【医師解説】ストレスの原因はパンツ!?下着を脱いで眠ればよく眠れる、血圧が下がる!

【医師解説】ストレスの原因はパンツ!?下着を脱いで眠ればよく眠れる、血圧が下がる!

昼から夜へ移行するとき、交感神経から副交感神経へと自然にスイッチが切り替わります。しかし、その切り替えを妨げるものがあります。有力な原因の一つが、社会的なストレスです。そして、もう一つ。それが、「パンツストレス」です。【解説】丸山淳士(五輪橋産婦人科小児科病院名誉理事長・医学博士)


夜リラックスすれば血圧は下がる!

私は、「脱パンツ睡眠」という、下着やパジャマを身に着けず、全裸で寝る健康法を推奨しています。
全裸とまではいかなくても、体を締めつけないナイトウェアを使うだけで、まるで魔法にでもかかったように眠りにつけて、朝までぐっすり眠れるようになります。

しかも、脱パンツ睡眠は、「寝つきが悪い」「眠りが浅い」「夜中に何度も起きる」「朝早くに目が覚める」「寝ても疲れが抜けない」といった睡眠障害の各症状を解消するだけではなく、多くの健康効果をもたらします。
なかでも、脱パンツ睡眠の代表的な効能の一つが、高血圧の改善効果です。

なぜ、脱パンツ睡眠をすると、ぐっすり眠れるようになるだけではなく、高血圧の改善にも役立つのか。
それに深くかかわっているのが、自律神経の働きです。

自律神経とは、私たちの意志とは無関係に働き、血管や内臓などをコントロールしている神経です。
交感神経と副交感神経の2種類があります。

交感神経は、いわゆる「活動の神経」。
日中に活発な活動をするために、血管を収縮させて血圧を上げます。

それにより全身に血液をめぐらせ、心身を適度の興奮・緊張状態におくのです。
また、恐怖や不安、怒りといった強い感情や、痛みにも交感神経は刺激されます。

交感神経は、ストレスに反応しやすい神経です。
現代のような複雑な社会では、私たちはさまざまなストレスを受けており、交感神経が過度に緊張しやすい傾向にあります。

こうした状況にあるからこそ、私たちは、十分な睡眠を取らなければいけません。
夜、リラックスして交感神経のかわりに副交感神経が優位となれば、血管が拡張し、血圧を下げることができます。

しかし、強いストレスを感じていると、夜になっても、交感神経が優位な状態が続き、副交感神経が十分に働きません。
すると、夜はよく眠れずに休息が取れません。

当然、交感神経が緊張しっぱなしになれば、血圧は下がらなくなります。

ブラジャーやパジャマのゴムも血圧を上げる!

本来は、昼から夜へ移行するとき、交感神経から副交感神経へと自然にスイッチが切り替わります。
しかし、その切り替えを妨げるものがあります。

有力な原因の一つが、社会的なストレスです。
そして、もう一つ。それが、「パンツストレス」です。

パンツストレスとは、パンツやブラジャー、パジャマのゴムなどによる体の締めつけです。
それが、寝ようとしている私たちの体を刺激して交感神経を興奮させ、副交感神経へのスイッチの切り替えを妨げているのです。

脱パンツを行うことによって、私たちはパンツストレスから解放され、熟睡できるようになります。
夜、パンツを脱ぐことで、1日に7時間前後、ストレスから確実に解放された時間を持つことができます。

交感神経から副交感神経への切り替えもうまくできるようになり、自律神経のバランスが回復します。
その結果、ストレスによって生じていた高血圧も、しだいに解消するでしょう。

脱パンツ睡眠は、体に密着してまとわりつく、あるいはゴムを使用する着衣を排して寝る方法です。
この条件を満たしていれば、全裸で寝る必要はありません。

ただし、下着は一切着けないのが原則で、靴下も厳禁。
ナイトウェアを着用する場合は、頭からすっぽりかぶる貫頭衣型や、ロング丈のワンピース型のパジャマ、浴衣などのゆったりした開放型の物をお勧めしています。

とはいえ、「下半身が心もとない」というかたは、開放性に乏しい欠点はありますが、パジャマのゴムをひもに替えてみましょう。
本来は、毎晩パンツを脱いで寝るのが望ましいですが、週末だけ、あるいは週に2~3日だけでもいいので、試してみましょう。

すると、しだいに熟睡できる、疲れの残らない体に変わっていくでしょう。
ある58歳の男性は、週に3日ほど脱パンツ睡眠を実践したところ、200mmHg前後あった最大血圧が、5ヵ月後には、160mmHgまで改善。

「これからも数値を確認するのが楽しみ」と語ってくれました。
皆さんも、脱パンツ睡眠の心地よさをぜひ味わい、高血圧の解消に役立ててください。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【糖尿病対策の食事】糖質は減らさず味方にする!食後高血糖を防いで肥満を撃退するコツ

【糖尿病対策の食事】糖質は減らさず味方にする!食後高血糖を防いで肥満を撃退するコツ

糖質を敵にするか、味方にするかは、食べ方次第です。糖質は悪者ではありません。問題なのは、糖質を取った後、血糖値が急激に上昇する食後高血糖です。糖質は、食べ方のコツさえ知っていれば、血糖値を急激に上げることなく、糖質をおいしく取ることができるのです。【解説】足立香代子(臨床栄養実践協会理事長・管理栄養士)


【食後高血糖の改善】なんとキウイを加えると血糖値スパイクを予防できると判明

【食後高血糖の改善】なんとキウイを加えると血糖値スパイクを予防できると判明

糖質制限ダイエット中は「糖質を食べたい」と思いながらも、無理に我慢することになります。この「我慢」がクセモノです。それが続かなくなったときには、糖質のドカ食いをしがちだからです。そこで私がお勧めするのは、糖質制限に果物、特にキウイを役立てることです。【解説】足立香代子(臨床栄養実践協会理事長・管理栄養士)


【ダイエット効果】おやつもOK!糖質を味方にする痩せる食事の極意 ポイントは“足し算”

【ダイエット効果】おやつもOK!糖質を味方にする痩せる食事の極意 ポイントは“足し算”

「間食はいけない。我慢すべき」というのも「引き算食べ」の発想。それを続けていると、食欲が爆発するときがやってきて逆効果です。ここでは「足し算食べ」を実践するための具体的なヒントをいくつかご紹介しましょう。【解説】足立香代子(臨床栄養実践協会理事長・管理栄養士)


【眠れない】原因は不安やストレス 1/fゆらぎ曲「心音」を試聴 チコちゃんに叱られるで話題

【眠れない】原因は不安やストレス 1/fゆらぎ曲「心音」を試聴 チコちゃんに叱られるで話題

電車やバスに揺られていると、眠くなるかたが多いでしょう。それは、ガタンゴトンという一定のリズムに「1/fゆらぎ」(えふぶんのいち・ゆらぎ)が加わっているからです。心音を聴いて、よく眠れるようになった、という声があるのは、この1/fゆらぎの効果によるものだと思います。【解説】池川明(池川クリニック院長・産婦人科医)


【眠れない時に寝る方法】眠くなる音楽を試聴 胎内の"心音"が効果 寝かしつけ対策に

【眠れない時に寝る方法】眠くなる音楽を試聴 胎内の"心音"が効果 寝かしつけ対策に

「世界一の癒される音を作りたい」という思いから、母親の胎内で聴いていた心臓の鼓動する音=心音に着目し研究、企画開発をしています。赤ちゃんに心音を聴かせたかたのアンケートで約95%が「寝かしつけに効果があった」と回答。同時に「お母さん自身が落ち着いた」という回答が約84%もあったのです。【解説】河野靖美(心音調律士) 


最新の投稿


【腸内環境を改善】宿便と有害物質を排出して腸を大掃除する「解毒スープ」とは

【腸内環境を改善】宿便と有害物質を排出して腸を大掃除する「解毒スープ」とは

解毒スープを飲んで2時間もすると、体がポカポカしたり、尿意を催したりといった、なんらかの変化を実感できるでしょう。便秘がひどい人の場合は、便通への効果に時間がかかることもありますが、根気よく続けてください。【解説】堀田忠弘(堀田医院院長)


【腸の大掃除】便秘体質から出せる体質に 排便力を高める「解毒スープ」の作り方・飲み方

【腸の大掃除】便秘体質から出せる体質に 排便力を高める「解毒スープ」の作り方・飲み方

解毒スープを作るのに必要な材料は、ゴボウ・ショウガ・タマネギの皮・マイタケ・パセリ、そして天然塩です。材料はすべて身近なものですが、入手できないときは、どれかが欠けても構いません。まずはぜひ実践してみてください。【解説】堀田忠弘(堀田医院院長)


【便秘にも下痢にも効果】解毒スープ症例 2日で11回も出た!薬に頼らず出た!

【便秘にも下痢にも効果】解毒スープ症例 2日で11回も出た!薬に頼らず出た!

解毒スープを飲むと、腸内環境は劇的によくなります。その結果、出なかった人は出るようになり、出過ぎていた人はほどよい回数になります。カチカチ、コロコロの便も、逆にユルユルの下痢便も、ちょうどよい硬さの快便になります。さらに、便だけでなく、その他の体の不調も改善していきます。【解説】堀田忠弘(堀田医院院長)


金閣寺住職に聞いた【悩みが消える掃除術】「悩みがあるならまずぞうきんを持て」

金閣寺住職に聞いた【悩みが消える掃除術】「悩みがあるならまずぞうきんを持て」

どうやったら、物事に動じない強い自分になれますか。そういう質問に対して、私はいつもこのようにお答えします。ぞうきんを持つというのは、掃除をして、身の回りを清浄な状態に整えること。それによっておのずと道が見えてきますから、悩みの解決にもつながるのです。【解説】有馬賴底(臨済宗相国寺派管長 相国寺・金閣寺・銀閣寺住職)


【心も綺麗になる掃除術】汚れもわだかまりも一掃!自分のための「拭き掃除」のススメ

【心も綺麗になる掃除術】汚れもわだかまりも一掃!自分のための「拭き掃除」のススメ

これからどんなに優れた掃除ロボットが出てきてもふくことができない場所、それが「心」だと僕は思っています。なんとなく部屋の空気が「重い」と感じるとき。これは空間に残された感情と、自分の中にある感情とが密接につながっているからだと僕は考えています。【解説】船越耕太(空間診断士)