医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営

側わん症が原因の腰痛、頭痛が消失!「首置き枕」で体のゆがみが取れた

側わん症が原因の腰痛、頭痛が消失!「首置き枕」で体のゆがみが取れた

私は、中学時代から頭痛持ちで、ひんぱんに鎮痛薬を飲んでいました。社会人になった20歳のころから、腰痛にも悩まされるようになりました。たまたま受けたレントゲン検査で、背骨が歪んでいる「側わん症」であることが判明。レントゲン写真では、正面から見てS字になっているのがわかりました。【体験談】増崎志保(会社員・45歳) 


1ヵ月半で腰痛と頭痛が消失

 私は、中学時代から頭痛持ちで、ひんぱんに鎮痛薬を飲んでいました。社会人になった20歳のころから、腰痛にも悩まされるようになりました。最初はたまに痛む程度でしたが、だんだん、慢性的にだるい痛みが続くようになったのです。

 そのころ、たまたま受けたレントゲン検査で、背骨が歪んでいる「側わん症」であることが判明。レントゲン写真では、正面から見てS字になっているのがわかりました。
 体のゆがみが体によくないことは知っていたので、長いこと悩んでいた頭痛と腰痛の原因は、これだなと思いました。

 以来、評判のいい整体やマッサージを探しては治療に行きましたが、なかなかよくなりませんでした。そんななか、8年前にインターネットで見つけたのが、田中宏先生の整骨院です。

 先生の施術を受けながら、同時に教えていただいたのが、自宅で行う首置き枕でした。バスタオルを巻いて作った枕を首の下に当て、あおむけに寝る方法です。
 最初は寝苦しく感じて、首置き枕を使ったり使わなかったりしていましたが、先生から、「継続が大事」と言われ、毎晩、使うようにしました。

「タオル枕」の作り方と使い方

 しばらくは、寝ている間に無意識に外してしまっていたのですが、1ヵ月半くらいたつと変化がありました。枕が首に当たったまま、あおむけで目覚められるようになったのです。 

 そのころから、腰のだるさを感じなくなり、さらに頭痛もしなくなりました。長年の頭痛と腰痛が、枕を当てる場所を変えるだけで、こんなによくなるものかと驚きました。しかも、実践してわずか1ヵ月半です。

 この成果は、月1度の先生の施術に加え、毎日、首置き枕を使って寝ていたのが大きかったと思います。
 首置き枕を使って以来、腰痛も頭痛も出ていません。側わん症や体のゆがみによる腰痛のある人は、首置き枕をぜひ試してみてください。

継続していれば腰痛の再発はない(天竺整骨院院長 田中宏)

 増崎さんの場合、側わん症をかばうために、体がさらにゆがみ、頭痛をはじめ、腰痛として現れたのだと思います。
 整骨院にいらした当初は、骨盤、股関節、鎖骨がゆがみ、さらにO脚になっていましたが、首置き枕を根気よく使い今では体のゆがみもなくなりました。

 首置き枕の使用当初は寝苦しさがあったようですが、現在は、あおむけで目覚めるようになったとのこと。これは寝ているときにいちばんらくな体勢があおむけだということです。
 毎日の継続で体にゆがみがでなければ、おそらく腰痛を併発することはないでしょう。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【手首つかみのやり方】腰痛、ひざ痛、股関節痛が続々軽快するセルフケア

【手首つかみのやり方】腰痛、ひざ痛、股関節痛が続々軽快するセルフケア

痛みは、筋肉の硬直から起こります。筋肉がかたくなると、それに引っ張られて骨や関節がゆがみ、神経や血管が圧迫されて痛みが出ます。しかし、手首を押さえながら体を左右にねじると、筋肉が緩んで、骨が本来の正常な位置に戻ります。それによって神経や血管の圧迫がなくなり、痛みが取れていくのです。【解説】関口志行(ツバサ整骨院院長)


 沖縄の長寿者に聞いた健康の秘訣はトマト! 取り入れると頭痛やめまいが改善した

沖縄の長寿者に聞いた健康の秘訣はトマト! 取り入れると頭痛やめまいが改善した

なんとかして、頭痛やめまいを解消できないものかと考えていました。そんな私が試したのが、「トマトジュース」です。沖縄は特に女性が長寿です。知り合いの94歳のおばあちゃんが、長寿の秘訣として勧めてくれたのがトマトでした。できるだけたくさんとるのが、健康長寿に役立つというのです。【体験談】城田玉枝(仮名・主婦・67歳)


内臓下垂をマッサージで解消 おなかをタオルでほぐす「へそ按腹法」のやり方

内臓下垂をマッサージで解消 おなかをタオルでほぐす「へそ按腹法」のやり方

内臓が下垂すると、下がった内臓に引っ張られて姿勢が悪くなり下腹もポッコリ出ます。内臓の機能が著しく低下し万病のもとになります。私は、おなかにこそ、病気の根っこがあると考えています。誰でも、簡単に、効果的にセルフケアができるよう確立したのが、今回ご紹介する「おなかこすり」です。【解説】杉山平熙(すぎやま按腹鍼灸院院長)


腰の重だるさや痛みが改善! 下半身バランスを整える「足の指回し」が好評

腰の重だるさや痛みが改善! 下半身バランスを整える「足の指回し」が好評

足の指回しを始めて1ヵ月ほど経つと、腰痛も気にならなくなっていました。足の指回しは、特に女性のスタッフに大好評です。「これを始めてから冷え症が治った」「外反母趾や巻き爪が改善して、靴をはくのが楽になった」などと、うれしい効果を報告してくれます。【体験談】堀内太(美容師・52歳)


低気圧でひどくなる頭痛が消失! 10年間持ち歩いていた頭痛薬が不要になった

低気圧でひどくなる頭痛が消失! 10年間持ち歩いていた頭痛薬が不要になった

常に頭痛薬をお守りのように携帯していました。特に、低気圧が近づくと、起き上がれないほど頭痛がひどくなるのです。そんなときは頭痛薬も効きませんでした。それが、今では頭痛薬も必要なくなり、肩こりも眼精疲労も無縁の体になりました。それというのも「セルフ経絡ヘッドケア」をしているからです。【体験談】吉田しず子(自由業・42歳)


最新の投稿


なかなか取れないめまいが改善!私は試した方法は「手首」を押すセルフケア

なかなか取れないめまいが改善!私は試した方法は「手首」を押すセルフケア

関口先生とは、日ごろから治療に関する情報交換をしているのですが、「手首押しには、脳に働きかけて、こわばった筋肉を軟らかくほぐす効果があるのではないか。非常によい治療法だと思う」と話しました。以来、手首押しを、私の患者さんの治療にも応用しています。【体験談】橋本芳保(橋本接骨院院長・68歳)


スマホが原因のめまい、耳鳴りの対処法 固まった首をリセットする体操のやり方

スマホが原因のめまい、耳鳴りの対処法 固まった首をリセットする体操のやり方

体の平衡感覚をつかさどっているのは、耳の内耳にある三半規管と脳の小脳です。首の不具合によって、バランスをとるこれらの器官への血流が悪化して、めまいが起こりやすくなります。姿勢をよくして前に突き出た頭を元に戻し、首への負担を減らせばいいのですが、これがなかなか難しいのです。【解説】梶原千譽(カジハラ治療院院長)


シスターの元気を支える伝統食!伊江島の修道院の「ゴーヤの甘酢漬け」のレシピ

シスターの元気を支える伝統食!伊江島の修道院の「ゴーヤの甘酢漬け」のレシピ

伊江島の修道院では、私が赴任する前からゴーヤの甘酢漬けを作っていたそうです。私たちもその習慣を受け継いで毎年、庭で育ったゴーヤを使って漬けました。現在私は神奈川県の修道院におりますが、ここに来てからも、庭になったゴーヤを使って甘酢漬けを作っています。【体験談】村松直子(マリアの宣教者フランシスコ修道会シスター・72歳)


ミルク飲み人形みたい…1日20回トイレに行くほどの頻尿がコレで改善した!

ミルク飲み人形みたい…1日20回トイレに行くほどの頻尿がコレで改善した!

少し飲み物を飲むとすぐトイレに立ちたくなります。自分では「ミルク飲み人形みたいね」なんて笑い話にしていました。しかし内心では恥ずかしくて、なんとかしたいと思っていました。11円スリッパを毎日はいていたら、あれだけわずらわしかった尿意を、最近は忘れることもしばしばあります。【体験談】桜田陽子(仮名・63歳・主婦)


理想的な枕の条件は? 自分で作れる「熟睡枕」の作り方を紹介!

理想的な枕の条件は? 自分で作れる「熟睡枕」の作り方を紹介!

枕が合わず寝ても首が緊張していると、肩や首のコリ、手や顔のしびれなどの症状が起こりやすくなります。また「熟睡できない」「夜中や早朝に目が覚める」など、さまざまな症状に悩まされるようになります。玄関マットとタオルを使うと医学的に見て最も理想的な睡眠姿勢が取れる枕を作ることができます。【解説】山田朱織(16号整形外科院長)