教授・医学博士)
更新: 2018-10-04 12:00:00
最新記事
「腰が痛い!」幅広い年齢層に蔓延する腰痛。しかし、病院に駆け込んで、骨や神経に異常が見つからない場合は「非特異的腰痛症」と診断されます。非特異的、つまり、原因不明の腰痛という意味。なんとも不思議な病名です。「腰が痛い」という異常があるから病院に来ているのに……。【解説】戸田佳孝(戸田リウマチ科クリニック院長)
更新: 2019-05-24 18:00:00
これまで、疲労が起きるのは、「エネルギーがなくなるから」「疲労物質が筋肉にたまるから」と考えられてきました。しかし、最新の研究によって、疲労が起きるほんとうの理由は、「自律神経の中枢である、脳がサビつくから」ということが、わかっています。【解説】梶本修身(東京疲労・睡眠クリニック院長)
更新: 2019-05-23 18:00:00
私は、これまで40年以上、タマネギをはじめとする、ネギ属の機能性成分を研究してきました。そこでタマネギには、確かに血液をサラサラにする働きがあるということが明らかになったのです。【解説】西村弘行(北翔大学・北翔大学短期大学部学長/東海大学名誉教授)
更新: 2019-05-22 18:00:00
見たいものにピントを合わせる「目の調節力」は25歳を過ぎる頃からどんどん低下し、30代後半から近くが見えづらくなる老眼になってきます。目の疲れや調節力の低下を改善するためにお勧めなのが、目の周囲を温める「温熱療法」です。私は、温熱療法の効果を多くの実験で確認しています。【解説】高橋洋子(みたにアイクリニック院長)
更新: 2019-05-21 18:00:00
「脊柱管狭窄症」「椎間板ヘルニア」などの改善のために行われる従来の脊椎手術は体への負担が大きく、後遺症が生じることもあります。そうした中、後遺症をほとんど残さない、新たな手術法が注目されています。【解説】白石健(東京歯科大学市川総合病院整形外科教授)【取材】山本太郎(医療ジャーナリスト)
更新: 2019-05-20 18:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt