医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営

「虫歯じゃないのに歯が痛い」 噛みしめが原因の歯痛に「耳たぶ回し」が効果!

「虫歯じゃないのに歯が痛い」 噛みしめが原因の歯痛に「耳たぶ回し」が効果!

私の治療経験上「歯が痛い」と訴えて歯科医院に来る患者さんのうち、約半数はムシ歯が原因ではありません。歯痛は歯周病や知覚過敏も多いですが「噛みしめ(TCH)」も無視できません。嚙みしめ癖があるかどうかは、口の中を見るとすぐにわかります。【解説】山嵜智浩(かしの木歯科医院院長)


解説者のプロフィール

山嵜智浩(やまざき・ともひろ)
●かしの木歯科医院
東京都東大和市上北台3-411-4東大和サニーコーポ102
TEL 042-562-0646
http://www.kashinoki-dc.com/
かしの木歯科医院院長。
2002年日本大学歯学部卒業後、2010年かしの木歯科医院開業。
診察で患者の耳たぶを回して、あごや耳の近くの筋肉の状態を調べている。

歯の痛みの原因は虫歯ではなく「嚙みしめ」かもしれない

私の治療経験上、「歯が痛い」と訴えて歯科医院に来る患者さんのうち、約半数はムシ歯が原因ではありません。

驚かれるかもしれませんが、目立ったムシ歯がないにもかかわらず、歯痛を訴える患者さんは多くいらっしゃいます。

では、何が痛みを引き起こしているのでしょうか。
歯周病や知覚過敏も多いですが、無意識に行っている「嚙みしめ」も無視できません。

嚙みしめというと、グッと歯を食いしばるイメージをされるかもしれません。
しかし実は、上下の歯が少しでも触れている時点で、嚙みしめの問題が起こっています。

そもそも上下の歯は、正常な状態であれば、くちびるを閉じているときでも2~3mmの隙間があります。

正常な状態であれば、上下の歯が接触するのは、物を嚙むときや言葉を発するときだけで、1日の合計で十数分程度といわれています。

ところが、骨格のずれや強いストレスを抱え続けるなどの理由で、上下の歯が持続的に接触している人がいます。
この状態を歯科学では「TCH」と呼び、嚙みしめと判断します。

上下の歯が触れているだけでも「噛みしめ」のストレスがある

注意しなければならないのは、強い力で嚙みしめている人はもちろんのこと、上下の歯が触れているだけでも嚙みしめに当たるということです。

歯と歯が触れているということは、本人が思っている以上に多大なストレスが歯やあご、側頭部や首、背中の筋肉にかかります。

この状態が慢性的に続くと、歯やあごに痛みや違和感をもたらします。
嚙みしめが原因の歯の痛みは朝の寝起きに多く、口が開きにくくなるという症状が出ることもあります。

それだけでなく、片頭痛や肩こりにも関係があるのではないかといわれています。

嚙みしめていると口の中に白い線が出る

この嚙みしめ癖があるかどうかは、口の中を見るとすぐにわかります。
嚙みしめる人は、ほおの内側の粘膜に、歯に沿った横向きの白い線(圧痕)があります。

強く嚙みしめている人は、線がはっきりしているので、自分の舌先で触ってもわかります。

あごや側頭部の筋肉をほぐす「耳たぶ回し」がお勧め

「嚙みしめぐせ」自体は無意識にしていることでもあり、矯正するのは難しいのですが、それによるトラブルを緩和する方法があります。ここでご紹介する「耳たぶ回し」です。

これは耳たぶをひっぱって回すことで、過度に緊張しているあご周辺や側頭部の筋肉をほぐす方法です。

患者さんに指導したところ、慢性的な歯やあごの痛み、さらには片頭痛や肩こりなども解消されたと喜ばれています。

「耳たぶ回し」のやり方とポイントについては↓の記事で詳しくご紹介します。

→「耳たぶ回し」のやり方

耳たぶ回しでムシ歯も防げる

私が耳たぶ回しを指導した患者さんの中には、家族から「歯ぎしりがなくなった」と言われたかたもいらっしゃいます。

おもしろい例では、「目が大きくなった」と言っていたかたもいました。
おそらく、頭部の筋肉の緊張が解消されたことで、まぶたが開きやすくなったのではないでしょうか。

また、耳たぶ回しはムシ歯の予防にも有効です。
嚙みしめぐせのある人は、歯に余計な負担がかかるので、歯の表面に傷ができたり、歯と歯ぐきの境目が削れたりします。
そこは細菌が侵入しやいため、ムシ歯にもなりやすいのです。

ですから、特に歯の痛みや歯ぎしりなどのトラブルがない人も、口腔ケアの一環として耳たぶ回しを行ってください。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連するキーワード


虫歯 歯痛 噛みしめ癖

関連する投稿


【歯周病菌の除菌方法】注目の歯科技術「3DS」とは?

【歯周病菌の除菌方法】注目の歯科技術「3DS」とは?

ムシ歯や歯周病は、口の中にいる細菌が原因で起こります。ご存じのように、ムシ歯や歯周病は歯を失う最大の原因となります。そこで注目されているのが、ムシ歯や歯周病の原因菌を除菌する「3DS」(デンタル・ドラッグ・デリバリー・システム)という技術です。【解説】花田信弘(鶴見大学歯学部探索歯学講座教授)


【腰痛・坐骨神経痛】痛みを改善する「耳ツボ」の位置ともみ方

【腰痛・坐骨神経痛】痛みを改善する「耳ツボ」の位置ともみ方

私の鍼灸院では、体に施術する通常の鍼灸治療に加えて、25年以上前から、耳にあるツボを用いた治療法を取り入れています。そこで今回は、痛みの解消に効果的な耳もみの方法を紹介しましょう。【解説】村山哲郎(戸塚鍼灸院院長)


口内炎ができなくなった!朝一番の「太白ごま油うがい」で口内浄化

口内炎ができなくなった!朝一番の「太白ごま油うがい」で口内浄化

ゴマ油といえば、酸化を防止する力があり、健康や美容によい油として知られています。とはいえ、料理以外には使わない人がほとんどでしょう。実は、そのゴマ油を使ってうがいをすると、口の中のトラブルの改善や予防をする効果が期待できるのです。【解説】川島一恵(鍼灸あん摩マッサージ指圧師・アーユルヴェーダヘルスコーディネーター)


歯周病を本気で治したいなら「食事の内容」の見直しを!海藻や亜麻仁油がお勧め

歯周病を本気で治したいなら「食事の内容」の見直しを!海藻や亜麻仁油がお勧め

皆さんは、「歯周病は歯周病菌による感染症」だと思っていませんか。皆さんだけでなく、歯科医師も、大半がそう考えていると思います。しかしその常識が、今、ぬり替えられようとしています。アメリカの歯周病学会は、すでに「歯周病は感染症にあらず」と正式に発表しています。【解説】小峰一雄(小峰歯科医院理事長)


口臭を改善する【歯の磨き方】口内悪玉菌が発する毒ガスを撃退!

口臭を改善する【歯の磨き方】口内悪玉菌が発する毒ガスを撃退!

代表的な悪玉菌は、虫歯菌と歯周病菌です。虫歯菌は、歯のエナメル質を溶かし、虫歯の原因となります。歯周病菌は、歯周ポケットに入り込み、歯周病の原因となります。実は、口臭の原因菌の8割以上が、この歯周病菌です。歯周病菌が発する、腐敗臭を伴うガスこそが口臭の正体なのです。【解説】花田信弘(鶴見大学歯学部教授)


最新の投稿


寒くなる前に夏太りをリセット!ポッコリお腹解消「シソ酢ドリンク」の作り方

寒くなる前に夏太りをリセット!ポッコリお腹解消「シソ酢ドリンク」の作り方

薄着になる季節に気になるのが、ポッコリおなか。そこで登場するのが「シソ酢」です。黒酢にシソを漬けて、冷蔵庫で1時間。あっという間に出来上がります。スキッと爽やかな後味で、水分補給としても最適なシソ酢は、糖質の吸収を抑え、やせると評判。ぜひ、お試しください。【構成】『安心』編集部


【シソと黒酢の効果】夏太り対策にピッタリ!シソ酢ドリンクで代謝アップ!

【シソと黒酢の効果】夏太り対策にピッタリ!シソ酢ドリンクで代謝アップ!

中国・三国時代の故事に、シソについての話があります。カニを食べて食中毒を起こして死にかけた若者に、華侘という名医が紫色の葉を煎じて飲ませたところ、たちどころに快癒。これが紫蘇の名前の由来となったといいます。生薬としても珍重され、気管支炎、セキ・痰、不眠の治療などに広く用いられてきました。【解説】丁宗鐵(百済診療所院長)


【耳の裏がくさい】わきや汗の嫌な臭いに効果「ミョウバン水」の活用法

【耳の裏がくさい】わきや汗の嫌な臭いに効果「ミョウバン水」の活用法

においを気に病んで消極的になると、もっとにおいが強くなってしまいます。本来、体臭は一つの個性。完全に体臭を消そうとする必要はありません。今の自分に合った、正しいにおい対策を心がけてください。体臭を抑えるために、多くの人にお勧めしているのが「ミョウバン水」です。【解説】五味常明(五味クリニック院長)


【レモン酢が効果】生活改善だけでは下がらなかった血糖値が正常化!7kgやせた

【レモン酢が効果】生活改善だけでは下がらなかった血糖値が正常化!7kgやせた

がんばって生活を改善しても、3ヵ月後の検査では、思うように糖尿病の数値が改善されておらず、がっかりしてしまいました。おいしくレモン酢を飲み続けていたところ、少しずつ血糖値が下がっていきました。そして、1年が経過し受けた健康診断では、あらゆる数値が改善していたのです。【体験談】松本仁美(仮名・販売アルバイト・65歳)


こうじの発酵パワーで美肌になれる!痩せる!「こうじ薬膳レシピ」

こうじの発酵パワーで美肌になれる!痩せる!「こうじ薬膳レシピ」

こうじは、酵素の力で腸内環境を改善するほか、ビタミンB群が疲労回復、肌や髪の若返りの効果を発揮。肥満の解消、血圧や血糖値を下げる効果など、驚くべき発酵パワーを持つこうじを使った料理をお試しいただければ、その効能を実感できます!【料理・栄養計算】検見﨑聡美(管理栄養士・料理研究家)