痛み、しびれを一掃する脊柱管狭窄症撃退レシピ②

痛み、しびれを一掃する脊柱管狭窄症撃退レシピ②

脊柱管狭窄症の予防・改善には、血液を汚さない食べ物を選び、よく咀嚼して食べることが肝心です。唾液の分泌が促されると、消化・吸収がよくなり腸内環境が整うので、きれいな血液がつくられます。体温も上がり、血流がアップすることで、痛みやしびれなどが緩和されます。【解説】平野薫(ひらの整形外科クリニック院長)


【料理】MICHIKO(食養生士・料理研究家)

ビタミンは根菜・季節の野菜から!

根菜とコマツナの黒酢炒めの作り方

香り立つ黒酢で食欲アップ モリモリ食べられる!
(エネルギー:112kcal、塩分;0.2g(各1人分))

【材料】(2人分)
・ゴボウ…1/2本
・ニンジン…4cm
・レンコン…4cm
・コマツナ……1/3束
・マ油…小さじ1
・ニンニク…1片(みじん切り)
・Ⓐ黒酢…大さじ2、 みりん…大さじ1、塩・コショウ…各少々
・黒ゴマ…適量

【作り方】
❶ゴボウは太めのささがき、ニンジンは太めのせん切り、レンコンは薄い半月切りにする。

❷フライパンにゴマ油を熱し、ニンニクと①を加え、よく炒める。

❸3cm長さに切ったコマツナとⒶを加え、炒め合わせる。

❹器に盛り、黒ゴマをふる。

ヤマイモとニラの落とし焼きの作り方

表面カリッ!中はもっちり!エノキのうまみがたっぷり
(エネルギー:209kcal、塩分:0.6g(各1人分))

【材料】(2人分)
・ヤマイモ…250g
・ニラ…1/4束
・エノキダケ…1/3株
・Ⓐカツオ節、細切りコンブ…各3g、白ゴマ…大さじ2
・米油…小さじ1
・しょうゆ、カラシ…各適量

【作り方】
❶ヤマイモはすりおろし、ニラとエノキダケは小口切りにする。

❷ボウルに①とⒶを入れてよく混ぜる。

❸フライパンに米油を熱し、大きめのスプーンで②を1/8程度すくって落とし、直径7cm程度の円盤形を8枚作る(2 度に分けてもよい)。
両面をこんがりと焼く。

❹器に盛り、しょうゆとカラシを添える。

野菜ポトフの豆乳ソース添えの作り方

野菜の甘さとニンニク風味のソースがよく合う
(エネルギー:196kcal、塩分:0.9g(各1人分))

【材料】(2人分)
・サツマイモ…1/3本
・カブ…1個(葉も使う)
・ニンジン…4cm
・ネギ…1/2本
・ローリエ(乾)…1枚
・Ⓐコンブ(4cm角を細切り)、干しシイタケ…2個、水…700ml
・Ⓑ豆乳…100ml、白ねりゴマ…大さじ1、白みそ…小さじ2、梅酢(なければ酢)…小さじ1
  ニンニク(すりおろし)…少々、片栗粉…小さじ2

【作り方】
❶Ⓐを冷蔵庫に入れて一晩おく。

❷サツマイモ、カブ、ニンジンは一口大、ネギは長さ4cmに切る。
①からシイタケを取り出し、四つ切にする。ローリエは手でちぎり、切り込みを入れる。

❸①のうち600mlを鍋に入れ沸騰させ、②を入れてふたをし、弱火で煮る。
火が通ったら、3cm長さに切ったカブの葉を加える。

❹別の小鍋に①の残り100mlとⒷを入れて混ぜ、弱火で一煮して、器に盛った③に添える。

炭水化物は玄米から!

みそ味おじやの作り方

胃腸に染みる滋味深さ アツアツをフウフウして食べたい
(エネルギー:317kcal、塩分:0.7g(各1人分))

【材料】(2人分)
・玄米ご飯…茶碗2杯分(約300g)
・油揚げ…1/2枚
・シイタケ(生)…2個
・ダイコン…3cm
・ショウガ(薄切り)…3枚
・出汁…400ml
・みそ…大さじ1
・クコの実、万能ネギ(小口切り)…各適量

【作り方】
❶油揚げは熱湯をかけて油抜きし、縦半分に切ってから細切りにする。
シイタケは石突きを取り除き薄切り、ダイコンとショウガはせん切りにする。

❷鍋に出汁を熱し、①を入れ一煮し、玄米ご飯を加え、弱火で5 分ほど煮込む。

❸みそを溶き入れ、器に盛り、クコの実と万能ネギを散らす。

アジアン野菜丼の作り方

シュンギクが入って大人の味 ボリュームたっぷり、でもヘルシー!
(エネルギー:338kcal、塩分:0.9g(各1人分))

【材料】(2人分)
・米ご飯…茶碗2杯分(300g 程度)
・ニンニク…1片
・タマネギ…1/3個
・ナガイモ…150g
・マッシュルーム(生)…3個
・ミニトマト…4個
・シュンギク…1/4束
・米油…小さじ1
・ナンプラー(魚醤)…小さじ2

【作り方】
❶ニンニクはみじん切り、タマネギは薄切りにする。

❷ナガイモは皮をむき、小さめの乱切り。
マッシュルームは石突きを取り除き薄切り、ミニトマトは半分に切る。
シュンギクは葉の部分を摘む。

❸フライパンに米油を熱し、①を炒め、②を加えてさっと炒め合わせ、ナンプラーで味を調える。

❹器に玄米ご飯を盛り、③をのせる。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連するキーワード


脊柱管狭窄症

関連する投稿


脊柱管狭窄症の足のしびれと痛みが解消 81歳現役シェフの「11円スリッパ」体験談

脊柱管狭窄症の足のしびれと痛みが解消 81歳現役シェフの「11円スリッパ」体験談

最初は半信半疑でしたが、藤井先生に勧められたとおり、常に中敷きを入れて、靴をはくようにしました。そうして1ヵ月ほどたったころでしょうか、自分でも「あれほどつらかったのは、一体なんだったのだろう? 」と感じるくらい、その後はひざの痛みに悩まされることはなくなりました。【体験談】藤田正義(オーナーシェフ・81歳)


手術以外の治療法【トリガーポイント療法とは】脊柱管狭窄症 体中の慢性痛  長引く痛みを“筋肉”から治す

手術以外の治療法【トリガーポイント療法とは】脊柱管狭窄症 体中の慢性痛 長引く痛みを“筋肉”から治す

腰痛やひざ痛など、慢性痛に悩む人たちの間でトリガーポイントが注目を集めています。痛みを訴えても「気持ちのせい」と言われ、本当に自分の心がおかしいのだと思い込もうとしていた患者さんもいました。しかし、原因は「気持ち」ではなく、長い間見逃された「筋肉の痛み」だったのです。【解説】斉藤究(さいとう整形外科リウマチ科院長)


【全身の痛み・しびれ】慢性痛の原因「トリガーポイント」の探し方と押し方

【全身の痛み・しびれ】慢性痛の原因「トリガーポイント」の探し方と押し方

お尻の周辺にトリガーポイントがある場合は、腰痛、ギックリ腰、脊柱管狭窄症、椎間板ヘルニア、座骨神経痛などと診断されるような痛みやしびれが起こることが多いでしょう。肩甲骨の周辺の筋肉にトリガーポイントがある場合は、首の痛み、肩こり、頭痛、手のしびれが現れます。【解説】斉藤究(さいとう整形外科リウマチ科院長)


【椎間板ヘルニア・脊柱管狭窄症】腰痛原因は脳の「圧迫ストレス」?脳脊髄液を流して改善できる呼吸法

【椎間板ヘルニア・脊柱管狭窄症】腰痛原因は脳の「圧迫ストレス」?脳脊髄液を流して改善できる呼吸法

私は、50年以上にわたる治療家人生で、幾種もの治療法を学び、研究してきました。そしてわかったのは、脳脊髄液の循環をよくすることで、腰痛などのつらい症状や、多くの病気が改善するということです。【解説】宮野博隆(ミヤノ・ヒーリング・ラボ院長・鍼灸師)


【立ち仕事】足が痛い 痺れる 間欠性跛行の症状 脊柱管狭窄症の対策を専門医が解説

【立ち仕事】足が痛い 痺れる 間欠性跛行の症状 脊柱管狭窄症の対策を専門医が解説

脊柱管狭窄症も、慢性痛の一つです。原因は、脊柱管が狭くなって神経を圧迫するためだといわれていますが、それだけではありません。痛みに対する不安やストレスなど、心理的な要因も、慢性痛に深く関係しているのです。【解説】井上真輔(愛知医科大学学際的痛みセンター准教授)


最新の投稿


【へそさすり体験談】起床時にピリピリ、日中はジーンとする腰痛を「腸」から改善できた

【へそさすり体験談】起床時にピリピリ、日中はジーンとする腰痛を「腸」から改善できた

私が腰の痛みを感じるようになったのは、昨年の暮れからです。どういうわけか、いきなり腰が痛くなったのです。それからは、常に重だるい感覚が腰周辺にありました。【体験談】遠藤裕子(仮名・66歳・理容師)


水虫やカンジダを防ぐ!正しい足の保湿ケアとマッサージ方法

水虫やカンジダを防ぐ!正しい足の保湿ケアとマッサージ方法

皆さんはお風呂から上がったとき、足をしっかり拭いていますか。水分が皮膚に残ったままだと、その水分が蒸発するときに熱を奪い、皮膚が乾燥しやすくなります。また、指の間に水分が残っていると不衛生になり、湿疹ができたり、白癬菌やカンジダなどの感染の温床になったりします。【解説】高山かおる(済生会川口総合病院皮膚科主任部長)


【注目の断食】ミネラルファスティングで腸内環境を改善!月1回でも健康的に痩せる

【注目の断食】ミネラルファスティングで腸内環境を改善!月1回でも健康的に痩せる

ミネラルファスティングは、断食前後や日頃の食事、生活習慣までを含めたトータルパッケージの健康プログラムとなっています。行う前や行った後も穀菜食を続けていれば、60兆個の細胞が正しく働くための環境整備に役立ち、ひいては「腸の掃除力」も高まっていくわけです。【解説】山田豊文(杏林予防医学研究所所長)


ハチミツのダイエット効果は「夜」寝る一時間前に飲んで17kgやせた!

ハチミツのダイエット効果は「夜」寝る一時間前に飲んで17kgやせた!

「どうにかしなければ!」10年前、私は人生で最大の「85.6kg」という体重になってしまい、焦りました(身長は173cm)。始めて半年くらいは、ほとんど体重が変わりませんでした。ところがその後は、毎晩、寝ている間に、必ず0.5~0.7kg減るようになったのです。【体験談】芳賀靖史(翻訳家・58歳)


厚い爪・白い爪は水虫の可能性!爪白癬の治療法と予防について皮膚科医が解説

厚い爪・白い爪は水虫の可能性!爪白癬の治療法と予防について皮膚科医が解説

爪白癬は、中高年を中心に日本人の10人に1人はかかるポピュラーな病気です。単独で生じることもありますが、多くは足の水虫と合併します。白癬菌は、高温多湿な環境で繁殖します。気温と湿度が上がる今の時期は、通気性のいい靴下をはくなどして、足の風通しをよくしましょう。【解説】野田真史(池袋駅前のだ皮膚科 )