【みその降圧効果】本当は血圧を下げる「味噌汁」 夏の水分と塩分補給に最適な飲み物

【みその降圧効果】本当は血圧を下げる「味噌汁」 夏の水分と塩分補給に最適な飲み物

みそには、老化の元凶である活性酸素の発生を抑制する効果があります。血管や内臓、肌を若く保つためにも、みそ汁を中心とした和食をとることで、健康になれるのです。特に夏場は汗をかくので、水分と塩分を補給できるみそ汁は、最適な飲み物です。【解説】上原誉志夫(共立女子大学教授)


みそには塩分を排出し血圧を下げる作用がある

「みそ汁は塩分が多いので血圧を上げる」と思っている人は多いでしょう。
私も長年、高血圧の患者さんに「みそ汁を控えましょう」といい続けてきました。

「食塩感受性」という言葉をご存じでしょうか。
これは、食塩の摂取量を増やすと血圧が上がる性質をいいます。
日本人には食塩感受性の高い人が多く、そのため、しょっぱいみそ汁が敬遠されていたのです。

私は、医師になってからの40年間、「食塩と高血圧」について研究してきました。
そこで知ったのが、アメリカの「DASH食」という高血圧治療食です。

DASH食は、野菜を中心とした食事で、日本食とよく似ています。
DASH食をとっていると、欧米型の食事と同じ量の食塩を摂取しても、血圧が上がりません。
なぜでしょうか。

食塩感受性の高い人は、腎臓で食塩の排出がうまくいかず、体内に塩をため込みます。
そして、血液の塩分濃度を保つために水分を取り込むので、血圧が上昇するのです。

DASH食は、野菜のカリウムが食塩排出を促すので、血圧が上がりません。
同様に、野菜を多く含む日本食も、食塩感受性の高い人の高血圧を改善する力があると考えられます。

さらに最近は、日本の発酵食品も健康面で注目されています。
そこで私は、日本の代表的食材である、みその降圧効果について調べました。

食塩感受性の高いラットを二つのグループに分け、片方には食塩水を、もう片方には塩分濃度が同じみそ汁を飲ませ、血圧の変化を見たのです。
すると、みそ汁群のラットは、途中から飲む量が増えたため、食塩水群のラットよりも食塩摂取量が多かったにもかかわらず、食塩水群よりも血圧が上がりませんでした。

例えば、みそ汁群は、摂取した塩分量が48gになったときに、最大血圧が171mmHgになりました。
一方、食塩水群は塩分を32gとった時点で、最大血圧が171mmHgに達しています。
つまり、みそ汁には約30%の減塩効果があるといえるのです。

みその成分を分析をしたところ、腎臓から食塩を排出しやすくする成分と、血圧を下げる成分が含まれていました。
おそらく、ダイズたんぱくや麹に由来する成分だと考えられます。

さらに私たちは、人間ドック受診者を対象に、5年間の追跡調査を行いました。
高血圧や糖尿病の治療をしていない人たちに、みそ汁を1日1~3杯飲んでもらったところ、血圧には全く影響しなかったのです。
さらに、1日2杯のみそ汁を3ヵ月摂取してもらい、血圧への影響を見ました。
すると、ステージⅠの高血圧患者(最大血圧140~159mmHg、最小血圧90~99mmHg)においても、1日2杯のみそ汁摂取は、血圧に影響しないという結果でした。

前述したように、みそには塩分を排出する作用と血圧を下げる作用があります。
高血圧の治療を受けていない人は、1日3杯までのみそ汁なら気にせず飲んでください。
ふだん、スープや吸い物を飲む習慣のある人は、そのうちの1杯をみそ汁に替えましょう。

きっと血圧にいい変化が出てくるはずです。

1日の食塩摂取量は7〜10gがちょうどいい

そもそも、減塩一辺倒の傾向にも疑問があります。

現在、日本人の食塩の平均摂取量は約10g。

厚生労働省が定める平均摂取基準は、男性8g、女性7g。
それに対し、日本高血圧学会では6gを推奨しています。

もちろん、心不全や腎不全などの患者さんに対しては、6g以下の塩分制限が必要です。
しかし、そうでない人に対して、6gの食塩摂取量が適切なのかは、はなはだ疑問です。

実際、気になる研究が相次いで発表されています。
一つは2014年に発表されたもので、食塩摂取量と心臓血管事故との関連についての調査です。
1日の食塩摂取量が10~14.975gの人は、7.5g未満や17.5g以上の人よりも、心臓病死や心臓疾患の発症頻度が低いという報告でした。

また、元・アメリカ高血圧学会長のアルダーマン博士の研究班は、低塩食(~6.613g)、通常食(6.613~12.363g)、高塩食(12.363g~)に分け、心臓疾患と死の頻度を調査しました。
すると、通常量が最も低かったのです。

つまり、1日の食塩摂取量は約7~10gがちょうどいい、ということです。

逆に、減塩するあまり食が進まず、栄養失調になる高齢者の増加が問題となっています。

みそには、老化の元凶である活性酸素の発生を抑制する効果があります。
血管や内臓、肌を若く保つためにも、みそ汁を中心とした和食をとることで、健康になれるのです。

特に夏場は汗をかくので、水分と塩分を補給できるみそ汁は、最適な飲み物です。
夏に食欲不振になりがちな高齢者のかたがたには、積極的にみそ汁を飲んでほしいと思います。

その場合、みそ汁の具にした野菜の健康エキスは、汁に溶け出していますので、汁は必ず飲んでください。
「減塩のために具だけ食べて、汁を残す」のは、愚の骨頂です。

上原誉志夫
1976年、東京大学医学部卒業。東京大学医学部附属病院腎臓内分泌内科保健センター副所長、保健センター駒込・本郷支所長を経て、2009年より現職。著書に『高血圧ならみそ汁を飲みなさい!』(実業之日本社)などがある。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連するキーワード


高血圧 みそ汁 血圧

関連する投稿


痩せる効果アップ!【酢キャベツダイエット】ムラカミ式は砂糖でクエン酸回路を活性化!

痩せる効果アップ!【酢キャベツダイエット】ムラカミ式は砂糖でクエン酸回路を活性化!

ムラカミ式酢キャベツは、砂糖を使用します。これには、もちろん味を調える意味合いも大いにありますが、それだけではありません。「クエン酸回路」と呼ばれる、私たちのエネルギー代謝システムを活性化する狙いがあるのです。【解説】村上祥子(福岡女子大学客員教授・料理研究家)


くしゃみで尿が漏れる 対策はミネラルバランスを整える“50℃”の味噌汁

くしゃみで尿が漏れる 対策はミネラルバランスを整える“50℃”の味噌汁

私が主宰する料理教室では、身近な食材を使って、健康で美しい体を作る知識と調理方法をお伝えしています。その中で重要なカギとなっているのが、「酵素」です。酵素は、体内で起こるさまざまな化学反応を促進する物質です。【解説】人見惠子(ミレット・スタイル代表)


【肥満症】減量手術の適応条件は?保険適応は?

【肥満症】減量手術の適応条件は?保険適応は?

肥満に対する治療で、「減量手術」が行われることがあります。減量手術は、単にやせたいからという理由で受けるようなものではなく、合併症のある高度肥満、かつ通常の治療では効果のない人が対象となり、日本でも2014年に術式の一つが保険適用になりました。【解説】大城崇司(東邦大学医療センター佐倉病院消化器外科講師)


腕振りのダイエット効果 太極拳の準備運動“スワイショウ”

腕振りのダイエット効果 太極拳の準備運動“スワイショウ”

「太極拳のような、体にいい運動をやってみたい」と思いながら、「難しそう」「時間がない」などの理由で、あきらめている人は多いのではないでしょうか。そんな人にぜひお勧めしたいのが、誰でも簡単にできて、健康効果の高い腕ふり運動「スワイショウ」です。【解説】楊進(日本健康太極拳協会理事長)


レバー嫌いの貧血対策に「干しぶどう」がオススメ!ダイエット 美肌にも有効

レバー嫌いの貧血対策に「干しぶどう」がオススメ!ダイエット 美肌にも有効

干しブドウには、豊富な鉄分の他、さまざまな栄養素が含まれています。お年寄りの中には、干しブドウを「硬くて食べにくい」とおっしゃるかたがいます。「干しブドウ酢」は酢に漬けることで軟らかくなり、食べやすくなるばかりか、美容や健康をサポートしてくれる酢も一緒に取ることができます。【解説】里見英子(里見英子クリニック院長)


最新の投稿


女性のための簡単筋トレダイエット【バストアップ・二の腕やせ】のコツ

女性のための簡単筋トレダイエット【バストアップ・二の腕やせ】のコツ

「手合わせ筋トレ」は、手のひらを合わせて全力で押し合うだけの、シンプルな筋トレです。動きは簡単ですが、筋肉を意識しながらゆっくり行えば、大きなトレーニング効果が得られます。最初はあまり変化を感じないでしょう。しかしそこを過ぎると、体は目に見えて変わっていきます。【解説】岡田隆(バズーカ岡田・日本体育大学准教授)


昆布酵母のおかげで減塩でも美味しい!薄味で胃腸に優しい手料理に家族が大満足

昆布酵母のおかげで減塩でも美味しい!薄味で胃腸に優しい手料理に家族が大満足

私は食べ歩きが好きで、おいしい物やお店を、インターネットで探すことがよくあります。ウエダ家さんの酵母パンを見つけたのも、インターネットでした。「油も砂糖も使わない天然酵母パン」に興味がわき、すぐにウエダ家さんのパン作り講座に通い始めました。もう10年になります。【体験談】多羅裕子(62歳・主婦)


脳が活性化する親指の体操で明るく前向きになれる!意欲がわいてくる!

脳が活性化する親指の体操で明るく前向きになれる!意欲がわいてくる!

親指刺激を行っているうちに、手の動きと脳の働きが同時によくなり、薬の管理がうまくできるようになったというお年寄りもいます。認知症に関する効果だけでなく、肩こりや冷えが軽減した、姿勢がよくなったという人も多いのです。【解説】長谷川嘉哉(認知症専門医)


巻き爪を予防する「正しい爪の切り方」深爪やバイアスカットが陥入爪も招く

巻き爪を予防する「正しい爪の切り方」深爪やバイアスカットが陥入爪も招く

フットケア外来を開設して驚いたのは、ほとんどの患者さんが正しい爪の切り方を知らないことでした。巻き爪や陥入爪(巻いた爪が皮膚に食い込む状態)といった爪のトラブルを防ぐには、スクエアカットといって、爪を̻四角に切ります。絶対してはいけないのが深爪とバイアスカットです。【解説】高山かおる(済生会川口総合病院皮膚科主任部長)


老廃物をグイグイ流して血流を改善「足の指刺激」のやり方

老廃物をグイグイ流して血流を改善「足の指刺激」のやり方

私は若い頃から拳法で鍛え、道場で拳法家の育成にも努めています。30代前半までは、仕事に、拳法にと精力的な日々を送っていましたが、30代後半になると、とたんに肩こりや座骨神経痛など、さまざまな痛みが生じるようになりました。【解説】原田秀康(国際足健法協会会長)