MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営
【みその降圧効果】本当は血圧を下げる「味噌汁」 夏の水分と塩分補給に最適な飲み物

【みその降圧効果】本当は血圧を下げる「味噌汁」 夏の水分と塩分補給に最適な飲み物

みそには、老化の元凶である活性酸素の発生を抑制する効果があります。血管や内臓、肌を若く保つためにも、みそ汁を中心とした和食をとることで、健康になれるのです。特に夏場は汗をかくので、水分と塩分を補給できるみそ汁は、最適な飲み物です。【解説】上原誉志夫(共立女子大学教授)

みそには塩分を排出し血圧を下げる作用がある

「みそ汁は塩分が多いので血圧を上げる」と思っている人は多いでしょう。
私も長年、高血圧の患者さんに「みそ汁を控えましょう」といい続けてきました。

「食塩感受性」という言葉をご存じでしょうか。
これは、食塩の摂取量を増やすと血圧が上がる性質をいいます。
日本人には食塩感受性の高い人が多く、そのため、しょっぱいみそ汁が敬遠されていたのです。

私は、医師になってからの40年間、「食塩と高血圧」について研究してきました。
そこで知ったのが、アメリカの「DASH食」という高血圧治療食です。

DASH食は、野菜を中心とした食事で、日本食とよく似ています。
DASH食をとっていると、欧米型の食事と同じ量の食塩を摂取しても、血圧が上がりません。
なぜでしょうか。

食塩感受性の高い人は、腎臓で食塩の排出がうまくいかず、体内に塩をため込みます。
そして、血液の塩分濃度を保つために水分を取り込むので、血圧が上昇するのです。

DASH食は、野菜のカリウムが食塩排出を促すので、血圧が上がりません。
同様に、野菜を多く含む日本食も、食塩感受性の高い人の高血圧を改善する力があると考えられます。

さらに最近は、日本の発酵食品も健康面で注目されています。
そこで私は、日本の代表的食材である、みその降圧効果について調べました。

食塩感受性の高いラットを二つのグループに分け、片方には食塩水を、もう片方には塩分濃度が同じみそ汁を飲ませ、血圧の変化を見たのです。
すると、みそ汁群のラットは、途中から飲む量が増えたため、食塩水群のラットよりも食塩摂取量が多かったにもかかわらず、食塩水群よりも血圧が上がりませんでした。

例えば、みそ汁群は、摂取した塩分量が48gになったときに、最大血圧が171mmHgになりました。
一方、食塩水群は塩分を32gとった時点で、最大血圧が171mmHgに達しています。
つまり、みそ汁には約30%の減塩効果があるといえるのです。

みその成分を分析をしたところ、腎臓から食塩を排出しやすくする成分と、血圧を下げる成分が含まれていました。
おそらく、ダイズたんぱくや麹に由来する成分だと考えられます。

さらに私たちは、人間ドック受診者を対象に、5年間の追跡調査を行いました。
高血圧や糖尿病の治療をしていない人たちに、みそ汁を1日1~3杯飲んでもらったところ、血圧には全く影響しなかったのです。
さらに、1日2杯のみそ汁を3ヵ月摂取してもらい、血圧への影響を見ました。
すると、ステージⅠの高血圧患者(最大血圧140~159mmHg、最小血圧90~99mmHg)においても、1日2杯のみそ汁摂取は、血圧に影響しないという結果でした。

前述したように、みそには塩分を排出する作用と血圧を下げる作用があります。
高血圧の治療を受けていない人は、1日3杯までのみそ汁なら気にせず飲んでください。
ふだん、スープや吸い物を飲む習慣のある人は、そのうちの1杯をみそ汁に替えましょう。

きっと血圧にいい変化が出てくるはずです。

みそには多くの健康効果がある

1日の食塩摂取量は7〜10gがちょうどいい

そもそも、減塩一辺倒の傾向にも疑問があります。

現在、日本人の食塩の平均摂取量は約10g。

厚生労働省が定める平均摂取基準は、男性8g、女性7g。
それに対し、日本高血圧学会では6gを推奨しています。

もちろん、心不全や腎不全などの患者さんに対しては、6g以下の塩分制限が必要です。
しかし、そうでない人に対して、6gの食塩摂取量が適切なのかは、はなはだ疑問です。

実際、気になる研究が相次いで発表されています。
一つは2014年に発表されたもので、食塩摂取量と心臓血管事故との関連についての調査です。
1日の食塩摂取量が10~14.975gの人は、7.5g未満や17.5g以上の人よりも、心臓病死や心臓疾患の発症頻度が低いという報告でした。

また、元・アメリカ高血圧学会長のアルダーマン博士の研究班は、低塩食(~6.613g)、通常食(6.613~12.363g)、高塩食(12.363g~)に分け、心臓疾患と死の頻度を調査しました。
すると、通常量が最も低かったのです。

つまり、1日の食塩摂取量は約7~10gがちょうどいい、ということです。

逆に、減塩するあまり食が進まず、栄養失調になる高齢者の増加が問題となっています。

みそには、老化の元凶である活性酸素の発生を抑制する効果があります。
血管や内臓、肌を若く保つためにも、みそ汁を中心とした和食をとることで、健康になれるのです。

特に夏場は汗をかくので、水分と塩分を補給できるみそ汁は、最適な飲み物です。
夏に食欲不振になりがちな高齢者のかたがたには、積極的にみそ汁を飲んでほしいと思います。

その場合、みそ汁の具にした野菜の健康エキスは、汁に溶け出していますので、汁は必ず飲んでください。
「減塩のために具だけ食べて、汁を残す」のは、愚の骨頂です。

解説者のプロフィール

上原誉志夫
1976年、東京大学医学部卒業。東京大学医学部附属病院腎臓内分泌内科保健センター副所長、保健センター駒込・本郷支所長を経て、2009年より現職。著書に『高血圧ならみそ汁を飲みなさい!』(実業之日本社)などがある。

この記事のエディター

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連記事
血圧が高くなることを気にしておられるかたもいらっしゃるでしょう。しかし、年齢とともに血圧が上がるのは、生命を維持するために必要な自然現象なのです。高齢者の場合、血圧が高いおかげで元気なのだといってもいいでしょう。【解説】松本光正(関東医療クリニック院長)
更新: 2019-05-03 18:00:00
乳酸タマネギを食べ始めると、1週間後くらいから、それまで不安定だったお通じが、2日に1回のペースでつくようになったのです。また、私は30代で糖尿病になりました。現在も通院して血糖値のチェックを受けています。乳酸タマネギを食べ始めてから、血糖値も正常値で安定しているので、うれしい限りです。【体験談】林恵(主婦・51歳)
更新: 2019-02-27 18:00:00
定期通院で血圧が130mmHgに下がっていたのです。降圧剤でも正常値にならなかったので、このときは「うそでしょ!? 」と声が出るほど本当に驚きました。2ヵ月後も正常値だったため4錠だった降圧剤を2錠に減らせました。念願だった減薬に着手できてどれだけうれしかったかわかりません。【体験談】山田平次(仮名・会社員・69歳)
更新: 2019-02-20 18:00:00
バナナ酢を飲み始めて暫くすると、以前は60kg弱だった体重が、今は56kg前後に。夫の血圧も安定しています。以前は、降圧剤を飲んだ状態で最大血圧は130mmHg台でしたが、最近は、日によっては120mmHg台まで下がるそうです。【体験談】久保田亮子(仮名・パートタイマー・69歳)
更新: 2018-11-12 07:00:00
効果を確かめようと、行う前と後で血圧を計りました。すると、行う前は168mmHgあった最大血圧が、アキレス腱トントン体操を両足合わせて200回した後では138mmHgまで下がったのです。内心、効果を信じていなかったので、この急降下ぶりに思わず目を見はりました。【体験談】鈴木秀一(会社役員・56歳)
更新: 2018-10-31 07:00:00
最新記事
これまで、疲労が起きるのは、「エネルギーがなくなるから」「疲労物質が筋肉にたまるから」と考えられてきました。しかし、最新の研究によって、疲労が起きるほんとうの理由は、「自律神経の中枢である、脳がサビつくから」ということが、わかっています。【解説】梶本修身(東京疲労・睡眠クリニック院長)
更新: 2019-05-23 18:00:00
私は、これまで40年以上、タマネギをはじめとする、ネギ属の機能性成分を研究してきました。そこでタマネギには、確かに血液をサラサラにする働きがあるということが明らかになったのです。【解説】西村弘行(北翔大学・北翔大学短期大学部学長/東海大学名誉教授)
更新: 2019-05-22 18:00:00
見たいものにピントを合わせる「目の調節力」は25歳を過ぎる頃からどんどん低下し、30代後半から近くが見えづらくなる老眼になってきます。目の疲れや調節力の低下を改善するためにお勧めなのが、目の周囲を温める「温熱療法」です。私は、温熱療法の効果を多くの実験で確認しています。【解説】高橋洋子(みたにアイクリニック院長)
更新: 2019-05-21 18:00:00
「脊柱管狭窄症」「椎間板ヘルニア」などの改善のために行われる従来の脊椎手術は体への負担が大きく、後遺症が生じることもあります。そうした中、後遺症をほとんど残さない、新たな手術法が注目されています。【解説】白石健(東京歯科大学市川総合病院整形外科教授)【取材】山本太郎(医療ジャーナリスト)
更新: 2019-05-20 18:00:00
頭痛、肩こり、腰痛、生理痛、耳鳴り、めまい、うつ、眼瞼けいれん、味覚障害、高血圧、逆流性食道炎──。一見、脈絡なく感じられるこれらの症状は、実は「食いしばり」が元凶となって起こっているという共通点があります。患者さんたちに、私は「10秒、口を開けるくせをつけてください」とアドバイスをしています。【解説】吉野敏明(誠敬会クリニック銀座院長)
更新: 2019-05-19 18:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt