【ガブ飲み注意】経口補水液の正しい飲み方 高血圧の人は要注意 水分補給は水で十分

【ガブ飲み注意】経口補水液の正しい飲み方 高血圧の人は要注意 水分補給は水で十分

経口補水液とは、食塩とブドウ糖を水に溶かした飲料のことで、オーエスワン(OS-1)等の商品名で市販されています。下痢、嘔吐、発熱等の症状が原因で脱水症状が起こった際の、水分補給が目的の飲料です。近年は、熱中症対策としても知られるようになりましたが、使用には注意が必要です。【解説】水谷暢秀(水谷脳神経外科クリニック院長)


「OS-1」「アクアサポート」「アクアソリタ」はスポーツ飲料より多くの食塩が含まれている

皆さんは、経口補水液という飲料をご存じでしょうか。

経口補水液は、食塩とブドウ糖を水に溶かした飲料です。
下痢、嘔吐、発熱などの症状が長期間に及んだり頻発したりして、脱水症状が起こった際、水分補給のために飲むものです。
「OS-1」「アクアサポート」「アクアソリタ」といった商品名で売られています。

近年続く猛暑により、熱中症対策の飲料として広く知れ渡りました。
テレビコマーシャルも流れていますし、ペットボトルに入った形状で、薬局やドラッグストアで売られているため、「水分補給用の飲み物」「スポーツ飲料と同じような物」という認識の人も多いのではないでしょうか。

しかし本来、経口補水液は、病院での点滴による水分補給にかわって用いられるものです。
例えば、WHO(世界保健機構)やUNICEF(国連児童基金)は、十分な医療設備がない地域に経口補水液の配布を行い、脱水症状初期での補水治療に関する啓発活動を進めています。
また、先進国の医療機関でも、乳幼児など長時間の点滴が困難な場合に、経口補水液による水分補給を行っています。

つまり、経口補水液は、「点滴をするほどの脱水症状」のときに飲む物なのです。

スポーツ飲料との大きな違いは、食塩の含有量です。
下痢や嘔吐のときは、水分とともに汗や胃液、腸液の塩分(塩化ナトリウム)やカリウムといった電解質が大量に失われます。

そのため、経口補水液は、スポーツ飲料と比べるとナトリウムやカリウムといった電解質の量が多いのです。
メーカーによって差はありますが、経口補水液500mLには、約1.5gの食塩が含まれています。

そのことを知らず、お茶がわりに飲んでいるかたが意外に多いのです。

通常の水分補給は水やお茶で十分

先日も、患者さんと話をしていて、ドキッとしました。
そのかたは血圧が高く、降圧剤を飲んでいます。

夏は血管が緩んで拡張するため、血圧が下がる傾向にあります。
一方で、夏は脱水状態になりやすく、血液が粘度を増します。ドロドロになるのです。

動脈硬化が進んだ高血圧の人の場合、その状態で血圧が下がると、血流の勢いが落ち、それまでは流れていた血栓(血の塊)が、詰まりやすくなります。
夏に脳梗塞や心筋梗塞が増えるのは、そのためです。
そういった知識があったためでしょうか。

私の顔を見るなり、「先生。私、熱中症予防のために、経口補水液を毎日2本ずつ飲んでいるんですよ。脱水を起こすと、血液がドロドロになっちゃいますからね」と、自慢げにいうのです。
私は慌てて、「いやいや。経口補水液は、下痢や嘔吐、高熱のときや、炎天下で滝のような汗をかいたときに、緊急避難的に飲むものです。通常の水分補給は、水やお茶で十分。経口補水液を1Lも飲んだら、塩分のとり過ぎで血圧が上がっちゃいますよ」と説明しました。

実をいうと、こういう患者さんは月に1~2人いらっしゃいます。

日本高血圧学会では、高血圧患者の1日の食塩摂取量を6g未満と推奨しています。
しかし実際に、この目標を達成している高血圧患者は、男性で20%、女性で24%しかいないといわれています。

先ほども説明しましたが、経口補水液のペットボトル1本には、食塩が約1.5g入っています。
2本飲んだら3gです。
つまり、経口補水液だけで1日の目標量の半分をとってしまっているのです。
これでは、いくら食事で減塩を心がけても、6gでは収まらないでしょう。

高血圧のほか、心臓病や腎臓病などで治療中の人は、経口補水液を不用意にガブ飲みしないでください。
実際、経口補水液には、「医師から脱水状態時の食事療法として指示された場合に限りお飲みください」「医師、看護師、薬剤師、管理栄養士の指導に従ってお飲みください」と記載されています。

基本的には、自動販売機では買えず、薬局や薬店で対面販売される商品なので、買うときにお店の人から必ず説明を受けているはずです。
それなのに、なかなか正しい認識が広まらないようです。

もちろん、高血圧の人でも、極度の脱水症状が起こったときには、経口補水液を飲んでください。

私のクリニックには、頭痛の患者さんがたくさん来院します。
夏場は、脱水が原因の頭痛のかたもいて、その場合は経口補水液を勧めます。


経口補水液は、大変優れた飲料です。
それだけに、正しい情報が行き届き、適切に利用されることを願ってやみません。

水谷暢秀
1967年、静岡県生まれ。日本医科大学卒業後、同大学附属病院脳神経外科、静岡厚生病院脳神経外科診療副部長を経て、2010年、水谷脳神経外科クリニックを開院。脳神経外科専門医。頭痛診療と脳卒中予防が専門分野。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【クーラーつけっぱなし】咳や喘息の悪化 エアコンのカビ(真菌)が原因かも

【クーラーつけっぱなし】咳や喘息の悪化 エアコンのカビ(真菌)が原因かも

連日の猛暑が続き、熱中症のニュースが報じられています。夜、寝ているときもクーラーの使用が推奨されていますが、実はそこには危険な落とし穴があります。エアコン内部の「カビ」がもたらす弊害です。【解説】内山葉子(葉子クリニック院長)


【肥満症】減量手術の適応条件は?保険適応は?

【肥満症】減量手術の適応条件は?保険適応は?

肥満に対する治療で、「減量手術」が行われることがあります。減量手術は、単にやせたいからという理由で受けるようなものではなく、合併症のある高度肥満、かつ通常の治療では効果のない人が対象となり、日本でも2014年に術式の一つが保険適用になりました。【解説】大城崇司(東邦大学医療センター佐倉病院消化器外科講師)


腕振りのダイエット効果 太極拳の準備運動“スワイショウ”

腕振りのダイエット効果 太極拳の準備運動“スワイショウ”

「太極拳のような、体にいい運動をやってみたい」と思いながら、「難しそう」「時間がない」などの理由で、あきらめている人は多いのではないでしょうか。そんな人にぜひお勧めしたいのが、誰でも簡単にできて、健康効果の高い腕ふり運動「スワイショウ」です。【解説】楊進(日本健康太極拳協会理事長)


レバー嫌いの貧血対策に「干しぶどう」がオススメ!ダイエット 美肌にも有効

レバー嫌いの貧血対策に「干しぶどう」がオススメ!ダイエット 美肌にも有効

干しブドウには、豊富な鉄分の他、さまざまな栄養素が含まれています。お年寄りの中には、干しブドウを「硬くて食べにくい」とおっしゃるかたがいます。「干しブドウ酢」は酢に漬けることで軟らかくなり、食べやすくなるばかりか、美容や健康をサポートしてくれる酢も一緒に取ることができます。【解説】里見英子(里見英子クリニック院長)


【甘酒氷Q&A】正しい保存方法は?甘くないけど失敗?離乳食に甘酒は使える?

【甘酒氷Q&A】正しい保存方法は?甘くないけど失敗?離乳食に甘酒は使える?

甘酒には、二種類あります。酒かす甘酒は、酒かすを水で溶いて、砂糖などの甘味料を加えて作ります。酒かす甘酒にはアルコールが若干含まれますから、子どもやお酒に弱いかたの飲用には注意が必要です。一方、麹甘酒は米麹を発酵させて作りますので、アルコール分は含まれません。【回答】小紺有花(発酵食大学教授、糀料理研究家)


最新の投稿


【野球肘】肩が痛い ひじが痛い 症状を改善・予防するストレッチの方法

【野球肘】肩が痛い ひじが痛い 症状を改善・予防するストレッチの方法

体の柔軟性を保つには、ストレッチを行うことが重要です。練習や試合のあった日はもちろん、休養日にも必ずストレッチを行い、柔軟性を保ちましょう。前項のチェックで硬さがあった場合はもちろん、硬さがなくてもストレッチは必ず行ってください。【解説】山本智章(新潟リハビリテーション病院院長)


注目のシンバイオティクス!発酵あんこは腸内環境を改善する効果がある

注目のシンバイオティクス!発酵あんこは腸内環境を改善する効果がある

発酵あんこの魅力は、それが「シンバオイティクス」であることです。シンバイオティクスとは、腸の善玉菌を増やすなど、人体によい影響を与える有用菌と、そうした菌のエサになる、食物繊維やオリゴ糖などをいっしょに取ることです。【解説】関由佳(内科医・味噌ソムリエ・メディカルフード研究家)


【腰痛の原因】食べすぎやストレスによる肝臓疲労 対策は「足首回し」

【腰痛の原因】食べすぎやストレスによる肝臓疲労 対策は「足首回し」

腰痛や肩こりは、体のゆがみによって起こります。その原因を探ると、なんと約8割の人は、肝臓に疲労がたまっていることが、私の長い施術経験からわかりました。肝臓の疲労のしかたによって、体は右肩上がりになったり、左肩上がりになったりします。それが、痛みの原因になるのです。【解説】田川直樹(快風身体均整院院長)


女性のための簡単筋トレダイエット【バストアップ・二の腕やせ】のコツ

女性のための簡単筋トレダイエット【バストアップ・二の腕やせ】のコツ

「手合わせ筋トレ」は、手のひらを合わせて全力で押し合うだけの、シンプルな筋トレです。動きは簡単ですが、筋肉を意識しながらゆっくり行えば、大きなトレーニング効果が得られます。最初はあまり変化を感じないでしょう。しかしそこを過ぎると、体は目に見えて変わっていきます。【解説】岡田隆(バズーカ岡田・日本体育大学准教授)


昆布酵母のおかげで減塩でも美味しい!薄味で胃腸に優しい手料理に家族が大満足

昆布酵母のおかげで減塩でも美味しい!薄味で胃腸に優しい手料理に家族が大満足

私は食べ歩きが好きで、おいしい物やお店を、インターネットで探すことがよくあります。ウエダ家さんの酵母パンを見つけたのも、インターネットでした。「油も砂糖も使わない天然酵母パン」に興味がわき、すぐにウエダ家さんのパン作り講座に通い始めました。もう10年になります。【体験談】多羅裕子(62歳・主婦)