MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営
【美白・美肌を作る】アンチエイジングには「はと麦酒」がお勧め!

【美白・美肌を作る】アンチエイジングには「はと麦酒」がお勧め!

ハトムギは、昔から「肌にいい」といわれ、ヨクイニンという生薬として使われています。そこで、私たちはまず、ハトムギの肌への効果に着目しました。その結果、ハトムギには紫外線ダメージによる肌の乾燥や、シミを防ぐ働きのあることが明らかになったのです。【解説】清水邦義(九州大学農学部研究院森林圏環境資源科学研究分野准教授)

ハトムギ特有の成分がメラニンの産生を抑制

 ハトムギは、昔から「肌にいい」といわれ、ヨクイニンという生薬(漢方薬の原材料)として使われています。
そこで、私たちはまず、ハトムギの肌への効果に着目しました。

その結果、ハトムギには紫外線ダメージによる肌の乾燥や、シミを防ぐ働きのあることが明らかになったのです。
そのメカニズムは、次のとおりです。

通常、紫外線が当たると、水分子を取り込むたんぱく質(アクアポリン3)が皮膚から減少して、乾燥を招きます。
しかし、ヒトの表皮の細胞にハトムギのエキスを加えてから紫外線を照射すると、アクアポリン3の低下が抑制されることが報告されています。

一方、シミは紫外線によってチロシナーゼという酵素が活性化し、メラニンを産生することで発生します。
ハトムギはチロシナーゼの活性を阻害し、メラニンの産生を抑制することが、実験によって確認できました。

その効果は、一般の化粧品に使われる、美白成分のアルブチンとほぼ同等でした。
さらに詳しく調べていくと、ハトムギ特有の成分であるコイキソールに、メラニンの産生を抑制する効果が特に高いことが、私たちの最新の研究で明らかになっています。

また、ハトムギにはポリフェノールも豊富に含まれていて、細胞内の活性酸素(病気や老化の元凶物質)を消去することもわかっています。
紫外線による酸化ストレスもシミを招くため、こうしたハトムギの抗酸化作用も、シミ予防に一役買っていると考えられます。

脂肪の吸収を抑えて肥満を防ぐ効果が大

私たちは、人体へのハトムギの効果を調べるため、臨床試験も行っています。
それによると、3ヵ月間ハトムギを摂取することで、肌の水分量を減らさず、余分な油分を低減させることが確認できました。

つまり、ニキビや吹き出物の予防にも役立つといえるでしょう。

以上の実験結果は、ハトムギから殻と薄皮などを除いた精白粒(子実=別記事)、いわゆるヨクイニンと呼ばれる部分で調べた効果です。
しかし、私たちは殻や薄皮でもさまざまな試験を行い、ハトムギの外側にも、内側と同等またはそれ以上の機能性があることを突き止めています。

そもそも紫外線をはじめとする外的ダメージを受けるのは、外側の部分です。
殻や薄皮には、外的ダメージを防御するための物質が多く含まれています。
それがヒトの体にも高い機能性を発揮するのです。

今後は、これまで捨てられていた殻や薄皮部分も、有効利用されることが期待されます。
殻、薄皮、精白粒を使った試験では、部位ごとに差はあるものの、いずれも次のような作用が確認できました。

抗酸化作用、抗肥満作用、抗アレルギー作用、抗菌作用、美白作用、コラーゲン・ヒアルロン酸の産生作用などです。
殻や薄皮の有効成分まで効率よく摂取するには、殻ごと焙煎したハトムギを水で煮出した「ハトムギ茶」がお勧めです。

ただし、肌のハリや弾力、潤いを与えるコラーゲンの産生を促す作用は、殻や薄皮のエタノール(アルコール)抽出に優れた結果が出ました。
ですから、殻つきのハトムギ(ハトムギ茶のパック)をホワイトリカー(35度の焼酎など)に漬けて作る「ハトムギ酒」にして飲むのも、一つの方法です。
一晩漬けた物を、水やお湯など好みの物で割って飲むとよいでしょう。

なお、私たちの研究とは別に、ハトムギの抗肥満効果を報告した論文も発表されています。
高脂肪食だけを食べたマウスは体重が増え続けるのに対し、高脂肪食とハトムギを食べたマウスは、ある程度継続すると体重が増えなくなったというのです。
コレステロールや中性脂肪も、高脂肪食だけのマウスに比べて少なかったそうです。

メカニズムを調べると、脂肪細胞の分化に関与するたんぱく質の発現が抑制されていたとのこと。
つまり、脂肪をため込む脂肪細胞の産生をハトムギが抑制することにより、抗肥満効果が得られるということです。

私たちの研究では、ハトムギにリパーゼの活性を阻害する働きがあることが確認できています。
リパーゼは脂肪を分解する酵素。その活性が阻害されれば脂肪は分解されないため、体に吸収されずに排出されます。

以上のことから、ハトムギは脂肪の吸収を抑制し、肥満を防ぐ効果も大いに期待できるといえます。

ハトムギ酒の作り方

解説者のプロフィール

清水邦義
1972年、福岡県北九州市生まれ。2000年、九州大学大学院農学研究科博士課程修了(農学博士)。九州大学講師、助教を経て、2014年、九州大学農学研究院准教授となる。学生時代から一貫して天然物(樹木、香り、キノコ、生薬等)の効能ならびに生理活性発現機構の研究に従事。2014年、日本木材学会賞受賞(日本木材学会)。

この記事のエディター

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連記事
青など寒色系の色で体が包まれるのをイメージしてください。ひんやり寒くなる感じがしませんか。一方、赤やオレンジなど暖色系の色は、体が温まる感じがするはずです。この色の作用を呼吸法と組み合わせれば、心や体のケアに役立つ可能性はじゅうぶんあると私は考えています。【解説】春田博之(芦屋こころとからだのクリニック院長)
更新: 2019-04-05 10:11:34
始めて1カ月ぐらいたったころから「やせた?」と聞かれたり「キレイになったね」と言われたりするようになりました。私は嫌な感情が出てくると1日に何度もピンク呼吸をするようにしました。何事も「まぁ、だいじょうぶか!」と気楽に考えられるようになり、仕事や人間関係で悩む回数が減りました。【体験談】夏陽りんこ(声優・32歳)
更新: 2019-03-27 19:16:22
私は生地屋でピンクの布を買い求め、ヨガ教室に持参し生徒に「寝る前にこの色をイメージして呼吸をしてみて」とお願いしたのです。2週間後、生徒たちと再会すると、何名かの雰囲気が変わったことに気づきました。一言で言えば、女性らしさが増したような感じなのです。【解説】小池能里子(ビビッド・エイジング研究家)
更新: 2019-03-22 18:00:00
たっぷりの食物繊維をとっている元気なお年寄りたちの腸内細菌では、ビフィズス菌や酪酸産生菌といった「長寿菌」が、全体の60%前後を占めていました。南大東島の101歳のおじいさんに至っては、全体の80%が長寿菌というとんでもない数値でした。【解説・監修】辨野義己(理化学研究所特別招聘研究員・農学博士)
更新: 2018-11-27 12:00:00
アーユルヴェーダから見ると、「干しブドウ酢」は、それぞれの食品のよさが組み合わさって力を倍増させる、まさに最高の組み合わせです。干しブドウとリンゴ酢、ハチミツが組み合わさることにより、どんな体質の人にも合う食品になるからです。【解説】西川眞知子(日本ナチュラルヒーリングセンター代表)
更新: 2018-11-11 12:00:00
最新記事
「腰が痛い!」幅広い年齢層に蔓延する腰痛。しかし、病院に駆け込んで、骨や神経に異常が見つからない場合は「非特異的腰痛症」と診断されます。非特異的、つまり、原因不明の腰痛という意味。なんとも不思議な病名です。「腰が痛い」という異常があるから病院に来ているのに……。【解説】戸田佳孝(戸田リウマチ科クリニック院長)
更新: 2019-05-24 18:00:00
これまで、疲労が起きるのは、「エネルギーがなくなるから」「疲労物質が筋肉にたまるから」と考えられてきました。しかし、最新の研究によって、疲労が起きるほんとうの理由は、「自律神経の中枢である、脳がサビつくから」ということが、わかっています。【解説】梶本修身(東京疲労・睡眠クリニック院長)
更新: 2019-05-23 18:00:00
私は、これまで40年以上、タマネギをはじめとする、ネギ属の機能性成分を研究してきました。そこでタマネギには、確かに血液をサラサラにする働きがあるということが明らかになったのです。【解説】西村弘行(北翔大学・北翔大学短期大学部学長/東海大学名誉教授)
更新: 2019-05-22 18:00:00
見たいものにピントを合わせる「目の調節力」は25歳を過ぎる頃からどんどん低下し、30代後半から近くが見えづらくなる老眼になってきます。目の疲れや調節力の低下を改善するためにお勧めなのが、目の周囲を温める「温熱療法」です。私は、温熱療法の効果を多くの実験で確認しています。【解説】高橋洋子(みたにアイクリニック院長)
更新: 2019-05-21 18:00:00
「脊柱管狭窄症」「椎間板ヘルニア」などの改善のために行われる従来の脊椎手術は体への負担が大きく、後遺症が生じることもあります。そうした中、後遺症をほとんど残さない、新たな手術法が注目されています。【解説】白石健(東京歯科大学市川総合病院整形外科教授)【取材】山本太郎(医療ジャーナリスト)
更新: 2019-05-20 18:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt