MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営
腰痛の原因は椎間板の水分が抜けていた 私は「水飲み」で手術を回避できた!

腰痛の原因は椎間板の水分が抜けていた 私は「水飲み」で手術を回避できた!

水を飲むことと、腰痛を改善することは、決して無関係ではありません。朝起きてから、小まめに水を飲み続け、その日寝るまでに約4Lの水を飲むようにしました。そして、翌朝目が覚めると、ウソのように痛みが軽減していたのです!【体験談】北川貴英(ロシア武術「システマ」インストラクター)

北川貴英
システマ東京主催。公認システマインストラクター。各地のカルチャーセンターなどで年間400コマ超のクラスを実施している。さらに、養護施設、医療系の研修、学術学会にとどまらず、テレビやラジオなどでシステマを紹介し普及に努めている。『Dr.クロワッサン 呼吸を変えるとカラダの不調が治る』(マガジンハウス)など、著書・監修書多数。

このままだと歩けなくなるのではと心配に

私は、「システマ」という武術のインストラクターをしています。
システマは、ロシア伝統の武術で、個別の技だけでなく体の使い方の原理を習得することに重点が置かれたものです。

そんな私が、ひどい腰痛に苦しむようになった原因は、3年ほど前の交通事故にあります。
信号無視の車に大きく跳ね飛ばされ、路肩の石にぶつかりました。
武術の経験がある私でなければ、もっと大きなケガを負っていたでしょう。

システマでは、転んだときにケガをしないコツも教えています。
それは、倒れたとき、息を止めずに呼吸をすることです。
私は、その心得を守り、とっさに受け身を取ったおかげで、打撲や骨折といった大きなケガは全くなかったのです。

それでも、車に跳ねられたダメージは、体に残っていたのでしょう。
それ以来、冬になるたびに腰が痛むようになりました。

しかも、痛みはだんだんひどくなるばかり。
朝、起き上がるだけでも大変で、このままだと歩けなくなるのでは、と心配になるほどでした。

そして、去年の暮れに、とうとうたまりかねて、整形外科に駆け込みました。
レントゲンを撮ると、腰椎5番の椎間板が潰れており、通常の半分くらいの大きさになっているとのこと。
椎間板が潰れていたのですから、痛みが生じるのは当然だったでしょう。

通常、椎間板は多量の水分を含んでいるものですが、年を取ると、水分が抜けて潰れてくるのだそうです。
医師によると、「当面はリハビリしながら様子を見ましょう」ということでしたが、それでもよくならなければ、手術が必要になるとも告げられました。

私は、手術を受けるのだけは避けたかったので、なんとかよくする方法はないものかと考えを巡らせました。
まず思いついたのは、「体の冷えが悪影響を及ぼすのではないか」ということでした。
そこで、半身浴をしたり、使い捨てカイロを何枚も貼はったりしたのですが、全く効き目がないのです。

そんなあるとき、医師が「椎間板の水分が抜けている」といっていたのを思い出しました。
よくよく考えてみれば、自分の体は、かなり乾燥しているのではないかと。
日ごろ、コーヒーやビールは大量に飲んでいましたが、肌も唇もカサカサに渇き、口の中はネバネバしていました。

しかも、冬になって、空気が乾燥してくると、決まって腰が痛み出します。
もし、腰の痛みの原因が水分不足にあるなら、解決策は見えてきます。
要は、足りない水を補えばいいのです。

システマの創始者であるミカエル・リャブコ氏も、水を1日に2L飲むように勧めています。
そこで私は、試しに、水を大量に飲んでみることにしたのです。

その翌朝ウソのように痛みが軽減していた!

朝起きてから、小まめに水を飲み続け、その日寝るまでに約4Lの水を飲むようにしました。
そして、翌朝目が覚めると、ウソのように痛みが軽減していたのです!

多少の痛みは残っているものの、身動きを取れないようなものではありません。
問題なく、立ったり歩いたりできるようになっていました。
乾いて潰れていた椎間板に、水分が補給されたおかげで痛みが和らいだとしか思えませんでした。

これはいいと思った私は、それから毎日、たっぷりの水を飲むように努めました。

朝いちばんにお湯を沸かしたら、それを魔法瓶に入れておきます。
それで、ミネラルウォーターや水道水を割って、白湯にして飲むのです。

外出中は、ペットボトルを持ち歩いて飲みます。
小まめに飲めば、1日に4Lの水を飲むことは、それほど苦痛ではありません。

その結果、わずかに残った痛みも、しだいに軽快し、交通事故に遭う前のようにしっかり動けるようになりました。
現在は、腰がよくなったために、水の摂取量は、1日2L程度までに減らしています。

いずれにしても、「水分が不足することで腰痛が起こる」というのは、盲点ではないでしょうか。
私の知人の30代の男性は、武術の影響で慢性腰痛に悩んでいました。
そこで、水飲みを試してもらったところ、腰痛がすっかり楽になったと喜んでいました。

腰痛で悩んでいて、体が乾きぎみのかたは、水飲みを試してみてはいかがでしょうか。

新陳代謝を活発にして免疫力を高め腰痛を改善(加圧治療院院長・蘆原紀昭)

水飲みは、最高のデトックス(毒出し)です。
特に、胃腸の働きを高めて便秘を解消します。

胃腸が活発に動くことは、腹筋や腰周りの筋肉強化につながるのです。
また、水分不足によりドロドロだった血液がサラサラになり、全身の血流が改善。

新陳代謝が活発になるだけでなく、免疫力も高まります。

こうした総合的な作用によって、椎間板にもよい影響がもたらされました。
水を飲むことと、腰痛を改善することは、決して無関係ではありません。

この記事のエディター

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連するキーワード
関連記事
慢性腰痛は、さまざまな原因によって生じます。なかでも最大の原因と考えられるのが、普段の姿勢の悪さです。加齢や運動不足、パソコンやスマホなどの習慣によって、私たちの姿勢はひどく悪いものになっています。これが、腰に負担をかけているのです。【解説】岩間良充(鍼灸整骨院ホスピスト院長)
更新: 2019-06-15 18:00:00
人間の体は、精密機械のようなものです。どんなによい機械でも、使い続ければ調子が悪くなり、壊れやすくなります。同様に、人間の体も年齢を重ねると、あちこちに具合の悪いところが出てきます。しかし、定期的にメンテナンスをすれば、悪くなる度合いをゆるやかにできます。【解説】久野信彦(久野接骨院院長)
更新: 2019-06-07 00:00:00
「腰が痛い!」幅広い年齢層に蔓延する腰痛。しかし、病院に駆け込んで、骨や神経に異常が見つからない場合は「非特異的腰痛症」と診断されます。非特異的、つまり、原因不明の腰痛という意味。なんとも不思議な病名です。「腰が痛い」という異常があるから病院に来ているのに……。【解説】戸田佳孝(戸田リウマチ科クリニック院長)
更新: 2019-05-24 18:00:00
腰、ひざ、股関節の痛みに悩む患者さんは、後を絶ちません。痛みのきっかけはさまざまですが、原因はただ一つ、「体のねじれ」です。では、ねじれはどこから起こるのでしょうか。人間が立つとき、地面に唯一接しているのは足底(足の裏)だけです。【解説】内田泰文(豊中愛鍼灸整骨院院長)
更新: 2019-05-13 18:00:00
言われるがままバンドを巻き体を動かしてみたところ、腰とお尻の下の鈍い痛みがその場でスッと消えたのです。心底びっくりし「これはなんですか?」と関口先生に聞いたところ、43円療法と教えられました。私の体に43円療法は合っていると思います。体の痛みを自分で調整できるのはありがたいです。【体験談】奥田弘毅(仮名・無職・69歳)
更新: 2019-03-17 18:00:00
最新記事
私は、60歳の今も左右の視力は1・0を保っています。これまでメガネの世話になったこともありません。老眼知らずの状態をキープしている秘密は、私が毎日行っているトレーニング「目のスクワット」にあるのです。毛様体筋をほぐす効果があります。【解説】本部千博(ほんべ眼科院長)
更新: 2019-07-03 14:37:40
歩くとひざが痛くなる、腰が重くなる、どっと疲れが出る。私なら、まず「浮き指」を疑います。詳しく調査した結果、現代日本人男性の6割、女性の7割が浮き指であることがわかったのです。浮き指とは、文字どおり「足の指が浮いている」状態を指します。【解説】阿久根英昭(桜美林大学健康福祉学群教授)
更新: 2019-06-18 18:00:00
鍼灸師の私がおすすめして、皆さんにご好評をいただいている「温熱ツボ刺激」のやり方をご紹介しましょう。この温熱ツボ刺激は、男女を問わず効果があるものです。ですから、女性だけでなく、薄毛や白髪で悩む男性のかたにもぜひ試してほしいのです。【解説】横内稚乃(稚乃針灸整骨院院長)
更新: 2019-06-17 18:00:00
玉ねぎが体によいのはよく知られたことですが、なかでも、血糖値を降下させる作用が注目されています。しかし、玉ねぎを毎日食べたくても、あのツンとする刺激臭が嫌で、玉ねぎ料理は苦手という人も多いでしょう。そこでお勧めなのが、玉ねぎドレッシングです。【解説】里見英子(里見英子クリニック院長)
更新: 2019-06-16 18:00:00
慢性腰痛は、さまざまな原因によって生じます。なかでも最大の原因と考えられるのが、普段の姿勢の悪さです。加齢や運動不足、パソコンやスマホなどの習慣によって、私たちの姿勢はひどく悪いものになっています。これが、腰に負担をかけているのです。【解説】岩間良充(鍼灸整骨院ホスピスト院長)
更新: 2019-06-15 18:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt