【便秘改善】には「はと麦」がお勧め 腸の水分を調節し下痢にも効く

【便秘改善】には「はと麦」がお勧め 腸の水分を調節し下痢にも効く

漢方の古典である『本草綱目』にも、ハトムギは胃腸の働きを活発にするとあります。胃腸の消化・吸収がよくなるので、体に活力も湧いてきます。また、ハトムギには食物繊維が多く、腸のぜん動運動(便を送り出す動き)を促進します。その面でも便秘の改善に役立ちます。【解説】森下敬一(お茶の水クリニック院長・国際自然医学会会長)


内科医の父はハトムギを研究しガン患者に推奨

私は長年、自然食を勧める運動を行い、玄米菜食を実践してきました。
私のクリニックに来られる患者さんにも、玄米菜食を柱とした食事指導を行っています。
なぜ玄米菜食が優れているのか。それは、進化の歴史を見れば明らかです。
海で発生した生物は、やがて陸に上がりますが、先に陸に上がったのは植物でした。

動物は、それに遅れること数千万年以上です。
その間、植物は太陽光を利用して炭水化物を合成する光合成という生理機能を獲得しました。

この炭水化物(植物の実)が、動物の食料の原点です。
したがって、我々人間にとって、炭水化物を中心とする玄米菜食はあたりまえなのです。
その炭水化物のなかでも、やせた土地でよく育ち、病虫害が少なく、生命力の強い食品が「雑穀」です。
そして私が、特にお勧めしている雑穀の一つが「ハトムギ」です。

イネ科の植物で、中国では古くからヨクイニンという生薬(漢方薬の原材料)として使われてきました。
ヨクイニンは、ハトムギの殻や皮を取り除いた子実です。

私がハトムギに興味を持ったのは、内科医だった父が、一時期、ハトムギとジュズダマ(ハトムギに似たイネ科の植物)の研究に身を投じていたからです。
食料も薬も乏しかった戦中戦後、自然の植物からなんとか薬を作ろうと必死だったのでしょう。

父の作ったハトムギ茶には抗腫瘍作用があり、父はガンの患者さんに勧めていました。
その印象が強く残っていることと、その後にハトムギを試した実感から、私もハトムギを患者さんに勧めるようになりました。

特に、ガンや腎臓病、胃腸障害、便秘、痔などの患者さんには、積極的にとるように指導しています。

腸の水分を調節し便秘にも下痢にも効く

ハトムギには、多様な作用があります。
その代表的なものが、利水作用でしょう。

ハトムギの利尿作用は、昔からよく知られています。
体の中の余分な水分をどんどん外に排泄する作用です。
それによって腎臓の負担を軽くして、弱っている腎機能を高めます。

それだけではありません。
体内に水分が不足しているとき、水を集めて潤す作用もあります。
優れた自然食は、余分なものの排出だけでなく、足りないものを補うという、両方向の生理機能を持つのです。
足りない水分が補われると、胃や腸も潤って働きがよくなります。

漢方の古典である『本草綱目』にも、ハトムギは胃腸の働きを活発にするとあります。
胃腸の消化・吸収がよくなるので、体に活力も湧いてきます。

また、ハトムギには食物繊維が多く、腸のぜん動運動(便を送り出す動き)を促進します。
その面でも便秘の改善に役立ちます。
一方で、下痢にも効きます。

前述したハトムギの利水作用によって、腸の余分な水分が調節されるからです。
ここにも、下痢と便秘を改善するという、ハトムギの両方向の機能が見られます。

こうして腸の働きがよくなれば、肌もキレイになります。
漢方では、腸と皮膚は同じものととらえられています。

人間の体を空気の抜けたゴムまりにたとえると、指でグーッと押してくぼんだところが腸で、その外側が皮膚です。
腸も皮膚も同じものから発生した組織で、組織学的にも同じ上皮細胞です。
したがって、腸によいものは皮膚にもよく、腸がきれいになれば皮膚もキレイになるのです。

ハトムギは昔から、イボ取りの妙薬として有名です。
イボは体の外にできた腫れ物ですが、体内にできたポリープやガン、痔も、イボと同じ腫れ物の一種です。
ですから、イボが取れるように、ポリープやガン、痔も消えると考えられます。

ガンや痔は、血液の汚れや滞りがその主な原因といえます。
ハトムギで腸がきれいになり、血液の質がよくなることで、ガンや痔などは少しずつ改善するでしょう。

さらに、ハトムギには、体の免疫力をアップする強い働きもあるので、イボやガン、ポリープに効くといえます。

そういう多面的な考察をしなければ、ハトムギのほんとうの姿は見えてきません。
このように多様な健康効果を持つハトムギを手軽にとる方法として、私はハトムギ玄米ご飯やハトムギ茶を勧めています。

ハトムギ玄米ご飯は、玄米10に対してハトムギを1か2加えて、圧力鍋や炊飯器(玄米モード)で炊きます。
これにアズキをハトムギと同量足すと、利尿・解毒作用がさらに高まります。

ハトムギ茶は、殻や皮、子実を焙煎してお茶にした物です。
多くの有効成分を含んでいますから、緑茶のかわりに飲むとよいでしょう。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


漢方医お勧めは「昆布酵母」 風邪の引き初めに発酵パワーを実感!

漢方医お勧めは「昆布酵母」 風邪の引き初めに発酵パワーを実感!

私が酵母に興味を持ったのは、米を発酵させた健康食品を、食料品店で見つけたのがきっかけです。米と麹を低温で自然発酵させ、もともと米に付着していた乳酸菌と酵母を培養し、パウダー状にしたという物です。【解説】石井恵美(やくも診療所院長)


手作り「発酵あんこ」で快腸!たった20分で小豆をふっくら炊く方法

手作り「発酵あんこ」で快腸!たった20分で小豆をふっくら炊く方法

「解毒作用のあるアズキは取りたいけれど、お砂糖が気になる」というかたがいらっしゃると思います。そんな皆さんにぴったりなのが、お砂糖が入っていない「発酵あんこ」です。やさしい甘さに糀の力を感じ、私は食べた瞬間、「ホントにコレすごい!」と笑いが出たほどでした。【解説】栗生隆子(発酵生活研究家)


砂糖ゼロの毒出しスイーツ!ジッパー付きの袋で作る「発酵あんこ」のレシピ

砂糖ゼロの毒出しスイーツ!ジッパー付きの袋で作る「発酵あんこ」のレシピ

砂糖ゼロでも甘い美腸スイーツ!「甘いものは食べたいけれど砂糖が気になる」。そんなかたでも大評判の「発酵あんこ」なら心配不要です。自然な甘みがクセになる!便秘や冷え症の改善、体の毒出し効果も抜群です。ジッパー付きの袋を使った簡単発酵方法をご紹介します。【レシピ】高山益実(管理栄養士・認定心理士・「食心のアトリエ」主宰)


お腹が弱い人には【干し納豆】がおすすめ!辺境を食べ歩く私は食あたりなし

お腹が弱い人には【干し納豆】がおすすめ!辺境を食べ歩く私は食あたりなし

東北では、納豆を干しておく習慣があります。冬が長いので、冷蔵庫が普及していなかった時代には、非常食としての保存の意味もあったのでしょう。納豆には、整腸作用や殺菌作用があり、食中毒の予防にも役立つので、私にとって、干し納豆は絶対に欠かせない旅の救世主となったのです。【解説】小泉武夫(東京農業大学名誉教授)


【消化促進】大根の主な有効成分 医師が勧める食べ方は「大根おろし」

【消化促進】大根の主な有効成分 医師が勧める食べ方は「大根おろし」

大根は、日本人には極めてなじみの深い野菜です。刺し身のつまやおでんに欠かせませんし、焼き魚や天ぷらにも、大根おろしが添えられています。大根の効能は、神代から知られていたようで、出雲神話にはこんな話があります。【解説】済陽高穂(西台クリニック理事長)


最新の投稿


巻き爪を予防する「正しい爪の切り方」深爪やバイアスカットが陥入爪も招く

巻き爪を予防する「正しい爪の切り方」深爪やバイアスカットが陥入爪も招く

フットケア外来を開設して驚いたのは、ほとんどの患者さんが正しい爪の切り方を知らないことでした。巻き爪や陥入爪(巻いた爪が皮膚に食い込む状態)といった爪のトラブルを防ぐには、スクエアカットといって、爪を̻四角に切ります。絶対してはいけないのが深爪とバイアスカットです。【解説】高山かおる(済生会川口総合病院皮膚科主任部長)


老廃物をグイグイ流して血流を改善「足の指刺激」のやり方

老廃物をグイグイ流して血流を改善「足の指刺激」のやり方

私は若い頃から拳法で鍛え、道場で拳法家の育成にも努めています。30代前半までは、仕事に、拳法にと精力的な日々を送っていましたが、30代後半になると、とたんに肩こりや座骨神経痛など、さまざまな痛みが生じるようになりました。【解説】原田秀康(国際足健法協会会長)


漢方薬剤師に聞く「干しぶどう」の効果効能「夜は酒・昼は酢」で使い分ける

漢方薬剤師に聞く「干しぶどう」の効果効能「夜は酒・昼は酢」で使い分ける

私は以前から、目の症状を訴えるかたがたに「干しブドウ酒」を勧めてきました。実際に、干しブドウ酒を試したかたがたからは、「目が疲れにくくなった」「目の痛みが取れた」「見えやすくなった」「かすみ目が改善した」など、さまざまな声をいただいています。【解説】井上正文(木暮医院漢方相談室薬剤師)


【息子の婚活】服装を親が選んではダメ!第一印象アップの秘訣を“モテ”のカリスマが指南

【息子の婚活】服装を親が選んではダメ!第一印象アップの秘訣を“モテ”のカリスマが指南

最近の”婚活”の主役は40代ですが、親御さんのセミナー参加が多くなったのも特徴です。特に、「どうすれば息子は結婚できるのでしょうか」という、お母さまからの切実な相談が増えています。【解説】白鳥マキ(Change Me結婚相談所代表・モテるメール評論家)


緑内障を予防する食べ物は「キャベツ」ハーバード大の研究で判明!

緑内障を予防する食べ物は「キャベツ」ハーバード大の研究で判明!

緑内障という病気について、「何をどうしようが防ぐことはできない病気」と考えているなら、それは完全な誤解です。緑内障は、日ごろの工夫によって、十分に予防できる病気といえます。【解説】小栗章弘(おぐり眼科名古屋院・長浜院理事長)