【医師解説】最大血圧の適正値は「年齢+90ミリ」で問題なし 200ミリ以下なら降圧剤は不要

【医師解説】最大血圧の適正値は「年齢+90ミリ」で問題なし 200ミリ以下なら降圧剤は不要

基準値を少し超えただけで高血圧の診断が下され、降圧剤を飲むとどうなるでしょう。これは、「本来下げる必要のない血圧を下げている」ことになります。その結果、めまい、しびれ、息切れ、倦怠感、肩こりなど、多くの体の不調が起こってきます。【解説】松本光正(サン松本クリニック院長)


最大血圧の適正値は「年齢+90ミリ」で問題なし

そもそも、血圧とは、さまざまな要因によって上下動するものです。
なぜなら、その人が最高の状態で活動できるようにするため、常時調節されているからです。

血圧を測定する際、病院まで走ってきたり、病気が見つかったらどうしようと緊張していたりしたら、血圧が上がるのはあたりまえ。
これは、運動やストレスに対して、体が自然に反応しているからです。

私自身、朝に血圧を測ると、最大血圧はいつも130mmHg台です。
ところが、クリニックへ行き、診療後にたまたま血圧を測ったところ、167mmHgだったことがありました。

すると、スタッフが「先生、血圧が少し高いんじゃありませんか」と心配してくれましたが、全く問題はありません。
これは、仕事をしたあとだからこそ、血圧が上がっているのです。

なんらかの事情により、血圧が一時的に上がるのは自然なことです。
したがって、その瞬間だけをとらえて「血圧が高い」と判定し、降圧剤を勧めるなどというのは、完全に間違っています。

さらに、誰でも年を重ねれば、血圧はしだいに上がっていくものなのです。
血管が老化して、動脈硬化が進行するのも同様です。

血管は、長年使われた結果、若いときのような柔軟性を失ってかたくなります。
そのかたい血管を使って、全身に酸素や栄養素を送り届けるには、若いときよりも大きな圧力が必要となります。

つまり、「生きていくために必要だからこそ、自然と血圧が上がっていく」のです。
現在は、若い人も高齢者も、一律に基準値を超えれば、たちまち「高血圧」と診断されてしまいます。

私にいわせれば、こうした基準値の判定法には、大きな問題があります。
以前、最大血圧の適正値は、「年齢+90mmHg以上」とされていました。

私は、現在でもこの考え方でいいと思っています。
例えば、50歳なら140mmHg、60歳なら150mmHg、70歳なら160mmHgというように、徐々に最大血圧が上がっていくのは自然なのです。

薬をやめたいときがまさにやめどき

基準値を少し超えただけで高血圧の診断が下され、降圧剤を飲むとどうなるでしょう。
これは、「本来下げる必要のない血圧を下げている」ことになります。

生きるために必要があって体が上げている血圧を、薬で無理やり下げるのです。
その結果、めまい、しびれ、息切れ、倦怠感、肩こりなど、多くの体の不調が起こってきます。

89歳の女性Aさんが、「めまいがしてフラフラする」と相談に見えました。
ほかの病院で処方された降圧剤を飲んでいるとのことでしたが、最大血圧は110mmHg程度だというので、なんの問題もありません。

それなのに、薬を飲んでいるのです。
これは、めまいに悩まされて当然といわざるをえません。

私が薬を飲むのを控えるよう勧めると、Aさんはそのとおりにしてくれました。
それが今から3年前のことです。
そして、現在どうなったかといえば、最大血圧は130mmHg、最小血圧は70mmHg台半ばですが、めまいはすっかりなくなり、お元気で過ごしているのです。

現在94歳の女性Bさんは、9年前に初診した際、降圧剤を飲んでいました。
最大血圧は148mmHg、最小血圧は80mmHgありました。
私の説明に納得してすぐに服用を中止しましたが、それ以降、なんの問題も生じていません。

最新の血圧は、最大血圧が134mmHg、最小血圧が86mmHgです。
このお年になっても、つえもつかずにスタスタ歩いて私の診療室にやって来ます。

私は、「降圧剤をやめたい」という患者さんに、「今すぐやめてけっこうです。やめたいときがやめどきです」といっています。

降圧剤を突然やめても、大半の人は全く血圧は上がりません。
なぜなら、飲む必要のない降圧剤を飲んでいたからです。

それをやめたからといって、リバウンドのような現象が起こることは、まずありえないのです。
ごく少数ですが、なかには、10~20mmHgくらい血圧が上がる人がいます。

しかし、それは、本来のあるべき血圧に戻っただけに過ぎません。
それが、その人にとって、生きていくために必要な血圧なのです。

私は、断薬した皆さんに「今までどおり、普通に暮らしていればいいですよ」といっています。
あとは、なるべくストレスをためず、明るく朗らかに過ごせばいいでしょう。

どんな人でも、ほんとうに正しい血圧は、安静時に測ったいちばん低い数値です。
それが飛びぬけて高くないかぎり、降圧剤を飲む必要はありません。

そんな私ですが、現在、降圧剤を処方している患者さんが、1人だけおられます。
50歳の女性Cさんは、いつ測っても、最大血圧が230mmHgほどあるのです。

Cさんのように、安静時に最大血圧が200mmHgを超えないかぎり、降圧剤は全く必要ないというのが私の考えです。
少し血圧が高いくらいなら、「ああ、おかげで元気なのだ」と考えておけばいいでしょう。

関連記事→血圧はあまり気にし過ぎてはダメ!

松本光正
サン松本クリニック院長。高校から大学時代にかけて、中村天風氏の最晩年の弟子として薫陶を受ける。以後、天風会の講師として活躍。外来医療をこよなく愛する内科医。著書に『血圧心配症ですよ!まだ「薬」で血圧を下げているあなたへ』(本の泉社)、『やってはいけない高血圧治療』(角川書店)などがある。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連するキーワード


降圧剤 高血圧

関連する投稿


【糖尿病対策の食事】糖質は減らさず味方にする!食後高血糖を防いで肥満を撃退するコツ

【糖尿病対策の食事】糖質は減らさず味方にする!食後高血糖を防いで肥満を撃退するコツ

糖質を敵にするか、味方にするかは、食べ方次第です。糖質は悪者ではありません。問題なのは、糖質を取った後、血糖値が急激に上昇する食後高血糖です。糖質は、食べ方のコツさえ知っていれば、血糖値を急激に上げることなく、糖質をおいしく取ることができるのです。【解説】足立香代子(臨床栄養実践協会理事長・管理栄養士)


【食後高血糖の改善】なんとキウイを加えると血糖値スパイクを予防できると判明

【食後高血糖の改善】なんとキウイを加えると血糖値スパイクを予防できると判明

糖質制限ダイエット中は「糖質を食べたい」と思いながらも、無理に我慢することになります。この「我慢」がクセモノです。それが続かなくなったときには、糖質のドカ食いをしがちだからです。そこで私がお勧めするのは、糖質制限に果物、特にキウイを役立てることです。【解説】足立香代子(臨床栄養実践協会理事長・管理栄養士)


【ダイエット効果】おやつもOK!糖質を味方にする痩せる食事の極意 ポイントは“足し算”

【ダイエット効果】おやつもOK!糖質を味方にする痩せる食事の極意 ポイントは“足し算”

「間食はいけない。我慢すべき」というのも「引き算食べ」の発想。それを続けていると、食欲が爆発するときがやってきて逆効果です。ここでは「足し算食べ」を実践するための具体的なヒントをいくつかご紹介しましょう。【解説】足立香代子(臨床栄養実践協会理事長・管理栄養士)


【ブーム間違いなし】ダイエット効果抜群「レモンコーヒー」で“長寿ホルモン”が増え認知症も予防できる

【ブーム間違いなし】ダイエット効果抜群「レモンコーヒー」で“長寿ホルモン”が増え認知症も予防できる

イタリアやロシアなどのヨーロッパ諸国で愛飲されている「レモンコーヒー」に、なんとも多様な健康効果があると判明!日本でも近々、ブームとなること間違いなし?医師、大学教授、管理栄養士が、その魅力を語ります。“魅惑の味”を、ぜひお試しください。【解説】安中千絵(医療管理栄養士)


【血圧が下がった理由】朝食をトマトにしたら正常値に 10kgダイエットできた体験談

【血圧が下がった理由】朝食をトマトにしたら正常値に 10kgダイエットできた体験談

朝食をトマト1個にして2カ月後、最大血圧が125mmHg程度と正常範囲内で落ち着くようになりました。降圧剤を飲んでいても下がらなかった血圧が、トマトを毎朝食べているだけでこんなにあっさりと下がるのかと、びっくりしました。【体験談】仁科敏子(仮名・無職・83歳)


最新の投稿


【腸内環境を改善】宿便と有害物質を排出して腸を大掃除する「解毒スープ」とは

【腸内環境を改善】宿便と有害物質を排出して腸を大掃除する「解毒スープ」とは

解毒スープを飲んで2時間もすると、体がポカポカしたり、尿意を催したりといった、なんらかの変化を実感できるでしょう。便秘がひどい人の場合は、便通への効果に時間がかかることもありますが、根気よく続けてください。【解説】堀田忠弘(堀田医院院長)


【腸の大掃除】便秘体質から出せる体質に 排便力を高める「解毒スープ」の作り方・飲み方

【腸の大掃除】便秘体質から出せる体質に 排便力を高める「解毒スープ」の作り方・飲み方

解毒スープを作るのに必要な材料は、ゴボウ・ショウガ・タマネギの皮・マイタケ・パセリ、そして天然塩です。材料はすべて身近なものですが、入手できないときは、どれかが欠けても構いません。まずはぜひ実践してみてください。【解説】堀田忠弘(堀田医院院長)


【便秘にも下痢にも効果】解毒スープ症例 2日で11回も出た!薬に頼らず出た!

【便秘にも下痢にも効果】解毒スープ症例 2日で11回も出た!薬に頼らず出た!

解毒スープを飲むと、腸内環境は劇的によくなります。その結果、出なかった人は出るようになり、出過ぎていた人はほどよい回数になります。カチカチ、コロコロの便も、逆にユルユルの下痢便も、ちょうどよい硬さの快便になります。さらに、便だけでなく、その他の体の不調も改善していきます。【解説】堀田忠弘(堀田医院院長)


金閣寺住職に聞いた【悩みが消える掃除術】「悩みがあるならまずぞうきんを持て」

金閣寺住職に聞いた【悩みが消える掃除術】「悩みがあるならまずぞうきんを持て」

どうやったら、物事に動じない強い自分になれますか。そういう質問に対して、私はいつもこのようにお答えします。ぞうきんを持つというのは、掃除をして、身の回りを清浄な状態に整えること。それによっておのずと道が見えてきますから、悩みの解決にもつながるのです。【解説】有馬賴底(臨済宗相国寺派管長 相国寺・金閣寺・銀閣寺住職)


【心も綺麗になる掃除術】汚れもわだかまりも一掃!自分のための「拭き掃除」のススメ

【心も綺麗になる掃除術】汚れもわだかまりも一掃!自分のための「拭き掃除」のススメ

これからどんなに優れた掃除ロボットが出てきてもふくことができない場所、それが「心」だと僕は思っています。なんとなく部屋の空気が「重い」と感じるとき。これは空間に残された感情と、自分の中にある感情とが密接につながっているからだと僕は考えています。【解説】船越耕太(空間診断士)