【セラピーキャットとは】認知症や精神疾患の患者さんに変化!

【セラピーキャットとは】認知症や精神疾患の患者さんに変化!

私たちにとって、猫は五感を心地よく刺激する存在です。見れば愛らしく、触ってなでれば快く、鳴けば美しい旋律となって、えもいわれぬ刺激となります。それは、病気のあるなしに関係なく、すばらしい経験だといえるでしょう。【解説】小田切敬子(NPO法人アニマルセラピー協会理事長・生物科学博士)


猫と触れ合う時間は患者さんにとても大切

ヒメ(メス・10歳)は、私と犬のチャッピー(メス・享年16歳)が、セラピーキャットとして育てました。
セラピーキャットとは、病院や施設で、認知症をはじめさまざまな病気の患者さんたちと接し、心を癒す猫のことです。

ヒメは、私の自宅ではいたって普通の猫です。
人見知りでお客さんが来ると、たちまち2階に隠れてしまいます。

ところが、病院に連れて行くと、まるで「別猫」。
自分の仕事がわかっているらしく、私にいわれなくても、患者さんたちのひざに自ら乗っていきます。

そして、おとなしくなでられ、気持ちよさそうに目を細めます。
ヒメは、生後3ヵ月のときから仕事を始めました。

最初は、ケージの中から様子を見ているだけでした。
でも、セラピードッグの先輩であるチャッピーのふるまいを見ているうちに、「こうするものなんだな」ということを学んでいきました。

一般的に、猫は犬より知能で劣っているようにいわれますが、決してそんなことはありません。
猫たちは、びっくりするくらい周囲をよく見て、いろいろなことを理解しているのです。

ただ、わかっていても、猫は何もいわないだけ。
ヒメと触れ合う時間は、認知症の患者さんたちにとって、とても大切なのは間違いありません。

ヒメをなでているうちに、患者さんたちの様子が変わっていくのです。
いつも伏し目がちだったかたが、目を大きく開けてヒメの動きを追うようになったり、あまり声を出すことができなかったかたが、「ヒメちゃん」と呼びかけるようになったり……。

このように、ヒメを抱いたりなでたりすることは、間違いなく、患者さんの気持ちを和らげる効果があると思います。
もちろん、認知症がある程度進行したかたの場合、前にヒメと会ったことを忘れている場合もあります。

しかし、そういうかたでも、ヒメをひざに乗せると、抱き方を体が覚えていて、自然と上手に抱いてくださることがあるのです。

集会室に集まり、順番にひざに乗せる

車イスの患者さんが歩く意欲を持ち始めた

このように、動物と触れ合った経験は体が覚えています。
脳のどこかの部位に、刺激として保存されているのでしょう。

猫との触れ合いは、脳への貴重な刺激だと思います。
現在、私が携わっているセラピーキャットの活動は、最も頻繁な病院で2週間に1回です。

セラピーキャットと接していただくことで、認知症の進行を少しでも遅らせることにつながれば、と考えています。
もし、ご家族に認知症の傾向が見られていて、なおかつ猫と暮らしているのなら、ぜひ触れ合う機会を作ってみてください。

最初、猫は嫌がるかもしれないので、無理は禁物です。
でも、猫は、家族のことをよく見て理解しています。

気が向いたら、そのうち近づいてくれるでしょう。
私たちにとって、猫は五感を心地よく刺激する存在です。

見れば愛らしく、触ってなでれば快く、鳴けば美しい旋律となって、えもいわれぬ刺激となります。
それは、病気のあるなしに関係なく、すばらしい経験だといえるでしょう。

これまでのセラピーの経験では、認知症以外のケースでも効果を目の当たりにしてきました。
例えば、今まで口をきかなかった精神疾患の患者さんがヒメの名前を呼ぶようになったり、車イスの患者さんが歩く意欲を持ち始めたりしたこともありました。

ある精神科病棟に伺ったときのことです。
ヒメを抱いた統合失調症の60代の女性の患者さんが、涙をポロリとこぼしました。

「昔、息子が小さかったとき、どうしてもというから猫を飼ったのよ」といいます。
しばらくは涙を流して何かを思い出している様子でしたが、ヒメを抱き締めているうち、落ち着いて安らいだ表情になりました。

その後、退院されるまで、ヒメに会うと昔話をたくさんしてくれるようになったのです。
猫は、忘れかけていた記憶やしまい込んでいた気持ちを、そっと揺り起こしてくれます。

介護されるかたばかりではなく、ご家族の気持ちも、猫は必ずや癒してくれるでしょう。
体が疲れ切って、気持ちがすさんでいるときには、そっと猫が寄り添ってくれるはずです。

解説者のプロフィール

小田切敬子
1959年、大阪府出身。麻布大学獣医学研究科卒。筑波大学生命環境科学研究科修了。専門は動物の行動解析とアニマルセラピーの実践。1990年、NPO法人アニマルセラピー協会を設立。現在は、ヒメちゃん(メス・10歳)とともに、病院や高齢者施設を訪問。プライベートでは、認知症の母親との生活を送るなか、猫たちに癒されている。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


ラジオを聞けば【認知症予防】になる!聞く力を鍛える「ながらラジオ」のススメ

ラジオを聞けば【認知症予防】になる!聞く力を鍛える「ながらラジオ」のススメ

脳は機能別に、聴覚、運動、伝達、感情、思考、視覚、理解、記憶の八つに大別できます。それを私は「脳番地」と呼んでいます。ラジオは注意を向けて聞こうとするだけで聴覚系脳番地が鍛えられます。それが楽しく聞けていれば理解系や記憶系の脳番地もいっしょに鍛えることができます。【解説】加藤俊徳(加藤プラチナクリニック院長)


スタッフ全員が認知症!【注文を間違える料理店】が起こした奇跡

スタッフ全員が認知症!【注文を間違える料理店】が起こした奇跡

ご本人やご家族が、「認知症だから難しい」とあきらめていたことが、「注文をまちがえる料理店」では次々と実現したのです。そして、認知症を受け入れる「世の中」が少しだけ変わることで、多くの人たちが、もっともっと生きやすくなるのかもしれません。【解説】小国士朗(「注文をまちがえる料理店」発起人・テレビ局ディレクター)


カテキン摂取はペットボトル緑茶でOK!認知症を防ぐ緑茶の効果

カテキン摂取はペットボトル緑茶でOK!認知症を防ぐ緑茶の効果

緑茶に認知症を予防する効果があることが、疫学的に明らかになっています。そこで私は、緑茶カテキンが認知機能の低下を抑える機序について調べました。脳機能に関しては、緑茶をたくさん飲まなければ効かない、というわけではありません。1日1杯でもよいので、毎日飲み続けましょう。【解説】海野けい子(静岡県立大学薬学部准教授)


ケトン体を使えるケトジェニックになる方法 「MCTオイル」が効果的な理由

ケトン体を使えるケトジェニックになる方法 「MCTオイル」が効果的な理由

脂肪が肝臓で分解されたときに作られる「ケトン体」という物質があります。このケトン体が、糖尿病、認知症(アルツハイマー病)、肥満、さらにはがんに至るまで、実に幅広い症状を改善するとして、注目を集めています。【解説】白澤卓二(お茶の水健康長寿クリニック院長)


「発酵あんこ」で血糖値・血圧が改善!認知症の母の介護生活に心の安定をもたらした

「発酵あんこ」で血糖値・血圧が改善!認知症の母の介護生活に心の安定をもたらした

母はアルツハイマー型認知症を患っています。試行錯誤した末、2年ほど前にたどり着いたのが、発酵あんこだったのです。母の体調も驚くほどよくなりました。原因不明だったひざ下の腫れやむくみが、今ではかなり少なくなっています。排泄のサイクルが安定したので、おもらしが激減。介護が楽になっています。【体験談】福島和子(55歳)


最新の投稿


寒くなる前に夏太りをリセット!ポッコリお腹解消「シソ酢ドリンク」の作り方

寒くなる前に夏太りをリセット!ポッコリお腹解消「シソ酢ドリンク」の作り方

薄着になる季節に気になるのが、ポッコリおなか。そこで登場するのが「シソ酢」です。黒酢にシソを漬けて、冷蔵庫で1時間。あっという間に出来上がります。スキッと爽やかな後味で、水分補給としても最適なシソ酢は、糖質の吸収を抑え、やせると評判。ぜひ、お試しください。【構成】『安心』編集部


【シソと黒酢の効果】夏太り対策にピッタリ!シソ酢ドリンクで代謝アップ!

【シソと黒酢の効果】夏太り対策にピッタリ!シソ酢ドリンクで代謝アップ!

中国・三国時代の故事に、シソについての話があります。カニを食べて食中毒を起こして死にかけた若者に、華侘という名医が紫色の葉を煎じて飲ませたところ、たちどころに快癒。これが紫蘇の名前の由来となったといいます。生薬としても珍重され、気管支炎、セキ・痰、不眠の治療などに広く用いられてきました。【解説】丁宗鐵(百済診療所院長)


【耳の裏がくさい】わきや汗の嫌な臭いに効果「ミョウバン水」の活用法

【耳の裏がくさい】わきや汗の嫌な臭いに効果「ミョウバン水」の活用法

においを気に病んで消極的になると、もっとにおいが強くなってしまいます。本来、体臭は一つの個性。完全に体臭を消そうとする必要はありません。今の自分に合った、正しいにおい対策を心がけてください。体臭を抑えるために、多くの人にお勧めしているのが「ミョウバン水」です。【解説】五味常明(五味クリニック院長)


【レモン酢が効果】生活改善だけでは下がらなかった血糖値が正常化!7kgやせた

【レモン酢が効果】生活改善だけでは下がらなかった血糖値が正常化!7kgやせた

がんばって生活を改善しても、3ヵ月後の検査では、思うように糖尿病の数値が改善されておらず、がっかりしてしまいました。おいしくレモン酢を飲み続けていたところ、少しずつ血糖値が下がっていきました。そして、1年が経過し受けた健康診断では、あらゆる数値が改善していたのです。【体験談】松本仁美(仮名・販売アルバイト・65歳)


こうじの発酵パワーで美肌になれる!痩せる!「こうじ薬膳レシピ」

こうじの発酵パワーで美肌になれる!痩せる!「こうじ薬膳レシピ」

こうじは、酵素の力で腸内環境を改善するほか、ビタミンB群が疲労回復、肌や髪の若返りの効果を発揮。肥満の解消、血圧や血糖値を下げる効果など、驚くべき発酵パワーを持つこうじを使った料理をお試しいただければ、その効能を実感できます!【料理・栄養計算】検見﨑聡美(管理栄養士・料理研究家)