MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営
【立ち仕事】足が痛い 痺れる 間欠性跛行の症状 脊柱管狭窄症の対策を専門医が解説

【立ち仕事】足が痛い 痺れる 間欠性跛行の症状 脊柱管狭窄症の対策を専門医が解説

脊柱管狭窄症も、慢性痛の一つです。原因は、脊柱管が狭くなって神経を圧迫するためだといわれていますが、それだけではありません。痛みに対する不安やストレスなど、心理的な要因も、慢性痛に深く関係しているのです。【解説】井上真輔(愛知医科大学学際的痛みセンター准教授)

15分しか歩けなくなって受診する人が多い

私が勤務する学際的痛みセンターは、さまざまな慢性的な痛みに対して、診療科を問わず、痛みにかかわるあらゆる専門分野と連携して、治療や研究に当たっています。

脊柱管狭窄症も、慢性痛の一つです。
原因は、脊柱管が狭くなって神経を圧迫するためだといわれていますが、それだけではありません。
痛みに対する不安やストレスなど、心理的な要因も、慢性痛に深く関係しているのです。

そのことに触れる前に、脊柱管狭窄症はどういう病気か、説明しましょう。

皆さんはどんな症状が出たら脊柱管狭窄症を疑い、病院を受診するでしょうか。
最初に感じるのは、「長く立っていられない」ことや「長く歩けない」ことです。

例えば、長時間立ち仕事をしていると、足がだるくなったり、痛くなったり、しびれてきたりします。
そのうち、自然に姿勢が前かがみになり、足が痛くなって歩けなくなります。
しかし、しゃがんで少し休むと、また歩けるようになります。

これが脊柱管狭窄症に特有の「間欠跛行」です。

病状が進行するとだんだん歩ける距離が短くなり、15分くらいしか歩けなくなると、病院を受診する人が多いようです。
脊柱管狭窄症はこのように、長く立ったり歩いたりすると症状が出て、腰を丸めてしゃがむと和らぐという特徴があります。

なぜそうなるのかといえば、脊柱管の構造に理由があります。

脊柱管が非常に狭くても病状が出ない人もいる!

脊柱管は、背骨(脊椎)の中にあります。
背骨は、椎骨という骨と、椎間板というクッションの役目をする軟骨が、積み重なってできています。
首から腰にかけて、7個の頸椎、12個の胸椎、5個の腰椎、仙骨、尾骨で構成され、横から見ると、緩やかな「S字状のカーブ」を描き、体重をうまく分散させる働きがあります。

椎骨は、おなか側の椎体、背中側の椎弓から成り、それらの間にできた、筒状の空間の通り道が「脊柱管」です。

脊柱管の中には、脊髄(脳と体の各部を結ぶ神経組織)という大事な神経があります。
それを守るために、脊柱管の周囲はかたい膜(硬膜)に覆われており、その中を脳脊髄液が満たしています。
この脳脊髄液と硬膜、背骨によって、脊髄は三重に守られているのです。

脊髄は、第2腰椎の辺りで終わり、そこから下は馬のしっぽのような末梢神経の束になります。
これを馬尾神経といいます。
ここから神経は左右に枝分かれし、下肢(下半身)に出ていくのです。

脊柱管狭窄症は、この枝分かれした根もと(神経根)が圧迫されたり、馬尾神経が圧迫されたりすることで起こるといわれますが、一般的に多いのは後者です。

馬尾神経がどうして圧迫されるのか、いくつか原因はありますが、その代表的なものが、脊柱管の背中側にある黄色靭帯です。
これは椎弓をつないでいる弾性線維(弾力に富む結合組織)で、加齢とともに分厚くなります。
そして、脊柱管の中に張り出してきます。
また、脊柱管のおなか側にある椎間板も、加齢などで変性して、張り出してきます。

こうして、後ろから黄色靭帯が、前から椎間板がせり出してくると、脊柱管が狭くなり、馬尾神経が圧迫されてしまうのです。
黄色靭帯は、背中を反らすとさらに縮まって前に飛び出し、脊柱管を狭くします。
それによって馬尾神経がより圧迫され、脊柱管狭窄症の症状はさらに悪化します。

しかし、背中を丸めると、黄色靭帯が伸びて脊柱管が広がり、症状が和らぐのです。
長く歩くと、徐々に背中が曲がってくるのも、神経に楽な姿勢を取ろうとするためです。

馬尾神経が圧迫されると、左右両側のお尻から足先にかけて、主に外側側面に痛みやしびれが現れます。
また、「足の裏が分厚く感じる」「厚いスリッパをはいているようだ」「足の裏に砂がついているみたい」などの異常感覚を訴えます。

馬尾神経は、膀胱の働きとも密接に関係しており、圧迫されることで、頻尿・尿もれといった排尿障害が現れることもあります。
これらの症状は、神経が圧迫されることにより、周囲の毛細血管の血流や脳脊髄液の流れが悪くなるためだと考えられています。

その一方で、脊柱管が非常に狭くなっているのに、症状が出ない人もいます。
おそらく、そういう人は筋力があって、腰がしっかり支えられ、安定しているために、脊柱管が狭くても、症状をある程度抑えられるのではないかと推測されます。
ですから、脊柱管狭窄症だからといって、安静にばかりしているのではなく、できる範囲で運動して筋力をつけるほうが、症状の緩和につながるのです。

また、脊柱管狭窄症の人は、前かがみの姿勢になりがちです。
そうすると、上半身の重心が前に移動するため、お尻や太ももの筋肉に負担がかかります。
そのため、筋肉痛を生じたり、転倒しやすくなったりします。

ですから、痛みや転倒を防ぐためにも、筋力をつける運動が必要になります。

椎骨の断面図

背骨の構造

「運動が怖い」という考え方は払拭すべきもの

ところが、過去にすごく強い腰痛を経験したり、運動したとたんに痛みがぶり返したりした経験があると、いくら「運動がいい」と勧められても、怖くてできない人がいます。
痛みに対して、強い恐怖心があるからです。

そういう人は、いつまで経ってもコルセットが手放せませんし、薬や注射に頼りがちです。
体がかたくなって動かなくなり、筋力も衰えてきます。
そして、さらに体を動かせなくなって、どんどん腰痛が悪化するという、痛みの連鎖にはまり込んでしまいます。

それを助長するのが、心理的な要因です。
痛みがあると、それだけで精神的に落ち込みます。
そのうえ、どこに行っても、何をしても痛みが治まらなければ、うつ状態に陥る傾向があります。
すると、よく眠れなくなって疲労がたまり、ますます腰の環境が悪くなっていきます。

こうした心理的な側面に対処しながら、運動療法を指導するのが私たちの取り組みです。
慢性腰痛のある人は、常に不安を抱えています。
ですから、まずその不安にしっかり耳を傾けます。
そのうえで、痛みに対する不安を一つひとつ取り除いていくような、カウンセリングを行います。

それと並行して、少しずつ体を動かすことを始め、運動しても痛くないことを実感してもらうのです。
その経験を重ねて自信がついてくると、積極的に運動ができるようになります。

こうして、「痛みがあるから体を動かせない」「運動が怖い」という考え方を少しずつ払拭し、痛みに対するマイナスの連鎖を、プラスの連鎖に変えるのです。

一般的な整形外科の治療だけでは、筋力をつけたり、筋肉の柔軟性を増したりすることはできません。
しかし、それらを獲得しないと、脊柱管狭窄症の人は、長時間立つことも、歩くこともできなくなります。

解説者のプロフィール

井上真輔
愛知医科大学学際的痛みセンター准教授。医学博士。1997年、高知医科大学医学部卒業。2005年、高知大学医学部附属病院整形外科助手。2011年、愛知医科大学医学部学際的痛みセンター講師。2015年、アイオワ大学医学部客員教授を経て2017年より現職。専門は脊椎脊髄疾患、慢性痛、神経障害性疼痛。

この記事のエディター

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連記事
システマでは、闘い続けるために体を整える方法が確立されています。痛みが生じている場合、腰や背中の筋肉がかたく緊張しています。その緊張を緩めたくても痛む腰を刺激することはできないとき「おなかもみ」が役に立ちます。【解説】北川貴英(ロシア武術「システマ」インストラクター)
更新: 2019-04-05 10:09:41
毎日根気よく続けるようになって数週間経ったころでしょうか。以前よりも腕が軽くなってきたように感じました。かたかった背中の筋肉、肩の緊張もほぐれてきて、ついには腰や足の痛みをほとんど感じなくなっているのに気がつきました。【体験談】井川京子(仮名・主婦・75歳) 
更新: 2019-04-03 18:00:00
私たちは患者さんに高負荷の運動をしてもらい成果を上げてきました。しかし脊柱管狭窄症の患者さんの場合、痛みを伴うほど過度に行うと、逆に症状を悪化させてしまうことがあるのです。そこで、私がお勧めしたい体操が、「水平のポーズ」と「でんでん体操」です。【解説】田島文博(和歌山県立医科大学医学部リハビリテーション医学講座教授)
更新: 2019-04-05 10:16:37
私は、朝の起床時と夜の就寝前に、それぞれ5分ずつ行っていますが、最初はそれをするのも大変でした。しかし、無理のない範囲から始めて、だんだんできるようになりました。約3ヵ月後、杖を使わずに歩けるようになり、半年を過ぎたころからは腰の突っ張り感も減ってきました。【体験談】黒岩智子(仮名・パートタイマー・68歳)
更新: 2019-03-16 18:00:00
八木先生は「ダマされたと思って、しばらく続けてみて」と笑顔でおっしゃいました。すると、1週間も経ったころです。冷えていた太ももとひざの裏が温かくなってきました。血流が戻ってきた感じです。その後もまじめに続けたところ、3ヵ月後にはすっかりしびれが消えました。【体験談】守田浩樹(仮名・介護福祉士・28歳)
更新: 2019-03-07 18:00:00
最新記事
「腰が痛い!」幅広い年齢層に蔓延する腰痛。しかし、病院に駆け込んで、骨や神経に異常が見つからない場合は「非特異的腰痛症」と診断されます。非特異的、つまり、原因不明の腰痛という意味。なんとも不思議な病名です。「腰が痛い」という異常があるから病院に来ているのに……。【解説】戸田佳孝(戸田リウマチ科クリニック院長)
更新: 2019-05-24 18:00:00
これまで、疲労が起きるのは、「エネルギーがなくなるから」「疲労物質が筋肉にたまるから」と考えられてきました。しかし、最新の研究によって、疲労が起きるほんとうの理由は、「自律神経の中枢である、脳がサビつくから」ということが、わかっています。【解説】梶本修身(東京疲労・睡眠クリニック院長)
更新: 2019-05-23 18:00:00
私は、これまで40年以上、タマネギをはじめとする、ネギ属の機能性成分を研究してきました。そこでタマネギには、確かに血液をサラサラにする働きがあるということが明らかになったのです。【解説】西村弘行(北翔大学・北翔大学短期大学部学長/東海大学名誉教授)
更新: 2019-05-22 18:00:00
見たいものにピントを合わせる「目の調節力」は25歳を過ぎる頃からどんどん低下し、30代後半から近くが見えづらくなる老眼になってきます。目の疲れや調節力の低下を改善するためにお勧めなのが、目の周囲を温める「温熱療法」です。私は、温熱療法の効果を多くの実験で確認しています。【解説】高橋洋子(みたにアイクリニック院長)
更新: 2019-05-21 18:00:00
「脊柱管狭窄症」「椎間板ヘルニア」などの改善のために行われる従来の脊椎手術は体への負担が大きく、後遺症が生じることもあります。そうした中、後遺症をほとんど残さない、新たな手術法が注目されています。【解説】白石健(東京歯科大学市川総合病院整形外科教授)【取材】山本太郎(医療ジャーナリスト)
更新: 2019-05-20 18:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt