MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営
【ソバの実の効能】血糖値の上昇を緩やかにし、脂肪排出の働きがある

【ソバの実の効能】血糖値の上昇を緩やかにし、脂肪排出の働きがある

最近、テレビがきっかけとなり、「そばの実がダイエットに効果的」と話題になっています。長年、そばの機能成分や健康効果を研究してきた私から見ても、そばは最良のダイエット食品といえるでしょう。便通をよくし、余分な脂肪の排出を促進しつつ必要な栄養素をしっかり摂取できます。【解説】池田清和(神戸学院大学栄養学部教授)

便通を改善し代謝アップ 最良のダイエット食品

皆さんのなかには、「そばは日本古来の食べ物」と思っている人が多いかもしれません。
確かに、落語にもよく出てきますし、だしとしょうゆで、そばを食べるという食文化は、日本だけかもしれません。
 
ところが実際は、日本以外の国や地域でも、そばは昔からさかんに食べられているのです。
麺状にして食べるのは、日本と中国、韓国、イタリアなど、限られた地域ですが、そばの実やそば粉は、食材として世界中で使われています。
 
1980年からは、3年ごとに国際そばシンポジウムが開催され、世界各国の研究者が集まって、そばに関する研究や調査結果を発表しています。
 
最近、日本でもテレビの情報番組がきっかけとなり、「そばの実がダイエットに効果的」という話題で盛り上がっているようです。
 
確かに長年、そばの機能成分や健康効果を研究してきた私から見ても、そばは最良のダイエット食品といえるでしょう。
便通をよくして代謝を上げ、余分な脂肪の排出を促進しつつ、必要な栄養素をしっかり摂取できるという意味で、「スーパーフード」と呼ばれるのも納得できます。
 
では、そばの持つ機能について、説明しましょう。

たんぱく質は、私たち人間にとって、「血となり肉となる」重要な栄養素です。
たんぱく質を構成するアミノ酸は、約20種類ありますが、そのうち九つは体内で作れないため、食事でとる必要があります。
これを必須アミノ酸といいます。
 
よく「良質のたんぱく質」といいます。
たんぱく質のよしあしは、「必須アミノ酸をどれだけまんべんなく、多く含んでいるか」で決まります。
 
その指標を「アミノ酸スコア」といい、最大値は100です。
肉や魚、卵、乳製品は、アミノ酸スコアが100の「良質のたんぱく質」食品です。
 
お気づきのように、いずれも動物性食品ですが、植物性食品のなかにもアミノ酸スコア100の食品があります。
それが、そばです。 
 
肉をはじめとする動物性たんぱく質の多くは、コレステロールや脂質を多く含んでおり、とり過ぎると生活習慣病につながる可能性があります。
その点、植物性食品のそばなら、脂肪のとり過ぎを心配することなく、肉や卵と同等のたんぱく質を摂取できるのです。
 
そばの栄養価が優れていることは、比叡山延暦寺に伝わる修行からもわかります。
修験者たちは100日間、そばの実と少量の野菜しか口にしません。
それでも修行が続けられるのですから、そばの持つ力は計り知れません。

グルテンを含まず欧米でも大人気!

また、そばには「レジスタントプロテイン」という成分も含まれています。
 
レジスタントプロテインは、消化酵素で分解されにくいたんぱく質で、食物繊維のような働きをします。
そば以外には、酒かすやダイズなど、限られた食品にしか含まれていません。
 
食物繊維と同様、便通を促したり、血糖値の急上昇を抑制したりします。
そのほかにも、脂肪の吸収を抑える効果があります。

通常、私たちが食事でとった脂肪は、小腸で胆汁酸と結びつき、体内に吸収されます。
レジスタントプロテインは胆汁酸と結びついて、脂肪と胆汁酸が結びつくのを防ぎ、脂肪をそのまま体外に排出すると考えられています。
 
良質のたんぱく質をとりつつ、余分な脂肪は排出されるのですから、そばを食べて健康的にやせる人がいるのは、うなずける話です。
 
さらに、最近、話題になっている「グルテンフリー」についても、お話ししましょう。
グルテンとは、小麦粉に含まれる粘り気のあるたんぱく質です。

うどんのコシを出すのも、パンやお菓子の生地がまとまるのも、グルテンの作用です。
一方で、グルテンの分解酵素を持っていない人がグルテンをとると、アレルギー反応や自己免疫疾患(セリアック病)を発症することもあります。

小麦を主食にする欧米人には患者数が多いため、グルテンフリー食品(グルテンを含まない食品)を望む声が大きいのです。
 
そばには、グルテンが含まれていません。
そのため、欧米では現在、そばの人気が高まっています。

そばの実やそば粉を使った昔ながらの料理が、再び注目を集めているのです。
東欧のスロベニアには、そば粉のパンやケーキ、そばの花や茎のジュースなどがあります。
 
イタリアでは、そばのパスタや、そば粉でチーズを包んで揚げたシアットという軽食が人気です。
ロシアでは、そばの実を炊いたカーシャを主食にしたり、肉料理に添えたりします。

フランスのガレット(そば粉のクレープ)は、最近、日本でも出すお店がありますね。
皆さんもぜひ、栄養価が高く、健康・ダイエット効果が期待できるそばの実を、食卓に取り入れてください。

解説者のプロフィール

池田 清和
神戸学院大学栄養学部教授。1972年、京都大学農学研究科修士課程修了。1987年、京都大学にて農学博士号取得。2007年、世界的そば学者7名とともに、国際蕎麦学会・学会賞受賞。2007年から9年間、国際蕎麦学会・学会誌編集長を務める。

この記事のエディター

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連記事
病気になると、私たちは病院に行きますが、病気になる前に未然に防ぐために行うのが養生です。体にとって気持ちのよいことをして遊ぶのが養生の基本です。イライラしたりしていた気持ちが落ち着いてくれば、ダイエットにもよい影響を及ぼすことは間違いありません。【解説】能見登志惠(山本記念会都筑ふれあいの丘クリニック院長)
更新: 2019-03-20 18:00:00
以前の私は便秘症で、10日から2週間お通じがないということも珍しくありませんでした。それが2日に1回ちゃんとお通じがつくようになったのです。体重も毎日少しずつ減り続け、1ヵ月でなんと10kgもやせました。このときは体が軽く、背すじを伸ばして歩ける自分に感激しました。【体験談】宇佐美愛美(アルバイト・27歳)
更新: 2019-03-08 18:00:00
おなかとみぞおちを、手のひらで時計回りに軽くさするだけの簡単な方法ですが、久しくおなかをさすったことがなかったため、あまりの気持ちよさに病みつきになり、毎日欠かさず行うようになりました。体重が減り、おなか周りもスッキリしてくると、体が軽く感じられます。【体験談】新井功(仮名・無職・84歳)
更新: 2019-01-21 18:00:00
子どもの頃から肥満だった私は、もう体形のことは諦めていました。キュウリ食べるだけダイエットを始めて、数字だけでなく体感としても体の軽さを感じ始めました。今まで体を動かすことが、「つらくて面倒くさいこと」だったのに「こんなに気持ちがいいことだったんだ」と思えるようになったのです。【体験談】山田順子(仮名・主婦・44歳)
更新: 2019-01-12 18:00:00
美肌に関しては、キュウリの皮に含まれるビタミンEとβ-カロテンの働きも見逃せません。体内では有害な活性酸素ができ、老化を進めます。ビタミンEの中でも、最も抗酸化力が高いのがα-トコフェロールという種類ですが、キュウリに含まれるのは、すべてこの種類なのです。【解説】佐藤美(シロノクリニック横浜院院長)
更新: 2018-12-17 18:00:00
最新記事
見たいものにピントを合わせる「目の調節力」は25歳を過ぎる頃からどんどん低下し、30代後半から近くが見えづらくなる老眼になってきます。目の疲れや調節力の低下を改善するためにお勧めなのが、目の周囲を温める「温熱療法」です。私は、温熱療法の効果を多くの実験で確認しています。【解説】高橋洋子(みたにアイクリニック院長)
更新: 2019-05-21 18:00:00
これまで、入院患者さん向けの、いわゆる「リハビリ体操」はありましたが、外来の患者さんが希望するような体操はありませんでした。そこで私たちは、血圧を上げる要因である、末梢の「血管抵抗」を減らす筋トレを考案することにしました。【解説】金子操(自治医科大学附属病院リハビリテーションセンター室長・理学療法士)
更新: 2019-05-21 17:53:18
「脊柱管狭窄症」「椎間板ヘルニア」などの改善のために行われる従来の脊椎手術は体への負担が大きく、後遺症が生じることもあります。そうした中、後遺症をほとんど残さない、新たな手術法が注目されています。【解説】白石健(東京歯科大学市川総合病院整形外科教授)【取材】山本太郎(医療ジャーナリスト)
更新: 2019-05-20 18:00:00
頭痛、肩こり、腰痛、生理痛、耳鳴り、めまい、うつ、眼瞼けいれん、味覚障害、高血圧、逆流性食道炎──。一見、脈絡なく感じられるこれらの症状は、実は「食いしばり」が元凶となって起こっているという共通点があります。患者さんたちに、私は「10秒、口を開けるくせをつけてください」とアドバイスをしています。【解説】吉野敏明(誠敬会クリニック銀座院長)
更新: 2019-05-19 18:00:00
慢性的なひざ痛の原因はさまざまですが、なかなか完治しにくい上、少し無理をすると痛みがぶり返すので、かなり厄介です。今回ご紹介する「ひざと足の裏の温冷・温温湿布」は、慢性的なひざ痛に対して、自宅で簡単に痛みを解消することができる方法です。【解説】岡田明三(神宮前鍼療所院長)
更新: 2019-05-18 18:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt