MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営
【自律神経の乱れ】原因は酢酸・コリン不足 生活習慣病を改善する食べ物「酢ピーナッツ」

【自律神経の乱れ】原因は酢酸・コリン不足 生活習慣病を改善する食べ物「酢ピーナッツ」

酢ピーナッツは、アセチルコリンの材料を一度に摂取できます。体内でアセチルコリンが増えれば副交感神経が刺激され、血管が拡張しやすくなります。その結果、自律神経の乱れが解消されます。高血圧や糖尿病といった生活習慣病、耳鳴り、めまい、うつなど、さまざまな病気・症状の改善に役立つでしょう。【解説】高木智司(心神診療室院長)

重要な神経伝達物質を一度に摂取できる!

昨今、現代人の食生活の乱れが問題になっています。
特に私が危惧しているうちの一つが、酸っぱい物=酢酸の摂取不足です。

酢酸は、体内に取り込まれると、クエン酸に変化し、疲労回復効果を発揮します。
酢酸というと、どうしてもクエン酸の効能ばかり注目されがちですが、酢酸自体にも重要な働きがあります。

それは、酢酸には、自律神経のバランスを整える働きが期待できるということです。
自律神経とは、私たちの意志とは無関係に働き、体調を整えている神経です。

自律神経には、正反対の作用を持つ交感神経と副交感神経があり、互いにバランスを取りながら、内臓の働きや血流、体温など、生命維持に必要なあらゆる機能をコントロールしています。
そして、副交感神経を刺激するために必要なのが、アセチルコリンと呼ばれる神経伝達物質です。
副交感神経に働きかけるだけではなく、記憶力などの脳の機能、さらには運動神経を最終的に動かす、自然治癒力の源になります。

アセチルコリンは、酢酸とコリンをもとに、体内で生成されます。
つまり、酢酸が不足すると、アセチルコリンの生成も減ってしまい、自律神経の乱れに直結するだけでなく、脳の機能や運動機能にも悪影響を与えるのです。

一方、酢酸と同じように、アセチルコリンの原料となるコリンの不足も懸念されています。
コリンは、あまねく生物の細胞内に存在している物質です。

これまでは、コリンが不足すると、体内で細胞を分解・供給するため、欠乏することはないと考えられてきました。
しかし、先日、FDA(米国食品医薬品局)が、現代人はコリンが不足しているため、積極的な摂取を推奨するという声明を出したのです。

コリンの不足は、アセチルコリンの欠乏にもつながります。
そこで役に立つのが、ピーナッツを酢に漬けた「酢ピーナッツ」です。

酢の主成分は、酢酸です。
そして、ピーナッツには、レシチンが含まれています。

レシチンは、コリンを作るために役立つ栄養素です。
ダイズや卵に多く含まれますが、ピーナッツにも多く含まれています。
つまり、酢ピーナッツは、アセチルコリンの材料を、一度に摂取することができるわけです。

体内でアセチルコリンが増えれば、副交感神経が刺激され、血管が拡張しやすくなります。
その結果、自律神経の乱れが解消されます。
高血圧や糖尿病といった生活習慣病、耳鳴り、めまい、うつなど、さまざまな病気・症状の改善に役立つでしょう。

酢ピーナッツは、アセチルコリンの材料を一度に摂取できます

ピーナッツの良質な油を酢が吸収しやすく分解

ピーナッツの主な成分は脂肪ですが、その大半は、不飽和脂肪酸と呼ばれる良質な油です。
積極的に摂取したい脂質です。

また、ピーナッツは土の中で育つ希有な豆なので、地中のミネラルをたっぷりと吸収しています。
さらに、ビタミンEやビタミンB3、食物繊維も含まれており、実は、栄養素的にも優秀な健康食材です。

一方、酢には、脂肪を分解する乳化作用があるため、ピーナッツとの相性は抜群です。
ピーナッツの体にいい脂肪を細かく分解して、体内に吸収されやすくしてくれます。

酢ピーナッツは、作り方も簡単なうえ美味です。
もし、食べにくいという人は、レモンの汁や輪切りを加えることで、風味がさわやかになり、食べやすくなります。

また、ペースト状にすれば万能調味料になります。
そして、みそとも好相性です。

前述のとおり、ダイズにはレシチンが豊富です。
ダイズの発酵食品であるみそと、酢ピーナッツを組み合わせて料理に活用すれば、よりアセチルコリンの生成を促せます。

なお、用意する酢はお好みでかまいませんが、3年以上熟成した物を使うと、より健康効果を引き出してくれるでしょう。
私のお勧めは、黒酢です。

各種アミノ酸が豊富で、体を温める効果も期待できます。
ピーナッツは、薄皮ごと漬けましょう。

薄皮には、レスベラトロールという、多くの健康効果が実証されているポリフェノールが含まれているので、食べない手はありません。
酢ピーナッツは、さまざまな料理と合います。

サラダといっしょに食べるなど、1日10~20粒を目安に、自分好みの食べ方を見つけてください。

解説者のプロフィール

高木智司
心神診療室院長。日本自律神経病研究会理事。1984年、名古屋大学医学部卒業。2002年に心神診療室を開院。食生活などの生活習慣の改善から、体が本来持つ免疫力を高めることで、病気を根本から治す治療に力を入れている。著書に『「首に枕をする」と腰痛が治る』(マキノ出版)などがある。
●心神診療室
http://sinsin-clinic.d.dooo.jp/

この記事のエディター

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連記事
目から紫外線が入ると、角膜で活性酸素が大量に発生し、炎症が起こります。紫外線は、人にとって細胞のDNAを書き換えてしまう大敵です。「日焼け」という生体反応のとき、脳は紫外線に対して戦闘態勢を取っています。すると自律神経の処理が増え、激しい疲れを感じるのです。【解説】梶本修身(東京疲労・睡眠クリニック院長)
更新: 2018-10-27 07:00:00
山元式新頭鍼療法(YNSA)とは医師の山元敏勝氏が確立した、頭の治療点に鍼を刺す療法です。今やYNSAは、医師や歯科医師、鍼灸師など、世界で数万人以上が実践する治療法となっています。YNSAが世界で普及した理由は、治療効果の高さです。【解説】加藤直哉(健康増進クリニック副院長)
更新: 2018-09-12 12:49:02
自律神経のバランスがくずれると、体に痛みや不快な症状が現れます。これらの症状が、本人は実感しているのにその原因が見つからない、不定愁訴と呼ばれるものです。内臓の不調が体の表面の不定愁訴として現れることを、内臓体壁反射といい、例えば腰や肩がおなかの不具合を「痛い」と代弁しているわけです。【解説】石橋輝美(大津接骨院院長)
更新: 2018-12-04 16:47:53
これまで私は多くの人の耳に触ってきました。具合の悪い人ほど耳がかたく冷たく、触ると痛がります。耳をもむと、頭にうっ滞していた血液が下りて流れ出して末端に届くようになるので、手足の指先まで温かくなってきます。体調を整える耳もみ整体をご紹介しましょう。【解説】森田茂人(モリタ整体院院長・MCメディカル系列院総院長)
更新: 2018-09-11 16:58:10
自律神経のバランスが乱れた状態を放置していると、便秘や不眠、耳鳴り、肥満、腰痛などさまざまな不調が現れます。ですから、できるだけ早く、副交感神経を活性化させて、自律神経のバランスを整える必要があります。【解説】末武信宏(さかえクリニック院長)
更新: 2018-09-07 17:39:03
最新記事
私は、これまで40年以上、タマネギをはじめとする、ネギ属の機能性成分を研究してきました。そこでタマネギには、確かに血液をサラサラにする働きがあるということが明らかになったのです。【解説】西村弘行(北翔大学・北翔大学短期大学部学長/東海大学名誉教授)
更新: 2019-05-22 18:00:00
見たいものにピントを合わせる「目の調節力」は25歳を過ぎる頃からどんどん低下し、30代後半から近くが見えづらくなる老眼になってきます。目の疲れや調節力の低下を改善するためにお勧めなのが、目の周囲を温める「温熱療法」です。私は、温熱療法の効果を多くの実験で確認しています。【解説】高橋洋子(みたにアイクリニック院長)
更新: 2019-05-21 18:00:00
「脊柱管狭窄症」「椎間板ヘルニア」などの改善のために行われる従来の脊椎手術は体への負担が大きく、後遺症が生じることもあります。そうした中、後遺症をほとんど残さない、新たな手術法が注目されています。【解説】白石健(東京歯科大学市川総合病院整形外科教授)【取材】山本太郎(医療ジャーナリスト)
更新: 2019-05-20 18:00:00
頭痛、肩こり、腰痛、生理痛、耳鳴り、めまい、うつ、眼瞼けいれん、味覚障害、高血圧、逆流性食道炎──。一見、脈絡なく感じられるこれらの症状は、実は「食いしばり」が元凶となって起こっているという共通点があります。患者さんたちに、私は「10秒、口を開けるくせをつけてください」とアドバイスをしています。【解説】吉野敏明(誠敬会クリニック銀座院長)
更新: 2019-05-19 18:00:00
慢性的なひざ痛の原因はさまざまですが、なかなか完治しにくい上、少し無理をすると痛みがぶり返すので、かなり厄介です。今回ご紹介する「ひざと足の裏の温冷・温温湿布」は、慢性的なひざ痛に対して、自宅で簡単に痛みを解消することができる方法です。【解説】岡田明三(神宮前鍼療所院長)
更新: 2019-05-18 18:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt