MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営
【腰痛の治し方】原因と症状で対処が違う!自覚症状でわかるチェックリスト

【腰痛の治し方】原因と症状で対処が違う!自覚症状でわかるチェックリスト

腰の痛みは、特異的腰痛と非特異的腰痛の二つに分けられます。特異的腰痛には、腰椎椎間板ヘルニア、腰部脊柱管狭窄症、腰椎圧迫骨折、変形性腰椎症、腰椎変形すべり症があげられますが、非特異的腰痛は骨などに異常が見当たらない腰痛(ぎっくり腰など)で患者の85%が当てはまります。【解説】戸田佳孝(戸田リウマチ科クリニック院長)

解説者のプロフィール

戸田佳孝(とだ・よしたか)
●戸田リウマチ科クリニック
https://toda-hiza-seikei.com/

戸田リウマチ科クリニック院長。
1960年、大阪府生まれ。
86年、関西医科大学卒業。
91年、英国王立整形外科病院留学。
92年、関西医科大学整形外科大学院修了、医学博士号を取得。97年、米国タフツ大学に招聘研究員として留学。
98年、大阪府吹田市に戸田リウマチ科クリニックを開院。
2004年、開業医としては史上ただ一人、日本整形外科学会学会奨励賞を受賞。
テレビの健康医療番組などにも数多く出演。
わかりやすい解説で人気が高い。著書に『ひざ痛の97%は手術なしで治せる』『腰痛は「ヤンキー座り」で治る!』(ともにマキノ出版)などがある。

原因がわかる「特異的腰痛」 原因が特定できない「非特異的腰痛」とは

日本人のおよそ4人に1人が腰痛持ちであり、しかも一生のうちに腰痛を経験する人は全国民の84%に上る。

これは厚生労働省研究班(平成24年度)の調査によるデータです。
まさに腰痛は、国民病といってもいいでしょう。

腰痛は大きく、特異的腰痛非特異的腰痛の二つに分けられます。

5つの主な「特異的腰痛」


特異的腰痛とは、X線やMRI(磁気共鳴画像装置)などの画像検査によって、骨や腰の構造に異常があると判明した腰痛を指します。
平たく言えば、原因が特定できる腰痛です。

特異的腰痛の代表的なものが、次の五つです。

①腰椎椎間板ヘルニア
 腰椎椎間板ヘルニアは、椎間板という軟骨がつぶれてはみ出し、神経を圧迫して生じる腰痛です。背骨(脊柱)を構成する椎骨の間で衝撃を吸収するクッションの役割を果たしているのが椎間板で、髄核というゼリー状の組織を厚い袋(線維輪)で包む構造をしています。
 そのため、椎間板に負担がかかりすぎると、袋が変形したり、中身が袋を突き破って飛び出したりすることがあるのです。痛みの特徴は、腰痛だけではなく、太もも裏からふくらはぎにかけて電気が走るようなしびれと痛み(座骨神経痛)がある点です。

②腰部脊柱管狭窄症
 最も特徴的なのが、間欠性跛行と呼ばれる症状で、長く歩いていると、足腰に痛みやしびれが出てきて、続けて歩けなくなります。しゃがんで少し休むと元に戻りますが、動き出すと、また同じ症状をくり返します。

③腰椎圧迫骨折
 骨粗鬆症によって骨の密度が低下してスカスカになり、もろくなった結果、軽い衝撃で腰椎(腰の部分の椎骨)がつぶれて骨折が起こり、激しい痛みが生じます。骨折部分が治るまで約3ヵ月間、腰痛が続きます。高齢者で圧迫骨折がくり返し起こると、背中が丸まり、身長も低くなります。

④変形性腰椎症
 椎骨と椎骨をつないでいる椎間関節の軟骨がすり減ったり靭帯が損傷したりして、腰痛が起こります。加齢などの影響によることが多く、朝起き出すときに最も強い痛みがあり、日中は比較的腰痛がらくになる傾向があります。

⑤腰椎変形すべり症
 加齢変化によって椎間関節がボロボロになり、腰椎が前へすべり、骨の並びがずれて起こる腰痛です。骨のずれが大きくなると、足にまで痛みやしびれが出ることもあります。脊柱管狭窄症と同様、間欠性跛行の症状が出ることもあります。

さらに、腰以外に原因があって起こる腰痛があります。
このような場合は、まず原因となっている病気を治療する必要があります。

例えば、動脈が裂けて膨らむ解離性大動脈瘤では、体位に関係なく強烈な腰背部痛があります。
腰痛に加えて血尿の症状が出ると、腎・尿管の結石が疑われます。

みずおちの辺りから背部にかけて痛みがあれば、胃・十二指腸潰瘍の可能性がありますし、婦人科疾患では、月経に伴う腰・下肢痛があれば、子宮内膜症が疑われます。

85%の腰痛は骨や腰の構造に異常がない「非特異的腰痛」

一方、非特異的腰痛は、画像診断では骨や腰の構造に異常がなく、神経の症状も出ていない腰痛です。
「非特異的」とは、「特に異常がない」という意味です。
実は、腰痛の全患者さんのうち、およそ85%がこの非特異的腰痛です。

人間は、二本足で歩くようになってから、頭や上半身の重みを背骨で支えなければならなくなりました。

その進化の過程で、背骨の首の部分である頸椎は前に、胸の部分である胸椎は後ろに、腰の部分である腰椎は前に突き出て、いわゆるS字状のカーブを描くようになりました。
頭の重みをうまく分散させ、無理なく支えているのです。

そのため、背骨のS字カーブがくずれると、骨で支える力が弱くなり、腰の筋肉に過度の負担がかかって悲鳴を上げます。
これこそ、骨の異常や神経症状がないのに腰が痛くなる非特異的腰痛の正体です。

痛みの原因は「筋肉のこり」

その痛みの原因は、主に筋肉(脊柱起立筋)のこりです。
腰に負担がかかり、腰の筋肉がこって硬くなり、痛みが生じます。
その特徴は、動きに合わせて痛みが出ることです。安静時にはあまり痛みません。

ただ、長時間同じ姿勢でいると、痛みが出ます。
デスクワークの多い職業、ドライバー、美容師など、立ちっぱなし、座りっぱなしといった同じ姿勢を続ける人に起こりやすいのです。

また、「魔女の一突き」などの別名を持つギックリ腰も、非特異的腰痛の一種です。
正式には「急性腰痛症」といい、くしゃみをしたり、重い物を持ち上げたりしたときに突然起こりますが、その病態はいまだに解明されていません。
足にしびれや痛みが起こることはなく、腰を反らしたり、動かしたりすると痛むのが特徴です。

まずは自分の腰痛のタイプを知ることが大事

次に、腰痛を改善するための方法ですが、腰痛のかたは少なくとも一度は整形外科で診てもらうことをお勧めします。

あなたの腰痛がどのタイプかを知ることが、腰痛を治療するうえで、非常に大切だからです。

検査で原因が確定し、特異的腰痛だとわかったら、それぞれの病気に応じた、適切な対応策を講じる必要があります。
一方、検査を受けても、「異常がない」とか、「原因不明」と言われたら、非特異的腰痛ということになります。

自覚症状でチェック!あなたの腰痛はどのタイプ?

筋肉をほぐすための対策とは

先ほど説明したとおり、非特異的腰痛の痛みの根本は筋肉のこりです。
痛むからといって、安静を保っていると、ますます筋肉のこりは悪化し、痛みがひどくなってきます。
ですから、筋肉のこりをほぐすための対策が欠かせません。

そのためにお勧めしたいのが、筋肉を正しく動かすストレッチです。
あまりに痛みが強いときに無理をする必要はありませんが、多少痛い思いをしても、ストレッチを行うほうが、結果として、痛みを和らげやすいのです。

特に骨盤周りの筋肉を柔軟にすることがポイントです。

次の記事では、私が患者さんに勧め、高い効果を上げているストレッチをご紹介します。

この記事のエディター

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連記事
言われるがままバンドを巻き体を動かしてみたところ、腰とお尻の下の鈍い痛みがその場でスッと消えたのです。心底びっくりし「これはなんですか?」と関口先生に聞いたところ、43円療法と教えられました。私の体に43円療法は合っていると思います。体の痛みを自分で調整できるのはありがたいです。【体験談】奥田弘毅(仮名・無職・69歳)
更新: 2019-03-17 18:00:00
私は腰痛や座骨神経痛の痛みをもっとすっきり取る方法はないかと考えていました。これらの痛みは背骨や骨盤を矯正しても、多少改善されるだけで劇的にはよくなりません。試行錯誤を続けているうち、「大腿直筋」という筋肉が、硬くこわばっているために、腰痛などが起こっていることがわかったのです。【解説】関口志行(ツバサ整骨院院長)
更新: 2019-03-03 18:00:00
驚いたのは、体操を教わった直後の出来事です。「走ってみてください」先生がそうおっしゃったのです。足を引きずりながら治療院にたどり着いた私です。まさか走れるわけが…、と思いながら足を動かしました。すると、本当に走れるではありませんか。まるで先生に魔法をかけられたかのようでした。【体験談】阿部道子(仮名・主婦・73歳)
更新: 2019-02-07 18:00:00
痛みは、筋肉の硬直から起こります。筋肉がかたくなると、それに引っ張られて骨や関節がゆがみ、神経や血管が圧迫されて痛みが出ます。しかし、手首を押さえながら体を左右にねじると、筋肉が緩んで、骨が本来の正常な位置に戻ります。それによって神経や血管の圧迫がなくなり、痛みが取れていくのです。【解説】関口志行(ツバサ整骨院院長)
更新: 2018-11-11 18:00:00
足の指回しを始めて1ヵ月ほど経つと、腰痛も気にならなくなっていました。足の指回しは、特に女性のスタッフに大好評です。「これを始めてから冷え症が治った」「外反母趾や巻き爪が改善して、靴をはくのが楽になった」などと、うれしい効果を報告してくれます。【体験談】堀内太(美容師・52歳)
更新: 2018-10-20 07:00:00
最新記事
ストレスに強くなり、うつを防ぎ・治す食事とは、特別なものがあるわけではありません。あたりまえのことですが、栄養バランスのよい食事を1日3食きちんと食べることです。ただし、いくつかのポイントがあるのも事実です。【解説】功刀浩(国立精神・神経医療研究センター神経研究所)
更新: 2019-04-24 18:00:00
βグルカンの精製をさらに進めたところ、それまでとはまったく別の物質を発見しました。これが「MXフラクション」で、今のところマイタケからしか発見されていない成分です。【解説】難波宏彰(神戸薬科大学名誉教授・鹿児島大学大学院医歯学総合研究科客員教授)
更新: 2019-04-23 18:00:00
骨盤底筋を鍛えるための体操は、現在多くの医療機関で推奨されています。しかし、やり方をプリントされた紙を渡されるだけなど、わかりずらく続けにくい場合がほとんどです。そこでお勧めしたいのが、おしぼり状に巻いたタオルを使った「骨盤タオル体操」です。【解説】成島雅博(名鉄病院泌尿器科部長)
更新: 2019-04-22 18:00:00
首がこったとき、こっている部位をもんだり押したりしていませんか? 実は、そうするとかえってこりや痛みを悪化させてしまうことがあります。首は前後左右に倒したりひねったりできる、よく動く部位です。そして、よく動くからこそ、こりや痛みといったトラブルを招きやすいのです。【解説】浜田貫太郎(浜田整体院長)
更新: 2019-04-21 18:00:00
現代人は遠くをあまり見なくなったせいで眼筋と呼ばれる目の筋肉が衰えています。食生活も乱れがちなので目の周りの血行もよくありません。これらが目の諸症状を引き起こすのです。一度身についた生活習慣を変えることは容易ではありません。そこでお勧めなのが目のエクササイズです。【解説】福辻鋭記(アスカ鍼灸治療院院長)
更新: 2019-04-20 18:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt