MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営
【坐骨神経痛が改善】私は「耳こすり」で足の裏のビリビリするしびれが治った

【坐骨神経痛が改善】私は「耳こすり」で足の裏のビリビリするしびれが治った

7年前の秋のことです。私は突然、座骨神経痛になりました。とあるテレビ番組で「耳の下をこすると全身がゆるむ」と、歯科医の先生が話しているのを見かけました。その後に、やり方が紹介されたので、私もまねて実践してみました。とても簡単でした。【体験談】上妻真美子(主婦・62歳)

足が動かずまるでロボットになったよう

 7年前の秋のことです。私は突然、座骨神経痛になりました。
 当時、私はレース編みに凝っていました。座って大きなテーブルセンターを編んでいたら、急に立ち上がれなくなったのです。 
 座りっぱなしの姿勢がよくなかったのでしょう。寒くなって冷えも加わり、症状がいきなり出た感じでした。

 それからは、常に足の裏がビリビリしびれ、一歩足を踏み出すのも大変です。足がうまく動かないので、ロボットみたいにしか歩けません。
 最も大変だったのは、横断歩道を渡るときです。二車線の道路でたいした距離ではありません。なのに、青信号の時間をめいっぱい使わないと、渡りきれないのです。

 しかも、冬になると路面が凍結します。この体で転んだら絶対に骨折すると思いました。ですから、毎回、渡るときは決死の覚悟でした。

 病院にも行きましたが、湿布を処方されただけです。これは自分で何とかするしかない、と思いました。
 そこで、カイロで温めたり、座骨周辺の筋肉をマッサージしたりしました。それで少しは症状が軽くなるものの、いつまでこの不自由さが続くのかと、暗澹たる思いだったのです。

 そんな私に信じられない出来事が起きたのは、5年前です。

 とあるテレビ番組で「耳の下をこすると全身がゆるむ」と、歯科医の先生が話しているのを見かけました。
 その先生によると、耳の下をこすると口が大きく開くようになるそうです。
 歯の治療中に行っていたところ、患者さんの肩や首のこりが次々と治ったと言うのです。

中指で耳のつけ根のすぐ下を数回さするだけ

 その後に、やり方が紹介されたので、私もまねて実践してみました。とても簡単でした。

 中指で耳のつけ根のすぐ下あたりを4~5回さするだけ。軽い力でクルクル小さな円を描くようにするといいそうです。
 その時点では何も感じませんでしたが、夜、布団に入ったときに思い出し、再びやってみました。
 すると、あくびが出てきて、スーッと眠りに落ちたのです。そのまま、一晩中ぐっすりと眠ることができました。 

 これには驚きでした。というのも、私は50歳頃から眠りが浅くなり、夜中に何度も目が覚めるのがあたりまえだったからです。熟睡できたのは、本当に久しぶりのことでした。

軽い力で数回こするだけ

上妻さんの耳こすりのやり方。
耳の下に中指を当て軽く数回さするだけ

ガチガチに硬かった尻が柔らかくなっている!

 さらに驚いたのが、翌朝、ガチガチに硬かったお尻が柔らかくなっていたことです。足の裏のしびれもありません。
 こうして、あれほど悩まされた座骨神経痛が一晩でウソみたいに治っていました。

 足を踏み出すたび、喜びが込み上げてきました。
 不思議なことに、お尻だけでなく、パンパンに張っていた首と肩もほぐれていました。 人の体って本当につながっているんだと、またびっくりです。

 以来、私は耳こすりを気がついたときに行っています。おもしろいと思うのは、日中にやると頭がスッキリし、夜にやるとあくびが出て眠気が出てくる点です。
 おかげで昼はてきぱき行動し夜はぐっすり眠る、というメリハリのある生活が送れるようになりました。

 以前の私は、日中によく眠気に襲われていました。テレビを見ているときや食後に、いつのまにか寝ているのです。
 座ったまま頭を傾けてウトウトするので、首や肩が張り、それが引き金となるのか、頭痛も起こっていたのです。それがなくなり、体がすごくらくになりました。

 冷えたり筋肉の張りを感じたりしたときは、耳こすりを念入りに行います。といっても、回数を10回に増やす程度です。それでも1分とかからないし、効果は抜群です。
 歩くのもやっとだった私が、今では趣味で卓球を楽しめるようになりました。耳こすりに救われたと、感謝しています。

よく眠れて腎機能が高まった(呑気堂Fujii鍼灸治療院Tomo整骨院総院長 藤井清史)

 耳こすりで座骨神経痛までよくなったとは驚きです。確かに耳のつけ根の下辺りには、座骨神経領域にかかわる「陽明胃経」という経絡(気の通り道)が通っています。この経絡が刺激されて、座骨神経痛が改善したのかもしれません。

 また、東洋医学では、座骨神経痛は腎臓、または大腸に由来すると考えられています。耳こすりをするとよく眠れるというのは、精神安定効果です。よく眠れると疲れが取れて、腎機能が高まります。その結果、腎臓由来の座骨神経痛がよくなる可能性も考えられます。

この記事のエディター

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連するキーワード
関連記事
腰、ひざ、股関節の痛みに悩む患者さんは、後を絶ちません。痛みのきっかけはさまざまですが、原因はただ一つ、「体のねじれ」です。では、ねじれはどこから起こるのでしょうか。人間が立つとき、地面に唯一接しているのは足底(足の裏)だけです。【解説】内田泰文(豊中愛鍼灸整骨院院長)
更新: 2019-05-13 18:00:00
言われるがままバンドを巻き体を動かしてみたところ、腰とお尻の下の鈍い痛みがその場でスッと消えたのです。心底びっくりし「これはなんですか?」と関口先生に聞いたところ、43円療法と教えられました。私の体に43円療法は合っていると思います。体の痛みを自分で調整できるのはありがたいです。【体験談】奥田弘毅(仮名・無職・69歳)
更新: 2019-03-17 18:00:00
私は腰痛や座骨神経痛の痛みをもっとすっきり取る方法はないかと考えていました。これらの痛みは背骨や骨盤を矯正しても、多少改善されるだけで劇的にはよくなりません。試行錯誤を続けているうち、「大腿直筋」という筋肉が、硬くこわばっているために、腰痛などが起こっていることがわかったのです。【解説】関口志行(ツバサ整骨院院長)
更新: 2019-03-03 18:00:00
驚いたのは、体操を教わった直後の出来事です。「走ってみてください」先生がそうおっしゃったのです。足を引きずりながら治療院にたどり着いた私です。まさか走れるわけが…、と思いながら足を動かしました。すると、本当に走れるではありませんか。まるで先生に魔法をかけられたかのようでした。【体験談】阿部道子(仮名・主婦・73歳)
更新: 2019-02-07 18:00:00
痛みは、筋肉の硬直から起こります。筋肉がかたくなると、それに引っ張られて骨や関節がゆがみ、神経や血管が圧迫されて痛みが出ます。しかし、手首を押さえながら体を左右にねじると、筋肉が緩んで、骨が本来の正常な位置に戻ります。それによって神経や血管の圧迫がなくなり、痛みが取れていくのです。【解説】関口志行(ツバサ整骨院院長)
更新: 2018-11-11 18:00:00
最新記事
見たいものにピントを合わせる「目の調節力」は25歳を過ぎる頃からどんどん低下し、30代後半から近くが見えづらくなる老眼になってきます。目の疲れや調節力の低下を改善するためにお勧めなのが、目の周囲を温める「温熱療法」です。私は、温熱療法の効果を多くの実験で確認しています。【解説】高橋洋子(みたにアイクリニック院長)
更新: 2019-05-21 18:00:00
これまで、入院患者さん向けの、いわゆる「リハビリ体操」はありましたが、外来の患者さんが希望するような体操はありませんでした。そこで私たちは、血圧を上げる要因である、末梢の「血管抵抗」を減らす筋トレを考案することにしました。【解説】金子操(自治医科大学附属病院リハビリテーションセンター室長・理学療法士)
更新: 2019-05-21 17:53:18
「脊柱管狭窄症」「椎間板ヘルニア」などの改善のために行われる従来の脊椎手術は体への負担が大きく、後遺症が生じることもあります。そうした中、後遺症をほとんど残さない、新たな手術法が注目されています。【解説】白石健(東京歯科大学市川総合病院整形外科教授)【取材】山本太郎(医療ジャーナリスト)
更新: 2019-05-20 18:00:00
頭痛、肩こり、腰痛、生理痛、耳鳴り、めまい、うつ、眼瞼けいれん、味覚障害、高血圧、逆流性食道炎──。一見、脈絡なく感じられるこれらの症状は、実は「食いしばり」が元凶となって起こっているという共通点があります。患者さんたちに、私は「10秒、口を開けるくせをつけてください」とアドバイスをしています。【解説】吉野敏明(誠敬会クリニック銀座院長)
更新: 2019-05-19 18:00:00
慢性的なひざ痛の原因はさまざまですが、なかなか完治しにくい上、少し無理をすると痛みがぶり返すので、かなり厄介です。今回ご紹介する「ひざと足の裏の温冷・温温湿布」は、慢性的なひざ痛に対して、自宅で簡単に痛みを解消することができる方法です。【解説】岡田明三(神宮前鍼療所院長)
更新: 2019-05-18 18:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt