【血圧を下げる】おなかの「しこり」をほぐすと本態性高血圧・腎性高血圧が改善する

【血圧を下げる】おなかの「しこり」をほぐすと本態性高血圧・腎性高血圧が改善する

私の治療院に見える患者さんのなかには、重篤な病気や痛みを抱えているかたが少なくありません。症状はさまざまですが共通しているのは、おなかにコリがあること。このコリをほぐすことで不調が改善したり痛みが軽減したりします。高血圧の患者さんもおなかにしこりのようなコリがあります。【解説】宮原周(源義堂宮原鍼灸治療院院長)


おなかにできるコリは全身に悪影響を及ぼす

私の治療院に見える患者さんのなかには、重篤な病気や痛みを抱えているかたが少なくありません。
症状はさまざまですが、共通しているのは、おなかにコリがあることです。
このコリをほぐすことで、不調が改善したり、痛みが軽減したりします。
高血圧の患者さんも、おなかにしこりのようなコリがあります。

常に時間に追われ、ストレスの多い現代社会においては、原因となる病気がないのに血圧が上がる「本態性高血圧」の患者さんが増えています。
また、腎臓の機能が低下することで血圧が上がる「腎性高血圧」の患者さんも、少なからず来院します。

今回は、そのどちらのタイプの患者さんにも効果が期待できる「腹つまみ」をご紹介します。

腹つまみは、正式には「按腹法」といいます。
按腹法は、江戸時代にさかんだった家庭療法です。

肩こりという言葉はよく耳にすると思いますが、おなかのコリは聞き慣れないかもしれません。
しかし、コリは肩だけでなく、全身に生じます。
なかでも、おなかにできるコリは、内臓をはじめ、全身に影響を及ぼします。
おなかは人体にとって、特別な場所なのです。

五臓六腑という言葉を聞いたことがあるでしょう。
東洋医学で用いられる言葉で、人間の内臓全体を表します。

五臓六腑は、西洋医学における内臓のみならず、気力や精力を貯蔵する機能も持つとされています。
五臓六腑がバランスよく働くことで、私たちはエネルギーを得て活動することができます。
ところが、おなかにコリがあると、五臓六腑から出るはずの気(生命エネルギー)が滞り、心身に不調が起こるのです。

チクッと感じるところを重点的につまむ

私は現在、東洋医学の世界に身を置いていますが、大学時代は、植物の葉が受ける電磁波の影響を研究していました。

人体が受ける電磁波の影響を考え始めたのは、このころです。
ちょうどパソコンが普及し始め、電磁波にさらされる機会が急激に増えた時期でした。

電磁波を受けると、それがおなかにたまって帯電(電気を帯びること)します。
帯電している場所の皮膚や筋肉がかたく厚くなり、コリが生じるのです。
高血圧の人は、わきの下辺りから骨盤にかけてのわき腹が帯電しやすく、かたくなる傾向があります。

試しに、その辺りをつまんだり、なでたりしてみてください。
かたいコリや、痛む部分が見つかるはずです。

そのコリを解消できれば、気の流れがスムーズになり、五臓六腑の働きも回復して、高血圧が改善します。
高血圧を改善するための、腹つまみのやり方は、上の図解をご覧ください。

帯電しているところをつまむと、電気イオンの+と-が合わさって静電気が起こるため、チクッとした痛みを感じます。
チクッと感じるところを重点的に刺激しましょう。
皮膚は、ごく軽く優しくつまんでください。
つまんだあとが赤くなるようでは強過ぎです。

皮膚が厚かったりかたかったりしてつまみにくいときは、手でなでてもOKです。

ストレスがたまっている人は、胸にも帯電しやすくなります。
鎖骨中心からみずおちにかけて、手で10回さすりましょう。
その場で気分が楽になり、呼吸が深くなります。

腹つまみは、満腹時を避ければ、いつ、何回行ってもけっこうです。
高血圧のセルフケアとして、習慣にしてください。

宮原周
東邦大学理学部生物学科卒業後、鍼灸師免許を取得。都内の病院でガンの緩和ケアに携わったのち、南米パラグアイ共和国で10年間、治療活動を行う。帰国後、源義堂 宮原鍼灸治療院を開業。東洋医学、西洋医学、民間療法を融合した独自の治療に定評がある。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連するキーワード


コリ 高血圧

関連する投稿


【肥満症】減量手術の適応条件は?保険適応は?

【肥満症】減量手術の適応条件は?保険適応は?

肥満に対する治療で、「減量手術」が行われることがあります。減量手術は、単にやせたいからという理由で受けるようなものではなく、合併症のある高度肥満、かつ通常の治療では効果のない人が対象となり、日本でも2014年に術式の一つが保険適用になりました。【解説】大城崇司(東邦大学医療センター佐倉病院消化器外科講師)


腕振りのダイエット効果 太極拳の準備運動“スワイショウ”

腕振りのダイエット効果 太極拳の準備運動“スワイショウ”

「太極拳のような、体にいい運動をやってみたい」と思いながら、「難しそう」「時間がない」などの理由で、あきらめている人は多いのではないでしょうか。そんな人にぜひお勧めしたいのが、誰でも簡単にできて、健康効果の高い腕ふり運動「スワイショウ」です。【解説】楊進(日本健康太極拳協会理事長)


レバー嫌いの貧血対策に「干しぶどう」がオススメ!ダイエット 美肌にも有効

レバー嫌いの貧血対策に「干しぶどう」がオススメ!ダイエット 美肌にも有効

干しブドウには、豊富な鉄分の他、さまざまな栄養素が含まれています。お年寄りの中には、干しブドウを「硬くて食べにくい」とおっしゃるかたがいます。「干しブドウ酢」は酢に漬けることで軟らかくなり、食べやすくなるばかりか、美容や健康をサポートしてくれる酢も一緒に取ることができます。【解説】里見英子(里見英子クリニック院長)


痛みの元「トリガーポイント」を自分で刺激する「タオル玉」の作り方・当て方

痛みの元「トリガーポイント」を自分で刺激する「タオル玉」の作り方・当て方

トリガーポイントとは、簡単に言うと、筋肉に生じた硬いしこりのことです。 痛みの元凶であり、痛みや症状を改善するために使われる治療点として知られています。「タオル玉」でトリガーポイントを、自分で簡単に刺激できることがわかったのです。【解説】中野耕助(新浦安こころ整体院長)


【甘酒氷Q&A】正しい保存方法は?甘くないけど失敗?離乳食に甘酒は使える?

【甘酒氷Q&A】正しい保存方法は?甘くないけど失敗?離乳食に甘酒は使える?

甘酒には、二種類あります。酒かす甘酒は、酒かすを水で溶いて、砂糖などの甘味料を加えて作ります。酒かす甘酒にはアルコールが若干含まれますから、子どもやお酒に弱いかたの飲用には注意が必要です。一方、麹甘酒は米麹を発酵させて作りますので、アルコール分は含まれません。【回答】小紺有花(発酵食大学教授、糀料理研究家)


最新の投稿


女性のための簡単筋トレダイエット【バストアップ・二の腕やせ】のコツ

女性のための簡単筋トレダイエット【バストアップ・二の腕やせ】のコツ

「手合わせ筋トレ」は、手のひらを合わせて全力で押し合うだけの、シンプルな筋トレです。動きは簡単ですが、筋肉を意識しながらゆっくり行えば、大きなトレーニング効果が得られます。最初はあまり変化を感じないでしょう。しかしそこを過ぎると、体は目に見えて変わっていきます。【解説】岡田隆(バズーカ岡田・日本体育大学准教授)


昆布酵母のおかげで減塩でも美味しい!薄味で胃腸に優しい手料理に家族が大満足

昆布酵母のおかげで減塩でも美味しい!薄味で胃腸に優しい手料理に家族が大満足

私は食べ歩きが好きで、おいしい物やお店を、インターネットで探すことがよくあります。ウエダ家さんの酵母パンを見つけたのも、インターネットでした。「油も砂糖も使わない天然酵母パン」に興味がわき、すぐにウエダ家さんのパン作り講座に通い始めました。もう10年になります。【体験談】多羅裕子(62歳・主婦)


脳が活性化する親指の体操で明るく前向きになれる!意欲がわいてくる!

脳が活性化する親指の体操で明るく前向きになれる!意欲がわいてくる!

親指刺激を行っているうちに、手の動きと脳の働きが同時によくなり、薬の管理がうまくできるようになったというお年寄りもいます。認知症に関する効果だけでなく、肩こりや冷えが軽減した、姿勢がよくなったという人も多いのです。【解説】長谷川嘉哉(認知症専門医)


巻き爪を予防する「正しい爪の切り方」深爪やバイアスカットが陥入爪も招く

巻き爪を予防する「正しい爪の切り方」深爪やバイアスカットが陥入爪も招く

フットケア外来を開設して驚いたのは、ほとんどの患者さんが正しい爪の切り方を知らないことでした。巻き爪や陥入爪(巻いた爪が皮膚に食い込む状態)といった爪のトラブルを防ぐには、スクエアカットといって、爪を̻四角に切ります。絶対してはいけないのが深爪とバイアスカットです。【解説】高山かおる(済生会川口総合病院皮膚科主任部長)


老廃物をグイグイ流して血流を改善「足の指刺激」のやり方

老廃物をグイグイ流して血流を改善「足の指刺激」のやり方

私は若い頃から拳法で鍛え、道場で拳法家の育成にも努めています。30代前半までは、仕事に、拳法にと精力的な日々を送っていましたが、30代後半になると、とたんに肩こりや座骨神経痛など、さまざまな痛みが生じるようになりました。【解説】原田秀康(国際足健法協会会長)