MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営
【ハトムギ研究最前線】インフルエンザウイルスが減少すると判明!ガン予防にも期待!

【ハトムギ研究最前線】インフルエンザウイルスが減少すると判明!ガン予防にも期待!

ハトムギを栽培したとされる馬援将軍は、ハトムギを食べていたおかげで、70歳を超える老齢でも、遠征から問題なく帰還できたと伝えられています。また、不妊症に効果があったという伝承もあります。【解説】鈴木信孝(金沢大学大学院医薬保健学総合研究科・臨床研究開発補完代替医療学講座特任教授)

手術予定だった外陰部のイボが消えた!

ハトムギは、実に多くの働きを持った、私たちの健康に有用な食品です。
産婦人科を専門にしてきた私が、ハトムギの研究を始めたのは、今から20数年前に経験したある症例がきっかけでした。

外陰部に「尖圭コンジローマ」というウイルス性のイボがたくさんでき、手術予定の患者さんがいました。
ところが、いざ手術をしようとしたら、イボがキレイに治っていたのです。

話を聞くと、「おばあちゃんが作ってくれた、ハトムギを食べたおかげかもしれない」というではありませんか。
そこで、患者さんの祖母に話を聞き、ハトムギをほかの患者さんにも食べてもらいました。

すると、尖圭コンジローマが次々と治っていったのです。
この効果に興味を持った私は、そこからハトムギの研究を開始しました。

ハトムギは、イネ科の1年草で、麦ではなく、トウモロコシの近縁にあたります。
原産地はインドシナ半島と推定され、中国では古くから食用として栽培されてきました。

後漢(西暦約100〜200年)のころ、ハトムギを栽培したとされる馬援将軍は、ハトムギを食べていたおかげで、70歳を超える老齢でも、遠征から問題なく帰還できたと伝えられています。
また、不妊症に効果があったという伝承もあります。

日本では、江戸時代に小石川薬園において、徳川八代将軍・宗によって栽培が奨励されたとする見方が有力です。
ハトムギの構造は、外側から外殻、薄皮、渋皮、子実の4層になっています。

このうち最も内側の子実は、「ヨクイニン」という漢方薬の生薬としても利用されています。
中国最古の医学書『神農本草経』では、ヨクイニンは上薬(身体を快調にして、不老長寿に効果がある薬)に分類されています。

そして現代、ハトムギについては美容から病気の予防・改善まで、多岐にわたる薬理作用が報告されているのです。
これまでに報告されてきたハトムギの機能性は、子実に関するものがほとんどでした。

しかし、私たちは殻や皮の食効に注目し、調べています。
その結果、近年、子実以外の殻や皮の部分にも、多くの有用成分があることがわかってきました。

もともと植物は、外敵から身を守るため、外側に多くの防御物質を備えているものです。
ただ、ハトムギの外側、特に外殻は非常にかたくて、食用には向きません。

そのため、私たちはハトムギの殻、皮、子実の成分をまるごと抽出し、食品用酵素で吸収されやすいように分解した、ハトムギエキス(ハトムギCRDエキス)を使って、各種研究を行っています。

ハトムギは4層構造

インフルエンザのウイルスが減ると判明

ハトムギが持つ機能のなかでも、最近、特に注目が集まってきているのが、抗腫瘍作用です。
中国ではハトムギの子実から抗ガン剤が作られていて、肺ガンをはじめとする進行ガンの患者、約百万人に使われています。

ロシアでも、この薬がすでに認可されていると聞いています。
また、アメリカでもいくつかの臨床試験が進行中です。

実は、ハトムギの殻や皮にも同様の働きが隠れています。
例えば、リンパ球(免疫細胞)が活性化することによる抗ウイルス作用や抗腫瘍作用は、子実だけより、殻や皮も利用したほうが、約17倍も高いという研究報告もあります。

抗ウイルス作用や抗腫瘍作用があるということは、先述した尖圭コンジローマや子宮頸ガンなどのウイルス感染による病気にも確かに効く可能性があります。
加えて、ハトムギには抗紫外線作用があるという分子メカニズムが報告され、近年増えつつある皮膚ガンの予防にも期待が持てるようになりました。

抗腫瘍成分の存在も明らかになってきています。
私たちは、発ガン予防や早期ガンの抑制に向けて、今、ハトムギの研究を進めているところです。

最近では、インフルエンザへの効果を明らかにしました。
細胞実験で、ハトムギエキスがヒトH1N1型インフルエンザウイルスを減少させることが確認できたのです。

予防のみならず感染してからでもウイルスを減らす可能性が出てきました。
私たちのこの抗ウイルス作用についての研究成果は、まもなく論文として掲載されます。

 また、ハトムギは、昔からさまざまな痛みに効くといわれていて、神経痛や生理痛、リウマチの症状にも効果が期待できます。

これは、おそらくハトムギの抗炎症作用によるものでしょう。
事実、抗炎症物質については、すでに数種類を発見しました。

リウマチの患者さんが、ハトムギご飯を毎日茶碗1杯食べていたら、症状が軽減した例もあります。
補助療法としてハトムギを利用することは、とても意義のあることだといえます。

ハトムギには抗アレルギー作用もあり、軽症のアトピー性皮膚炎にも有効です。
食事にハトムギを積極的にとり入れることで、肌質の改善効果が期待できます。

細胞実験では、ハトムギは脂肪細胞の増殖を抑え、抗肥満作用をもたらすという報告があります。
ハトムギは、もち性なので、少量でも満腹感が得られます。

過食を防げるので、そういう意味でも、ダイエット食品として、今後、注目されるでしょう。
糖尿病にも、ハトムギは有効であるという動物研究報告があります。

しかし、ヒトでの臨床試験はまだなされていません。
ハトムギは、食後の血糖値を急上昇させにくい食品(低GI食品)です。

つまり、膵臓への負担が少なく、糖尿病の人にお勧めの食品の一つであることは、間違いありません。
そのほか、ハトムギの有効成分の一つであるコイキソールには、筋肉の緊張を抑え、痛みを緩和する筋弛緩作用があります。

ですから、肩・首のコリや五十肩などを和らげる効果が期待できます。
ところで、古くからハトムギの子実には、体を冷やす作用があるといわれています。

しかし、外皮には血管を拡張させて血流を改善する作用があるため、外皮成分を含むハトムギCRDエキスは、冷え症を改善することがわかってきました。
したがって、子実だけでなく、外皮も含むハトムギ茶をいっしょにとるのがお勧めです。
このように、ハトムギは私たちの健康維持・増進に役立つ非常に優れた食品なのです。

ハトムギで予防・改善が期待できる症状と病気

解説者のプロフィール

鈴木信孝
1981年、防衛医科大学卒業後、金沢大学産科婦人科医局に入局。2004年から同大学大学院医薬保健学総合研究科 臨床研究開発補完代替医療学講座特任教授。2001年から日本補完代替医療学会理事長。2012年、NPO法人日中健康科学会学術顧問、世界中医薬学会連合会体質研究専門委員会常務理事。2014年、未病体質研究会理事長。ハトムギなどの各種機能性食品・植物性医薬品の臨床研究が専門。

この記事のエディター

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連記事
これまで、疲労が起きるのは、「エネルギーがなくなるから」「疲労物質が筋肉にたまるから」と考えられてきました。しかし、最新の研究によって、疲労が起きるほんとうの理由は、「自律神経の中枢である、脳がサビつくから」ということが、わかっています。【解説】梶本修身(東京疲労・睡眠クリニック院長)
更新: 2019-05-23 18:00:00
症状の原因ははっきりとはわかりませんが人工透析を行う人には老若男女問わずよく現れるものです。これに薬で対応しようとすると体にもっと大きな負担がかかってしまいますし、副作用も心配です。少しでも患者さんの体に負担をかけずに症状をやわらげるのに「手のひら押し」が有効だと思っています。【解説】佐藤孝彦(浦安駅前クリニック院長)
更新: 2019-04-05 10:20:35
東洋医学には五行思想というものがあり、人の体に起きるあらゆることは五臓につながっていると考えられています。涙がすぐに出るのは、「憂い、悲しむ」感情からです。 これは、五臓の中の「肺」の弱りから発する感情です。肺が弱い体質、もしくは肺が弱っているのかもしれません。【解説】田中勝(田中鍼灸指圧治療院院長)
更新: 2019-04-05 10:21:05
手のひら押しのよいところは、いつでもどこでも自分でできて、効果がその場でわかることです。悪いところは手のひらに表れており、そこを押せば、その刺激が手から末梢神経を通り、脊椎を介して、対応する器官や臓器に届きます。それが、全身の回復につながります。【解説】足利仁(手のひらデトックス協会代表理事)
更新: 2019-01-29 18:00:00
2018年3月、腰椎椎間板ヘルニアの症状を注射により軽減する、日本発で世界初の薬剤がついに承認されました。5月には保険適用となり、8月から学会指導医のいる病院で治療を受けられるようになったのです。その薬が「コンドリアーゼ」です。【解説】松山幸弘(浜松医科大学整形外科学教授)【取材】山本太郎(医療ジャーナリスト)
更新: 2019-05-08 13:48:43
最新記事
私は、60歳の今も左右の視力は1・0を保っています。これまでメガネの世話になったこともありません。老眼知らずの状態をキープしている秘密は、私が毎日行っているトレーニング「目のスクワット」にあるのです。毛様体筋をほぐす効果があります。【解説】本部千博(ほんべ眼科院長)
更新: 2019-07-03 14:37:40
体重100kgの人なら3kg、80kgの人なら2.5kg程度の減量で、条件付きですが糖尿病の改善は可能です。体重が3%減少すると、ヘモグロビンA1cが3%程度下がることがわかったからです。例えば、ヘモグロビンA1cが9%の人なら、だいたい6%程度まで下がります。【解説】吉田俊秀(島原病院 肥満・糖尿病センター長)
更新: 2019-06-06 18:00:00
これまで、入院患者さん向けの、いわゆる「リハビリ体操」はありましたが、外来の患者さんが希望するような体操はありませんでした。そこで私たちは、血圧を上げる要因である、末梢の「血管抵抗」を減らす筋トレを考案することにしました。【解説】金子操(自治医科大学附属病院リハビリテーションセンター室長・理学療法士)
更新: 2019-06-05 18:00:00
1日の疲れを取るには、就寝時間や睡眠時間ではなく、「眠りに就いて4時間以内に、深睡眠を取ること」がたいせつなのです。しかし現代人の多くは、深夜にテレビやスマホを見たり、ストレスで体の緊張が取れなかったりして、本来の睡眠リズムが狂い、深睡眠を取りづらくなっています。【解説】白濱龍太郎(睡眠専門医)
更新: 2019-06-04 18:00:00
納豆を毎日食べるようになったとき、最初に実感できるのは、便通の改善でしょう。それもそのはず。納豆には、腸内環境を整えるための働きや成分がそろっているからです。腸内において納豆菌は、活性酸素を分解する酵素と、善玉菌のえさとなる栄養分を作りだし、善玉菌の増加を強力にサポートします。【解説】河埜玲子(済生会松阪総合病院医師・料理家) 
更新: 2019-06-03 18:00:00