MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営
【脊柱管狭窄症改善】仙骨を正しい位置に戻す「股関節締め」とは ?

【脊柱管狭窄症改善】仙骨を正しい位置に戻す「股関節締め」とは ?

脊柱管狭窄症の原因の多くは、長年の座り姿勢の悪さにあると考えられます。そうした座り方は一見楽そうですが、骨盤の中央にある仙骨がズレて後ろに飛び出してきます。脊柱管狭窄症を改善するには、股関節を安定させて、仙骨を正しい位置に戻す必要があるのです。【解説】白井雄彦(西住之江整体院代表・鍼灸師)白井天道(同院長・鍼灸師)

解説者のプロフィール

白井雄彦(しらい・たけひこ:左)西住之江整体院代表・鍼灸師。
白井天道(しらい・てんどう:右)同院長・鍼灸師。
●西住之江整体院
大阪市住之江区西住之江2-11-6
0120-790-671
https://www.tuikanban-herunia.net/

改善率は半年で80%!手術を回避できた人多数

私たちの治療院には、毎日、脊柱管狭窄症の患者さんが多数来られます。その数は毎日約40名。大阪にある当院まで関東・北海道・九州といった遠方から通って来る人もおられます。それは、いつしか当院が、腰から足にかけての痛み・しびれを専門に扱うようになり、それが口コミで広がったからです。

脊柱管狭窄症は、背骨の神経の通り道である脊柱管が、なんらかの原因で狭くなり、神経が圧迫されて足腰に痛みやしびれを起こす病気です。
その原因の多くは、長年の座り姿勢の悪さにあると考えられます。例えば、床に横座りする、イスの背もたれに寄りかかる、前かがみで背中を丸めて座るなどです。

そうした座り方は、一見楽そうですが、体には大きな負担になっているのです。
まず、骨盤の中央にある仙骨が、ズレて後ろに飛び出してきます。すると、しだいにその上にある腰椎(背骨の腰の部分)もズレてきます。さらに、背骨のS字カーブがくずれ、上半身の重みが分散されず、腰に負担が集中します。脊柱管の中を通る神経が圧迫されるようになり、痛みやしびれが現れてくるのです。

また、座り姿勢が悪いと、股関節が緩くなって不安定になります。実際、脊柱管狭窄症の患者さんは、股関節痛を併発している人が多くおられます。
骨盤を矯正しても、股関節が緩いままだと、またすぐ元に戻ってしまいます。つまり、脊柱管狭窄症を改善するには、股関節を安定させて、仙骨を正しい位置に戻す必要があるのです。

その両方を同時にかなえるのが、私たちが考案した「股関節締め」です。

股関節締めは、根本原因である仙骨のズレと股関節の緩みを調整し、背骨を定位置に戻す体操です。
継続して行うことで、痛みやしびれをぶり返さない体づくりが可能です。

「股関節締め」のやり方

❶あおむけになり、足を肩幅に開き、つま先はやや上に向ける。

❷1、2と頭の中で数えながら、お尻の割れ目を閉じるように力を入れ、同時につま先を外側に開く。
❸3、4でお尻を緩め、つま先を元の位置に戻す。
❹②〜③を10回くり返す。

※これを1セットとして、できれば朝昼夜に1セットずつ行う。

「股関節締め」のポイント
ひざを伸ばせない人は、クッションやタオルを丸めてひざの下に置き、ひざを軽く曲げた状態で行う。

頻尿や便秘が解消!3時間歩いても平気!

最後に、股関節締めを自宅で行うようになって、脊柱管狭窄症が改善した2例をご紹介しましょう。
●Mさん(81歳・女性)
Mさんは、昨年1月、両足のひざ下から足裏にかけてしびれが出て、立つとぐらぐらしていました。そこで、病院で診てもらうと、脊柱管狭窄症とすべり症(背骨の一部がズレて起こる病気)があるといわれ、薬を処方してもらいました。

ところが、薬を飲んでも症状は少しも改善しません。むしろしびれや痛みがひどくなり、手押し車(シルバーカー)なしでは外出できなくなりました。さらに、トイレの回数が急増。6月になると、医師から手術を勧められました。

当院に来られたのは7月。施術に加えて、股関節締めを自宅で行うように指導しました。8月になると、しびれや痛みが軽減。10月には、歩行が安定し、手押し車も不要になりました。さらに、1時間歩くことも平気になり、好きなグラウンドゴルフも楽しめるようになったと喜んでおられました。

●Aさん(83歳・男性)
昨年10月、Aさんは脊柱管狭窄症の特徴的な症状である間欠跛行で100m歩くのがやっとでした。間欠跛行とは、しばらく歩いていると足腰に痛みやしびれが出て歩けなくなるものの、少し休むと症状が和らぎ、再び歩けるようになる症状のことです。また、排便時に右足が強く痛むせいで、いきめなくなって便秘にも悩んでいました。

当院で11月から施術を始め、自宅で股関節締めをやってもらったところ、12月には症状が軽快し、排便時の右足の痛みもなくなりました。現在、3時間歩き続けても平気で、元気に外出されることが増えたそうです。

このように、股関節締めを行うことで、脊柱管狭窄症が改善された人はおおぜいいます。Mさんにあった頻尿などの排尿障害、Aさんにあった便秘も、脊柱管狭窄症の一部の人に現れる症状です。それらが解消したという人も少なくありません。また、体のバランスが整うので、股関節痛やひざ痛が改善したケースもよくあります。

この記事のエディター

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連するキーワード
関連記事
システマでは、闘い続けるために体を整える方法が確立されています。痛みが生じている場合、腰や背中の筋肉がかたく緊張しています。その緊張を緩めたくても痛む腰を刺激することはできないとき「おなかもみ」が役に立ちます。【解説】北川貴英(ロシア武術「システマ」インストラクター)
更新: 2019-04-05 10:09:41
毎日根気よく続けるようになって数週間経ったころでしょうか。以前よりも腕が軽くなってきたように感じました。かたかった背中の筋肉、肩の緊張もほぐれてきて、ついには腰や足の痛みをほとんど感じなくなっているのに気がつきました。【体験談】井川京子(仮名・主婦・75歳) 
更新: 2019-04-03 18:00:00
私たちは患者さんに高負荷の運動をしてもらい成果を上げてきました。しかし脊柱管狭窄症の患者さんの場合、痛みを伴うほど過度に行うと、逆に症状を悪化させてしまうことがあるのです。そこで、私がお勧めしたい体操が、「水平のポーズ」と「でんでん体操」です。【解説】田島文博(和歌山県立医科大学医学部リハビリテーション医学講座教授)
更新: 2019-04-05 10:16:37
私は、朝の起床時と夜の就寝前に、それぞれ5分ずつ行っていますが、最初はそれをするのも大変でした。しかし、無理のない範囲から始めて、だんだんできるようになりました。約3ヵ月後、杖を使わずに歩けるようになり、半年を過ぎたころからは腰の突っ張り感も減ってきました。【体験談】黒岩智子(仮名・パートタイマー・68歳)
更新: 2019-03-16 18:00:00
八木先生は「ダマされたと思って、しばらく続けてみて」と笑顔でおっしゃいました。すると、1週間も経ったころです。冷えていた太ももとひざの裏が温かくなってきました。血流が戻ってきた感じです。その後もまじめに続けたところ、3ヵ月後にはすっかりしびれが消えました。【体験談】守田浩樹(仮名・介護福祉士・28歳)
更新: 2019-03-07 18:00:00
最新記事
「腰が痛い!」幅広い年齢層に蔓延する腰痛。しかし、病院に駆け込んで、骨や神経に異常が見つからない場合は「非特異的腰痛症」と診断されます。非特異的、つまり、原因不明の腰痛という意味。なんとも不思議な病名です。「腰が痛い」という異常があるから病院に来ているのに……。【解説】戸田佳孝(戸田リウマチ科クリニック院長)
更新: 2019-05-24 18:00:00
これまで、疲労が起きるのは、「エネルギーがなくなるから」「疲労物質が筋肉にたまるから」と考えられてきました。しかし、最新の研究によって、疲労が起きるほんとうの理由は、「自律神経の中枢である、脳がサビつくから」ということが、わかっています。【解説】梶本修身(東京疲労・睡眠クリニック院長)
更新: 2019-05-23 18:00:00
私は、これまで40年以上、タマネギをはじめとする、ネギ属の機能性成分を研究してきました。そこでタマネギには、確かに血液をサラサラにする働きがあるということが明らかになったのです。【解説】西村弘行(北翔大学・北翔大学短期大学部学長/東海大学名誉教授)
更新: 2019-05-22 18:00:00
見たいものにピントを合わせる「目の調節力」は25歳を過ぎる頃からどんどん低下し、30代後半から近くが見えづらくなる老眼になってきます。目の疲れや調節力の低下を改善するためにお勧めなのが、目の周囲を温める「温熱療法」です。私は、温熱療法の効果を多くの実験で確認しています。【解説】高橋洋子(みたにアイクリニック院長)
更新: 2019-05-21 18:00:00
「脊柱管狭窄症」「椎間板ヘルニア」などの改善のために行われる従来の脊椎手術は体への負担が大きく、後遺症が生じることもあります。そうした中、後遺症をほとんど残さない、新たな手術法が注目されています。【解説】白石健(東京歯科大学市川総合病院整形外科教授)【取材】山本太郎(医療ジャーナリスト)
更新: 2019-05-20 18:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt