MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営
「虫歯じゃないのに歯が痛い」 噛みしめが原因の歯痛に「耳たぶ回し」が効果!

「虫歯じゃないのに歯が痛い」 噛みしめが原因の歯痛に「耳たぶ回し」が効果!

私の治療経験上「歯が痛い」と訴えて歯科医院に来る患者さんのうち、約半数はムシ歯が原因ではありません。歯痛は歯周病や知覚過敏も多いですが「噛みしめ(TCH)」も無視できません。嚙みしめ癖があるかどうかは、口の中を見るとすぐにわかります。【解説】山嵜智浩(かしの木歯科医院院長)

解説者のプロフィール

山嵜智浩(やまざき・ともひろ)
●かしの木歯科医院
東京都東大和市上北台3-411-4東大和サニーコーポ102
TEL 042-562-0646
http://www.kashinoki-dc.com/
かしの木歯科医院院長。
2002年日本大学歯学部卒業後、2010年かしの木歯科医院開業。
診察で患者の耳たぶを回して、あごや耳の近くの筋肉の状態を調べている。

歯の痛みの原因は虫歯ではなく「嚙みしめ」かもしれない

私の治療経験上、「歯が痛い」と訴えて歯科医院に来る患者さんのうち、約半数はムシ歯が原因ではありません。

驚かれるかもしれませんが、目立ったムシ歯がないにもかかわらず、歯痛を訴える患者さんは多くいらっしゃいます。

では、何が痛みを引き起こしているのでしょうか。
歯周病や知覚過敏も多いですが、無意識に行っている「嚙みしめ」も無視できません。

嚙みしめというと、グッと歯を食いしばるイメージをされるかもしれません。
しかし実は、上下の歯が少しでも触れている時点で、嚙みしめの問題が起こっています。

そもそも上下の歯は、正常な状態であれば、くちびるを閉じているときでも2~3mmの隙間があります。

正常な状態であれば、上下の歯が接触するのは、物を嚙むときや言葉を発するときだけで、1日の合計で十数分程度といわれています。

ところが、骨格のずれや強いストレスを抱え続けるなどの理由で、上下の歯が持続的に接触している人がいます。
この状態を歯科学では「TCH」と呼び、嚙みしめと判断します。

上下の歯が触れているだけでも「噛みしめ」のストレスがある

注意しなければならないのは、強い力で嚙みしめている人はもちろんのこと、上下の歯が触れているだけでも嚙みしめに当たるということです。

歯と歯が触れているということは、本人が思っている以上に多大なストレスが歯やあご、側頭部や首、背中の筋肉にかかります。

この状態が慢性的に続くと、歯やあごに痛みや違和感をもたらします。
嚙みしめが原因の歯の痛みは朝の寝起きに多く、口が開きにくくなるという症状が出ることもあります。

それだけでなく、片頭痛や肩こりにも関係があるのではないかといわれています。

嚙みしめていると口の中に白い線が出る

この嚙みしめ癖があるかどうかは、口の中を見るとすぐにわかります。
嚙みしめる人は、ほおの内側の粘膜に、歯に沿った横向きの白い線(圧痕)があります。

強く嚙みしめている人は、線がはっきりしているので、自分の舌先で触ってもわかります。

あごや側頭部の筋肉をほぐす「耳たぶ回し」がお勧め

「嚙みしめぐせ」自体は無意識にしていることでもあり、矯正するのは難しいのですが、それによるトラブルを緩和する方法があります。ここでご紹介する「耳たぶ回し」です。

これは耳たぶをひっぱって回すことで、過度に緊張しているあご周辺や側頭部の筋肉をほぐす方法です。

患者さんに指導したところ、慢性的な歯やあごの痛み、さらには片頭痛や肩こりなども解消されたと喜ばれています。

「耳たぶ回し」のやり方とポイントについては↓の記事で詳しくご紹介します。

耳たぶ回しでムシ歯も防げる

私が耳たぶ回しを指導した患者さんの中には、家族から「歯ぎしりがなくなった」と言われたかたもいらっしゃいます。

おもしろい例では、「目が大きくなった」と言っていたかたもいました。
おそらく、頭部の筋肉の緊張が解消されたことで、まぶたが開きやすくなったのではないでしょうか。

また、耳たぶ回しはムシ歯の予防にも有効です。
嚙みしめぐせのある人は、歯に余計な負担がかかるので、歯の表面に傷ができたり、歯と歯ぐきの境目が削れたりします。
そこは細菌が侵入しやいため、ムシ歯にもなりやすいのです。

ですから、特に歯の痛みや歯ぎしりなどのトラブルがない人も、口腔ケアの一環として耳たぶ回しを行ってください。

この記事のエディター

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連記事
歯周病の原因菌に感染し、歯と歯肉の境目に、細菌の塊である歯垢(プラーク)がこびりつきます。従来の一般的な歯周病治療では、歯や歯周ポケット内に付着した歯垢・歯石をそぎ落とし、できるだけ歯槽骨の破壊をゆるやかに抑えるのを目標としてきました。それを元に回復させる再生治療です。【解説】吉野敏明(誠敬会クリニック銀座院長)
更新: 2018-10-20 18:00:00
年を重ねると、唾液の分泌が減り、口内が渇きがちになります。すると、飲みこみにくさや、薬の副作用による味覚障害などでお困りの人もいるでしょう。レモンは唾液の分泌を促すため、そういった悩みの改善にうってつけです。【解説】清水百合(六本木しみず歯科院長・日本元気キレイ医歯学研究所代表)
更新: 2018-10-04 07:00:00
ムシ歯や歯周病は、口の中にいる細菌が原因で起こります。ご存じのように、ムシ歯や歯周病は歯を失う最大の原因となります。そこで注目されているのが、ムシ歯や歯周病の原因菌を除菌する「3DS」(デンタル・ドラッグ・デリバリー・システム)という技術です。【解説】花田信弘(鶴見大学歯学部探索歯学講座教授)
更新: 2018-09-05 11:21:44
「あごを動かすとカクカクと音がして痛む」「口を大きく開けない」などの症状は、顎関節症と呼ばれています。以前はかみ合わせや、あごの関節の異常が原因で起こると思われていたのですが、そのほとんどは違う原因で起こっていることがわかってきました。【解説】原節宏(日本歯科大学附属病院総合診療科 准教授・顎関節症診療センター長)
更新: 2018-09-11 12:16:55
「朝起きるといつも口が苦い」「舌がヒリヒリして痛い」「口の中がベタベタする」「物が飲み込みづらい」「味がわからない」このような症状がある人は、「ドライマウス」という病気かもしれません。ドライマウスとは、唾液の分泌量が減って、口の中が乾燥する病気です。【解説】笹野高嗣(東北大学大学院歯学研究科教授)
更新: 2018-09-08 18:23:54
最新記事
見たいものにピントを合わせる「目の調節力」は25歳を過ぎる頃からどんどん低下し、30代後半から近くが見えづらくなる老眼になってきます。目の疲れや調節力の低下を改善するためにお勧めなのが、目の周囲を温める「温熱療法」です。私は、温熱療法の効果を多くの実験で確認しています。【解説】高橋洋子(みたにアイクリニック院長)
更新: 2019-05-21 18:00:00
これまで、入院患者さん向けの、いわゆる「リハビリ体操」はありましたが、外来の患者さんが希望するような体操はありませんでした。そこで私たちは、血圧を上げる要因である、末梢の「血管抵抗」を減らす筋トレを考案することにしました。【解説】金子操(自治医科大学附属病院リハビリテーションセンター室長・理学療法士)
更新: 2019-05-21 17:53:18
「脊柱管狭窄症」「椎間板ヘルニア」などの改善のために行われる従来の脊椎手術は体への負担が大きく、後遺症が生じることもあります。そうした中、後遺症をほとんど残さない、新たな手術法が注目されています。【解説】白石健(東京歯科大学市川総合病院整形外科教授)【取材】山本太郎(医療ジャーナリスト)
更新: 2019-05-20 18:00:00
頭痛、肩こり、腰痛、生理痛、耳鳴り、めまい、うつ、眼瞼けいれん、味覚障害、高血圧、逆流性食道炎──。一見、脈絡なく感じられるこれらの症状は、実は「食いしばり」が元凶となって起こっているという共通点があります。患者さんたちに、私は「10秒、口を開けるくせをつけてください」とアドバイスをしています。【解説】吉野敏明(誠敬会クリニック銀座院長)
更新: 2019-05-19 18:00:00
慢性的なひざ痛の原因はさまざまですが、なかなか完治しにくい上、少し無理をすると痛みがぶり返すので、かなり厄介です。今回ご紹介する「ひざと足の裏の温冷・温温湿布」は、慢性的なひざ痛に対して、自宅で簡単に痛みを解消することができる方法です。【解説】岡田明三(神宮前鍼療所院長)
更新: 2019-05-18 18:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt