【考案医師が解説】眠れた!目覚めスッキリ!Twitterで話題沸騰「小指シップ」とは何か

【考案医師が解説】眠れた!目覚めスッキリ!Twitterで話題沸騰「小指シップ」とは何か

私は10年以上前に、手の小指にシップをはる「小指シップ」を考案し、患者さんに勧めてきました。小指シップには、交感神経の緊張をほぐしたり、首すじのこりをゆるめたりする作用があります。そのため、不眠をはじめとするストレス性の症状に効果を発揮するのです。【解説】安田譲(安田医院院長)


安田譲
安田医院院長・神経内科専門医。小指シップをはじめ、自律神経を整えることで健康に役立てる診療、療法を得意としている。著書に、『かんたん自律神経健康法』(PHP研究所)、『シップかんたん自律神経健康法』(アマゾン電子出版)がある。

交感神経の緊張が不眠を招く

 私は10年以上前に、手の小指にシップをはる「小指シップ」を考案し、患者さんに勧めてきました。これまで『安心』で何度かご紹介してきましたが、最近、ツイッターで小指シップが話題になっていると聞いてびっくりしています。小指シップで不眠や疲労が改善したというツイートに、フォロワーが盛り上がっているそうです。

 また、マキノ出版が開設している「ケンカツ!」という健康情報サイトでも、小指シップの検索・閲覧数が増えていると聞きました。若い人たちにも小指シップが広まりつつあることは、私にとってもうれしい限りです。
 さて、ツイッターでは不眠に効果があったということですが、これまでにも、不眠やうつ、めまいが改善したという症例はたくさんあります。これは、小指シップの作用を考えれば、当然の効果ともいえます。

 不眠は、自律神経のアンバランスから起こります。自律神経には、覚醒や興奮をつかさどる交感神経と、リラックスをもたらす副交感神経があります。活動している日中は交感神経が優位ですが、夜になると副交感神経が優位になって、スムーズに眠りにつくことができます。

 しかし、夜になっても交感神経が緊張したままだと、なかなか寝つくことができません。交感神経が緊張していると首すじもこってきますから、気分がイライラして、よけい寝つけなくなってしまいます。
 小指シップには、交感神経の緊張をほぐしたり、首すじのこりをゆるめたりする作用があります。そのため、不眠をはじめとするストレス性の症状に効果を発揮するのです。

小指シップのやり方

首すじの緊張がゆるむと目や鼻、口の症状が改善

 具体的に、その二つの作用について説明しましょう。

①交感神経の緊張がほぐれる
 小指の深指屈筋という筋肉には、交感神経を緊張させるセンサーがあります。小指シップはこのセンサーの緊張を取って、交感神経をゆるめます。すると自律神経のバランスが整い、不眠、イライラ、めまいなどの自律神経失調症状が改善します。
 また交感神経が緊張すると、顔の臓器の血管が拡張しすぎて細菌やアレルギーを起こす物質が血管に侵入しやすくなります。それが、アトピー性皮膚炎や花粉症を起こす原因になりますが、交感神経の緊張がほぐれれば、それらの症状も抑えることができます。

②首すじのこりがゆるむ
 交感神経の緊張がほぐれると、首すじの筋肉もゆるみます。すると、首の筋肉の間を通っている神経の圧迫が取れて、ふるえやしびれが改善します。
 また、首にはネック・ホムンクルス(首のこびと)という、目や鼻や口に対応するポイントがあります。首すじがゆるむとネック・ホムンクルスもほぐれて、目や鼻や口の症状も改善するのです。

 このように、小指シップには、不眠以外にもさまざまな症状に効果があります。

 その一覧をまとめました。

 これらの効果はすべて、私が患者さんに試して確認したものです。
 小指シップのこうした効果は、シップの保湿剤として使われているグリセリンの作用です。グリセリンが小指に浸透して、深指屈筋に働きかけるのです。

 小指シップをするときは、固定するテープを強く巻きすぎないでください。血行障害を起こす恐れがあります。また、皮膚の弱い人は一度シップをはってみて、かぶれないことを確かめてから行ってください。

→「小指シップ Q&A」はコチラ
→「小指シップ」の関連記事はコチラ

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【眠れない】原因は不安やストレス 1/fゆらぎ曲「心音」を試聴 チコちゃんに叱られるで話題

【眠れない】原因は不安やストレス 1/fゆらぎ曲「心音」を試聴 チコちゃんに叱られるで話題

電車やバスに揺られていると、眠くなるかたが多いでしょう。それは、ガタンゴトンという一定のリズムに「1/fゆらぎ」(えふぶんのいち・ゆらぎ)が加わっているからです。心音を聴いて、よく眠れるようになった、という声があるのは、この1/fゆらぎの効果によるものだと思います。【解説】池川明(池川クリニック院長・産婦人科医)


【眠れない時に寝る方法】眠くなる音楽を試聴 胎内の"心音"が効果 寝かしつけ対策に

【眠れない時に寝る方法】眠くなる音楽を試聴 胎内の"心音"が効果 寝かしつけ対策に

「世界一の癒される音を作りたい」という思いから、母親の胎内で聴いていた心臓の鼓動する音=心音に着目し研究、企画開発をしています。赤ちゃんに心音を聴かせたかたのアンケートで約95%が「寝かしつけに効果があった」と回答。同時に「お母さん自身が落ち着いた」という回答が約84%もあったのです。【解説】河野靖美(心音調律士) 


【体験談】むくみが改善して5kgやせた「足の爪もみ」で不眠、こむら返りも治った

【体験談】むくみが改善して5kgやせた「足の爪もみ」で不眠、こむら返りも治った

平日は入浴後の夜寝る前、休日は日中にテレビを見ながら、足の爪をもみました。もみ方は、足の爪の生え際を、手の親指と人さし指で押さえて、ギュッ、ギュッとやや強めに押します。うれしいことに、この足の爪もみを習慣にしてから、1ヵ月もしないうちに、足はほとんどむくまなくなりました。【体験談】斎藤晃子(仮名・会社員・58歳)


【認知症・物忘れを改善】ニンニク油で脳を活性化すると脳外科医が太鼓判

【認知症・物忘れを改善】ニンニク油で脳を活性化すると脳外科医が太鼓判

ニンニク油は、脳の健康維持や生活習慣病の予防など、さまざまな効果を期待できるすぐれた食品です。ニンニクとオリーブオイルだけで手作りできるので、安価で手軽に続けられます。患者さんにお勧めしたところ、頭痛、めまい、高血圧などが改善した例が少なくありません。【解説】篠浦伸禎(都立駒込病院脳神経外科部長)


【体験談】私は「足の裏たたき」で血圧が下がった!不眠が治って抜け毛も改善した

【体験談】私は「足の裏たたき」で血圧が下がった!不眠が治って抜け毛も改善した

47歳のころ、突然カゼのような症状に襲われました。のどが痛くなり、微熱が続いて、すごく汗をかくのです。寝汗もひどくて、Tシャツを一晩に7〜8枚着替えるほどでした。カゼ薬を飲みましたが、全く改善しません。体がだるくて鉛のように重くなり、ものすごく疲れるのに、眠れなくなったのです。【体験談】川上由衣子(仮名・58歳・主婦)


最新の投稿


【肝臓ってどんな臓器?】急性肝炎と慢性肝炎の違い 健康診断の数値の見方や働きを専門医が解説

【肝臓ってどんな臓器?】急性肝炎と慢性肝炎の違い 健康診断の数値の見方や働きを専門医が解説

肝臓は、よく「体内の一大コンビナート」にたとえられます。栄養素の分解、合成、代謝、貯蔵、有害物の解毒、重要な消化液である胆汁の生成など、細かく分けると数百もの働きを担っており、まるで各種の工場や倉庫が集まったような機能を果たしているからです。【解説】髙橋弘(麻布医院院長ハーバード大学医学部内科元准教授)


【血圧を下げる】ポリフェノールの健康効果が最大級「レモンコーヒー」 近視・老眼も防げる

【血圧を下げる】ポリフェノールの健康効果が最大級「レモンコーヒー」 近視・老眼も防げる

レモンコーヒーは、ポリフェノールの玉手箱。コーヒーにはクロロゲン酸、レモンにはエリオシトリンなどが含まれています。一緒に飲むことで、コーヒーとレモンのポリフェノールが併せて取れるので、よりいっそう健康効果が高まるでしょう。【解説】板倉弘重(芝浦スリーワンクリニック名誉院長・日本ポリフェノール学会理事長)


【ひざの痛み】ツボを揉むより簡単!足の“親指”を刺激するだけで血流アップ 冷えも腰痛も消えた!

【ひざの痛み】ツボを揉むより簡単!足の“親指”を刺激するだけで血流アップ 冷えも腰痛も消えた!

足の裏には、親指を頭、親指のつけ根を首として、かかとへと向かって、全身の内臓や器官に対応する「反射区」が、人体図のように並んでいます。LTF療法は、ふくらはぎなどの足、足の指、手の指をもんだり刺激したりすることで、血液循環をよくし、痛みや不調を取り去る方法です。【解説】原田秀康(国際足健法協会会長)


【体験談】しびれるほどの足の冷えが足の親指刺激で和らいだ!こむら返りもなくなった

【体験談】しびれるほどの足の冷えが足の親指刺激で和らいだ!こむら返りもなくなった

私は、7年前に脳梗塞で倒れ、その後1年半ほど歩くことができませんでした。足の親指刺激を日課に加えてからは、しびれるような足の冷えが徐々に和らぎ、靴下をはかなくても眠れるようになりました。最近では、ふらつかずにしっかり歩けるようになっています。【体験談】杉井小夜子(無職・84歳)


【腸内環境を改善】宿便と有害物質を排出して腸を大掃除する「解毒スープ」とは

【腸内環境を改善】宿便と有害物質を排出して腸を大掃除する「解毒スープ」とは

解毒スープを飲んで2時間もすると、体がポカポカしたり、尿意を催したりといった、なんらかの変化を実感できるでしょう。便秘がひどい人の場合は、便通への効果に時間がかかることもありますが、根気よく続けてください。【解説】堀田忠弘(堀田医院院長)